クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu

教育

49件
特集ダイジェストで取り上げた「教育」に関する記事一覧です。

一覧

2020年9月5日(土) 放送

オンライン学習の進め方 学校や地域で違いが…

9月に入って多くの学校で授業が始まっています。ただ、今年(2020年)は全国で夏休みを短縮する動きが相次ぎました。文部科学省によると、新型コロナウイルスによる休校で学習の遅れなどを取り戻すため全国で9...
おはよう日本

2020年8月26日(水) 放送

2020年の世界を生きる君たちへ ~投資家 瀧本哲史さんが残した“宿題”~

6月30日、ある故人を偲ぶネットイベントが大きな話題になった。47歳で亡くなった投資家で教育者の瀧本哲史さん。その日は、生前の瀧本さんが大学で行った講義で、若者たちと再会を約束した日だった。「自分で考
クローズアップ現代+

2020年8月19日(水) 放送

コロナ禍で顕在化 負担増す教員の業務

新型コロナウイルスの影響で夏休みが短縮され、すでに2学期が始まった学校も多いですが、いま大きな課題となっているのが「教員の長時間労働」です。先進各国における教員の労働時間を比較した調査によると、日本の...
おはよう日本

2020年7月9日(木) 放送

どう取り戻す?“学習の遅れ”

新型コロナウイルスの感染拡大で休校していた学校が、学習の遅れをどう取り戻すのか。教育の現場では大きな課題になっています。図は東京都のある中学校が作っていた3年生・数学の年間スケジュールです。1年間の予...
おはよう日本

2020年6月30日(火) 放送

新型コロナウイルス 大学入試への影響は?

今年度はセンター試験が大学入学共通テストに切り替わる「大学入試改革元年」。そのタイミングで感染が拡大した新型コロナウイルスが受験生の不安に追い打ちをかけています。 とりわけ深刻なのは、今年度から名称が...
おはよう日本

2020年6月6日(土) 放送

学校再開をルポ 3か月の休校が子どもたちに与えた影響とは

今月(6月)1日、多くの学校が再開されました。学校現場を取材すると長期間の休校による、子どもたちへのさまざまな影響が見えてきました。 3か月ぶりに再開した、埼玉県戸田市立戸田第一小学校。この日は分散登...
おはよう日本

2020年5月20日(水) 放送

長引く休校で学習の遅れが… 進まないオンライン授業導入

緊急事態宣言が継続されている地域では、小学校、中学校、高校などの休校が続き、学習の遅れや地域間での教育格差を心配する声が高まっています。休校中の授業を補うものとして期待されているのが、「オンライン授業...
おはよう日本

2020年5月18日(月) 放送

困窮する“ひとり親家庭” 子どもへの支援

新型コロナウイルスの影響で休校や休業が長引く中、「ひとり親家庭」など、収入が低い家庭が厳しい状況に追い込まれています。ある団体の調査では、シングルマザーの9割が、解雇や収入の減少などによって経済的な影...
おはよう日本

2020年5月9日(土) 放送

9月入学検討も 長引く休校 “学習の遅れ”どうする?

緊急事態宣言が延長される中、休校を5月末まで決めているのは29の都道府県に上っています。これらの地域では、長いところで休校が3か月間に及んでおり、保護者や教育関係者にとって大きな不安となっているのが「...
おはよう日本

2020年5月7日(木) 放送

新型コロナ どうする?“暮らしの危機” ~“長期戦”の中で~

給与が激減し、住宅ローンや家賃が払えない。仕送りやアルバイトがなくなり、このままだと学費が払えず退学しかない…。緊急事態宣言が5月末まで延長された中、暮らしが立ち行かない瀬戸際に追い込まれる人たちが急
クローズアップ現代+

2020年4月6日(月) 放送

増え続ける「消滅危機言語」

先住民族や少数民族が受け継いできた独自の言語。 いま、その多くが消滅の危機に陥っています。 その数、およそ2,500。 「消滅危機言語」と呼ばれるこれらの言語が、なぜ姿を消して行くのか。 その背景に迫...
キャッチ!世界のトップニュース

臨時休校による教育格差 オンライン授業で防げ

新型コロナウイルスの影響によって学校再開が延期されるところも多い中で、オンライン授業が注目されています。今月20日まで学校再開の延期が決まった横浜市では、休校中の「教育格差」を生まないため、インターネ...
おはよう日本

