クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu

トランプ大統領

59件
特集ダイジェストで取り上げた「トランプ大統領」に関する記事一覧です。

一覧

2020年8月7日(金) 放送

米大統領選まで3か月 トランプ大統領に“逆風”選挙の行方は

11月のアメリカ大統領選挙まで約3か月。新型コロナウイルスや人種問題などで、再選をねらうトランプ大統領に逆風が吹いている。アメリカの政治情報サイト「リアルクリアポリティクス」によると、今月(8月)2日...
国際報道

2020年8月3日(月) 放送

WTO“機能不全”の背景

いま、「自由貿易の番人」とも呼ばれるWTO=世界貿易機関がかつてない危機に直面しています。 国どうしの貿易紛争を解決するための裁判機能を、十分に果たせなくなっているのです。 その原因は…。 ...
キャッチ!世界のトップニュース

2020年7月27日(月) 放送

「差別」か「歴史」か。「南部連合」シンボル巡り高まる議論

5月に黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警察官に首を押さえつけられ死亡した事件をきっかけに、人種差別への抗議が続いているアメリカ。いま、各地で「南部連合」のシンボルを撤去する動きが起きている。「南部...
国際報道

2020年7月8日(水) 放送

イージス・アショア 配備計画断念 日米関係への影響

北朝鮮のミサイル攻撃に対応するため、日本がアメリカからの導入を決めていた新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」。 先月(6月)、突然、配備計画が断念されました。 河野防衛相 「こうした事態に至...
キャッチ!世界のトップニュース

2020年7月1日(水) 放送

トランプ大統領 VS ソーシャルメディア「言論の自由を守る」

「ツイッター大統領」の異名をもつアメリカのトランプ大統領は、科学的根拠を示さない情報をたびたび投稿し、物議を醸してきた。こうした中、ツイッター社が、「根拠がない」として事実確認を促す注釈をつけるなど、...
国際報道

2020年6月29日(月) 放送

北朝鮮で何が起きているのか?

今月(6月)16日、北朝鮮は「南北融和の象徴」といわれてきた共同連絡事務所を爆破。 その指示を出した、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の妹、キム・ヨジョン氏(金与正)の存在感が増しています。...
キャッチ!世界のトップニュース

2020年6月10日(水) 放送

アメリカで勃発!“郵便投票騒動”

先月(5月)26日に投稿されたトランプ大統領のツイッターが波紋を呼んでいる。アメリカでは、新型コロナウイルスの感染予防という観点から、11月に行われる大統領選挙について、郵送での投票を認める動きが広が...
国際報道

2020年6月3日(水) 放送

中国 SNSで広がる“攻撃的愛国主義”

香港やウイグルなどへの対応をめぐり、海外からの批判が強まっている中国。しかし国内では、新型コロナウイルスを抑え込んだとして共産党指導部を評価する声が高まっている。ただその一方で、党や政府に批判的な意見...
国際報道

2020年4月24日(金) 放送

新型コロナ対策巡り深まる“アメリカ分断”

新型コロナウイルスの感染拡大をどう抑えるか、同時に経済をどう再生させるか、難しい状況が続いているアメリカ。トランプ大統領は、先月(3月)国家非常事態宣言を出したほか、大規模な経済対策を次々と発表するな...
国際報道

2020年3月17日(火) 放送

主要国のリーダー 国民に語った危機感

桑子 「感染の拡大が止まらない新型コロナウイルス。 主要国のリーダーが相次いで国民に向けメッセージを発し、危機感をあらわにしました。」 有馬 「フランスのマクロン大統領はこうです。 『我々は戦争のさな...
ニュースウオッチ9

2020年3月2日(月) 放送

スーパーチューズデー ホワイトハウスへの道 サンダース氏 躍進の背景に何が

有馬 「ご覧いただいているのはホワイトハウス。 その主はいったい誰になるのでしょうか。 8か月後に迫った大統領選挙に注目します。」 桑子 「アメリカはあす(3日)、その大統領選挙に向けた大きなヤマ場、...
ニュースウオッチ9

2020年2月6日(木) 放送

“強いトランプ” 舞台裏の戦略~どうなる米大統領選~

2月3日のアイオワ州の党員集会で始まる大統領を決める長き戦い。トランプ政権の発足から3年あまり、アメリカ社会では分断が固定化し、それが大統領選挙に大きく影響しようとしている。トランプ大統領誕生以降のア
クローズアップ現代+

2020年2月5日(水) 放送

好景気の影に…急増するホームレス

底堅い消費や低い失業率が続き、「絶好調」のようにみえるアメリカ経済だが、その影で深刻な問題になっているのが、路上生活者、いわゆるホームレスの問題だ。アメリカ政府が今月(2月)発表した統計では、ホームレ...
国際報道

トランプ大統領「一般教書演説」 再選に執念

有馬 「トランプ大統領は『一般教書演説』を行いました。 この1年の施政方針を示すスピーチ、みずからの再選に執念を燃やす内容となりました。」
ニュースウオッチ9

2020年2月4日(火) 放送

アイオワ党員集会 ”結果がわからない” 現地で何が?

