クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
【性暴力を考えるvol.6】レイプドラッグから身を守るために

【性暴力を考えるvol.6】レイプドラッグから身を守るために

2019年7月3日
  • 性暴力

どうしたらレイプドラッグの被害から身を守れるのか、番組ではお伝えしきれなかった情報も含めてまとめました。

●被害に気づくには

番組では、被害者が気づかないうちに被害に遭っている現状がありました。どのようにして被害に気づいたのか、取材を受けてくれた被害者の方が異変を感じたきっかけをお伝えします。


・飲み物や食べ物が苦い
・飲食の後、急激な睡魔に襲われる
・朝起きたら、衣服に乱れがあった
・食べ物や飲み物が青色に変色している
 番組では、犯罪への悪用防止のため、青く着色加工された睡眠薬を紹介しました。食べ物や飲み物に入っていた場合でも、色で気づくことができます。
→夫からの被害に気付いたケースについてはこちら

●海外では・・・

アメリカでは、レイプドラッグが混入しているかどうか検査できるテスターも開発されています。飲もうとしている飲み物をテスターに1滴垂らすと、数十秒で線が浮き出てレイプドラッグが混ぜられているかどうかを確かめることができます。



このテスターは、現在日本では販売されていませんが、国内でもこうしたテスターの普及が求められています。

●被害に遭わないために


・飲み物を飲みきってから席を立つ/席に戻ったら飲み物を替える
取材した事件では、トイレなどで席を立って戻ってきたところで食べ物や飲み物を口にすると、急激に睡魔に襲われたというケースがありました。目を離した隙に、レイプドラッグを入れられるケースが多いようです。
・他人から渡された薬は飲まない
最近では「酔い止めの薬」などと言って、薬そのものを渡されるケースもあります。もっともらしい理由で薬を渡されても、飲まないようにしましょう。

他にこんなことに気をつけている、そもそも女性が自衛しなければならないのはおかしいのでは?など、あなたのご意見、ご感想をコメントでお寄せください。

もっと読む