読み込み中です...

特集

コラム

レシピ紹介 Vol.3「つくし食堂の特製カツ丼」

つくし食堂の新・看板メニュー「特製カツ丼」のレシピをご紹介!
草太(上村海成)が卵料理店「エッグ・シェフ」での修業を通じて生み出した、ふわとろの“アイデア”カツ丼。ご家庭でもぜひ作ってみてください!

レシピ作成:吉岡秀治(ドラマ料理指導)

・豚カツ:1枚
・卵:2コ
・カツオと昆布のだし汁:120cc
・しょうゆ:小さじ1/4
・塩:小さじ1/3
・みりん:大さじ1
・酒:大さじ1
・水とき片栗粉:大さじ1
・中濃ソース:適量
・黒こしょう:少々
・三つ葉:適量

  • 【1】
    卵 2コ分の卵白を泡立て、メレンゲを作る。
    出来たメレンゲは半量ずつに分けておく。

  • 【2】
    だし汁を火にかけ、しょうゆ・塩・みりん・酒で味をととのえる。沸騰する直前に水とき片栗粉をいれ、とろみをつけた餡(あん)を作る。

  • 【3】
    鍋を火からおろし、【1】で作ったメレンゲの半量を餡と混ぜる。

  • 【4】
    さらに卵黄1コを入れ、すばやく混ぜる。固まってしまうので、火にはかけない。これで「ふわとろソース」の完成。

  • 【5】
    どんぶりに盛ったご飯に、【4】のふわとろソースをかけ、食べやすい大きさに切った、揚げたてのカツをのせる。
    中濃ソースをカツに薄くかける。

  • 【6】
    【1】の残り半量のメレンゲに塩を加えて味付けしたものを、カツの上にトッピング。
    卵黄と三つ葉をのせ、最後に黒こしょうを振って、完成!

特集一覧

    全ての特集を見る