桑子 「11月のアメリカ大統領選挙に向け、民主党の候補者選びの初戦となったアイオワ州の党員集会。 その結果は、その後の選挙戦を占うものとして世界が注目しています。」 有馬 「注目しているんですが、現...
ニュースウオッチ9

2020年1月29日(水) 放送

対立への終止符か 国際秩序の破壊か 新たな“和平案” 強まる怒り

桑子 「世界で最も根深い対立に終止符を打つのか、それとも、国際秩序の破壊なのか。 28日、トランプ大統領が、中東イスラエルとパレスチナの新たな和平案を示しました。」 有馬 「大統領みずから『究極のディ...
ニュースウオッチ9

2020年1月27日(月) 放送

激動のイラン 国民の選択は

アメリカ トランプ大統領 「ソレイマニ司令官は、悪党で血に飢えたテロリストだ。」 今月(1月)3日、イランの「国民の英雄」と呼ばれたソレイマニ司令官が、アメリカ軍によって殺害されまし...
キャッチ!世界のトップニュース

2020年1月22日(水) 放送

トランプ大統領 岩盤支持層にほころび

桑子 「トランプ大統領、相変わらず強気ですね。」 有馬 「実際には罷免されないと見ているんでしょうね。 ただ大統領選挙に影響がないのかというとそうとも言い切れない。 ここに、揺らぎが見えるんです。」 ...
ニュースウオッチ9

2020年1月8日(水) 放送

中東緊迫 どうなる今後

イランによる米基地攻撃によって緊迫の度合いを増す中東情勢。果たして今後どうなるのか?トランプ大統領の次の一手は?イランのシナリオは?そして報復の応酬は避けられるのか?アメリカとイランの思惑と今後の注目
クローズアップ現代+

トランプ大統領 再選に向け狙うは若者と黒人

今年(2020年)は、4年に1度のアメリカ大統領選の年。再選を目指すトランプ大統領だが、ウクライナ疑惑を巡った弾劾裁判が近く議会上院で始まる見通しで、威信は大きく揺らぎかねない事態になっている。そうし...
国際報道

2019年12月26日(木) 放送

アメリカ大統領選 意外な焦点“電子たばこ”

来年、行われるアメリカ大統領選挙。いま焦点があたっているのが、外交や経済政策ではなく国内の極めてニッチな問題を投票の決め手にする人たち、「シングルイシューボーターズ」の存在だ。2016年の大統領選挙で...
国際報道

2019年12月3日(火) 放送

NATO表面化する軋轢 直面する課題

桑子 「いまからちょうど30年前、アメリカとソビエトの首脳が東西冷戦の終結を宣言した、マルタ会談。 世界が平和の道へと踏み出したかに見えた瞬間でした。 その後、ヨーロッパを防衛し、その安定につなげてき...
ニュースウオッチ9

2019年11月15日(金) 放送

ペルシャ湾で世界最大規模の合同軍事演習

アメリカとイランの間で緊張が続く、中東のペルシャ湾。アメリカは11月7日、ホルムズ海峡などを通過する船舶の安全を確保するための有志連合の司令部を立ち上げた。その直前にペルシャ湾などで行われたアメリカと...
国際報道

2019年11月1日(金) 放送

米大統領選挙 混迷極める民主党候補者選び

2020年のアメリカ大統領選挙まで1年あまり。与党・共和党は、トランプ大統領が再選を目指す。対する野党・民主党の候補者指名争いは、まれに見る乱戦。いまも18人の候補者が、我こそはと主張を掲げている。そ...
国際報道

2019年9月20日(金) 放送

アメリカで広がる白人至上主義 過激化の背景とは

移民への攻撃的ともいえる言動を繰り返すトランプ大統領のもと、アメリカでは、人種や宗教への差別がより激しくなっている。なかでも、白人至上主義者は新たな団体を立ち上げ、メンバーが急増。ネットで憎悪をあおり...
国際報道

