ごごラジ!ブログ

2016年8月22日

2016年08月22日(月)お休みの伝え方

今日は台風関連情報で、「ごごラジ!」は休止となりました。

「ごごヨジ好奇心/「今日から使える“伝え方のレシピ”」では、コピーライターで、ベストセラー『伝え方が9割』著者の佐々木圭一さんが、リオ・オリンピックでのメダリストたちのコメント内容を参考に、“伝え方のレシピ”を教えてくださる予定でした。sasasasaki822.jpg
【例】「人生で一番心臓に悪い日と言っても過言ではなかったが、一番幸せな日になった。」
男子体操 団体総合・金メダル/白井健三選手 

「心臓に悪い日」⇔「幸せな日」という、対照的なコトバが使われているのに気付いたでしょうか。これは、佐々木さんが“ギャップ法”と呼んでいるレシピ。正反対の言葉や落差のある言葉を一緒に使うと印象的なコメントになるそうです。

【例】「(金メダルは)重い、重いですね。重いですよ。すごい重いです。うれしいです。」
女子レスリング48キロ級・金メダル/登坂絵莉選手 

佐々木さんが“リピート法”と呼ぶレシピが隠れています。同じコトバを何度も繰り返すと、印象的なコメントになるそうです。流行語になるようなフレーズには“リピート法”が多いそうですよ。

詳しくは、
またの機会に佐々木さんにお話しいただきますので、お楽しみに♪

このページのトップへ