2022年3月18日感謝の4年間


やる気、元気、渡邉美希です。
今年度で、岐阜局を卒業することになりました。
番組をご覧いただいた皆様、取材先でお世話になった皆様、
優しく声をかけていただいた皆様、本当にありがとうございました。

初めての岐阜での生活。
不安と期待でいっぱいでしたが、
大好きなGIFUの〇〇に出会うことができ充実した4年間となりました。





@G GOODなぶっつけ出会い



とにかく歩いて歩いて、探し回るアポなし旅の “ぶっつけ!バス停500m”
県内のバス停をランダムに選んでぶっつけ取材をするというコーナーです。
どんな方に出会えるかわくわくする一方、何か出会えなければ帰れないという過酷?!なロケでした。(7時間以上歩いて何も見つからなかったことも・・・)
急なお声がけにも皆さん温かく接していただいたり、
「ロケ頑張って!」と、励まされたり、どこに行ってもいい思い出ばかりです。



ワンちゃんと一緒に写る渡邉キャスター
【1時間かけて歩き、ワンちゃんのために好物を買いに行く女性に密着したロケ回のときのもの。
女性の笑顔とワンちゃんに癒されました】





AI 憩いの場から生中継!



続いては、ぎふライブ!
このコーナーで岐阜の伝統文化なども触れることができました。

大相撲ののぼりや神社ののぼり旗などを制作している旗店や
毎年干支をテーマに凧つくりをしている凧小屋、
また、地産地消を目指し、おいしい農家の野菜やご飯などを提供しているカフェ・・など
魅力的な場所からお届けしてきました。
その場で初めて会う方もたくさんいましたが
中継本番に向けて皆さん一緒に臨む雰囲気がすごく印象的でした。
どの場所も笑顔あふれるアットホームな場所からの中継となりました。



ぎふライブでの思い出の写真





BF FC岐阜との出会い



4年間一番足を運んだのは FC岐阜の取材でした。
全くサッカーに関して無知の私でしたが、大木(元)監督時代のサッカーを見る度に
夢中になり、いつの間にかFC岐阜のことを考えない日はないくらい大好きになっていました。サッカーはもちろん、心に残っているのは “サポーターの温かさ”。
どんな試合の後にも、拍手で称え、鼓舞し、時には厳しい声などがあり、
「選手たちを本当に勝たせたい」という思いが伝わりました。



サポーターの皆さんと



ぎふスポでは、試合結果だけでなく、選手1人1人にスポットを当てながら
隠された努力や思いなどを取材しました。
放送ではお伝えしきれませんでしたが、印象に残っているのは、宇賀神友弥選手の言葉です。
柏木陽介選手への取材の際、
「宇賀神選手はいつも前向きで、ポジティブな言葉をかけてくれる」と話していました。
そのことについて宇賀神選手に尋ねると・・
「実はめちゃくちゃネガティブなんです。試合のホイッスルが鳴るまで “どうしよう” と不安でいっぱい。だからこそ、最高の準備をするようにしています」との返答が。

大舞台でも結果を残し、試合中、選手たちを鼓舞する姿の裏には、
想像できないほどの努力や準備を積み重ねているのだなと感じました。



柏木選手と宇賀神選手
【新キャプテンの柏木選手(左)浦和レッズから加入の宇賀神選手(右)】



岐阜局最後の企画で取材させていただいた柏木選手、宇賀神選手!
とても真摯に丁寧に思いを伝えていただき、ありがとうございました。



FC岐阜の選手たち



今シーズンは大型補強を敢行し、既存の選手もさらにパワーアップしたFC岐阜。
取材に関して、心残りはありませんが、
J2に復帰するチームを取材できなかったことが唯一、悔いが残ることです。
今年こそはJ2に戻れることを信じてこれからも応援しています。



