ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

【特集】東京“ホームレス” (1)東京2020の影で 明らかになる実態

記事公開日:2019年04月02日

2020年のオリンピック・パラリンピックに向け、再開発が進む東京。そんななか、“ホームレス”の人たちを取り巻く環境が厳しさを増しているのではないかと懸念されています。最新の調査では、居場所の減少や多様な背景を抱える人の存在など、これまで見えていなかった実態も明らかになってきました。どうすれば必要な支援が届くのかを考えます。

五輪と“ホームレス”問題 都市整備が引き金に

一見、あまりつながりがないように思われる五輪とホームレスの問題。実は、過去の歴史を振り返ってみても、開催を契機に都市の整備が進むなかで、支援の方針が大きく変わり議論を呼んできました。

1996年開催のアトランタ大会では、およそ1万人以上の路上生活者が逮捕され、大きな社会問題になりました。2012年のロンドン大会では、行政と民間の共同体が、住宅の斡旋など大規模な支援を実施しました。しかし一方で、再開発に伴い約1千人が強制退去となり、新たな路上生活者も生まれたのです。

今、世界の注目を集める東京でも、ホームレス支援のあり方が問われています。
東京都の調査によると、路上生活者の数は減少しているとされています。しかし、民間による最新の調査では、都の調査とは異なる実態が浮き彫りになってきています。

画像(東京都路上生活者の推移)

出典:東京都 路上生活者 概数調査

路上生活を送る桜田さん(仮名・65歳)は、長期間歩き続けたことで衰弱し、動けなくなったところを救急搬送されました。

画像(桜田さん)

「その前は、池袋にいたんだよ。でも、池袋にいてもしょうがないから、こっちにきたんだけどよ。やっぱ、厳しかったよ。思ったより厳しい。うるさい。警備員がまわってくるし」(桜田さん)

路上生活20年の桜田さん。この半年は特に移動を強いられることが増え、1日6時間から10時間ほど歩いて都内7か所を転々としてきました。病院から出たら、また路上生活に戻るかもしれないといいます。

民間の調査で明らかになる実態

今、東京の路上生活者に何が起きているのでしょうか。3年前から大学の研究チームが実態調査を行っています。都市計画の研究員に加え、学生や会社員などおよそ100人が参加。都内の駅や公園などをまわり、数を記録。さらに当事者への聞き取り調査をしていきます。

画像(聞き取り調査票接写)

研究員「こんばんは。すみません。お父さん、どれくらいなんですか?」
男性「かれこれ20年になるからね」
研究員「今までに、その生活保護とか」
男性「受けたことはないんです。お恥ずかしい話だけど、うん、まぁ、親元に借金して、飛び出して来たっていうのが」

2016年12月、都は2020年に向けた実行プランを発表。「自立の意思を持つ全てのホームレスが地域生活へ移行」という目標を掲げました。

画像(東京都の実行プラン接写)

出典:都民ファーストでつくる「新しい東京」~2020年に向けた実行プラン(東京都)

それでは今、必要な支援と一体化した施策は、適切に進められているのでしょうか? 実態を正確に把握し、行政に提言することを目的に調査が進められています。

画像(移動を表すデータ)

23区内でホームレスが多い5区のデータによると、数が増えている地域と減っている地域があること。その傾向が明らかになりました。そして、夜間の調査により、全体の実数は都の調査よりはるかに多いことも分かってきています。

公園での寝泊まりを禁止する表示や、路上生活者の手荷物が置かれていた道路脇には、新たにコーンが設置されていました。

画像(左:就寝禁止のアイコン、右:道端に置かれたカラーコーン)

研究員の男性「このコーンに、特に意味はないんですよね。『何かが置かれるのを防ぐためのコーン』っていう」
河西さん「コーンがあって『警告』っていう貼り紙がある場所がどんどん(増えている)。(ここに)『いるな』っていうのを言われていると感じると思いますよね」

市民研究グループARCH(アーチ)共同代表の河西さんは、それまでの居場所を失い、移動を強いられると、支援の手が届きにくくなり、路上生活のリスクが高まるといいます。

画像(河西さん)

「サバイバルに関する知識というか、たぶん、土地とのつながりみたいなことがものすごく実は皆さんあって、雨だったら、あそことあそこには屋根があって、何曜日にはあそこで炊き出しがあって、何曜日にはあっちに行けばよくて、という、私たちにはあんまり普段は見えないけど。それをもう1回建て直すことは、実はものすごく不安定な状況が始まってしまうということになってしまう」(河西さん)

調査に漏れ支援につながらない人も

路上生活を送る人たちの生活形態や背景は、多様です。そのことで、調査から漏れ支援にたどりつけない人たちも多くいると推測されています。

工藤さん(仮名・34歳)は、昼間は日雇いの仕事をし、夜は路上生活をしています。寝泊まりしているのは、人目につかない鉄道の高架下です。

画像(自転車を押す工藤さん)

路上生活のきっかけは、就職した会社で受けた上司からの嫌がらせでした。25歳で辞職。うつ病と診断されました。日雇いの仕事を転々としながらネットカフェに寝泊まりするようになります。しかし、人の多いところへ行くと会社員時代の記憶がフラッシュバックするようになりました。

