The U.S. Justice Department has filed an antitrust lawsuit against Google, accusing the tech company of unlawfully maintaining a monopoly to dominate online search and advertising markets.
和文
アメリカ司法省は、独占的な立場を違法に維持してインターネット検索とオンライン広告の市場を支配しているとして、グーグルを反トラスト法違反で提訴しました。
解説
the U.S. Justice Departmentは「アメリカ司法省」です。正式名称はthe United States Department of Justiceで、DOJ と略されます。
fileには「(告訴・苦情・請求・申請・嘆願などを正式に)提出する、起こす」などの意味があります。ここでは、lawsuit「訴訟」を目的語に取り、「提訴する、訴訟を起こす」として使われています。file a lawsuitはよく使われる表現です。file an antitrust lawsuitは「反トラスト訴訟を起こす」です。
antitrust law「反トラスト法」は、日本の独占禁止法にあたります。
accuse A of Bは「Bの行為をしたとしてAを訴える、非難する」です。
the tech company「そのテクノロジー企業」は、グーグルを言い換えています。
unlawfullyは「違法に」です。形容詞は、unlawful「違法の」です。
その頭文字をとってGAFAとも呼ばれるアメリカの巨大IT企業、グーグル、アップル、フェイスブック、そしてアマゾンの4社に対しては、独占的な地位を利用して公正な競争を妨げ、巨額の収益を上げているという批判が近年高まっています。

The lawsuit accuses Google of signing agreements with popular device makers like Apple and Samsung to secure default status for its search engine.
和文
訴訟は、初期設定として自社の検索エンジンが使われるようアップルやサムスン電子などの人気端末メーカーと契約を結んでいるとして、グーグルを訴えています。
解説
sign an agreement with ...は「~と契約を結ぶ、~との協定に署名・調印する」です。
secure は「確保する」です。
defaultは、「(義務・債務の)不履行」としてもよく使われますが、ここでは「初期設定」という意味です。パソコンやタブレット、スマートフォンなどに工場出荷時点で設定されている検索エンジンでグーグル以外を使うには、使用者があえてそれを選ぶ必要があるということを述べています。
its search engine「それの検索エンジン」は Google's search engine「グーグルの検索エンジン」を指しています。
As a result of its anticompetitive conduct, Justice officials say, Google has accounted for nearly 90 percent of all general search engine queries in the U.S. in recent years.
和文
その反競争行為の結果、グーグルが近年、アメリカでの検索エンジンを使った一般検索の90%近くを占めるに至ったと司法省は述べています。
解説
as a result of ...は「~の結果として」という表現です。
anticompetitive conductは「反競争行為、競争を妨げる行為」です。
ここでのJustice officialsは、Justice Department officials「司法省の職員、司法省当局者」を指しています。
account for ...は「~を説明する」という意味で使われることもありますが、ここでは「(ある割合を)占める、~%を占める」です。例えば、account for two-thirds of ...と言えば「~の3分の2を占める」です。
一般語彙のqueryは「質問、疑問」ですが、コンピューターやインターネット関連では「データの検索要求」として使われています。search engine queryは「検索エンジンに文字列を入力して検索をかけること」です。
The lawsuit also alleges Google uses data obtained from its search service for its advertising business.
和文
訴訟はまた、グーグルが検索サービスで入手したデータを自社の広告事業に使っていると主張しています。
解説
allegeは、証拠を提示せずに、または立証する前に、誰かが何らかの不正行為を働いたと「主張する」です。名詞形は、次のセンテンス5で使われているallegationです。
文の構造として、allegeから先はGoogle uses ... for its advertising business.「グーグルは~を自社の広告事業に使う」となっており、...の部分に入るのが、data obtained from its search service「自社の検索サービスから得られたデータ」です。

Google denies the allegations, describing the lawsuit as "deeply flawed."
和文
グーグルはその申し立てを否定しており、訴訟を「重大な欠陥がある」と評しています。
解説
前のセンテンスに出てきた動詞allegeの名詞形が、allegationです。ある者や組織が不正な行為、違法な行為を働いたという内容の「訴え、主張」です。
describe A as Bは「AをBだと評する」です。
名詞flawは「欠陥」で、形容詞のflawedは「欠陥のある、不備のある」です。
The company says, "People use Google because they choose to, not because they're forced to or because they can't find alternatives."
和文
グーグルは「人々は選んでグーグルを使っているのであって、強いられたからでも、ほかに選択肢が見つからないからでもない」と述べています。
解説
the company「その会社」は、グーグルを指しています。
they choose toとthey're forced toの後ろには、use Googleが省略されています。
force A to ...は「Aに~することを強いる」です。ここでは、they're forced to ...という受け身になっています。
ここでのalternativeは「(何かに)代わるもの、代替手段、代案」という名詞です。このニュースでは「グーグル以外に選択できる検索エンジン」を示しています。

Google was fined about 1.7 billion dollars by the European Union over similar allegations last year.
和文
グーグルは去年、EU=ヨーロッパ連合による同種の訴訟で17億ドルの罰金を科されています。
解説
ここでのfineは「罰金を科す」という意味の動詞です。罰金を科された罪状を入れるときは、例えば He was fined 10,000 yen for a stop sign violation.「彼は一時停止違反で1万円の罰金を科されました」のように、for ...に続けます。fineはまた、名詞としても使えます。impose a fine of up to 25,000 dollarsなら「最大2万5,000ドルの罰金を科す」です。
one billion は「10億」ですから、1.7 billionは「17億」です。
グーグルをめぐっては、アメリカ以外でもEU=ヨーロッパ連合が2019年3月、グーグルがネット広告で公正な競争を妨げたとして、日本円で1,800億円余りの制裁金を支払うよう命じています。
アメリカ司法省は、グーグルが独占的な地位を違法に維持することによってインターネットの検索と広告市場を支配しているとして、(日本の独占禁止法にあたる)反トラスト法違反の疑いで提訴しました。
提訴の内容は、グーグルがアップルやサムスン電子といった人気端末メーカーとの間で、自社の検索エンジンが初期設定として使われる契約を結んでいるというものです。司法省は、公正な競争を妨げるそのような行為によって、グーグルが近年、検索エンジンを使ったアメリカでの一般的な検索の90%近くを占めているだけでなく、検索サービスを通じて入手したデータを広告事業に利用しているとしています。
これに対してグーグルは、訴訟には「重大な欠陥がある」と司法省の言い分を否定し、「人々は強制されたからでも、ほかに選択肢が見つからないからでもなく、自ら選んでグーグルを使っている」と主張しています。
グーグルは去年(2019年)、同様の訴訟でEU=ヨーロッパ連合から17億ドルの制裁金を科されています。