四葉のクローバー
【FC岐阜の練習場所でサポーターの方にいただいた四つ葉のクローバー うれしかったです😊】





CU 初々しい最初の・・



入局最初の取材で高校生と



入局後最初の取材は、こちらの高校生2人でした。
砲丸投げの稻るD選手、そして、円盤投げの山下航生選手、
岐阜市の長良川競技場で行われたアジアジュニア選手権に向け、
自分の限界に挑戦するため、日々切磋琢磨して練習に励む様子などをお伝えしました。
初めてのスポーツの取材ということもあり、
私の方があたふたしていましたが・・・
2人とも競技のこと、趣味のこと、今どんな悩みがあるのかなど、
包み隠さず丁寧に教えていただき、感謝しています。






ここで収めるつもりでしたが・・・
もう少し。
4年間スポーツコーナーに携わらせていただきました。
アマチュアスポーツからプロスポーツまで様々な選手、
スタッフ、ファンの方に取材しました。

それぞれの目標、目指すものは違いましたが、共通して印象に残ったのは「挑戦」すること


何かを言い訳にせず、1日1日を大切にして自身に向き合う選手たちの姿は、
私の生きる大きな糧にもなりました。
少しでもその姿を届けて、1人でも会場に駆けつけたり、応援したりするファンを増やしたいという思いで取材をしてきました。
どれくらいの方に届けられたかわかりませんが、
スタジアムで「@@選手の姿を知って応援したくなったんです」と
お声をいただいた瞬間、瞬間は本当にうれしかったです。



スポーツ取材時のみなさんと






最後になりますが、来年度からは、
NHK札幌放送局のスポーツキャスターを務めることになりました。
岐阜での経験や出会いを大切に
BIGBOSSこと新庄剛志さんの熱さに負けないよう、
熱く、楽しく、精進しながら頑張っていきます。

岐阜の皆様これからもお元気で。
またお会いできるのを心から楽しみにしています!



岐阜局のスタジオでアナウンサー・キャスターのみなさまと





2022年2月3日若手に負けず貪欲に 新加入 #6岡村和哉選手


こんにちは。

サッカーJ3のFC岐阜は新体制が始動しました!


FC岐阜の選手たち



先月の会見では、社長や、監督、スタッフ、そして選手が挨拶し、
J2復帰への意気込みを語りました。

そして、発表された今シーズンのスローガンは

「全員が新化 Let’s fight together for J2」



スローガンを掲げる選手



積み上げてきたものに、新たな体制や選手のパワーを加え、
全員がさらに進化する決意を表しています。



そんな中、ギラギラと闘志を燃やす選手の1人が、

ギラヴァンツ北九州から加入した DF岡村和哉選手です


岡村和哉選手



対人の強さと、コーチング、そして、“声” が持ち味で、
リーグ戦253試合に出場し、3度の昇格経験もあるベテランです。
岡村選手に先日オンラインで今年にかける思いなどを聞きました。



「契約満了」も後悔なし

去年までギラヴァンツ北九州でプレーしてきた岡村選手。
昨シーズンは、28試合に出場し、
ピッチ内外で積極的にコミュニケーションをとって、チームを盛り上げてきました。
しかし、惜しくも J3降格 に。さらに、クラブからは 契約満了 を告げられたのです。
それでも、後悔の気持ちはなかったと振り返ります。
激動のシーズンを過ごしたという岡村選手に“去年自身が学んだこと”を聞くと、


「コミュニケーションをとりながら本当に目の前の練習にどう取り組めるか、
どう1年終わらすのか、というのを去年すごく感じました。
本当に毎日ラストという思いで、1日、1週間を大事にして次の試合に出るというのを
意識してやってきたし、ケガなく1年できた。後悔の念はない。やるだけのことをやったし、
これでいらんかったら、まじでいらんかったんやなと。
遠い目標も大事ですが、目の前のことを大切にしていくことが大事だなと思いました」

と話してくれました。
どんな事実も受け止め、後悔なくやり切る姿勢。岐阜の地でも期待しています。



練習をする岡村選手





背番号“6”への思い

今シーズン岡村選手が背負う番号は、「6」。

主力選手がつけることが多い1桁のこの番号への思いも教えてくれました。

「ギラヴァンツ北九州で人生初めてつけた番号で、
昇格や降格など激動の時代を過ごしたので愛着はあります。
期待されていると思うし、試合に出ないといけないなという思いですが、
監督が選ぶことなので自分に矢印を向けてやっていきたい」





持ち味のキャラはいつ発揮・・?