2020年4月2日(木) 放送

学校の苦悩 “この1年 どうしたら…”

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、学校再開をめぐって、今後は各自治体や学校ごとに新学期以降の対応を判断していくことになっています。学校側からはどう感染を防ぐかという課題に加えて、今後1年間の学校の...
おはよう日本

2020年4月1日(水) 放送

一斉休校1か月 模索する現場は

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、一斉休校からおよそ1か月がたちました。学校再開に向けて家庭や学校ではどう対応すればいいのか模索が続いています。
おはよう日本

2020年1月22日(水) 放送

あなたの仕事が変わる! “超プレゼン術”の極意

新年を迎え、新たな気持ちで仕事や学業に向き合うみなさんに、プレゼンの極意を伝授!経営トップが新商品発表の場面でステージに上がりプレゼンするのは、もはや当たり前。しかし、相手にものを伝えるのが苦手という
クローズアップ現代+

2019年11月20日(水) 放送

“もしもし革命”進行中!~いま電話になにが?~

メールやSNSが全盛の現代。なぜかオールドメディアである“電話”が注目を集めている。電話の対話術を問う「もしもし検定」を目指す人は、この5年で4倍に。全国から1万人が参加する「電話応対コンクール」も盛
クローズアップ現代+

2019年11月1日(金) 放送

ID申請開始の当日になぜ? 英語民間試験延期 / 米大統領選 ウォーレン上院議員 “急進的な訴え”で支持拡大

桑子 「土壇場で、大勢の人たちが振り回されました。 新たな大学入試に導入される英語の民間試験。 きょう(1日)から、必要なIDの申し込みが始まるところだったのですが、一転、試験の実施そのものが延期され...
ニュースウオッチ9

2019年10月2日(水) 放送

幼保無償化 スタートで… 相次ぐ施設の“値上げ” 何が起きている?

桑子 「消費税の増税分を財源にあてる、幼児教育・保育の無償化が、きのう(1日)から始まりました。」 有馬 「ところが、全国の幼稚園や保育施設でいま相次いでいるのは、利用料などの『値上げ』なんです。 い...
ニュースウオッチ9

2019年8月28日(水) 放送

知られざる天才 “ギフテッド”の素顔

小中学生の不登校が4年連続13万人を超え、画一的ではない教育を模索する動きが本格化し始めている。そのなかで注目を集めているのが、生まれつき高い知能(IQ130以上が目安)や才能を持つ「ギフテッド」と呼
クローズアップ現代+

2018年4月23日(月) 放送

“道徳”が正式な教科に 密着・先生は? 子どもは?

「国や郷土を愛する態度」、「家族愛」、「節度・節制」など22の項目について考え、議論することを目指す道徳が、この4月から小学校で、再来年度からは中学校で教科化される。道徳の教科化は、これまで一貫して価
クローズアップ現代+

2018年4月16日(月) 放送

シリーズ働き方改革 残業80時間超・現場で何が

日本の社会全体で取り組みが加速する「働き方改革」。長時間労働を是正するためには何が必要かを「クロ現+」ではシリーズで考えていく。初回は、“過労死ライン”とされる時間外80時間超えが、相当数に上る「医療
クローズアップ現代+

2017年11月2日(木) 放送

ひらがなも書けない若者たち ~見過ごされてきた“学びの貧困”~

憲法が保障する「教育を受ける権利」。国は、日本では読み書きできない人はいないとしてきたが、教育現場の声やNHKの取材で、いまの若者の中に小中学校に通うことができなかったため、ひらがなさえ十分に書けない
クローズアップ現代+

2017年9月6日(水) 放送

揺れる“教科書採択” ~教育現場で何が?~

8月、全国の教育委員会で初めてとなる道徳教科書の採択が一斉に行われた。神奈川県内のある自治体では120名を超える傍聴人が殺到。一方、沖縄県内では、採択結果に納得できない市民や教員たちが反発。混乱が続い
クローズアップ現代+

2017年2月15日(水) 放送

「稼げる大人」になる!? 過熱する受験競争

私立中学などへの進学率が50%を超える自治体も出るなど、受験競争の低年齢化が進んでいる。早く対策を取るべきだと考える親の中には、わが子を評判のいい公立小学校に通わせるため、わざわざ引っ越しまでする“公
クローズアップ現代+

2017年1月31日(火) 放送

怖い鬼は厳禁!?“ほめられ世代”どう叱る?

