クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu

東日本大震災

61件
特集ダイジェストで取り上げた「東日本大震災」に関する記事一覧です。

一覧

2020年1月17日(金) 放送

再開発の経験 被災地復興の教訓に

6,434人が亡くなった阪神・淡路大震災から25年。 神戸市などでは、復興に向けてさまざまな再開発が行われてきましたが、大規模再開発事業がほぼ完了した新長田地区では、地元の大正筋商店街で店舗の撤退が相...
おはよう日本

2019年9月19日(木) 放送

原発事故 無罪判決 遺族の思い かなわず

有馬 「東京電力の旧経営陣の刑事責任が問われた裁判。 勝俣元会長に、無罪。 武黒元副社長に、無罪。 そして、武藤元副社長にも、無罪。 3人全員に『無罪』が言い渡されました。」 星 「今回の裁判は、『強...
ニュースウオッチ9

2019年9月11日(水) 放送

“命を守るために” 教職員たちの模索

東日本大震災の発生から、きょう(11日)で8年半。 震災では、多くの子どもたちの命が津波などで失われました。 災害が起きたときに、子どもの命をどう守っていくのか、全国の教育現場が課題に直面しています。...
おはよう日本

2019年7月26日(金) 放送

福島 8年ぶりに港 再開 船長の決意

桑子 「開催まで1年を切りました、東京オリンピック。 その大会理念のひとつに『復興五輪』が掲げられています。」 有馬 「きょう(26日)、被災地・福島のある港が8年ぶりに再開しました。 ふるさとの復興...
ニュースウオッチ9

2019年3月25日(月) 放送

カンボジア 人気美容サロンの取り組み

塩﨑 「世界各地の人々の暮らしぶりをお伝えする『ライフ』のコーナー。 けさは、カンボジアからです。」 藤田 「毎年7%という高い経済成長を続けるカンボジア。 都市部を中心に中間層が増えて消費も活発にな...
キャッチ!世界のトップニュース

2019年3月22日(金) 放送

沿線の今は…

桑子 「東日本大震災で大きな被害を受けた、岩手県の三陸鉄道。 8年の時を経て復旧工事が完了。 JRの一部区間を引き継ぎ、明日(23日)、三陸鉄道リアス線として開通します。」 有馬 「新たに開通するのは...
ニュースウオッチ9

2019年3月12日(火) 放送

東電福島第一原発の今 有馬が取材 廃炉への展望は

桑子 「水素爆発を起こす福島第一原発1号機。 ちょうど8年前の今日、3月12日に起きました。」 有馬 「40年かかるとされる廃炉に向けた作業。 その工程はずるずると後ろにずれています。 現場はどうなっ...
ニュースウオッチ9

2019年3月11日(月) 放送

“初めて”の帰郷 ある被災者の震災8年

東日本大震災の発生から8年。この間、被災地にあるふるさとにずっと帰れずにきた女性がいる。心の中にあったのは、あの日一緒に避難し亡くなった祖父母のこと。震災後上京し東京で働く中でも、なぜ救えなかったかと
クローズアップ現代+

東日本大震災8年 命守る防災教育 学校の模索

有馬 「亡くなった方、1万5,897人。 今も行方不明の方は、2,533人。 そして関連死とみられる方は、3,701人に上ります。 あの経験をどう伝えるのか、悲劇を繰り返さないためにどうすればいいのか...
ニュースウオッチ9

2019年3月6日(水) 放送

東日本大震災から8年 生かされない教訓

8年前の東日本大震災。 当時、避難所で過ごさず被災した自宅にとどまる人が数多くいました。 こうした人たちは「在宅被災者」と呼ばれました。 あれから8年。 復興が進む被災地ですが…。 は...
ニュースウオッチ9

2019年3月5日(火) 放送

生活支援相談員“孤独死”防ぐには…

桑子 「こちらの集合住宅。 東日本大震災のあと、家を失った人たちのために建てられた『災害公営住宅』です。」 有馬 「その災害公営住宅で今、誰にもみとられずに亡くなる『孤独死』が急増しています。 去年1...
ニュースウオッチ9

2019年2月23日(土) 放送

東日本大震災8年 岐路に立つ街の再生

小郷 「まもなく、東日本大震災から8年を迎えます。」 新井 「こちらは、津波で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市の今月(2月)撮影された映像です。 今も街を再建するための工事が至る所で続いています。 ...
おはよう日本