岡村選手といえば、「声」、「明るい性格」です。
始動した新体制での練習では積極的にコミュニケーションをとったり、
同世代・後輩とジョークを言い合ったりする様子も多くみられます。
ギラヴァンツ北九州時代では、ファンサービスがないコロナ禍で、クラブと計画し、
毎週、SNSや動画配信サイトで発信するなどして、サポーターを楽しませてきました。
FC岐阜でも、

「キャラは徐々に発揮します・・!

広報さんと話しながら規則を守りながら発信していけたらと思います!!」

と宣言。
今年もオフザピッチでの活躍!楽しみです!





岡村選手にとっての「新化」とは

最後に、チームのスローガン「全員が新化」にちなみ、
今シーズン岡村選手が新化したいことを聞きました。

「身体能力は高くないと自負しているが、そこに挑戦して動きの部分や、
すごくいいトレーナーやスタッフがいるので体つくりに取り組めると思うので、
35の年になるが、練習から貪欲に若手に負けず試合に出て
勝ち負けにこだわっていきたい」

と力強く掲げてくれました。



岡村和哉選手



2022シーズンは、J2から4チームが加わるなど、さらに昇格争いが激しくなりますが
岡村選手の「持ち味」と今シーズンの「新化」を存分に発揮して、
J2復帰に導いてほしいですね。応援しています!

(写真提供 FC岐阜)



2021年12月16日8年ぶりにJリーガー誕生
J1湘南ベルマーレ 鈴木淳之介選手


こんにちは 🌻 久しぶりのつぶやきになりました。
最後まで読んでいただけると嬉しいです。



鈴木淳之介選手



今週のぎふスポでは、期待の高校生をお伝えしました!

来シーズンJ1湘南ベルマーレ内定 

各務原市出身 鈴木淳之介選手 帝京大可児高校の3年生です。



身長180センチのミッドフィルダー。

ボールを失わないキープ力や正確なパスが持ち味のボランチです。

岐阜県の高校を卒業し直接Jリーガーになるのは、
なんと杉本太郎選手(帝京大可児高校→J1鹿島加入)以来8年ぶり!

