「うちから応援しよう」

「うちから応援しよう」

アニメーション作家の飯田千里さんからもイラストが届きました。
リングでの戦いをモニタからたくさんの人が応援しています。

(飯田千里さんコメント)
COVID-19という強敵と日夜戦っている、医療従事および関係者の皆さんにエールを送ります!
この全世界同時中継の真剣試合に、スタジアムや座席指定は必要ありません。
ソトではなく、ウチから。窓ガラス、スマホやタブレット、PCの液晶画面越しに応援しましょう。世界中皆が同じチームのサポーターだと思います。
残念ながら、今私達は挑戦者の立場です。油断していたとはいえ、悔しい。
相手は未知の部分も多いですが、一時的とはいえ、新しい時代に相応しかったのは確かです。
挑戦する私達もまた、時代の変化に合わせて変えるべきものは変え、アップデートすることが求められているのでしょう。
液晶越しの新習慣、改めてネットによって世界中を身近に感じるようになった実感。 そして直接会えることの大切さ。
予想外な形でやってきた、ちょっと未来の社会を実感しながら、必ずや反撃し、勝利を収めましょう!



「パントビスコのネオ漢字」

「パントビスコのネオ漢字」

マルチクリエーターのパントビスコさんが描いてくれたのは何やら独特な漢字。
そこにはこの時期ならではの、あるメッセージが隠されていました。

(パントビスコさんコメント)
左側は「今」という漢字の下に部首の「うけばこ」がくっついており、家のような形をしています。つまり、STAY HOME。
今は家に居よう!という事を漢字1文字で表しています。家の枠組みを外したら片仮名の「ラ」だけ残りますね。家の中で「ララララ~♪」と楽しく歌って過ごすのもアリです。
右側は漢字の「密」をなすパーツがやけに離れていますね。
そうです、「人との距離を保とう」という意味を漢字1文字で表しています。
外で遊べない、会いたい人に会えない、みんながつらい日々を過ごしていると思います。でも今は我慢の時です。
最後にわたくしパントビスコから一言。
「会いたい人にいつでも会えるように、今は、会わないでおこう。」



アマビエイラスト大公開

アマビエイラスト大公開

番組にイラストレーターの高野優さんから素敵なイラストが届きました。
モチーフは天災や疫病(えきびょう)の前に現れるという妖怪「アマビエ」。
おうちで印刷して、衣装を着せ替えさせたりして楽しんじゃおう!

(高野さんコメント)
江戸時代に「疫病が流行ったら、アマビエを写してみんなに見せなさい」という 半人半魚の妖怪の言い伝えがあったそうです。疫病退散の意味を込めて描きました。
老若男女に愛されるような妖怪をと思って、カラフルなコスプレに。
閉塞感(へいそくかん)が漂う今だからこそ、楽しんでいただけると、とっても嬉しいです。

高野優さん