ハートネットメニューへ移動 メインコンテンツへ移動

新型コロナウイルスの影響 みなさんからよせられたお便り

2020年03月24日 ろうを生きる 難聴を生きる


緊急時、テレビを見ました。
字幕がありましたが、私は字幕ではわかりません。過去、私は聾唖学校を中退しました。私の筆談は下手でした。テレビに手話通訳をお願いいたします。

50代 大阪府



新型コロナウィルスが聴覚障がい者の生活に与える影響について
日常の買い物など聞き取れない場合、口元の動きで内容を補足してとらえていますが、現状どこに行っても予防のためにマスクをされていて、読み取りがなかなか困難で困っています。
「早く事態が収束して、皆がマスクなしで生活出来るようになって」と祈るような気持ちですが、状況が落ち着いても今後も商業施設などはマスク必須が継続されるのではないかと危惧しており不安です。

ちーず 女性 50代 神奈川県



病院とか、接客業ではマスクつけてるため
なにいってるかわからなくて、困ることがありました。
筆談してくださいといってもしゃべりかけてしまって、耳が聞こえません!というと、ハッとさせられ、筆談とかになっちゃいます。
マスクを外して話してくれる人も要るけど、やはり筆談ボートを準備しておいてくれたらうれしいとおもいます。 認識まだできていないと感じます。

なかたん 女性 埼玉県



発熱が続いていて
「帰国者・接触者相談センター」の連絡先がTELで、FAX番号を調べるのに3日もかかってしまった。
結局、発熱外来受診を指定されるも、病院予約がTELのみで、高熱の状態で、指定された病院へ予約のために出向き、さらに予約した時刻に通院で、2度手間になるなど、スムーズに事が進まず大変でした。

わきにゃん 女性 50代 神奈川県



教員をしています
学期中は学生も私もマスクという状態で、授業中のコミュニケーションには苦労しました。私の滑舌が悪く、学生からもききかえされました。結果的にマスク着用の影響がさまざまあることを理解してくれたと思います。対面授業であってもスマートフォンから意見を送信させ、電子黒板に写して、それを要約するなどしてしのぎました。一方、世間ではテレワークやeラーニングが成熟しつつあります。こうした遠隔の活動が活字中心となるか、音声中心となるかは、環境の構築が進む今後一年が鍵になると思います。障害当事者はこのピンチをチャンスと捉えて意見を出し、ユニバーサルな環境づくりに向けて活躍すべきと思います。かつてない事態の下だからこそ、一個人の意見が通りやすくなるのかなと考えています。

567 男性 30代 東京都



コロナウィルスの影響で困っていること
●みんなマスクをしているので、何を言っているのかわからないし、お願いしても外してもらえない。
外してもらっても申し訳ない気持ちになる。
●在宅勤務で、オンライン会議が増えているが、オンラインだと会議がしづらく困る。今はチームメンバーにお願いしてオンライン会議をなくしてもらっている。
●YouTubeや動画は大体字幕がつかないので、暇つぶしや情報収集に使えない。

はらぺこあおむし 女性 東京都



カフェで注文する時に
スタッフがマスクをかけていると口が見えず、レジでのやりとりが大変です。「ホット?」「席は1階?2階?」「レシートは?」のやりとりだけで何度も聞き返します。「耳が聞こえない」といえばマスクを外してくれるけど、他のお客に注目されるのは恥ずかしいです。レジに、指差しで意思を伝えられるパネルがあればなぁといつも思います。
マスクを取ることは強制したくないです。
パネルを指さして伝えられるようは何かをレジに置いてもらえたら助かります。コンビニも同じく。

牡牛座A型 女性 40代 東京都



職場でマスクが配付され、全員着用しているが
ふだん口元を読み取って会話をしている私には、話の内容が全くつかめず、ストレスが溜まる環境となってしまいました。
上司や同僚は、私と話す時にはマスクを外して話してくれますが、感染リスクを負わせていると思うと、申し訳ない気分になることもあります。
一方、テレワーク推奨により、メールやチャットでのやり取りが広がったため、電話ができない聴覚障害者にとって、ハンディを気にせずに働けるメリットもあるように思います。

マルセリーノ 女性 40代 東京都



コロナが流行り始めた途端に全ての人がみんなマスクをつけるようになり
口を見せてもらうことが難しくなって会話が出来なくなりました。その為に買い物や病院へ行く時など苦労しています。筆談でお願いしたり家族に通訳をお願いすることもありますが、どうしても心苦しいので家に引きこもりがちになってしまいます。早くコロナが終息する事を願っています。

優海 女性 愛知県



手話通訳をしています
日本の慣習でマスクをしていないと非常識な人ととらえられるため、そのことでろう者に迷惑をかけたくない気持ちもあり、最近はマスクをして現場に行き、通訳現場ではろう者の希望を確認しています。
本当は通訳にもマスクをはずしてほしいのに、それが言いづらいのではと心配しています。
感染予防として、遠隔手話通訳(タブレット)の利用がありますが、触手話をされる方もいる盲ろう者はどうなっているのでしょうか?

