読み込み中です...

あらすじ

第7週「謝りたい!」

5月14日(月)~5月19日(土)放送

NHKオンデマンド

漫画家を志して東京にやってきた鈴愛(永野芽郁)に対し秋風(豊川悦司)は、ペンを持たせるつもりはないと言い放ち、鈴愛をオフィス・ティンカーベルに採用した本当の理由を語りだす。師匠と新人の緊迫したやりとりを弟子のユーコ(清野菜名)ボクテ(志尊淳)、秘書・菱本(井川遥)らが固唾をのんで見守る中、秋風鈴愛にとある難題を突きつけ、残留の可否を決すると言い渡した。課題をクリアしようと張り切る鈴愛だったが、秋風の部屋を掃除中に、新作の構想が書かれた紙を捨てたことで破門されてしまう。失意の中、同じく上京してきた律(佐藤健)のマンションを訪れた鈴愛の前に、の友人・正人(中村倫也)が現れる。

  • 天才?変人?秋風羽織

    火事のシーンを描くために家を購入したり、素材撮影のために鈴愛をこき使ったりと、漫画への熱いこだわりを持つ秋風。ひとたびアイデアがひらめくと…。

  • ユーコと鈴愛

    ポジティブで能天気に映る鈴愛に、きつい言葉を浴びせるユーコ。痛いところをつかれた鈴愛は、ユーコに飛びかかり、二人は取っ組み合いに…。

  • 再会!

    鈴愛は、ボクテの指導のおかげもあり、ようやく秋風からの課題をやり遂げる。原稿を見せるため、鈴愛秋風が行きつけの喫茶店に向かうが、そこで出会ったのは…。

鈴愛のみどころPoint!

第7週は「アシスタント」!

ようやく、ペンを持たせてもらった鈴愛ですが、秋風羽織の大事なネームを捨ててしまう、というまさかの事件を起こしてしまいます! 実際にカケアミの練習など、漫画家アシスタントを疑似体験してみて、一枚の紙とずっと向き合うという心の苦しさを知りました。おしりや手も痛くなるし…。短期間の撮影だけでもそんな過酷さを感じて、本職としている人は改めて、すごいな!と思いました。

ダイジェスト動画でおさらい

これまでの放送

週ごとの放送を5分のダイジェスト動画でご紹介!

写真で振り返るストーリー

    NHKオンデマンド

    特集一覧

      全ての特集を見る