2019年9月13日(金) 放送

マハティール首相 米中を語る

西海 「マレーシアのマハティール首相のインタビューをお伝えします。」 丹野 「マハティール氏は1981年から22年にわたって首相を務め、強力なリーダーシップで国を率い、マレーシアを東南アジア有数の工業...
キャッチ!世界のトップニュース

2019年9月9日(月) 放送

アフガニスタンの和平実現は

西海 「アメリカ政府とタリバンは今月(9月)1日まで交渉を行い、和平合意の草案で原則合意しました。 アメリカ側の代表は、アフガニスタンに駐留するアメリカ軍およそ1万4,000人のうち、5,000人が1...
キャッチ!世界のトップニュース

2019年6月20日(木) 放送

香港 “200万人デモ”の衝撃~進む“中国化” 広がる波紋~

香港から中国本土へ、犯罪容疑者の引き渡しを可能にする「容疑者引き渡し条例」改正案。先週末の反対デモには主催者発表で200万人近くが参加した。市民が訴えるのは中国に取り込まれることへの不安。現地で取材す
クローズアップ現代+

2019年5月23日(木) 放送

泥沼の米中“貿易戦争” ~ファーウェイショックの行方~

6年2か月ぶりに景気動向指数が「悪化」へ引き下げられた日本。米中の貿易摩擦が深刻化する中、中国経済の減速によって、日本企業の生産が落ち込むなど、影響が広がっている。既に生産拠点を中国から移そうと対策を
クローズアップ現代+

2019年2月28日(木) 放送

徹底分析!米朝首脳会談~なぜ“合意”に至らなかったのか?~

二度目となった米朝首脳会談。北朝鮮の非核化へ向けた具体的な措置とその見返りをめぐって話し合われたが、合意には至らなかった。北朝鮮との間では、過去にも非核化に向けた合意が結ばれてはほごにされてきた歴史が
クローズアップ現代+

2019年2月27日(水) 放送

あなたを抱きしめるために ~拉致被害者家族 米朝首脳会談の裏で~

ベトナムで開催される二回目の米朝首脳会談。核・ミサイルに加え、拉致問題についても提起された前回の首脳会談から8ヶ月。交渉の行方は、今後の拉致問題にも大きく影響を与える可能性があると、被害者家族は注視し
クローズアップ現代+

2019年2月26日(火) 放送

トランプの圧力を逆手に取れ! 中国の“構造転換”

米中貿易交渉が山場を迎えるなか、米国の圧力を逆手に取って、産業転換を進める中国のしたたかな一面が浮かび上がってきた。主役は数千万人に膨らんだ大卒エンジニア集団。米国が中国への先端技術の移転を規制するな
クローズアップ現代+

2019年2月20日(水) 放送

迫る米朝首脳会談~“サプライズ”はあるのか?~

2月下旬に予定されている2度目の米朝首脳会談。北朝鮮の非核化に道筋をつけられるかが最大の焦点とされ、その行方は、日本を始め国際情勢を大きく左右する。しかし、去年6月のシンガポールでの会談以降、非核化を
クローズアップ現代+

2018年11月21日(水) 放送

密着!移民集団“キャラバン” ~混乱のアメリカ・メキシコ国境では?~

治安悪化や貧困による苦難を逃れ、ホンジュラスなど中米諸国からアメリカを目指す移民たちの集団「キャラバン」。出発から3週間以上が経過し、ついに国境の町、ティファナに第一陣が到着した。一方、アメリカは国境
クローズアップ現代+

2018年11月6日(火) 放送

シリーズ アメリカ中間選挙②  “分断”されたアメリカの選択は

全米各地で、トランプ大統領と言動がそっくりの「ミニ・トランプ」候補が次々と出現!その背後には、2年後の再選まで狙うトランプ大統領が、自らの意に沿う候補者を支援し、対立する議員を次々と引退に追い込んでい
クローズアップ現代+

2018年11月5日(月) 放送

シリーズ アメリカ中間選挙① 知られざる トランプ流SNS戦略

トランプ政権の2年を問う“天下分け目”となるアメリカ中間選挙。スキャンダルの暴露やメディアとの対立が続きながらも、支持率が堅持されているのは一体なぜなのか?舞台裏を探ると、SNSを駆使した驚くべきトラ
クローズアップ現代+