2019年2月1日(金) 放送

岩手 大槌町 職員たちの死の真相は

有馬 「東日本大震災から8年になろうとする今、被災地で、異例の調査が始まろうとしています。」 桑子 「岩手県の大槌町では、役場の庁舎が津波に襲われました。 町の職員は、およそ140人。 40人が犠牲に...
ニュースウオッチ9

2018年3月8日(木) 放送

大震災をつづった子どもたち それぞれの7年

東日本大震災。あまりの衝撃に多くの人が言葉を失っていた震災直後に、自分の体験や気持ちを、作文につづった子どもたちがいた。「はじめて見た物は、たくさんの死たい」「夢だったらいいなー」「前みたいにもどって
クローズアップ現代+

2018年3月6日(火) 放送

原発事故 “英雄たち”はいま 被ばく調査拒否の実態

7年前、世界最悪レベルの事故を起こした東京電力福島第一原子力発電所。汚染が広がる恐れもあるなか、極めて高い放射線量のもと、収束作業にあたった原発作業員たちがいた。「フクシマ50」とも呼ばれた彼らのよう
クローズアップ現代+

2017年6月6日(火) 放送

原発事故から6年 未知の放射性粒子に迫る

福島第一原発事故の際、過去の事故では見つかっていないタイプの放射性粒子が放出されていたことが明らかになった。大きさは1/1000ミリ以下から0.5ミリほど。微細なガラス玉に放射性セシウムが閉じ込められ
クローズアップ現代+

2017年5月24日(水) 放送

「安全なのに売れない」~福島“風評被害“はいま~

原発事故から6年が過ぎた福島。かつては東北有数の米どころだったが、生産量は事故前の4分の3に減少。大きな要因のひとつとされるのが風評被害だ。福島県産の米はすべて放射性物質に関する検査を実施していて、2
クローズアップ現代+

2017年3月9日(木) 放送

震災6年 汐凪(ゆうな)を捜して ~津波と原発事故 ある被災者の6年~

東日本大震災から5年9か月たった去年12月11日、福島第一原発のある大熊町で最後の行方不明者となっていた木村汐凪ちゃん(当時小学1年生)の遺骨が見つかった。汐凪ちゃんの父、木村紀夫さんは、父と妻も津波
クローズアップ現代+

2017年3月8日(水) 放送

震災6年 埋もれていた子どもたちの声 ~“原発避難いじめ”の実態

同級生に150万円もの金を支払わされていたという横浜の中学生。名前に「菌」をつけて呼ばれていた新潟の小学生。原発事故で避難する子どもへのいじめが各地で相次いでいる。“原発避難いじめ”の全体像がわかる統
クローズアップ現代+

2016年11月10日(木) 放送

声を上げる若者たち ~“格差”“不安”… いま世界で何が~

アメリカ大統領選で、一時サンダース現象を生んだ若者たち。民主化を求めた香港の“雨傘革命”、台湾の“ひまわり学生運動”…。価値観や社会認識の世代間ギャップに対して、世界各地で若者たちが声を上げ始めている
クローズアップ現代+

2016年3月10日(木) 放送

シリーズ東日本大震災 大切な人を失って ~20歳 それぞれの旅立ち~

東日本大震災のとき、中学3年生だった若者たち…。それから5年がたち20歳になった。気仙沼市の階上(はしかみ)中学の3年生だった生徒は57人。小さい頃からいつも一緒で家族のような付き合いをしていたが、3
クローズアップ現代+

2016年3月8日(火) 放送

シリーズ東日本大震災 浪江町民 それぞれの選択

原発事故によって、全住民が避難を強いられている福島県浪江町。番組では震災直後から、町の復興をめざす商工会メンバーらを取材。5年間、折に触れてその姿を記録し続けてきた。「全町民帰還」を掲げ結束した1年目
クローズアップ現代+

2015年7月22日(水) 放送

もう一度咲かせたい 福島のバラ

福島県双葉町に、イギリスのウィリアム王子など世界中の人たちが強い関心を示し、復活を切望するバラ園がある。7000株ものバラが咲き乱れ、“日本で最も個性的で美しい”と称賛された「双葉ばら園」だ。地元の岡
クローズアップ現代+