「ビッグイシューっていう雑誌を売る仕事を一時期、1年半くらいかな、やってたんですけど、売りに行ってる途中で、人目が気になりすぎて帰ってこれなくなったり。トイレの個室に籠もって、4時間か5時間くらいずっと籠もってて。駅員さんか何かに『もう駅閉めますよ』って、こんこんやられて出てきた」(工藤さん)

以来、工藤さんは孤独に苛まれながらも、人目を避けて生活するようになりました。川に入水し自殺を図ったこともあるといいます。人前に出て事情を説明し、支援を求めること自体が難しいのです。

「たぶん世間一般の人って、大体、ホームレスって、ギャンブルとかで身を持ち崩して借金返すのが嫌になって逃げてきた人間って、みんな思ってると思うんですよ。それだけじゃねえよっていう。みんなそれぞれに、いろいろ事情を抱えてる。これ、なってないと分かんないし、分かろうとしなきゃ分からないと思う」(工藤さん)

ひとりきりの路上生活は、今年で7年目になりました。公の支援につながることのできない人への対応について、自治体はどう考えているのでしょうか。

画像(新宿区役所 生活福祉課課長(当時))

「路上生活が長い方に関しては、やはり認知症とか、知的とか、精神の障害が疑われるケースが多く、またボーダーの方もなかにはいらっしゃいます。巡回活動を通じて福祉の利用を呼びかけているんですけど、拒絶されるケースが非常に多い。もう『自分には関わってほしくない』と、巡回の人が配るチラシの受け取りさえ拒否されるという方が多くて、そういった方をどのような形で処遇をしていくかが、今現在一番大きな課題であり、また苦慮している状況です」(新宿区役所 生活福祉課課長(当時))

路上生活に至る背景も多様化

ホームレスの実態調査を行っている東京工業大学 准教授 土肥真人さんは、調査から見えてきた実態についてこう話します。

画像(東京工業大学 准教授 土肥真人さん)

「昼間の調査で、東京都の調査は実態を反映していないということは、ホームレス問題に関わる人は分かってはいたんですけれど、実際にどれくらいいるかということは、誰も知らなかった。結果、顔も名前も人生もある人が、1,000人東京で寝ているけれども、その方が見過ごされてきたということに、調査した僕たちも衝撃を受けたんです」(土肥さん)

画像(東京の“ホームレス” 実態調査)

さらに、この調査は一晩に行われたものであることから、1年間でホームレスを経験する人はさらに多いと推測されています。

「1年を通してホームレスを経験している人は、約10倍いるというロンドンの調査結果があります。そうすると東京には、1桁違う、2万数千人の方が、1年の間にホームレスを経験していると。そういう推測ができるんです」(土肥さん)

また、これまでは路上生活に至る主な背景は不況による失業だと考えられてきました。しかし、今では、精神疾患がある人や障害のある人、また高齢者など、背景もさまざまになっています。

画像(“ホームレス”の多様化)

路上生活者の支援団体理事長 大西連さんは、行政の支援につながらない路上生活者がいる現状を次のように話します。

画像(大西さん)

「実際に支援を拒否する方、また支援を利用することに抵抗感を持っている方は一定数いらっしゃいます。例えば国の調査によれば、どうして国の制度を利用しないんですか?という問いに対して、『情報を知らない』とか、過去に制度を利用したことがあるけれど、そこでうまくいかなかったとか、公的機関に『追い出せ』っていう貼り紙をされたこともあるので信頼感を持てないとか。ただ地味にすごく多いのは、今の生活が慣れているので、嫌という人が多い。これをどう捉えるかというと、今の路上生活のままがいいということではなく、制度を利用した後に、生活がよくなる保障がないとか、その後の生活をイメージできないとか、病気や障害を抱えている人に対して、寄り添えているのかというと、そうではない実態がある」(大西さん)

さらに、路上生活者に対する行政の対応にも矛盾があると指摘します。

「『なかなかビラを受け取ってくれない』と自治体の人がおっしゃっていたんですが、一方でカラーコーンを置いたり、『ここには寝られません』っていう貼り紙をして、一方は支援をできますよという風にビラを配っている。ちぐはぐな印象というのは、否めないですね。やっぱり行政が、どうひとりひとりの事情をちゃんと聴けるのか。そこが問われていると思います」(大西さん)

さまざまな事情や背景を持つ“ホームレス”の人たちに寄り添い、それぞれに必要な支援を行っていくこと。それこそが、誰もが安心して暮らせる社会になるよう、今求められていることなのではないでしょうか。

【特集】東京“ホームレス”
(1)東京2020の影で 明らかになる実態 ←今回の記事
(2)届きにくい支援
(3)ハウジングファーストという考え方
(4)安定した暮らしを続けるために
(5)“すまい”を失う不安と解決のヒント

※この記事は2019年4月2日(火)放送 ハートネットTV「TOKYO“ホームレス” 第1回 明らかになる多様化の実態」を基に作成しました。情報は放送時点でのものです。

あわせて読みたい

新着記事