鈴木選手の入団内定が発表されたのは、高校2年生の冬でした。



入団内定について語る鈴木選手



“まさか”という思いが強かったといいます。


実は、1年生のころはプロとは無縁の存在。
ほとんどセカンドチームで過ごしてきました。

飛躍のきっかけになったのは、
1度だけトップチームで出場した練習試合でレベルの差を痛感したときの経験でした。

何もできなかった、と振り返りながらも
『壁にぶつかったことで成長できた』といいます。

得意だったパスやキープ力も1つ1つ見直し、練習に励むほか、
食べ物も意識を変え、3食の量を増やすとともに、
間食にも気をつかうようにしました。

バナナやドライフルーツ、プロテインなど積極的にとるようになると、
入学時から太もも回りの筋肉も1周り大きくなり、当たり負けない体に。


2年生からはトップチームでレギュラーを奪取すると・・・
チームの核となる選手にまで成長を遂げました。




すると、ある偶然の出会いが訪れます。

2年生の夏の和倉ユース。
この試合に別の選手を見に来ていた
湘南ベルマーレの牛島真諭スカウトが鈴木選手のプレーを見たのです。

日本代表の鎌田大地選手などを見出してきた牛島さん。

無名選手だったものの鈴木選手を見た時、スカウトとしての直感が働いたといいます。

「淳之介しか見えなくなったというのが1番。
 ゲームでいうスター状態になったという風に見えた。」


そう鈴木選手との出会いを振り返りってくれました。


そして、湘南への練習参加などを経て、2年生の冬、入団内定が発表されました。


帝京大可児の仲井正剛監督は、
鈴木選手のある姿勢が成長の要因だと話してくれました。



選手をながめる仲井正剛監督



「実はほかの選手を伸ばそうと思って伝えていたら
 横でなんでぼくにはいってくれないんだという顔をしながら
 聞いている淳之介がうまく吸収して一気に伸びました」


そのことに驚きながらも、素直な心吸収力が実力を伸ばしたと思ったそうです。


放送では伝えられませんでしたが、
鈴木選手がサッカーを始めた時の指導者の方々も
「当時から、どんな話にも耳を傾け、素直に取り組み続ける子。賢い選手でした」
とエピソードを教えていただきました。


そして、鈴木選手がさらなるレベルアップに向け、課題にしているのが“得点力”。

チームを勝たせたいという思いが強くなる中、
プロ内定以降、牛島スカウトから「ボランチの位置から点を取れる選手になってほしい」と求められている部分です。
練習から常に意識し続け、2年生の時と比べると1試合平均の得点数は倍増。
結果にもしっかり表れています。



試合の様子



先月行われた全国高校サッカー選手権 岐阜県大会決勝でも、
鈴木選手は得点を挙げ、チームの勝利に貢献しました。

今月末には全国の舞台への挑戦、来月からはプロの生活がスタートします。

「点を取りたい。J1でも点を取って岐阜の皆さんに覚えてもらいたい」
と強い意気込みを語ってくれました。

これからの活躍も岐阜から応援しています!




鈴木選手と渡邉キャスター



最後に・・

今回は鈴木選手の内定後から半年以上取材させていただきました。
どんな時も丁寧に自分の言葉でしっかりと気持ちを伝える姿が印象に残っています。
ご家族の方、指導者や関係者の方、湘南のチーム関係者の方も
ご協力いただきありがとうございました。



2021年11月8日今日の『ぎふスポ』


今夜のぎふスポ! 特集は

広島カープ育成4位指名  中部学院大学 坂田怜 投手について

病を機に「魔球」を身につけた坂田投手を取材しました!





そのほかのぎふスポは、


J2昇格へ向けて正念場となったシーズン終盤戦☆
サポーターの思いは届いたのでしょうか?

☑ FC岐阜vsカターレ富山 勝ち点3なるか?
 
☑ 岐阜スゥープス&JAぎふリオレーナの結果

☑ 広島と仮契約へ 木翔斗 選手 など


ぜひご覧ください。





応援するサポーターの皆さん1



応援するサポーターの皆さん2



応援するサポーターの皆さん3



応援するサポーターの皆さん4





2021年8月4日東京オリンピック 橋本英也選手(岐阜市出身)


オリンピックも終盤戦!
今回は笑顔が素敵なこちらの選手✩



橋本選手



自転車 男子オムニアム 日本代表 岐阜市出身 橋本英也選手
ぎふスポでは、橋本選手の勝利の秘けつや競技の面白さなどについて、リモートでお話を伺いました



橋本選手実用の自転車



以前使っていた橋本選手の自転車をお貸しいただきました
タイヤやフレームが細く、スタイリッシュでかっこよかったです



橋本選手が出場するオムニアム!


1日で10〜25キロの4種目を走るトラックレースで
とても過酷なスポーツなんです・・
国際大会で優勝経験もある橋本選手!
レース中の駆け引きや、ポイントとなる位置取りなど様々教えていただきましたが、
特に 勝利のための秘けつ と言えるのがこの「笑顔」



笑顔の橋本選手



苦しい時でもニコッと口角を上げて、相手を油断させるんだとか!?
そして誰にも負けない「自転車愛」も!


休日も自転車に乗ってリフレッシュするという橋本選手。



自転車で旅をする橋本選手



以前には、知人の結婚式のために、岐阜から福岡へ自転車で向かったそうなんです!
人や訪れたことのない土地との出会いがとても楽しかったという思い出話を伝えていただきました



母校の自転車部の指導者に伺うと・・・
「苦しい練習もこつこつ続けてきたり、誰よりも自転車や道具の手入れを丁寧にしたりしていた。やはり自転車愛が強くさせたと思う」と話してくれました。



スタジオで自転車の横に立つ渡邉キャスター



レースは5日(木)!周りの人をも笑顔にする橋本選手の表情にも注目です!
応援しましょう!



