読み込み中です...

あらすじ

第11週「デビューしたい!」

6月11日(月)~6月16日(土)放送

NHKオンデマンド

律(佐藤健)から喫茶・おもかげに呼び出された鈴愛(永野芽郁)は自分の留守中に鈴愛清(古畑星夏)の間にあったできごとについて、話を切り出す。物心ついたときから自分を頼ってきた鈴愛のひと言で恋人が傷ついてしまったことに、もう幼なじみのままではいられないと語る。そして鈴愛から別れを告げられる。鈴愛にとってのの存在の大きさを知っているユーコ(清野菜名)ボクテ(志尊淳)は失意のどん底にいる鈴愛の姿を見ていられない。オフィス・ティンカーベルでは、秋風(豊川悦司)が漫画を描くことで自分自身が救われるのだと、鈴愛に力説。一時は気力が薄れるものの、やがて鈴愛はものすごい勢いで漫画を描き始める。ところが、いくら描いても鈴愛の漫画は、秋風からダメ出しを受け続け・・・。

  • 捨てて欲しい…

    との一件から一年が経ち、アシスタントとして成長した鈴愛だったが、を呼ぶ笛はまだ捨てられずにいた。七夕が近づいたある日、意を決した鈴愛ユーコボクテに、笛を捨ててもらうようにお願いをするが…。

  • 秋風羽織の育成論

    デビューしたユーコに散英社の担当編集者がつく。普通、漫画は編集者と漫画家の二人三脚で作られるものだったが、彼女の原稿は秋風がチェックをした後、担当に見せることに。そこには秋風の熱い思いがあり…。

  • ガーベラ新人賞

    鈴愛はガーベラ新人賞への投稿作品を、今まで描き直してきた作品から別の作品へ変更することを決意する。そのことをボクテに告げると、ある頼み事をされ…。

鈴愛のみどころPoint!

第11週は「ボクテ」!

アシスタント仲間から、ユーコが一足早くデビューします! 喜ぶ鈴愛でしたが、ボクテは素直には喜べない様子。私もきっと鈴愛と同じように「おめでとう!」と喜ぶと思いますが、内心では、やっぱり落ちこむかもしれないです。一緒にやってきた仲間のデビューを嬉しいと思う気持ちと同時に「自分はまだ…」という気持ちも出てきてしまうので、ボクテの気持ちもすごくわかります。第11週はボクテの葛藤にご注目ください!

ダイジェスト動画でおさらい

これまでの放送

週ごとの放送を5分のダイジェスト動画でご紹介!

写真で振り返るストーリー

    NHKオンデマンド

    特集一覧

      全ての特集を見る