2015年4月14日(火) 放送

復興イノベーション

多くの命が、町が失われた東日本大震災の被災地。4年あまりたつ今、ここで新たな産業を創出する「イノベーション」が起きている。宮城県山元町では、従来の農業にはなかったブランド戦略で1粒1000円のイチゴを
クローズアップ現代+

2015年3月11日(水) 放送

“帰りたい… 帰れない…” 

「すぐに故郷に帰れる」と信じて避難生活を始めて4年目。未だ避難を続けている人は23万人余り、そのうち福島県の避難者は半数を超える。震災1年目には「故郷に帰りたい」と希望していた人が4割ほどだったが、今
クローズアップ現代+

2015年3月5日(木) 放送

子どもの心が折れていく 

震災直後、深刻な被害を受けた被災地の子どもたちに急増したPTSDなどの心の病。時間の経過とともにそうした症状は改善傾向にあったが、4年経った今、別の形で異変を訴えるケースが出てきている。その背景にある
クローズアップ現代+

2014年9月16日(火) 放送

復興コンパクトシティ

震災から3年半。急激な人口減少が進む被災地では「命を守り、人口が減っても活力を持つ」新たなまちづくりが本格化している。宮城県山元町では、新市街地を大胆に3つに集約。様々な機能を1か所に集めることで、上
クローズアップ現代+

2014年4月8日(火) 放送

まさかの天井落下をどう防ぐ

4月1日、東日本大震災で相次いだ天井落下を防ぐための新たな基準が施行される。実は天井などの「非構造材」はこれまで明確な耐震基準がなく、落下防止の有効な対策はほとんどとられてこなかった。新基準ではショッ
クローズアップ現代+

2014年3月12日(水) 放送

“仮の住まい”のはずなのに… 

1100世帯が暮らす被災地最大の仮設住宅・開成団地(宮城県石巻市)。NHKでは住民たちに3年続けて聞き取り調査を行ってきた。今回、大きな特徴として浮き彫りになったのが、仮設での暮らしが長期化しいつ出ら
クローズアップ現代+

2014年1月16日(木) 放送

進むか大型建築物の耐震化

今、耐震化を迫られたホテルや店舗の廃業が相次いでいる。沖縄では、先月県内有数の規模の大型ホテルが閉館。都内でも、100年以上続く老舗の青果店が閉店した。背景にあるのは1981年以前の古い耐震基準で建て
クローズアップ現代+

2013年8月1日(木) 放送

生命(いのち)の色を被災地へ

一日あたりの観客動員数世界一を記録した伝説の絵画展が、7月末から福島で開催された。「神の手を持つ」と言われ、世代を超えた人気をほこる江戸時代の絵師・伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう)展だ。企画を持ち込ん
クローズアップ現代+

2013年5月15日(水) 放送

1000年後の命を守るために

東日本大震災の教訓を未来に伝えるために、津波被害を受けた建物など「震災遺構」を保存しようとする動きが各地で起きている。しかし、保存には悲しみを思い出したくないという遺族感情への配慮や、保存の費用をいか
クローズアップ現代+

2013年4月23日(火) 放送

あふれる汚染水 

今月、相次いで起きた東京電力・福島第一原発の汚染水漏えい。新たに造られた地下貯水槽から高濃度の汚染水が漏出し、移送する先のタンクが足りなくなる懸念が生じている深刻な事態に直面している。原因を探ると、福
クローズアップ現代+

2013年3月7日(木) 放送

被災地1000人の声

震災直後からNHKが7回に渡って行ってきた被災した方へのアンケート。震災2年を迎える今回は1000人を超える方に大規模アンケートを実施した。その結果、被災地の厳しい現実が浮かび上がってきた。「復興が遅
クローズアップ現代+

2013年3月6日(水) 放送

丘陵住宅地に潜む危機

震災から2年が経つのに、壊れた住宅がそのまま放置されている。仙台市の内陸部では、丘陵地の住宅団地に地すべりが多発し、2700軒が被害を受けた。復旧が進まない理由のひとつは、地すべりで土地の境界線が動い
クローズアップ現代+

2013年1月30日(水) 放送

原発事故 進まない“不動産賠償”

福島第一原発の事故による史上最大規模の損害賠償。その遅れから多くの被害者が新たな生活に踏み出せずにいる。最大の理由は土地や住宅など不動産賠償が始まらないことだ。今月、「福島復興本社」を立ち上げた東京電
クローズアップ現代+