2018年9月3日(月) 放送

“トランプ発”貿易戦争の衝撃 ~日本・世界経済への影響は?~

トランプ政権が突き進む中国との“貿易戦争”が激しさを増している。既に発動している計500億ドル分に加え、今後、2000億ドル相当の輸入品に25%もの関税をかける動きまで見せている。行き過ぎた保護主義に
クローズアップ現代+

2018年6月13日(水) 放送

元交渉当事者に問う 米朝会談後の世界

史上初の米朝首脳会談は世界に、そして日本に何をもたらすのか。番組ではかつて6か国協議で北朝鮮と交渉した元外交官が生出演し、会談結果を徹底検証。核・ミサイル・拉致などの問題で何が合意され、何が課題として
クローズアップ現代+

2018年6月12日(火) 放送

日本の中の“38度線” ~在日コリアン 2ヶ月の記録~

史上初の米朝首脳会談。ことし4月、南北首脳会談も行われ、分断されてきた朝鮮半島が融和へ向けて、大きな転換点を迎えている。それを在日社会の人たちはどう受け止めているのか。南北首脳会談の直前から、愛知県の
クローズアップ現代+

2018年4月2日(月) 放送

トランプ政権に異常事態! 世界・日本はどうなる?

重要閣僚やスタッフの辞任が相次ぎ、ゴタゴタが収まらないアメリカ・トランプ政権。相次ぐ「首のすげ替え」の背景には、“自分流”に自信を深めたトランプ大統領が「イエスマン」だけを集め、外交や貿易政策でますま
クローズアップ現代+

2018年2月26日(月) 放送

平和の祭典の裏で… ~“ほほえみ外交”めぐる攻防~

ピョンチャンオリンピックをきっかけに北朝鮮情勢がめまぐるしく動き出している。南北合同チームの結成やキム・ヨジョン氏の派遣で融和ムードを演出した北朝鮮の“ほほえみ外交”。一方、警戒を強める日米は、韓国と
クローズアップ現代+

2018年1月25日(木) 放送

トランプ大統領 禁断の“首都宣言” ~揺れる聖地・エルサレム~

トランプ大統領によるエルサレムの“首都宣言”の波紋が広がっている。宣言の舞台裏でいったい何があったのか?影響を与えたとされるアメリカ最大の宗教勢力「キリスト教福音派」を徹底取材。一方、アラブ諸国では足
クローズアップ現代+

2018年1月17日(水) 放送

トランプ大統領“窮地”に!? 徹底追跡 ロシア疑惑のゆくえ

就任1年を迎えたトランプ米大統領に「捜査」の手が及ぶのか? おととしの米大統領選挙に干渉したとされるロシアとトランプ陣営が「共謀」したのではないかとする“ロシア疑惑”。その捜査で大統領本人への「事情
クローズアップ現代+

2017年11月15日(水) 放送

アメリカ発 “環境ウォーズ”~揺れるパリ協定~

ドイツで開かれている地球温暖化対策の国連の会議COP23。アメリカ・トランプ大統領のパリ協定脱退の表明を受けて波紋が広がっている。いまアメリカでは、石炭産業が盛り返し、輸出も急増。ポーランドなど石炭に
クローズアップ現代+

2017年11月6日(月) 放送

徹底ルポ “トランプのアメリカ”でいま何が

5日からアメリカのトランプ大統領が初来日し、安倍総理大臣と首脳会談。日米関係が緊密化する中、見過ごせないのが「予測不能」と言われる政権の行方だ。「アメリカ第一主義」を掲げ、当選してからまもなく1年。過
クローズアップ現代+

2017年9月7日(木) 放送

揺れるトランプのアメリカ ~白人至上主義 VS“謎の集団”~

アメリカ社会の“分断”が新たな局面を迎えている。台頭する白人至上主義。それに対抗するグループの中には、暴力もいとわない「アンティファ(反ファシズム)」を名乗る“謎の集団”も出現し、衝突が激化している。
クローズアップ現代+

2017年7月13日(木) 放送

シリーズ トランプのアメリカを行く “トランプ疲れ”と分断を超えて

トランプ大統領就任から半年、アメリカ社会の分断は新たな局面に突入している。移民排斥デモがメディアをにぎわせる一方で、大統領そっくりの俳優が暗殺されるブロードウェイの舞台が“やりすぎ”批判にさらされるな
クローズアップ現代+

2017年7月11日(火) 放送

シリーズ トランプのアメリカを行く “ロシア疑惑” 情報戦の深層

トランプ大統領の就任から半年。アメリカは“ロシア疑惑”に揺れ続けている。最近では、大統領選挙にロシアが干渉していたとする政府機関の調査が次々と明るみになった。選挙期間中、ロシアのハッカー集団は全米20
クローズアップ現代+

