クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu

シリア内戦

14件
特集ダイジェストで取り上げた「シリア内戦」に関する記事一覧です。

一覧

2019年7月8日(月) 放送

奈良美智さんが見たシリア難民

日本を代表する現代美術作家の奈良美智さん。特徴的な表情の子どもの作品などで、世界的に知られている。その一方で、反戦をテーマにした作品も制作し、自らもアフガニスタンやパキスタンの難民キャンプなどを訪れて...
国際報道

映画「存在のない子供たち」ナディーン・ラバキー監督に聞く

松田 「特集、ワールドアイズ。 今日(8日)は中東の貧困と子どもをテーマにした映画についてです。」 藤田 「メガホンを取ったのはこちら、レバノン出身のナディーン・ラバキー監督です。 最新作『存在のない...
キャッチ!世界のトップニュース

2019年6月4日(火) 放送

シリア内戦 再び戦火におびえる市民

シリアで再び戦闘が激化している。2019年4月末から、イドリブ県など北西部でアサド政権軍とロシア軍による激しい空爆などが再開。市民の死者はこの1か月で200人を超え、約20万人の住民が避難を余儀なくさ...
国際報道

2019年4月24日(水) 放送

シリア内戦で片足を失った“難民スイマー”

2020年、来年に迫った「東京オリンピック・パラリンピック」。国際報道2019では、東京を目指す難民のアスリートたちの姿をシリーズで伝える。戦争や迫害によって難民となった人は、今、世界で6850万人に...
国際報道

2019年3月15日(金) 放送

内戦と混迷8年 シリア難民は今

酒井 「8年前の今日、3月15日にシリアで始まった民主化を求めるデモ。 アサド政権がこのデモを弾圧したことから、悲劇は始まりました。 そして、現在のシリアの様子がこちらです。 反政府勢力の“最後の主要...
国際報道

2017年8月10日(木) 放送

くろげん+ 夏休み課外授業 親子でまなぼう!“戦争とテロ”

世界では、きょうも「戦争」や「テロ」が満ちあふれている。だけど、どこか遠い話に聞こえているかもしれません。そこで、今回は「夏休み課外授業」と題して、親子で考える「戦争・テロ」の特別番組を組みました。
クローズアップ現代+

2017年4月10日(月) 放送

シリア攻撃 広がる衝撃 ~アメリカの真意はどこに~

早朝、シリアの空軍基地に向けて発射された、59発の巡航ミサイルー アサド政権が化学兵器を使用したと断定し、単独での武力行使を行ったアメリカのトランプ政権。ロシアが「侵略行為で、国際法違反だ」と強く反
クローズアップ現代+

2016年11月14日(月) 放送

変容するテロリスト像 ~追跡・ISリクルート網~

イラク・シリアで“本拠地”壊滅への作戦が進むIS。しかし中東外でテロ活動は活発化、巧妙なやり口へ変貌している。今年9月、フランスのノートルダム寺院爆破未遂で摘発された女性たちの主犯格は、白人でカトリッ
クローズアップ現代+

2016年3月14日(月) 放送

女性たちの“戦争”~知られざる性暴力の実態~

シリアの内戦が始まって5年-。先月、政府軍と反政府勢力の間で暫定的な停戦が発効したが、過激派組織「IS=イスラミックステート」との戦闘は今なお続いている。深刻な人道危機が叫ばれる中、国連がとりわけ危機
クローズアップ現代+

2013年11月27日(水) 放送

漂流するシリア難民

“今世紀最悪の人道危機”とよばれるシリア難民。今月、210万人を超え、その数は膨らみ続けている。今、祖国を逃れた彼らが強いられているのは「希望なき漂流」だ。収まることのない内戦。そこに追い打ちをかけて
クローズアップ現代+

2013年9月5日(木) 放送

緊迫シリア “化学兵器疑惑”に迫る

激しい内戦が続く中、「貧者の核兵器」とも呼ばれる化学兵器が使用され、1千人以上が死亡した疑惑が持ち上がったシリア。アメリカのオバマ大統領は、レッドライン・越えてはならない一線を越えたとしてアサド政権に
クローズアップ現代+

2012年9月20日(木) 放送

戦場の市民をみつめて

先月、内戦中のシリアで銃弾に倒れたフリージャーナリスト・山本美香さん(享年45)。新聞記者だった父親の影響を受け、ジャーナリストを志し、16年にわたり紛争地を取材し続けた。600本を超える取材テープか
クローズアップ現代+

2012年9月5日(水) 放送

混迷シリア 見えない出口

強権的なアサド政権と反政府勢力の内戦状態に陥った中東シリア。戦闘の停止を目指した国連の努力は完全に行き詰まり、停戦監視団は撤退を余儀なくされた。現地での取材からは、アサド政権の打倒を狙う湾岸周辺国など
クローズアップ現代+

2012年2月16日(木) 放送

止まらない弾圧 ~緊迫シリア・広がる危機~

中東で広がる民主化運動に対し、およそ1年にわたり容赦ない弾圧を続けているシリアのアサド政権。犠牲になった市民は、5400人を超え、戦車やロケット砲を使った無差別攻撃により、幼い子どもや女性たちまでが次
クローズアップ現代+

注目のトピックス