The use of crowdfunding is increasing and diversifying in the food and restaurant industry amid the pandemic.
和文
(新型コロナウイルス)感染症の世界的流行のさなか、クラウドファンディングの活用が食品や外食産業において増加し、多様化しています。
解説
crowdfunding「クラウドファンディング」は、crowd「群衆、大衆」とfunding「資金調達」からできた造語です。ある目的のために、インターネットを通じて不特定多数の人々から出資を募る資金調達の方法です。
diversifyは「多様化する、多角化する」です。名詞形は、diversity「多様性」です。
amidは「~のさなかに、~の真っ最中に」という前置詞です。
the pandemic「その感染症の世界的な流行」は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を表しています。
新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている飲食店などが、インターネットを通じて個人から幅広く資金を募るクラウドファンディングで支援を呼びかける動きが広がっています。影響の長期化を見据えて、最近では新たな事業に活用するケースも増えています。

This farm belongs to a company that runs seven restaurants in Tokyo.
和文
この農場は、東京で7軒の飲食店を経営する会社の所有です。
解説
東京・渋谷など都内で7店舗の飲食店を経営する会社「ALL FARM」の事例を紹介しています。
farmは「農場、農園」です。ニュースの映像に合わせて、this farm「この農場」と言っています。
belong to ...は「~に属する、~の所有である」で、つまり会社の自社農場であることを表しています。
ここでのrunは「経営する」という意味の動詞です。
Vegetables have been piling up here due to shorter business hours after a state of emergency was declared.
和文
野菜がここに山積みになっています。というのも、緊急事態が宣言されたあとに時短営業となったからです。
解説
句動詞pile upは「積み重なる、累積する」です。
ニュースの映像に合わせて、hereと言っています。
due to ...は「~のせいで、~が原因で」です。
a state of emergencyは「緊急事態」で、declareは「宣言する」です。

The company has been crowdfunding and sending vegetables in return. It plans to use the collected funds to launch a full-scale vegetable mail-order business.
和文
この会社ではクラウドファンディングを行っていて、返礼品として野菜を送っています。集めた資金を利用して、本格的な野菜の通信販売事業を立ち上げる予定です。
解説
in returnは「返礼として、お返しに」という表現です。
collectは「集める、収集する」、fundsは「資金、財源」で、この意味では通例は複数形で使用されます。
ここでの動詞launchは、新しいことを「立ち上げる、始める」という意味です。
full-scaleは「本格的な~」です。同じ意味を表す別の形容詞に、full-fledgedもあります。
mail-order businessは「通信販売事業、通販業」です。
農場の野菜を返礼品として送ることには、フードロスを防ぐねらいもあるということです。この会社ではさらに、店のシェフが考えたレシピをインスタグラムで配信し、料理で野菜の味を知ってもらうことで、これから本格的に取り組む野菜の通販事業での顧客の獲得も視野に入れています。

The Japan Crowdfunding Council says about 214 million dollars was raised in the first six months of last year in reward-based crowdfunding. That's about triple the amount raised during the same period of the previous year.
和文
日本クラウドファンディング協会によれば、およそ2億1,400万ドルが去年6月までの半年間に、購入型クラウドファンディングで集められました。これは前年同期に集められた額のおよそ3倍です。
解説
ここでの動詞raiseは、資金などを「集める、募る」という意味です。
the first six months of last year「去年の最初の6か月」は、去年の1月から6月までの半年間のことです。
rewardは「報酬、見返り」です。reward-based crowdfundingは、資金提供者が事業者から商品やサービスを返礼品として購入する仕組みの「購入型クラウドファンディング」です。クラウドファンディングには、大きく「寄付型」「購入型」「投資型」の3パターンがあります。
previousは「以前の」です。previous year「前年」は、ここではlast year「去年」の前年(2019年)を指しています。

Platform operators say such funding is no longer limited to obtaining operating capital.
和文
クラウドファンディングを運営する各社によれば、そのような資金調達はもはや運転資金を得ることに限られないということです。
解説
platform operatorは、クラウドファンディングを運営する事業体を表しています。
such funding「そのような資金調達」は、紹介したクラウドファンディングの事例を指しています。
no longer ...は「もはや~ない」という表現です。
obtainは「得る、獲得する、手に入れる」です。
capitalは「資本、資金」で、operating capitalは「運転資金」です。


(Bogaki Kana / Makuake)
"The purpose of such funding seems to have more to do with new business chances than simply raising money."
和文
「そのような資金調達の目的は、単にお金を集めるというよりは、新しいビジネスチャンスと一層関係しているようです」
解説
クラウドファンディングの運営会社Makuakeの坊垣取締役の言葉を英訳したものです。
have more to do with ...は「~とより深い関係がある」という表現です。比較級を使わない「~と関係がある」であればhave something to do with ...となり、「~と大いに関係がある」であればhave a lot to do with ...などで表せます。
raise moneyは「お金を工面する、資金を調達する」です。
坊垣取締役は、「一時的に資金を得るだけでなく新商品の開発や業態変更のために資金を集める事業者が増えている。消費者もこうした動きを応援するためにお金を使いたいというニーズが増えていると感じる」と話しています。
新型コロナウイルスが世界的に流行する中、飲食業界ではクラウドファンディングの活用が増えるとともに、多様化しています。
この農場は、東京で7店舗の飲食店を経営する会社の傘下にありますが、緊急事態宣言後の時短営業で、ここには野菜が山積みになっています。
そこで、この会社はクラウドファンディングで資金を募り、返礼品として野菜を送っています。集まった資金を利用して、本格的な野菜の通販事業を立ち上げる計画です。
日本クラウドファンディング協会によりますと、(事業者が返礼品を支援者に贈る仕組みの)購入型クラウドファンディングで集まった資金は去年6月までの半年間でおよそ2億1,400万ドル(223億円)で、前の年の同じ時期のおよそ3倍になりました。
クラウドファンディングを運営する各社は、そのような資金調達はもはや運転資金を得るためだけにはとどまらないとして、「このような資金調達の目的は、単にお金を集めるということよりも、新しいビジネスチャンスにつなげることにあるようです」と話しています。