クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
「#性被害者のその後」に寄せられた声

「#性被害者のその後」に寄せられた声

2019年8月30日
  • 性暴力

8月11日。取材班は、性暴力の撲滅を訴える “フラワーデモ”東京会場を訪ねました。真夏の蒸し暑い夜にもかかわらず、150人ほどが集まっていました。「性暴力被害の苦しみを告白しあい、性暴力を許さない社会をつくるために声をあげよう」と訴えるフラワーデモ。ことし4月に始まって以来、毎月、全国18都市で開催されるまでに広がっています。

みんなでプラス 性暴力を考える」でも、埋もれてきた被害を“なかったこと”にせず、声なき声を紡いでいくために、望まない性的行為を受けたことのある方々から、経験談や被害後の思いを募集しています。これまでに寄せられた投稿の一部を紹介します。

******************************************

7月30日放送の「クロ現+」では、“顔見知り”からの性暴力が8割に上る実態をお伝えしました。「#被害者のその後」には、身近な人から性暴力の被害にあい、“怖くて抵抗できなかった”、“周囲に相談できなかった”という声が相次ぎました。



投稿の中には、「いまも自分を責めている」という声も少なくありませんでした。被害を受けた側の「落ち度」ばかりが責められ、被害にあうことの辛さや苦しみが理解されていない実態がうかがえます。



勇気を出して声を寄せてくださった皆さん、本当にありがとうございました。ページの都合上、すべてを掲載することはできませんが、今後もこのページで、お寄せいただいた声を紹介していきます。

NHK「クローズアップ現代+」では、性暴力の問題を継続的に取り上げ、ホームページ「みんなでプラス」で 取材中の内容や さまざまな情報を発信しながら、皆さんと一緒に考えています。あなたの気持ち、意見などをお寄せください。

もっと読む