2020年1月30日「ラジオ深夜便・明日へのことば」

リポート


羽島市で外国人技能実習生を保護するシェルターを運営している、中国人の甄凱さん(写真真ん中)。

先日「おはよう東海」などでリポートを放送しましたが、今度はロングインタビューです。


ラジオ第一「ラジオ深夜便」1月31日(金)午前4時台
外国人技能実習生からのSOS 甄凱さん
https://www.nhk.or.jp/shinyabin/program/a4.html


企業に対して団体交渉を求めたら警察を呼ばれたり、助けたと思った実習生が企業に都合よく和解させられて夜逃げしたり・・・
とさまざまな嫌な思いをしてきた甄凱さん。
なぜ頑張れるんですか?と尋ねたら、「私の周りには、いい日本人がたくさんいたから」と話してくれたのがとても印象に残っています。
午前4時台と聴きにくい時間帯かもしれませんが、聞き逃し配信などもありますので、ぜひお聴きください!



2019年12月26日「さわやか自然百景」がいよいよBS4Kに登場です!

2018年に放送した「さわやか自然百景 長良川 夏から秋」がいよいよBS4Kで放送です!

BS4K 2020年 1月11日(土)午前9:30〜9:44


また、総合テレビでも年末年始に再放送されます。
総合2019年12月29日(日)午前7:45〜7:59
総合2020年 1月 6日(月)午後4:05〜4:19


水中撮影


提案からロケ、制作、語りまでを担当しましたが、4Kで見るのは今回が初めて!
アユやオオサンショウウオなど長良川の生き物たちをぜひぜひ4Kでご覧ください。
4Kで見られなくても、年末年始は長良川の水中のようすで癒やされてください。



ロケの様子


望月アナ



2019年12月13日潜水研修に行ってきました。

このつぶやきでもかなりの頻度で登場する潜水研修。


潜水研修


今回は全3回の新人研修の最後です。
1回目のようす → 去年のつぶやきを。


2回目のようす → 前回書くのをサボったので、仙台局・森下アナのブログを参照ください。



新人研修の総仕上げということで、研修生の2人には、フルフェイスマスクをつけて、
とにかくリポートしてもらいました。



水中リポート


ヒラメ


体長1メートル近いヒラメや・・・


>イバラカンザシ


カラフルなイバラカンザシ。でも、実はゴカイの仲間です。


>クマノミ


クマノミちゃん。



佐賀局小林アナ


そのクマノミをリポートする佐賀局・小林アナ(手前)。真ん中がカメラマン、ライトマンも2人います。
カメラとは音声ケーブルでつながっているので、生中継などではケーブルがからまないように、さばく人も
います。声が聞こえない水中で、リポーターが身ぶり手ぶりで指示を出すのも潜水リポートの難しさ。
小林アナも森下アナもそのあたりを実感してくれたようです。



みなさんと


左から2番目は安全管理者のアナウンス室・吉田浩アナウンサー。
平成10年入局の同期の出世頭です!



ちなみに小林アナ・森下アナも平成27年入局の同期コンビ。
NHK潜水アナウンサーとして海や川のリポートをたくさん届けてくれるでしょう。
2人の活躍にご期待ください!



2019年11月28日光秀気分で“ぐるっと旅”!

県内各地のスポットを旅する“ぐるっと旅”


先日、可児市に行ってきました。
可児といえば、「麒麟がくる」の放送が決まって明智光秀で盛り上がっています


スタジオ


ということで、今回は明智光秀ゆかりの場所を巡る旅。
岐阜局に異動してきてから旅ロケって実は初めてかもしれません・・・。



まず訪れたのはその名も明智城


明智城



>絶景


絶景です!



甲冑


続いて訪れた観光交流館
甲冑(かっちゅう)がいっぱい。



着られます。


甲冑を着ました



さらに甲冑を着て美濃金山城に登る「イクササイズ」も体験してきました。



イクササイズへ


ちなみに甲冑の重さは12キロ。
ロケに行く前、局のみんなから大丈夫?とさんざん心配されて、実は年寄り扱いされていることがちょっとショックでした 笑



旅のようすは、「まるっと!ぎふ」で11月29日(金)放送予定です。


ご覧くださいー。



2019年8月19日57歳の現役レーサー・和田久さん

郡上市出身の現役レーサー・和田久さん


和田久さん


57歳のいまもトップレーサーとして活躍されています。
以前取材したときのようすはこちら。



先日久しぶりにお電話を頂き、近況などを「夕刊ゴジらじ」でご紹介させて頂きました。
放送で皆さんに「ぜひ応援してください!」と言っておきながら、自分が行かないのも何かと思いまして…


行ってきました富士スピードウェイ。


富士スピードウェイ


おととしの取材以来。
暑いのに人も車もいっぱい。
さすが観客動員数日本一のレース!



和田さんのチームのピット。


>和田さんのチームピット



車


ご無沙汰しているうちに車も代わっていました…。


並び写真


左から郡上市白鳥町出身の和田さん、話題の助っ人・ビルドハイム選手、長年のパートナー・城内政樹選手


ビヨン・ビルドハイム選手


スウェーデン人のビヨン・ビルドハイム選手はスーパーGT元王者、その昔はF1のテストドライバーを務めたという実力派。


アドバイスする
ビヨン・ビルドハイム選手


この車はフロントの車高を低くしないと速く走らないよ、と早速アドバイス。


その成果が現れたのか、初日の練習走行では29台中19位と大健闘!


明るく


最近、下位争いが多かったチームの雰囲気も明るくなります。


そして迎えた決勝。




レースクイン?



スタートドライバーはビルドハイム選手


スタートドライバー



徐々に順位を上げていきます。


徐々に順位を上げて



ピットインを遅らせてGT300クラスの暫定トップに!


暫定トップ


ちょっと興奮しました 笑



その後、ピットインの直前でアクシデントがあったり、スピンしたりといろいろありましたが、ビルドハイム選手・和田選手・城内選手が協力しながら走り抜きます。



結局23位でゴール。


23位でゴール


レース前、今回は課題の洗い出しが目的で、速くなるのはこれから、とうかがっていましたが、予選でいきなりQ1(1次予選)突破も見えるなど、今回だけでもチームの可能性を十分感じさせてくれました。


ヘルメット



ちなみに。


恒例となった?城内さんプロデュースのうどん


うどん


ご本人によると、今回のこだわりは”ごま“。
大変美味しく頂きました
(城内さんのうどんについては、前回のつぶやきを!)


まだまだ進化する和田さん・城内さんの57歳コンビ
ぜひぜひ応援してください!


和田さん・城内さんの57歳コンビ


▲ ページの先頭へ