2021年7月26日東京オリンピック 田中亮明選手(多治見市出身)


こんにちは。渡邉です。
東京オリンピックが開幕しました!
ぎふスポでは、県ゆかりの日本代表選手をお伝えしてきました。

多治見市出身 ボクシング男子フライ級の田中亮明選手!
母校の中京高校で教員・ボクシング部の監督を務める先生ボクサーです。



田中選手



田中選手は1年のオリンピック延期を機に
“このままではメダルは厳しい”と、プレースタイルをチェンジ!



練習をする田中亮明選手



距離を取ってパンチを出す守備的なスタイル
間合いを近く積極的にパンチを出す攻撃的なスタイルを目指したのです!



攻撃的なボクシングを行う田中亮明選手



練習環境も変化。
独自でおこなってきたトレーニングをやめ、
プロボクサーで弟の恒成選手を世界チャンピオンへ育てたトレーナー
父・斉さんのもとで鍛錬を積んできました。



トレーナー田中斉さん





弟のプロボクサー田中恒成選手



この1年間、斉さんのもとで手ごたえと自信をつけてきた田中選手。
初の大舞台で見ている人を盛り上げるボクシングをしたいと力強く語ってくれました。


そして迎えたきょうの1回戦。
プレーだけでなく強い気持ちも前面に出して勝利を収めた田中選手!


2回戦は7月31日に行われます!
岐阜から応援しています!!



インタビューに答える田中亮明選手



オリンピック延期前から1年以上取材させていただいた田中選手。
田中選手の感じていることや目指す選手像など、
いつでも真摯に、丁寧に教えていただきました。
そして、取材を通して、ボクシングの面白さをたくさんの方に知ってほしい!という熱い思いも伝わりました。
オリンピックを機に、田中選手とともにボクシングファンが1人でも多く増えたらうれしいです!



田中選手と渡邉キャスター



今回もご覧頂きありがとうございました!
暑さに気をつけてくださいね☆



2021年7月16日FC岐阜 今シーズンのユニ&新加入三ッ田選手


こんにちは。
今回は、サッカーの話題!

@ 岐阜らしい『ユニフォーム』について
A 新加入選手#28 三ッ田啓希選手 についてです!


ことしこそ・・J2復帰を目指すFC岐阜
今シーズンからは岐阜らしさが存分に詰まった新ユニフォームで
チームとサポーターは戦っています!それがこちら!!



2021年ユニフォーム



今シーズンから地元のアパレル企業がユニフォームのサプライヤーに就任。
デザインには、“長良川の鮎”“県花のれんげそう”
そして、上向きにという意味も込められた伝統の“うろこ文様”が施されています。



ユニフォームの柄



ぎふスポでは、岐阜愛あふれたアパレル企業の社長の“チームを
応援したい!”という思いと、デザイン決定の秘話をお伝えしました。



前山さんの写真



園部さんの写真



選手・サポーターから「岐阜らしいユニフォームでかっこいい!!」と大好評でした。
このユニフォームでJ2復帰へ!!!期待しています。





“アグレッシブにいずれ美しく”というサッカーを目標に
今シーズンから安間貴義監督が指揮を執るFC岐阜は、
8勝1分5敗の戦績、3位で前半戦を終えました。


前半戦の総括で安間監督は後半戦に向けて・・
「ゴール前のエリアに入る回数を増やし、より得点を取れる確率を上げていく!」
と話していました。8月28日から始まる後半戦。
どんな攻撃スタイルを見せてくれるのか?!楽しみです。


ぎふスポでは、前半戦、攻守で活躍した新加入選手をお伝えしました。

今シーズン、J2の松本山雅から加入!
身長189センチの左利きのディフェンダープロ2年目の三ッ田啓希選手です。
前半戦を終えて全試合で先発出場、さらに、高さを生かしたヘディングで3得点をマーク。
持ち味を存分に発揮しています。



