クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu

テロ

24件
特集ダイジェストで取り上げた「テロ」に関する記事一覧です。

一覧

2020年3月15日(日) 放送

過激派組織ISが狙うアフリカの黄金

中東で猛威を振るってきた過激派組織IS=イスラミックステートは、イラクやシリアでは事実上、支配地域を失いましたが、その勢力はいまや世界に広がり、むしろ拡大しているとする報告もあります。なかでも深刻なの...
おはよう日本

2020年3月9日(月) 放送

進む“対テロ”ネット規制

去年(2019年)3月、ニュージーランドのモスクで起きた銃乱射事件。 51人が犠牲になりました。 この時、大きな問題となったのが、容疑者による動画のライブ配信です。 男は銃を乱射する様子をフェイスブッ...
キャッチ!世界のトップニュース

2019年12月10日(火) 放送

中村哲医師 貫いた志

アフガニスタンで銃撃され亡くなった中村哲医師。ソ連による侵攻、激しい内戦、アメリカなどによる空爆、そして相次ぐテロと、大国や国際情勢に振り回され続けてきたアフガニスタンにあって自らの信念に基づき翻弄さ
クローズアップ現代+

2019年11月18日(月) 放送

パリ同時テロから4年 新たなテロで深まる苦悩

130人が犠牲になったフランス・パリの同時テロから4年。イスラム過激派の影響を受けて武装した若者たちが、コンサートホールやレストランなどを襲撃した事件は、世界に大きな衝撃を与えた。このテロの後、フラン...
国際報道

2019年9月20日(金) 放送

アメリカで広がる白人至上主義 過激化の背景とは

移民への攻撃的ともいえる言動を繰り返すトランプ大統領のもと、アメリカでは、人種や宗教への差別がより激しくなっている。なかでも、白人至上主義者は新たな団体を立ち上げ、メンバーが急増。ネットで憎悪をあおり...
国際報道

2018年7月10日(火) 放送

ぼくはISの戦闘員だった ~知られざる“洗脳”の呪縛~

世界を震撼させた過激派組織ISには戦闘員として戦うことを強いられた子どもたちがいた。組織が崩壊寸前のいま、その子どもたちが次々と解放され家族の元に戻っている。恐怖による支配や戦闘のトラウマに苦しむ一方
クローズアップ現代+

2017年8月10日(木) 放送

くろげん+ 夏休み課外授業 親子でまなぼう!“戦争とテロ”

世界では、きょうも「戦争」や「テロ」が満ちあふれている。だけど、どこか遠い話に聞こえているかもしれません。そこで、今回は「夏休み課外授業」と題して、親子で考える「戦争・テロ」の特別番組を組みました。
クローズアップ現代+

2017年7月13日(木) 放送

シリーズ トランプのアメリカを行く “トランプ疲れ”と分断を超えて

トランプ大統領就任から半年、アメリカ社会の分断は新たな局面に突入している。移民排斥デモがメディアをにぎわせる一方で、大統領そっくりの俳優が暗殺されるブロードウェイの舞台が“やりすぎ”批判にさらされるな
クローズアップ現代+

2017年7月3日(月) 放送

日本人 迫る“テロリスク”~ダッカ・テロ事件1年~

去年7月、バングラデシュの首都ダッカで、イスラム過激派がレストランを襲撃、日本人7人を含む20人が犠牲になった。その後も各国でテロが頻発、日本人がテロに巻き込まれるリスクはますます増大している。バング
クローズアップ現代+

2017年4月4日(火) 放送

あなたは賛成?反対?徹底検証 テロ等準備罪

国会論戦の焦点に浮上している「テロ等準備罪」の新設。政府与党が、テロ対策に万全を期すために必要だとするのに対して、市民団体などからは、自分たちの“内心の自由”が侵されかねないとの懸念の声があがっている
クローズアップ現代+

2017年2月20日(月) 放送

特集トランプのアメリカ ホワイトハウスの一室で ~広がる“不寛容”の深層~

就任直後にトランプ大統領が発した中東など7カ国の人の入国を一時的に禁止する大統領令。その後、司法判断で執行が停止されたが、政権側は新たな大統領令を出すことを示唆するなど、米国内で激しい議論を巻き起こし
クローズアップ現代+

