A Tokyo-based employment information firm says the coronavirus pandemic has led to more people in Japan looking for farming jobs.
和文
東京を拠点とする就職情報会社は、新型コロナウイルスの世界的な大流行によって、日本でより多くの人が農業の仕事を探すようになっていると述べています。
解説
Tokyo-basedは「東京を拠点とする、東京に本社(本部)を置く」です。a Tokyo-based employment information firmは、具体的には、次のセンテンスに出てくる大手人材情報会社の「マイナビ」のことです。
ledはleadの過去分詞形で、lead to ...は「~をもたらす、~につながる」です。
look for ...は「~を探す」です。

Mynavi Corporation launched a job-hunting app in 2019 for those seeking work on the land.
和文
「マイナビ」は、農業の仕事を探している人のための求職活動アプリを2019年に開設しました。
解説
launchには「開始する、着手する、売り出す」などの意味がありますが、ここではアプリを「開設する」という意味です。
job huntingは「求職活動、就職活動」です。本文では、ハイフンでつないで形容詞的に用いられています。動詞形は、job-hunt「職を探す」です。
appは、application(application software)の略で、「アプリ」です。
those (who are) seeking ...は「~を探している人々」です。
landには農地としての「土、土壌」という意味があるので、そこからwork on the landは「農業に従事する、農業従事者として働く」です。
マイナビは2019年から農業分野の求人アプリを開設していて、登録者に農家や農業法人などでの仕事を紹介しています。
The aim was to connect them with farmers and agricultural companies facing a labor shortage as rural populations decline.
和文
その目的は、そういった人たちを、農村部の人口が減少するのに伴い労働力不足に直面している農業従事者や農業法人と結びつけることでした。
解説
themは、直前のセンテンスに出てきたthose seeking work on the land「農業の仕事を探している人、就農希望者」を指しています。
ここでのfaceは、動詞で「直面する」という意味です。
labor shortageは「労働力不足、人手不足」です。
rural populationは「農村部の人口、農村人口」です。

The company says nearly 13,000 had signed up through the app as of the end of January. That's a roughly tenfold increase year-on-year.
和文
この会社によると、1月末時点で1万3,000人近くがこのアプリに登録したということです。これは前年同期比で、およそ10倍の増加です。
解説
ここでのsign upは「参加する、登録する」という意味です。
as of ...は、...の部分に期日を入れて「~現在で、~の時点で」を表します。
-foldは「倍の」なので、tenfold increaseは「10倍の増加」です。
year-on-yearは「前年同期比で」という表現です。
Mynavi says people in their 20s and 30s accounted for half of those job hunters.
和文
マイナビによると、20代と30代の人が、それらの求職者の半分を占めていました。
解説
people in their ...sは「~代の人たち」です。
account for ...は「~を占める」という表現です。...には、本文のhalfや、10 percentなど割合を示す表現が入ります。
job hunterは「求職者、就職希望者」です。

The firm cites the effects of the pandemic as reasons for the search. These include falling wages as well as greater scope in where to work as more companies encourage telecommuting.
和文
この会社は、(農業分野の)求職の理由として、感染病の世界的な大流行の影響を挙げています。それらは、低下する賃金と、より多くの会社が在宅勤務を推奨していることによって働く場所の範囲が広がっていることを含みます。
解説
the firm「この会社」は、マイナビを指しています。
cite A as Bは「AをBの理由・要因として挙げる」です。ここでは、就農希望者が増えている理由が示されています。
ここでのsearchは、job search「仕事探し」のことです。
scopeは「範囲」で、greater scope in ...は「~の範囲のより大きな広がり」です。ここでは、在宅勤務の広がりで、働く場所にこだわらず仕事ができるようになったことを説明しています。
telecommutingは「(インターネットなどを活用した)在宅勤務」です。同じ意味を表すほかの表現として、teleworkingやwork(ing) from homeなどもあります。
And officials say it seems to be easier now for people who have other jobs that want to enter farming.
和文
そして会社関係者たちは、ほかの仕事に就いていて農業に参入したいと考えている人々にとって、より容易(な状況)になっているようだと述べています。
解説
ここでのofficialsは、マイナビの関係者や社員を指しています。
people who have other jobs「ほかの仕事をしている人々」は、農業以外の仕事に就いている人々のことです。
ここでのenterは「(特定の職業に)就く、~の道に進む、~の世界に入る」という意味です。
この会社によりますと、登録者の中には副業としての農業を希望する人も多く、東京や大阪などの都市部に住む人なども目立つということです。
東京に本社がある人材情報会社によりますと、新型コロナウイルスの流行によって、日本では農業の仕事を探す人が増えているということです。
「マイナビ」は、2019年から農業の仕事を探している人のための求人アプリを開設しています。農村の人口減少に伴って、労働力不足に直面している農家や農業法人に、農業で働きたい人を紹介するためのものです。
この会社によりますと、1月末の時点でこのアプリに登録した人は1万3,000人近くに上り、前の年の同じ時期に比べて、およそ10倍に増えています。このうち半数を占めていたのが20代と30代でした。
この会社では、農業を希望する人が増えている理由として、新型コロナウイルスの流行によって収入が減少したことや、在宅勤務を推奨する会社が増えたことで、働く場所の幅が広がったことなどを挙げています。会社はまた、ほかの仕事に就いていて(副業としての)農業を希望する人々にとって、今は以前より簡単に参入できる状況になっているようだと話しています。