三ツ田選手の写真



実は三ッ田選手・・・
松本で過ごした2年間(1年目は中央大学から特別指定で加入)は
リーグ戦の出場は0回,カップ戦1試合の出場のみでした。



三ツ田選手の写真



『結果を出さないとプロ人生が終わる・・・』そう覚悟して加入した今シーズン。
安間監督との出会いが三ッ田選手の実力を大きく開花させたのです。

安間監督のもと、キャンプから着実に力をつけてきた三ッ田選手。
しかし、課題だったメンタルの弱さから十分にその力を発揮しきれていませんでした。
そこで安間監督が課したのは“チャレンジすること”。



安間監督の写真



『弱気になったら、すぐにスタメンを外す。ミスしてもやり続けてトライしているなら使う』と伝え続けたのです。

その言葉を胸に三ッ田選手は練習から積極的にトライし続けました。
コミュニケーションの面でも
ベテラン相手でも躊躇なく意見を伝えられるようになったのです。

そして練習後には・・



スタジオの写真



自ら安間監督に志願し、苦手なプレーを何度も居残りで練習。
スタメン奪取に向け、技術面も力を積み上げています。


インタビューでは、
良い時も悪い時も寄り添ってくれる安間監督に感謝の気持ちを伝えるとともに、
J2復帰に向けてチームのために全力で戦うと話していた三ッ田選手。
後半戦も活躍を期待しています。



練習後のの写真



放送ではお伝えできませんでしたが、
三ッ田選手からは
高校、大学時代のサッカー部の監督への感謝の気持ちも熱心に伝えていただきました。
また、西武学園文理高校の山口監督、中央大学の佐藤監督からは、
「三ッ田は優しく、思いやりのある子。苦しい時期でも決してあきらめず、コツコツ努力できる。まだまだ伸びる選手と思うので楽しみ」と、
岐阜での活躍を喜びながらお話をしていただきました。


そして・・・あともう一つ!
FC岐阜関連の話題といえば・・きょう元FC岐阜のFW古橋亨梧選手(三ッ田選手と同じ中央大学出身)がスコティッシュ・プレミアシップに所属するセルティックFCへの完全移籍についてクラブ間で合意したと発表されました。

以前日本代表に選出された際に、番組へメッセージをいただきましたが、
放送では収まりきらないほど岐阜の皆さんへの感謝の気持ちを伝えていただきました。
海外での活躍を岐阜からも応援しています。



2021年6月28日今日の『ぎふスポ』


動画は美濃加茂市の山手サッカー少年団の皆さん。


きょうのぎふスポは

▽FC岐阜 鹿児島に勝利!アシストの町田選手、仲間からもらったアドバイスとは?

▽パラ柔道代表・藤原由衣選手インタビュー

▽高校野球岐阜大会の組み合わせ… です!

是非ご覧下さい!



2021年6月14日今日の『ぎふスポ』


FC岐阜サポーターの皆さんと動画メッセージです☆ 

力強く伝えてくれたのは 
三島頌平選手の熱血ファンだとか☆彡

本日のぎふスポの主な内容 
▽首位奪取なるか テゲバジャーロ宮崎戦 
▽東京五輪 自転車日本代表 橋本英也選手の特集 
▽東京五輪 フェンシングリザーブ 辻すみれ選手の意気込み 


まるっと!ぎふぜひご覧ください



2021年5月31日今日の『ぎふスポ』


31日の ぎふスポは

岐阜スゥープス 現役引退 園田大祐選手からメッセージ

FC岐阜ホーム戦の結果

と・・・新加入の 三ツ田啓希選手との特集です★

元チアも登場★


18時半からは「まるっと!ぎふ」をお楽しみに。



2021年5月25日初夏を告げる”みょうがぼち”


きょうのまるっと!ぎふは・・
私も大好きな岐阜の初夏のお菓子についてです。

本日6時半から!
ぜひご覧ください 



▲ ページの先頭へ