People across the United States have rallied against anti-Asian discrimination and violence.
和文
アメリカの各地で人々が、アジア系の人々に対する差別や暴力行為に反対するため集結しています。
解説
rallyは「(支援など何かの目的のために)集結する、集まる」という意味です。
anti-は「反~」で、anti-Asianは「反アジア(の)」です。
discriminationは「差別」、violenceは「暴力行為」です。
アメリカでアジア系住民に対する差別や暴力事件が相次いでいることを受けて、全米各地で抗議集会が開かれ、参加者は現状に危機感を表し、差別の根絶を呼びかけました。

The protests follow a series of attacks and other hostile incidents. A man opened fire at three spas earlier this month in the state of Georgia.
和文
抗議行動は、一連の攻撃事件やその他の敵意のある事件を受けたものです。ジョージア州では今月に入って、男が3軒のマッサージ店で銃を発砲しました。
解説
ここでのprotestは「抗議行動、反対運動」という意味です。
a series of ...は「一連の~」という表現です。
hostileは「敵意のある、敵意を持った」です。
open fire at ...は「~を銃撃する、~に発砲する」という表現です。
spaは「温泉、健康施設」です。アメリカ英語ではhealth spaなどと呼ばれますが、イギリス英語ではhealth farmのように言います。
earlier this monthは「今月に入ってから」で、このニュースの日よりも前にというニュアンスです。南部ジョージア州の発砲事件は3月中旬に発生しました。
Eight people were killed, including six of Asian descent. Many Asian Americans have been shaken by such events.
和文
アジア系6人を含む8人が殺害されました。多くのアジア系アメリカ人は、そうした事件に衝撃を受けています。
解説
descentは「家系、出自」ですが、of Asian descentで「アジア系の」という意味になります。
Asian Americanは「アジア系アメリカ人」です。
be shaken by ...は「~に衝撃を受ける、動揺する」という意味です。
eventは「出来事、事件」です。
容疑者は人種差別や偏見に基づいて事件を起こしたわけではないと供述しているということですが、捜査当局は動機について「捜査中で断定するのはまだ早い」としていて、アメリカでアジア系住民に対するヘイトクライムが多発する中で起きたこの事件に不安の声が上がりました。

In the suburbs of Atlanta, where the shootings took place, protesters held up signs saying "Stop anti-Asian racism now" and "Am I the next target?"
和文
銃撃事件が起きたアトランタの郊外では、抗議行動者たちが「今すぐ反アジア的人種差別をやめろ」や「次の標的は私なのか?」と書かれたプラカードを掲げました。
解説
suburbは「郊外」です。the suburbsと集合的に用いることで「大都市の郊外」という意味になります。
shootingは「銃撃事件、発砲事件」です。
take placeは「起きる」という表現です。
ここでのhold upは「掲げる」で、signは「プラカード」のことです。
racismは「人種差別」です。

Protesters in Los Angeles carried signs declaring "I'm not a virus" and "Hate is a virus." It was a rebuke to those who have said the coronavirus was initially spread by Asians.
和文
ロサンゼルスの抗議行動者たちは、「私はウイルスではない」や「憎悪こそウイルスだ」と表明したプラカードを掲げました。これは、新型コロナウイルスは当初アジア人によって広められたと述べた人々への非難でした。
解説
ここでのcarryは「掲げる」という意味で、前のセンテンスのhold upを言い換えたものです。
declareは「表す、表明する」です。
hateは「憎悪」です。
名詞としてのrebukeは「非難」です。動詞で「非難する」としても使えます。
initiallyは「当初」です。
アジア系住民に対する差別の中には、新型コロナウイルスに関連して差別的な発言などを受けるケースもあることから、参加者たちはこうしたプラカードを掲げて差別の根絶を訴えました。

An organization that monitors incidents of violence and discrimination against Asians tallied up the reports over a one-year period.
和文
アジア系に対する暴力行為と差別事件を監視している団体は、1年間にわたる報告を集計しました。
解説
monitorは「監視する」です。
tally upは「集計する、計算する、(数量を)数える」です。ちなみにtallyだけなら「記録する」「費用、得点などの記録」という意味で、動詞としても名詞としても使えます。
reportは「報告」で、ここでは差別などの被害報告を指しています。
It says there were over 3,700 incidents in the year through February. About 40 percent of the victims were people of Chinese descent. Around six percent were of Japanese descent.
和文
団体によると、2月までの1年間で3,700件以上の事件があったとのことです。被害者のおよそ40%が中国系の住民でした。およそ6%が日系の住民でした。
解説
冒頭のitは、前のセンテンスに出てきた監視団体を指しています。
victimは「被害者」です。
全米各地で、アジア系の住民に対する差別や暴力に反対する集会が開かれました。
これらの抗議行動は、(アジア系を標的にした)一連の暴力やその他の敵対的な事件を受けて行われたものです。今月には、ジョージア州の3軒のマッサージ店で(1人の)男が銃を発砲し、アジア系の住民6人を含む8人が殺害されました。こうした事件に、多くのアジア系アメリカ人が衝撃を受けています。
銃撃事件が起きたアトランタの郊外では、抗議集会の参加者たちが「アジア系への人種差別を今すぐやめろ」とか「次に標的になるのは私なのか?」と書かれたプラカードを掲げていました。
また、ロサンゼルスで開かれた抗議集会に参加した人々は、「私はウイルスではない」「憎しみこそウイルスだ」と表明するプラカードを掲げていました。これは、新型コロナウイルスが最初アジア人によって広まったと言った人々を非難したものでした。
アジア系に対する暴力事件や差別を監視している団体が、1年間の報告を集計しました。それによりますと、(アメリカ全体で)2月までの1年間に3,700件以上の事件が起きていて、被害者のおよそ40%が中国系、およそ6%が日系の住民でした。