2017年5月25日(木) 放送

米国揺るがす“ロシア・ゲート” 疑惑の深層

米トランプ陣営とロシアとの関係をめぐる疑惑への報道が過熱し続けている。今月に入り、FBI長官の突然の解任、特別検察官の任命など事態は急展開。一部の議員からは大統領弾劾を求める声も上がりはじめ、一連の疑
クローズアップ現代+

2017年4月10日(月) 放送

シリア攻撃 広がる衝撃 ~アメリカの真意はどこに~

早朝、シリアの空軍基地に向けて発射された、59発の巡航ミサイルー アサド政権が化学兵器を使用したと断定し、単独での武力行使を行ったアメリカのトランプ政権。ロシアが「侵略行為で、国際法違反だ」と強く反
クローズアップ現代+

2017年2月21日(火) 放送

特集トランプのアメリカ 勢いづく白人至上主義 オルトライトの実像

もうひとつの“トランプ現象”がアメリカ社会に暗い影を落としている。「アメリカを白人の手に取り戻せ」という運動が激しさを増し、人種や思想が異なる人たちの間で激しい衝突が起きている。 “白人至上主義”を
クローズアップ現代+

2017年2月20日(月) 放送

特集トランプのアメリカ ホワイトハウスの一室で ~広がる“不寛容”の深層~

就任直後にトランプ大統領が発した中東など7カ国の人の入国を一時的に禁止する大統領令。その後、司法判断で執行が停止されたが、政権側は新たな大統領令を出すことを示唆するなど、米国内で激しい議論を巻き起こし
クローズアップ現代+

2017年2月14日(火) 放送

トランプ大統領で自動車産業は ~日米首脳会談の先に何が~

多くの日本企業が固唾をのんでその行方を見守った日米首脳会談。会談を前にトランプ大統領は、“アメリカ第一主義”と国内雇用の拡大を掲げ、NAFTA(北米自由貿易協定)をはじめこれまでの通商政策を見直すこと
クローズアップ現代+

2017年2月7日(火) 放送

フェイクニュース特集 あなたは被害者?加害者?

世界に衝撃を与えているフェイクニュース。国内でもネット上には真実かどうか分からない情報が次々と現れ、拡散され続けている。 フェイクニュースを作った人や広めた人への取材から見えてきたのは、多くの人が注
クローズアップ現代+

2017年2月6日(月) 放送

フェイクニュース特集 “トランプの時代” 真実はどこへ

「300万人の不法移民が不正投票した」、「オバマ政権はオーストラリアから不法移民を受け入れた」米トランプ大統領が連日のように発信するツイッターのメッセージ。テレビ局や新聞は証拠が曖昧で一方的だと指摘。
クローズアップ現代+

2017年1月19日(木) 放送

トランプ大統領誕生 “過激発言”の真意はどこに

ドナルド・トランプ氏がいよいよ第45代アメリカ大統領に就任する。就任前からツイッターで大企業を名指しで非難し工場の海外移転を阻止するなど、異例づくしの行動をとるトランプ氏。いまアメリカでは、大統領就任
クローズアップ現代+

2016年11月9日(水) 放送

“トランプ新大統領”の衝撃 ~大胆予測 世界は!?日本は!?~

クリントン氏か、トランプ氏か。接戦の繰り広げられるアメリカ大統領選は、いよいよ日本時間9日の午後にも勝敗が明らかになる見通しだ。新大統領のもとで外交や経済政策はどう変わるのか。そして、それは日本にどん
クローズアップ現代+

2016年4月27日(水) 放送

ドナルド・トランプという男 ~密着・大統領選 揺れるアメリカ~

過激な発言を繰り返しながら、共和党の大統領の候補者選びでトップを走るトランプ氏。その発言の背景にはいったいどんな思惑があるのか?今回NHKは、側近やビジネスパートナー、かつてのライバルなど、トランプ氏
クローズアップ現代+

2016年2月25日(木) 放送

大統領選挙に“異変”あり ~アメリカ社会に渦巻く不満~

4年に1度、アメリカのリーダーを決める大統領選。異例の混戦となっている最大の要因は、共和党で支持率トップを走る不動産王、ドナルド・トランプ氏の存在だ。政治経験は全くなく、オバマ政権を「弱腰」と真っ向か
クローズアップ現代+

注目のトピックス