こわーい“鬼”教師や“鬼”上司がいなくなった!?家庭でも学校でも褒めて伸ばす教育が定着し、怒られることに免疫がない若者たちを受け入れる企業では、「褒め方研修」が大はやり。でも、鬼がいなくなってホントに
クローズアップ現代+

2017年1月26日(木) 放送

ハーバードはもう古い!? ~エドテック “教育革命”最前線~

いま、世界の教育現場で“地殻変動”が起きている。 ハーバード大学などの名門校を蹴って優秀な学生たちが集まっているのは、創立わずか3年のミネルバ大学。通常のキャンパスを持たず、授業のすべてがオンライン
クローズアップ現代+

2016年12月8日(木) 放送

アジアが泣いた AV女優の死 ~歪んだ“性”と闘う~

今年8月、アジアのメディアが1人の元AV女優の死を大きく報じた。32歳で亡くなった紅音ほたるさん。1000万枚以上のDVDを売り上げるトップ女優だった紅音さんは、引退後、日本だけでなくアジア各地で性問
クローズアップ現代+

2016年8月24日(水) 放送

奨学金破産の衝撃Ⅱ ~“中退続出”の危機~

アルバイトをして、奨学金を借りても学費が払えない――。大学を中退する人は年間およそ8万人。そのうち5人に1人が「お金がない」ことが原因だと回答。中退後、安定した就職先に就けず、奨学金の返済ができなくな
クローズアップ現代+

2016年8月1日(月) 放送

「死ね!バカ!」これが指導? ~広がる“ブラック部活”~

「死ね、消えろ!」「バカ面しやがって!」。 今、中学校や高校の部活動の現場で、暴言を浴びせる・何日も無視するといった、顧問から生徒へのハラスメントが深刻化している。部活動の体罰見直しの機運は年々広が
クローズアップ現代+

2016年6月2日(木) 放送

“奨学金破産”の衝撃 若者が… 家族が…

大学生の2人に1人が借りている奨学金。しかし、「返したくても返せない」若者が急増!自己破産した件数は1万件にのぼる。非正規の仕事や正社員でも年収200万円など、若者の雇用環境は厳しい。さらに本人が自己
クローズアップ現代+

2016年2月16日(火) 放送

狙われた就学支援金 ~“教育特区”で何が~

「高校生が安心して勉学に打ち込める社会を」―そんな理念で始まった国の「就学支援金」を不正に受け取っていた疑いがあるとして、東京地検特捜部は三重県伊賀市のウィッツ青山学園高校などの強制捜査に乗り出した。
クローズアップ現代+

2015年10月21日(水) 放送

政治に関心ありますか? ~“18歳選挙権”導入へ~

来年夏の参議院選挙で初めて“18歳選挙権”が導入され、18歳と19歳のおよそ240万人が新たに有権者に加わることになります。これをきっかけに若者と政治との距離が縮まるか、注目されています。カギを握るの
クローズアップ現代+

2015年10月8日(木) 放送

“正しい”アクセント 誰が決める?

日本語のアクセントが、18年ぶりに見直される。基準となるコトバの発音をまとめた『日本語発音アクセント辞典』は掲載7万語、駅など公共空間のアナウンス、放送、学校教育の現場、音声認識アプリのプログラム作業
クローズアップ現代+

2015年4月22日(水) 放送

どう育てる? グローバル人材

日本の大学が揺れている。東大などの上位校ですら、世界ランクで低迷し、グローバル化の波に乗り遅れている。即戦力の人材育成ができていないと経済界から不満が高まっている。一方で地方大などは少子化の波を受け、
クローズアップ現代+

2015年1月8日(木) 放送

不登校12万人のかげで 

不登校の子どもが6年ぶりに増加し12万人に上ることがわかった。さらにこの文部科学省の調査によると、3人に1人は、不登校のきっかけが「睡眠など生活リズムの乱れ」だという。ゆとり教育からの揺り戻し、部活や
クローズアップ現代+

2014年12月10日(水) 放送

広がる“読書ゼロ” ~日本人に何が~

9月、文化庁が衝撃的な調査結果を発表した。調査した2000人のうちおよそ半数(47.5%)が、「1か月に1冊も本を読まない」と回答したのだ。勉学に勤しんでいるはずの大学生でも、40%が1日の読書時間が
クローズアップ現代+

2014年12月9日(火) 放送

子どもの性同一性障害 

今、教育現場では、体の性と心の性が一致しない「性同一性障害」の子どもへの対応に揺れている。文部科学省は今年初めて、自分の性に違和感を訴える子供たちへの学校の対応についての調査結果を公表。全国の小中学校
クローズアップ現代+

2014年9月8日(月) 放送

学びを変える? ~デジタル授業革命~

今、子供の学力を大幅に向上させるとしてICT(情報通信技術)の導入が急速に進んでいる。今年、佐賀県は全国で初めて県立高校の新入生「全員」にタブレット端末の購入を義務づけ、デジタル教科書と電子黒板を用い
クローズアップ現代+

2014年3月3日(月) 放送

教育現場の“閉鎖性”を変える?

