クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
『あなたのすぐそばにも』  合原明子

『あなたのすぐそばにも』 合原明子

2019年6月7日
  • 性暴力

性暴力被害者の方達は、今回の判決をどう受け止めているのか。
そして性暴力の実態はどうなっているのか。

名古屋市の性暴力被害者の支援センターを訪ねました。
ここでは専門の看護師や支援員、ソーシャルワーカー、医師たちが24時間体制で相談に応じています。


被害者の相談記録のファイルを見せていただきましたが、その厚みと量に圧倒されました。話を詳しく聞くと、被害にあった年代も、子どもから大人まで様々。

慌ただしく対応にあたるスタッフの姿からも、性暴力は日々発生しているのだということを痛感しました。

また、具体的なケースを見ていくと、上下関係につけこまれて起こるケースが少なくないということが分かりました。

名古屋の支援センターが過去3年間に対応した253件のうち、上下関係による被害はおよそ3割。


親、祖父、兄弟などの親族。職場の上司、取引先の仕事相手、学校の教師、習い事の先生、内定先の企業の経営者に、自動車学校の先生‥。こんなにあるのか、と言葉を失いました。

日々、電話相談は寄せられています。しかし、相談さえできない、声があげられないという人はもっともっといるはずです。

今この社会でどれだけの方が苦しい思いを抱えて過ごしているのだろうかと思いました。

被害者の方にもお話を伺いました。
40代のユミさん(仮名)は、義理の父親から長い間性暴力を受けてきました。


逆らうことで「家庭が崩壊してしまうのではないか」という思いもあり、抵抗ができなかったといいます。

ユミさんは性暴力を受けている間、心と体の感覚を閉ざすようになっていきます。

専門家は、「こうした反応は強いショックや恐怖から身を守るためのもので、性暴力被害者の多くに起きる。それが他人からは“受け入れている”と誤解されてしまう」と指摘します。

被害者の方や支援団体からは「そうした状況の中で、抵抗することはできないということを知ってほしい」と切実な訴えがありました。

「被害の実態を知ってほしい」と取材に応じてくださったユミさん。

ずっと、「ガラスの破片がいっぱい入っている血液が流れているような感覚」で生きてきたといいます。

専門家によると、ユミさんは、性暴力のトラウマ体験と向き合うことより、ガラスの破片が流れているような身体的な痛みを感じるとることを無意識のうちに選び、自分を保ってきたということです。この症状があるため、ユミさんは常に体に不調を感じ、人が怖くて外出もできず、死ぬことを考えてきて、「よく今日まで生きてきたと思う」と、1つ1つの言葉をかみしめるように話してくれました。

カウンセリングの電話をかけるまでにも3年という時間が必要だったといいます。それだけ深い心の傷を負わせてしまう性暴力に怒りがこみ上げると共に、被害者の方がいかに孤独な中で苦しみと向き合っているかということを知りました。

何度か周りに相談を試みたものの、それとなく避けられてしまったというユミさん。印象的だった言葉があります。

「皆さん、自分の生活で精一杯だと思うし、相手のこうした話を聞くのはしんどいと思う。ただ、少しでも話を聞ける余裕があるのならば“何かあるの?”とか“少しなら聞けるよ”とか、ほんの少し思いやりを持って言葉をかけてもらえたら嬉しい。」

この言葉に、周りの私たちのあり方も問われていると感じました。

私自身、取材を通して本当に様々な被害のケースがあることに驚き、自分の視野の狭さに気付かされました。

一度立ち止まり、自身の視点を見直してみることが大切な一歩になるのではないかと感じました。

すぐそばにいる人が、実は、1人で悩んでいるかもしれません。

(アナウンサー 合原明子)

番組では、性暴力に関する情報をまとめ、皆さんと一緒に考えていく場を設けました。
取材班もコメントし、継続的に取材経過を発信していきます。
あなたの気持ち、意見など、コメントをお寄せください。


もっと読む