10月23日(水)午後6時55分 Eテレ 放送

バブルのころはやった「波の数だけ抱きしめて」という言葉は、今「砂の数だけ抱きしめて」に置き換えてもよさそうなほどサンドアートが熱い。まずは東京在住の一華(いちか)さん(中2)。
サンドアートパフォーマンスが得意。米津玄師の曲に合わせてガラスの上に砂で絵を描いていく。お次は宮城県工業高校の美術部員たち。2018年、秋田県三種町で開かれた砂像甲子園大会の覇者だ。今年は人魚姫の砂像で連覇をめざす。結果は?