2012年12月11日(火) 放送

“震災漂流物”154万トンの衝撃

東日本大震災の津波によって流されたガレキ“震災漂流物”。11月、国は衝撃的な漂流予測を発表した。これまでアラスカやカナダなどに漂着し話題を集めたサッカーボールやオートバイ等はまだ序章に過ぎず、12月か
クローズアップ現代+

2012年11月5日(月) 放送

原発作業員が去っていく  

史上最悪レベルの事故を起こした東京電力福島第一原子力発電所。廃炉を終えるまでには40年もの歳月が必要とされている。いま、この現場で働く作業員をめぐって深刻な事態が起きている。国や企業の定める放射線の被
クローズアップ現代+

2012年9月11日(火) 放送

原発避難解除はいつ 

福島第一原発の事故から一年半、被災自治体の復興が壁に直面している。高線量で居住困難となるエリア(双葉町、浪江町等)では、「仮の町」への移住を掲げるが、いつになるか見通しは立たず、低線量で帰還可能とされ
クローズアップ現代+

2012年9月10日(月) 放送

震災不明者を家族のもとへ

2848人…東日本大震災の被害の甚大さを物語る行方不明者数。遺体が発見されても損傷が激しく、身元特定は日に日に難しくなっている。最も不明者の多い宮城県では県警本部が去年11月特別捜査班を設置、17人の
クローズアップ現代+

2012年9月3日(月) 放送

津波火災 知られざる脅威

8月29日に発表された南海トラフでの被害想定。しかし、その想定に組み入れられていない重大なリスクがある。東日本大震災で131件も発生した「津波火災」だ。東日本震災の分析からは、防災関係者を驚かせる事実
クローズアップ現代+

2012年6月12日(火) 放送

もうかる農業を目指せ

東日本大震災で津波被害を受けた農地は約2万1千ヘクタール。復興が進むなかで、ピンチをチャンスととらえ「もうかる農業」に生まれ変わろう、という模索が始まっている。その一つが、浸水農地への「野菜工場」の建
クローズアップ現代+

2012年5月16日(水) 放送

あなたの町は守れるか ~消防団の危機~

東日本大震災で犠牲となった消防団員は254人。その多くが最後まで危険地域で避難を呼びかけ、そして地域住民を守るため水門を閉めている最中に大津波に飲み込まれた。一方、プロの消防士の犠牲者は27人。なぜ消
クローズアップ現代+

2012年4月25日(水) 放送

始まった住民帰還 ~福島・川内村の模索~

原発事故後、役場ごと避難していた福島県川内村。今月から役場や学校、診療所などを村に戻し、住民に帰村を促す“全村帰還”に取り組んでいる。遠藤雄幸村長の「必ず故郷を取り戻す」との決意のもと、避難区域の自治
クローズアップ現代+

2012年4月19日(木) 放送

首都直下 震度7の衝撃 ~どう命を守るか~

首都直下地震が起きれば、震度7の激しい揺れが東京を襲う。昨日、東京都が初めて公表した。新たな被害想定では、震度7の揺れに加え、東京23区内の実に70%が震度6強の揺れに見舞われると指摘。木造家屋の倒壊
クローズアップ現代+

2012年3月13日(火) 放送

知られざる“再液状化”の脅威

去年3月、“世界最大の液状化”で最も深刻な被害を受けた千葉県浦安市。1年を経た今も、復興はなかなか進まない。賃貸アパートからは19~35歳の働き盛り2400人が転出。液状化による「人口流出」が起きてい
クローズアップ現代+

2012年3月5日(月) 放送

日本の漁業は変われるか

東日本大震災で壊滅的な打撃を受けた、東北の基幹産業である漁業。その復興をめざして宮城県が打ち出した方針が、全国の漁業関係者を巻き込む議論を呼んでいる。すべての港を平等に支援するのではなく将来性の高さに
クローズアップ現代+

2012年3月1日(木) 放送

震災データマップ 記録が語る新事実

東日本大震災からまもなく1年。この震災では、国や自治体、研究機関などがかつてない膨大な被災情報を調査し記録した。約2万人もの死者・行方不明者。40万人もの避難者。その被災の状況や、避難場所、1年の動き
クローズアップ現代+

2012年2月29日(水) 放送

“原発情報”クライシス ~日本は何を問われたか~

福島第一原発事故からまもなく1年。外交の研究者や元検事総長など民間の専門家集団からなる「民間事故調」は、独自の事故調査報告書を2月末に公表する。報告書は、政権中枢の政治家に加え、海外の要人など300人
クローズアップ現代+