みゃみゃ



3月といえば、みみの日
たくさんのイベントが無くなりました。それに伴い、手話通訳者や要約筆記者の仕事もなくなったので生活など心配です。また、これを機会に遠隔での通訳方法の検討を…とならなさそうなのも残念です。

ほむた 東京都



難聴協会で買った
「耳が不自由です」の伸びるパスケースを、レジでマスクのままなにか話しかけられた時に見せるとすぐにジェスチャーに切り替えてくれることが増えました。
家電販売店でマスクのまま話されると分からないと言うとすぐに展示品のタブレットで「書きますね」と書いてくれました。

ほむた 東京都



マスクのまま話されるのもそうなのですが
そもそも誰が話しているのか、声をかけられたのかすらわからないのが困ります。
マスクをした方がいいのはわかるのですが、耳の後ろの人工内耳の傷跡にゴムがかかると痛い。耳が小さくて補聴器とマスクのゴムが同時に耳にかけられない。
会見の手話通訳が映っている番組がほとんどない。

ほむた 東京都



知事や首相などがコロナで緊急会見する時
隣りに手話通訳いるのに全放送局テレビに映らない。なぜ?
緊急だからこそリアルタイムで情報を知りたい。テレビ画面半分枠手話通訳映して放送して欲しい。
切望

きんきん 女性 40代 北海道



どこへ行ってもみんなマスクをしていて
口の動きで読み取る難聴者にとっては会話が困難です。
軽度難聴のためマスクがなければ普通に会話が出来ますが、マスクすると言葉がこもって聞き取れません。
普段なら、難聴なのでマスク外してもらえますか?と言えますが、今の状況だと中々言いづらく、適当に相づちをうっています。
マスクすると聞きにくいこと、多くの方に知ってほしいです。
そして早くマスクが外せる日が来ることを願います。

アキ 女性 40代 東京都



日常生活の留意点等
大事な情報の解説番組などは手話を主言語として理解するろう者への手話番組として提供してほしい。貴局が制作した手話番組は素晴らしいので、生活に密着したリアルタイムな情報を届けることも期待したい。また、ろう者は医療機関受診の際に手話通訳を必要とするが事前申請制であるため、具合が悪くなっても受診をためらい、様態が悪化するまで我慢することが多い。ろう者の大人も子供もわかりや
すく、今必要な情報を主局で流していただきたいと思う。

食パンマン 女性 60代 東京都



私は感音性難聴で4級の手帳を持っています
「すみません、もう一度お願いします」が口癖のような感じです。それを何度も繰り返すと、ほとんどの人に面倒くさそうな対応をされます。耳鼻科の医師ですら、感音性難聴の「聞き取れない」ということを理解していない方がいます。ムダに大声を出したり、中には怒鳴りつけるような医者もいました。お願いしても、マスクを外してくれない医者もいました。
今はお願いしづらいので、それをお願いできる状況になってほしいです。

NOBU 男性 40代 北海道



「新型コロナウイルスの影響について」
コロナウイルスの流行により、普段とは異なる状況下において情報がないことの不安や、通訳に対する心配が募った。例えば・・・
・開店前の薬局に何十人もの人が並んでいるが、何が入荷するのか分からず(マスク?トイレットペーパー?ティッシュ?)不安になった。
・聞こえる知人によると、ご近所ネットワークで、この店に何時頃マスクが入荷していた、というような情報が出回っていたらしい。しかし、ご近所ネットワークがないので分からない。
・お隣の台湾では、マスクがある店がネットで見られるシステムになっていたそうだ。そういう仕組みが日本でもあると良いと思った。
・マスクを外して仕事をしなければならない手話通訳さんの労働環境が心配だった。また、万が一自分がコロナに感染して入院しなければならなくなった時、どのような情報保障が受けられるのか不安が募った。

ゆっきー