クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
トイレ革命進む中国を取材(キャスター鎌倉千秋)

トイレ革命進む中国を取材(キャスター鎌倉千秋)

2018年4月11日

1.

中国のトイレ事情を調べに上海に行ってきました。かつて、「汚い、暗い、(特に)臭い」と、観光客に不評だった公衆トイレ。習近平国家主席の号令の下、今は「トイレ革命」なるものが進行中!上海の公衆トイレには短時間で何度も来る人の姿もありました。一体なぜ!?

2.

中に入ると漂っていたのはせっけんの香り。気になるあのアンモニア臭はまったくありません!公衆トイレなのに天井は吹き抜けで、何台ものファンが回っています。ここには清掃員が常駐していて、いつもキレイにしていることも思わずご近所さんが通ってしまう秘密なんだとか。

 

 

3.

公衆トイレの整備が進む中、家庭用トイレで人気なのは実は、日本メーカーのトイレ。ショールームでは札束が飛ぶ様子も!まだまだ拡大中の中国のトイレ市場をめぐって、中国国産や欧米のメーカーも入り乱れ、まさに群雄割拠の戦国時代の様相を呈しています。

 

この記事は2018年4月11日放送「“トイレ大革命”! 日本の技術に世界が仰天」に向けての取材を元に制作しています。

もっと読む