Acclaimed children's book author Eric Carle, best known for his classic story "The Very Hungry Caterpillar," has died at the age of 91.
和文
愛され続けている絵本「はらぺこあおむし」で最もよく知られ、児童書作家として高く評価されたエリック・カールさんが、91歳で亡くなりました。
解説
acclaimedは「称賛された、絶賛された」です。
children's bookは「児童書」です。
best known for ...は「~で最もよく知られている」という表現です。
classicは「愛され続けている、傑作の、流行に流されない、代表的な、見事な」などの意味がある形容詞です。名詞としてのclassicなら「古典、名作」です。
storyは「物語」ですが、ここでは「絵本」を指しています。
caterpillarは「毛虫、芋虫」ですが、この絵本の日本語タイトルでは「あおむし」となっています。
at the age of ...は「~歳で」です。

Carle was born in 1929 in upstate New York. He published his first children's book, "Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?" in 1967.
和文
カールさんは、1929年にニューヨーク州北部で生まれました。カールさんは、最初の絵本「くまさんくまさんなにみてるの?」を1967年に出版しました。
解説
upstateは、アメリカ英語で「州の北部」です。
publishは「出版する」です。
カールさんはドイツで美術を学んだあと、ニューヨーク・タイムズのグラフィックデザイナーを経て、1967年に「くまさんくまさんなにみてるの?」で絵本作家としてデビューしました。

"The Very Hungry Caterpillar" was published in 1969. It tells the story of a green and red caterpillar that changes into a proudly multicolored butterfly.
和文
「はらぺこあおむし」は、1969年に出版されました。これは、緑と赤のあおむしが多彩な色のチョウに変わり誇らしく思うという話です。
解説
change into ...は「~に変わる」です。
proudlyは「誇らしげに、得意げに」です。日本語訳に反映させにくい語ですが、このセンテンスでは、誇らしげに変わったというよりは、多彩な色のチョウになって、あおむしが自分を誇らしく思ったと解釈できるのではないでしょうか。翻訳の難しさを象徴するような言葉の使い方です。
絵本に出てくる「はらぺこあおむし」は、体は緑、顔は赤で、たくさん食べて大きくなり、やがてさなぎから出てくると緑や赤、青に黄色や紫などいくつもの色の羽を持った美しいチョウに成長します。multicoloredは「色とりどりの、多彩な」、butterflyは「チョウ」です。カールさんは動物や虫といった生き物を豊かな色彩で描く作風で人気を集めました。
The book has been translated into more than 60 languages and has sold more than 50 million copies. The story captures the hearts of children.
和文
同書は60以上の言語に翻訳され、5,000万部以上が販売されました。この話は子どもたちの心を引きつけています。
解説
be translated into ...は「~に翻訳される」です。
ここでのcopyは「(書籍などの)部、冊」という意味です。
captureは「捉える」です。
アメリカで出版された最初の「はらぺこあおむし」は、日本で作られました。「はらぺこあおむし」は、穴あきがあったり、ページのサイズがバラバラだったりする仕掛け絵本で、コストの問題などから当時のアメリカでは印刷・製本を引き受ける会社が見つからなかったため、担当編集者が日本の出版関係者に相談を持ちかけて本ができあがりました。この絵本は1969年にアメリカで出版されたあと、60以上の言語に翻訳され、世界各地で世代を超えて親しまれています。

Carle said the inspiration for his richly colored illustrations was his experience living in Nazi Germany, where he moved when he was a child.
和文
カールさんは、自身の豊かな色彩の絵の着想は、子どもの時に移ったナチス下のドイツでの生活体験だったと述べました。
解説
ここでのinspirationは「ひらめき、着想の源」という意味です。
richlyは「豊かに」という副詞です。
illustrationは「絵、図」です。
カールさんは2017年にNHKのインタビューで、鮮やかな色彩の原点について、幼いころのドイツのナチス政権下での体験に言及し、「私は戦争を経験し、悲しい時代を過ごしました。その時の悲しさを、絵本を通して喜びに変えている」と話していました。
He said colors disappeared from people's lives at that time, and buildings and clothing were drab. Bright colors brought calm to people's hearts and symbolized freedom and peace.
和文
カールさんは、当時、人々の生活から色が消え、建物や洋服はくすんだ色だったと述べました。明るい色は人々の心に落ち着きをもたらし、自由と平和を象徴しました。
解説
disappearは「消える、なくなる」です。
ここでのdrabは「色がくすんだ」という意味です。
ここでのcalmは、名詞で「落ち着き」です。
symbolizeは「象徴する」です。
カールさんは2017年に来日した際、"I went through many stages in my own life. I hope my books are happiness. I hope my books teach something, help children grow up and enjoy themselves."「私自身の人生には、その時々でいろいろなことがありました。私の本が幸せな絵本であることを願っています。私の絵本が何かを教え、子どもたちが成長し自ら楽しむようになることを願っています」とも語っていました。
名作絵本「はらぺこあおむし」で知られ、高い評価を受けていた絵本作家のエリック・カールさんが亡くなりました。91歳でした。
カールさんは、1929年にニューヨーク州北部で生まれ、1967年に最初の絵本「くまさんくまさんなにみてるの?」を出版しました。
1969年に出版された「はらぺこあおむし」は、緑と赤のあおむしが多彩な色を持つ誇らしげなチョウに変身するという物語で、60以上の言語に翻訳され、5,000万部以上発行されて、子どもたちに親しまれています。
カールさんは(過去のインタビューで)、豊かな色彩のイラストの原点について、子どもの頃に移り住んだドイツのナチス政権下での生活体験にあると言及していました。カールさんによりますと、当時は人々の生活からは色が消え、建物や洋服はくすんだ色だったということで、明るい色は人々の心に安らぎをもたらし、自由と平和を象徴すると話していました。