ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK岐阜放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK岐阜放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

アナウンサー・キャスター

浅野 正紀
(あさの まさのり)

出身地
岐阜県 揖斐川町
担当番組
「みのひだ情報局」の監督 「まるっと!ぎふ」のいくつかのコーナーの監督

これまでの赴任地
  (静岡→岐阜→名古屋→長野→岐阜→名古屋→岐阜)
 

ひとこと

■趣味・特技
 楽器遊び ドラム 少しギター グループサウンズなどのレコード盤を安く集める

■好きな番組とその理由
 月曜から夜更かし「世間の本当の姿を知ることができる(あくまでもある意味では・・・)」
 よしもと新喜劇「理由?聞きたい?」

■「岐阜」ってどんなイメージ?
 好きかきらいかを超越して、どうやっても逃れられないもの。

■アナウンサー、キャスターになったきっかけ
 工業高校に進学して自動車修理を学ぼうとしていた正紀は、その当時絶大な人気を誇った、『小堀勝啓のわ!WIDE(CBCラジオ)』
 というラジオ番組を聞きながら受験勉強していた。小堀アナウンサーの繰り出すトークを聞くうちにファンになり、アナウンサー
 という職業を意識しだしたのだった。こんなに自分の人生に深く絡んだ放送番組は、「ほっとイブニングぎふ」をのぞいては、ない。

■印象に残っている仕事
 〇2006年のドラゴンズ優勝のとき、ファンの集まる、あの中華料理店から中継したこと。
 〇FMでグループサウンズの番組を作って、ムッシュかまやつさんとおしゃべりし、そのあと一杯おともしたこと。
 〇中継でしゃべる内容を忘れてしまったが、「ちょっと待ってくださいよー、今思い出しますからねえ、・・・・・ええとですね、
  待ってくださいよ・・・」と、長い時間堂々と時間をつないだこと。

■好きな音楽
 グループサウンズ ビートルズ ベンチャーズ 寺内タケシ オールディーズなど、60年代の音楽。演奏するのもこのあたりが多い。
 最近は、ポール・モーリアやレイモン・ルフェーブルといったイージーリスニングもいいなと思うようになった。イージーリスニングは、
 レコードで聞くと、音が柔らかくていいですね。

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