2016年11月14日(月) 放送

変容するテロリスト像 ~追跡・ISリクルート網~

イラク・シリアで“本拠地”壊滅への作戦が進むIS。しかし中東外でテロ活動は活発化、巧妙なやり口へ変貌している。今年9月、フランスのノートルダム寺院爆破未遂で摘発された女性たちの主犯格は、白人でカトリッ
クローズアップ現代+

2016年7月4日(月) 放送

なぜ7人の日本人が ~ダッカ・テロ事件の深層~

バングラデシュの首都ダッカで武装グループが飲食店に押し入り、人質をとった事件は、日本人7人を含む20人が犠牲となる惨事となった。ODAなどを通じて日本と結びつきが強いバングラデシュでなぜ日本人が巻き込
クローズアップ現代+

2015年11月16日(月) 放送

緊急報告 パリ“同時テロ”の衝撃

フランスの首都・パリで発生した「同時テロ」関連の番組を放送しました。
クローズアップ現代+

2015年4月9日(木) 放送

テロの拡散が止まらない

チュニジアの博物館で日本人を含む21人が殺害されたテロ事件など、今、中東・アフリカ地域で、イスラム過激派組織ISに呼応するかのような動きが活発化している。アフリカ・ナイジェリアの北東部を拠点とするイス
クローズアップ現代+

2015年2月4日(水) 放送

“分断”の危機は避けられるか 

フランスにとって過去50年で最悪となったテロ事件。いまヨーロッパは、分断の危機に直面している。欧州各地でイスラム系移民に対する嫌がらせ、モスクが放火される事件やデモが相次ぎ、住民の間に亀裂が生まれ、反
クローズアップ現代+

2014年10月23日(木) 放送

「イスラム国」世界に広がる脅威

イラクやシリアで勢力を拡大するイスラム過激派組織「イスラム国」。ソーシャルメディアを駆使し、欧米の若者を次々と勧誘、戦闘員に加わらせている。さらに今月、日本人まで「イスラム国」に参加しようとした動きが
クローズアップ現代+

2014年6月26日(木) 放送

生かされなかった教訓 ~松本サリン・20年後の真実~

一般市民に対して世界で初めて化学兵器サリンが使用された無差別テロ「松本サリン事件」から20年が経つ。8人が死亡、140人が負傷した事件。しかしオウム真理教に対する捜査は難航し、この9ヶ月後に東京の地下
クローズアップ現代+

2014年6月24日(火) 放送

攻勢 アルカイダ系組織 

イラクの首都バグダッドに向けて攻勢を強め、政府軍との激しい攻防戦を続ける国際テロ組織アルカイダ系の過激派組織。もともとイラクで結成されたが、3年前、隣国シリアで内戦が始まると、世界中から1万人以上とも
クローズアップ現代+

2014年5月26日(月) 放送

追跡 アフリカゾウ密猟とテロ

アフリカゾウが絶滅の危機に瀕している。1989年のワシントン条約で象牙の取引が全面的に禁止され、密猟が一時は収まったが、今また、乱獲が激しさを増している。実は、その要因に近年頻発するテロが関わっていた
クローズアップ現代+

2014年4月24日(木) 放送

復活するアルカイダ 

オサマ・ビンラディン容疑者などの指導者を相次いで殺害し、アメリカが「弱体化させた」と誇示してきた国際テロ組織アルカイダ。しかし今、シリア内戦の混乱に乗じ、勢いを盛り返している。その代表格が「イラクとシ
クローズアップ現代+

2014年4月7日(月) 放送

命を懸けた一票 

アフガニスタンの安定と自立に向けた試金石となる大統領選挙が、4月5日に行われ、カルザイ大統領に代わる新たなリーダーが決まる。13年前の同時多発テロ事件を受け、アメリカ主導の軍事作戦でタリバン政権が崩壊
クローズアップ現代+

2013年4月22日(月) 放送

ボストン爆破事件 

 「なぜアメリカで育った若者が、このような暴力に訴えたのか・・・」ボストンのマラソン大会を狙った爆破テロ事件で逃走していた容疑者が拘束されたことを受けて、オバマ大統領は、犯行の動機など早期の全容解明へ
クローズアップ現代+

2012年9月6日(木) 放送

タリバンとアメリカ 秘密協議の内幕

アメリカ同時多発テロから11年。アフガニスタンでは、2014年までにアメリカなど国際部隊の戦闘部隊が撤退することになっている。その後のアフガニスタンの治安はどうなるのか。アメリカはアフガニスタンの治安
クローズアップ現代+

注目のトピックス