2012年2月23日(木) 放送

マンションを救えるか ~見直し迫られる地震保険~

東日本大震災で過去最高の1兆2000億円が支払われた地震保険。新規の加入者が増え続けている。しかし今、査定に対し、被災したマンションの住民から様々な不満の声があがっている。査定の対象となるのは柱や梁な
クローズアップ現代+

2012年2月15日(水) 放送

水と土を再生させろ ~新技術が除染を変える~

放射性物質が水で流され、下流にある農地や川、海を汚染してしまうことが問題となっている。学校や農地の除染でも、はぎ取った汚染土の仮置き場がないなど、除染活動に支障をきたしている。こうした中、いま急ピッチ
クローズアップ現代+

2012年2月13日(月) 放送

建物に潜む未知の揺れ

東日本大震災は、かつてない「揺れ」の脅威も浮き彫りにした。今回、震源から遠い場所にある高層ビルが大きく揺れたり、同じ敷地にありながら特定の建物だけに被害が出たりするなどの不思議な現象が起きたのだ。原因
クローズアップ現代+

2012年1月23日(月) 放送

原発賠償 遠い生活再建

東京電力福島第一原発事故の損害賠償。手続きの開始から4か月、被害者からは東京電力の賠償が十分ではなく、生活再建ができないという声が高まっている。「土地や自宅の賠償が保留され新しい家が買えない」「働くと
クローズアップ現代+

2012年1月19日(木) 放送

予測できなかった超巨大地震

『地震学は敗北した』。東日本大震災発生後、はじめて開かれた10月の日本地震学会のシンポジウムは、異例の“敗北宣言”で幕を開けた。世界最高水準を自負してきた日本の地震学は、なぜマグニチュード9.0の大地
クローズアップ現代+

2012年1月17日(火) 放送

子どもが語る大震災(2)

釜石市沿岸部にある釜石小学校。3月11日、年度末の短縮授業で児童はいつもより早く下校し、家でゲームをしたり、友だちと遊んだりするなど、大人の管理下を離れて自由な時間を過ごしていた。大津波にのまれる町を
クローズアップ現代+

2012年1月16日(月) 放送

子どもが語る大震災(1)

東日本大震災で被災した状況を自ら記録し続けている高校生たちがいる。福島県立原町高校放送部の生徒たちだ。原町高校は福島第一原発から30キロ圏内の南相馬市にあり、震災直後から学校は閉鎖。5月に2か所の「サ
クローズアップ現代+

2011年12月12日(月) 放送

知られざる“都市濃縮”

東日本大震災から9か月。いま首都圏各地で、高い放射線量が計測される「新たなホットスポット」が次々に見つかっている。茨城県では、避難の目安、毎時3.8マイクロシーベルトに匹敵する場所が見つかり、住民の間
クローズアップ現代+

2011年12月1日(木) 放送

救えたはずの命 ~“寝たきり避難”の課題~

10月中旬に撮影された福島第一原発から5キロにある病院の映像。病院の外に大量のベッドが放置されている様子が映し出されている。運びだされたのは、自力で動くことのできない高齢者たち。この病院では、200人
クローズアップ現代+

2011年11月9日(水) 放送

どう避難をうながすか 変わる大津波警報

わずか3分程で津波の高さを予測する気象庁の警報システムが、東日本大震災では、実際よりも遙かに小さな予測値を伝え、多くの人々を危機にさらした。検証からは、巨大地震の際には、迅速さと正確さを両立させようと
クローズアップ現代+

2011年11月8日(火) 放送

放射性物質を減らせ

福島県内の農家たちが、国や自治体に頼らず、自ら放射能汚染の測定と農地の除染に取り組み、農業再生を図ろうと立ち上がった。カリウムやゼオライト、ホタテ貝の粉末など「除染」に効果があるとされる五種類の試験資
クローズアップ現代+

2011年10月31日(月) 放送

どうなる福島のコメ

今月中旬、全部で1700か所に及ぶ放射能検査を終え、「安全宣言」が出された福島のコメ。しかし、県内のコメ仲買業者の倉庫には、売り先の決まらない新米が次々と運び込まれ、山積みにされている。例年なら収穫前
クローズアップ現代+

注目のトピックス