大津市で起きたいじめ自殺事件、大阪市で起きた教師の体罰による自殺。学校現場や教育委員会が無責任体質に染まり、当事者能力を失っているという声が以前に増して大きくなっている。そんな中、全国から注目されてい
クローズアップ現代+

2014年1月30日(木) 放送

東大紛争秘録 

1960年代後半、「政治の季節」と呼ばれた時代を象徴する「東大紛争」。今回、NHKは昭和史に残るこの大事件にまつわる第一級の資料を独自に入手した。45年前の安田講堂陥落の直後、当時の大学執行部が紛争の
クローズアップ現代+

2014年1月8日(水) 放送

16歳 不屈の少女 

イスラム過激派が支配していたパキスタン北部で、危険を顧みず、女の子が教育を受ける権利を訴え続けてきた少女がいる。マララ・ユスフザイさんだ。「一本のペンが世界を変える」と教育の重要性を語る彼女の声は世界
クローズアップ現代+

2013年9月17日(火) 放送

あなたもハーバード大へ

無料で受けられるオンライン講座が世界中で急拡大し、教育に革命的な変化をもたらしている。ハーバード大やマサチューセッツ工科大などの名門大学が、こぞって授業を無料配信し修了証も発行。国境や経済格差を超えて
クローズアップ現代+

2013年6月13日(木) 放送

体罰 問われる“体質”

大阪・桜宮高校の体罰や、柔道女子日本代表で顕在化したパワハラなど、スポーツ界を揺るがした体罰・暴力問題。危機感を強めるスポーツの指導者養成の現場では、体罰に頼らない指導法をどう確立するか、“模索”が始
クローズアップ現代+

2013年2月21日(木) 放送

続発するアレルギー事故 学校給食で何が?

昨年12月、調布市の小学校で粉チーズ入りのチヂミを食べた「食物アレルギー」による死亡事故が発生した。学校でのアレルギー事故は年々増加し、今や年間300件に上っている。ここ数年、国は、健康的な食生活を学
クローズアップ現代+

2013年2月12日(火) 放送

“体罰”なぜ繰り返されるのか

大阪市立桜宮高校のバスケットボール部で顧問の教師に体罰を受けた男子生徒が自殺した問題。他の部活での体罰も確認され、体罰を容認する雰囲気があったこと、隠ぺいがあった疑いなどが問われている。どうして、自殺
クローズアップ現代+

2013年1月15日(火) 放送

生徒がつける“先生の通信簿”

来年度から、大阪の公立学校で全国初の教師の人事評価制度が導入される。生徒や保護者が教師の授業内容を評価し、教師の賞与に反映させるというものだ。背景にあるのは、国際的な学力調査などで明らかになった学力低
クローズアップ現代+

2012年11月20日(火) 放送

広がる“派遣教師” 教育現場で何が

かつて聖職と言われた教師の現場が、いま大きく変わろうとしている。人材派遣会社から派遣される教師が増えているのである。活用しているのは私立中・高校。少子化や不況の影響で生徒が集まらない私立校が、人件費を
クローズアップ現代+

2012年7月24日(火) 放送

なぜ真実が分からない

警察が学校と教育委員会を捜査する異例の展開となった大津市の中学2年生自殺問題。学校の調査は原因究明に生かされていないとして、厳しい批判が起きている。実は自殺問題が各地で起きるたび、それぞれの学校は、事
クローズアップ現代+

2012年2月6日(月) 放送

“必修化”は大丈夫か 多発する柔道事故

4月から全国の中学校で、柔道を含む武道が必修化される。しかし、その直前になって、柔道の部活動や授業中に多くの子どもが死亡していることが明らかになった。学校で亡くなった子どもの数は、中高合わせて28年間
クローズアップ現代+

注目のトピックス