The operator of a chain of restaurants has sued Tokyo over an order to shorten operating hours as part of revised coronavirus measures.
和文
飲食店チェーンの運営会社が、改正されたコロナウイルス対策の一環として出された営業時間を短縮するようにという命令をめぐって、東京都を訴えました。
解説
ここでのoperatorは「運営会社」です。
sueは「訴える、訴訟を起こす」です。
operating hoursは「営業時間」です。business hoursという表現もあります。
ここでのrevisedは、動詞revise「改正する、修正する」から派生した形容詞で、「改正された、修正された」という状態を表します。名詞measuresは、通例は複数形で「対策、措置、方策、手段」です。
revised coronavirus measuresは、3月13日に施行された「新型コロナウイルス対策の改正特別措置法」を指しています。改正法では、緊急事態宣言のもとで都道府県知事は施設の使用制限を要請できることに加え、正当な理由なく応じない事業者などには命令ができるようになりました。

Global Dining filed the lawsuit with the Tokyo District Court on Monday, claiming the order violates the Constitution and is illegal.
和文
「グローバルダイニング」は月曜日に東京地方裁判所に訴えを起こし、その命令は憲法に違反していて違法であると主張しました。
解説
lawsuitは「訴訟」で、file a lawsuit with ...は「~に訴えを起こす、提訴する」という表現です。
district courtは「地方裁判所」で、the Tokyo District Courtは「東京地方裁判所」です。
the order「その命令」は、営業時間の短縮命令を指しています。
violateは「違反する」です。名詞形は、violation「違反」です。
constitutionは「憲法」で、ここではthe Constitution (of Japan)「日本国憲法」を指しています。特定の憲法を表す場合、しばしばConstitutionとCを大文字で表記します。
illegalは「違法な」です。
営業時間の短縮要請に応じていないとして、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づいて東京都から営業時間を短縮するよう命令を受けた飲食店の運営会社「グローバルダイニング」は、命令は不当だとして訴えを起こしました。

The firm says it was ordered by the Tokyo government last Thursday to cut business hours at its 26 establishments in Tokyo.
和文
その会社によれば、先週の木曜日に東京都から、都内の26店舗で営業時間を短縮するように命令されたということです。
解説
the firm「その会社」は、飲食店の運営会社を指しています。
cut business hours「営業時間を短縮する」は、最初のセンテンスのshorten operating hoursの言い換えです。
establishmentは「設立された組織、事業所、施設、学校や店といった設立物」などを表しますが、ここでは飲食店チェーンの「店舗」のことです。
The government said the restaurants continued to operate after 8 p.m., increasing the risk of infection and possibly inducing other facilities to defy the request.
和文
東京都は、それらの飲食店が午後8時以降も営業を続け、感染リスクを高めたり、ほかの飲食店が営業時間の短縮要請に従わないことを誘発したりするおそれがあると述べました。
解説
the restaurants「それらの飲食店」は、グローバルダイニングが運営する複数の飲食店を指しています。
infectionは「感染」、induceは「誘発する」です。
facilityは「施設」という意味ですが、ここではrestaurant「飲食店」の言い換えとして用いています。
defyは「従わない、反抗する、逆らう」です。名詞形は、defiance「反抗的態度、反逆」です。
the request「その要請」は、営業時間の短縮要請を指しています。

Global Dining is seeking compensation, arguing the order violates the constitutionally guaranteed freedom of business.
和文
「グローバルダイニング」は賠償を求めており、その命令は憲法で保障された営業の自由に反すると論じています。
解説
ここでのseekは「求める」です。「探す」という意味で使われることもあります。compensationは「賠償(金)、補償、対価」です。
the order「その命令」は、営業時間の短縮命令を指しています。
constitutionallyは、名詞constitution「憲法」から派生した単語で、「憲法上、憲法で」という副詞です。
動詞guaranteeは「保証する、保障する、請け合う」ですので、guaranteedは「保証付きの、保障された」という形容詞です。
A lawyer for Global Dining said there has been no review on whether the state of emergency was necessary. The lawyer added he hopes the lawsuit will help convey the voices of those affected by political decisions based on weak legal grounds.
和文
「グローバルダイニング」の弁護士は、緊急事態が必要だったかについての検証がないと述べました。加えて、この訴訟を、薄弱な法的根拠に基づいた政治的決断によって影響を受けた人々の声を伝える一助にしたいと述べました。
解説
the state of emergencyは「緊急事態」です。
ここでのconveyは「伝える」という意味です。品物や人といったものを物理的に「運ぶ」としても使われます。
the voices of those affected by political decisions ...は、the voices of those [people who were] affected by political decisions ...と補うと分かりやすくなります。
groundsは、通例複数形で「根拠、理由」です。weak legal groundsは「薄弱な法的根拠」です。
弁護団の倉持麟太郎弁護士は「緊急事態宣言が必要だったのかも検証されていない。司法の場で争うことを通して、薄弱な法的根拠で政治による決定がなされ、しわ寄せを受けている人の声なき声を伝えていきたい」と述べました。一方、東京都は「訴状が届いておらず、コメントは差し控える」としています。
改正された新型コロナウイルス対策(特別措置法)の一環として営業時間を短縮するよう命令を受けた飲食店チェーンの運営会社が、東京都を相手に訴えを起こしました。
(飲食店運営会社の)「グローバルダイニング」は月曜日(3月22日)、営業時間の短縮命令は憲法違反で違法だとして、東京地方裁判所に訴えを起こしました。
「グローバルダイニング」によりますと、先週木曜日(3月18日)に東京都から、都内の26店舗について営業時間を短縮するよう命令を受けたということです。東京都は、それらの飲食店が午後8時以降も営業を続けていたため、感染リスクが高まり、ほかの飲食店も誘発されて営業時間の短縮要請に従わなくなる可能性があるとしています。
これに対して「グローバルダイニング」は、営業時間の短縮命令は憲法で保障された営業の自由に違反しているとして、都に賠償を求めています。
「グローバルダイニング」の弁護士は、緊急事態が必要だったのかも検証されていないとしたうえで、今回の訴訟が、薄弱な法的根拠に基づいた政治による決定でしわ寄せを受けている人々の声を伝える一助になればと話しています。