みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

盗撮

「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(3)
皆さん、コメントをありがとうございます。 映画やドラマで性的なシーンを撮影する際、監督と俳優の間に入って具体的な描写について合意を取り付ける調整役「インティマシー・コーディネーター」に言及するコメントがありました。 どのような役割で調整を進めているのか、日本の映画やドラマ制作現場で活動する2人のインティマシー・コーディネーターに取材した記事があります。関連記事にリンクを追加しましたので、よければご覧下さい。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(3)
皆さん、コメントをありがとうございます。 2019年5月に番組で性犯罪の「無罪判決」を取り上げて以降、刑法には明治時代から変わっていない要件が残り、被害に遭った方たちが救われていない現実があるという声を、私たちはたくさん聞いてきました。 そうした方々が伝えてきた、性暴力被害の「実態」に即した改正がされるのか。引き続き見守っていきます。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(6)
皆さん、コメントをありがとうございます。 子どものころの性暴力被害や気持ちについて打ち明けてくださった方々、このサイトに届けてくださり、本当にありがとうございました。苦しい経験を誰にも言えずに抱えている方がいらっしゃるという現実を、私たち一人ひとりがしっかりと受け止めるべきだと感じています。 性暴力についての正しい知識や認識が広まり、発展する技術が被害を減らすことに使われる社会になるように。私たちはこれからも、皆さんの声を伝え続けていきます。
タロウ
みんなのコメント(7)
昨今、誹謗中傷や差別で苦しむ人が声を上げてそのような発信をする人を特定できるようになった、というニュースを目にしましたが、実際にはまだまだ特定するのは難しく、訴訟にもしにくい現状が残っていると知り、とても残念でなりません。 ネットでは心無い人々があらゆる写真などから人を特定し、晒し上げ、ネット上で匿名で叩いているのに、何故正義の警察や国が特定できないのか。 国と関連企業は早急にこのような悪質な人を特定できる様な仕組みを、それが難しい現状があるならその現状を組み替えるくらいの動きをしてなくてはならないと思います。 晒し上げの被害者が泣き寝入りしなくてはならないなんて、真面目な人がバカを見る世の中は早急に変えるべきです。
るり
みんなのコメント(20)
私は高校生のころ友達の家に遊びに行ったときトイレをお借りたら中にカメラがありましたが、無視しましたけど、次の日に何人かの男性がにやにやしていました。おそらく友達がわたしのトイレ姿の動画をみせたんだとおもいましたが、なにもいえなかった。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(3)
皆さん、コメントをありがとうございます。 この記事でお伝えした航空機内の盗撮被害は、客室乗務員のかたがたに限らず、一般の乗客にも起こり得ることです。誰の安全も脅かされることのないように、一刻も早く被害に遭った人が守られる仕組みが整うことを願っています。
「性暴力を考える」
みんなのコメント(6)
皆さん、コメントをありがとうございます。 被害が起きたときに適切な処罰をくだせるルールがあることと、そもそも被害の発生を許さない社会の認識を広げていくこと。どちらも同時に進めなければならない、大切なことだと思います。まずは実態を知り、伝えることを続けていきます。これからも 皆さんの声を聴かせていただければありがたいです。
「性暴力を考える」
みんなのコメント(3)
皆さん、コメントをありがとうございます。 「性的な盗撮をしない、させない体制づくりが必要」ということばに深くうなずかされました。被害に遭ったことを自分で認識するのも難しいですし、認識できたとしても、自分だけで加害者を捕まえたり、対処したりするのは本当に怖いことだと思います。社会全体で、盗撮を許さないことが当たり前になってほしいです。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(9)
皆さん、コメントをありがとうございます。 ご自身が被害に遭った時のことについて書いてくださっているコメントも多く、胸が痛みます。いやな思いをした記憶は、そう簡単には消えません。まずは大人が「子どもどうしのことだから・・・」「悪ふざけなのだろう」と受け流さないことが大切だと思います。
うぃ
みんなのコメント(9)
私も同じような体験をしました。警察から突然電話があり詐欺かと思ったら本当に盗撮をしていました。相手の親にも、事件を知る友人が2人にも、事件後一度も心配もされませんでした。まるで何事もなかったかのように周りに振る舞われてしまい、1人で彼のサポートをしました。離婚時には、相手の親にも友人にも、私が悪いと責められました。息子や友人が性犯罪者と信じたくない気持ちは分からなくもないですが、問題を全て妻になすりつけて、きれいさっぱり無かったことにするのは、課題解決になっておらず、違うと思います。離婚理由を後々説明した時も、「僕が寂しい思いをさせちゃってゴメン」と言っており、本人まで犯罪を記憶から消してるようでした。