ごごラジ!ブログ

2018年6月27日

2018年06月27日(水)OA曲(6月27日)

1時台
「パパの歌」(忌野清志郎)
「ボス・シティ」(リー・リトナー)
「パパ」(プリンセス・プリンセス) 

2時台
「ヒーロー」(ファンキー・モンキー・ベイビーズ)
「パパ・ディー」(クリス・ボッティ)
「ファーザー」(ザ・イエロー・モンキー)
「ワルツ・フォー・デビー」(キャノンボール・アダレイ)※BGM

 

2018年06月27日(水)リスナーの声に田中さんがこたえました

tanakatoshiyukisan.JPG

【電話相談コーナー】
現在、育児休業中で「復職後、本当に残業せずに仕事を続けられるのか・・・いや、やってやるんだ!と日々悶々としているのです。背中を押してください」というジャイアントパパさん(男性・31歳)に、田中さんがアドバイス。

⇒世間にイクメン礼賛ムードはあるものの、現実に自分の職場が実際どれくらい子育てに理解があるかは分からないもの。残業のできない程度などについて、予め上司と腹を割って話しておくと良い。「後から要求が増える部下・・・」と戸惑わせることにならないために。

 ⇒赤ちゃんがいる家は余裕がなくなるもの。例えば、食器洗いの手間を無くすために紙皿と紙コップを使っても良い。家事については、他人からどう見えるかなど気にしないで、自分たち家族なりの合理性を求めれば良い。

 【メールで寄せられた声】

パートは仕事と言えないんですか?さん(女性・65歳)
主人は、家事、子育て(子供が小学校に上がった後は)子供会行事、塾の送迎、町内会行事など、家にいても一切手伝ってくれなかった父親です。会社で嫌な事があると夕食のおかずに難癖をつけてくる人でした。子供の前では ガマンと思っていた私ですが、とうとう爆発。その時、主人の口から出た言葉が≪俺の給料分 稼いで来い≫でした。 

⇒田中さんいわく、こうした「稼いでくる人だけに価値がある」ような発言は、男女の賃金格差が厳しい中、家庭で絶対に言うべきではない言葉。反論として「定年後無価値ですね」と言ってもいいが、そんな殺伐とした家庭にしたくないですよね・・・。冗談めかして「じゃあ定年後は山にすてるよ」と言い返してみては。いずれにしても、言うべきことではないと伝えたいですね。

【関連して、他にもこんな声が・・・】

しいたげそうさん(女性・57歳)
家の主人は「稼ぎが俺以上になったら家事を手伝う。」と宣言、「パートだったら家のことやってから行け。」と言うくらい、今の時代に合わない人です。賃金格差は男尊女卑を生み出しますね。

くりかぼちゃさん(43歳・女性・宮城県)
夫に「俺と同じ給料を稼ぐなら仕事をして良い。そうしたら俺が辞める。」と言われました。年齢も学歴も就業年数も会社も福利厚生も違い、同じ金額を稼げないので無職を続けています。(放送を聴いて)他にも同じような方がいると知り、泣けてきました。昼寝をするつもりでしたが、番組を聞いてよかったです。

2018年06月27日(水)近頃のお父さんが抱えがちな問題とは 

イクメン礼賛が行き過ぎると、「仕事も家事も子育ても・・・!」と求められるものが大きすぎて疲弊する父親が増えてしまうのでは、と心配する田中さん。 tanakasan627.JPG627tt.JPG627tt2.JPG

  長時間労働が問題視される日本で、父親が育児する時間を増やそうとするならば、仕事量の調整を避けるのは難しいですが、「仕事量を減らす」ことは「出世や収入を諦める」ことに繋がりがち。それはイコール「競争を降りる」ことと感じられて、競争社会を生きてきた男性にとっては、難しい選択になりがちだそうです。さらに、男性自身が「仕事量を減らす」と決断しようとしても、妻からの「出世は?」「収入は?」というプレッシャーが障壁となることも多いそう。

2018年06月27日(水)"男性学"田中俊之さん登場!

田中俊之さん627tanakatosiyuki.JPGtanakasann.JPG

 ・男性学とは、男性が男性だからこそ抱えてしまう悩みや葛藤が対象の学問。課題としては、働きすぎ、自殺、結婚難などが挙げられるそうです。

 ・「平日昼間問題」「謎の自慢問題」「カツラ非難される問題」・・・って、一体どんな問題? これらも男性学の範疇だそうです。

⇒「平日昼間問題」
     平日の昼間に男性が職場以外にいると「無職?」といぶかしむ風潮。

⇒「謎の自慢問題」
 「ぜんぜん寝てない」「健康診断の数値が凄い」などの発言。何かを「達成」したことを自慢す  るだけでなく、常識やルールから「逸脱」したことを自慢してしまうのは、競争して抜きん出ることを良しとされてきた男性にありがち。

⇒「カツラ非難される問題」
    「頭髪が薄くても隠さずに堂々とした方がカッコイイ。隠すのはカッコワルイ」など理不尽な言いがかりをつけられること。体型に自信がなくフンワリした服を着る女性に「隠さず堂々としないのカッコワルイ」とは言わないのに。

2018年06月27日(水)お父さんって?

水曜ごごラジ!は「くらし情報交換」。今日のテーマは「お父さん」です。

お父さ~ん 遊んでよ~!001otosan.gifiwwkoiato.JPGpikaggndo.JPG

★あなたのお父さんはどんな人? あなた自身はどんなお父さん?理想の父親像は?父親としての悩みや葛藤は?
★音楽リクエストテーマも「お父さん」父親アーティストが歌う曲や、父を感じる曲など。
★電話相談しませんか?

今日のゲストは、男性が男性であるがゆえに抱える問題を扱う「男性学」研究者で大正大学准教授の田中俊之さん。「父親」だからこそ、または「男性」だからこそ抱えている問題について、田中さんに相談してみませんか? 女性からの相談(配偶者や恋人、息子について)も歓迎!

すべて宛先はこちら627email.jpg

このページのトップへ