みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

“がんの原因・予防法を正しく知って”|国立がん研究センター若尾文彦先生に聞く

「がんの原因は○○!?」「○○でがんが治る!?」。
がんについて、さまざまな情報を目にし、「何を信じたらいいの?」という声をよく耳にします。

今回、#がんの誤解では、国立がん研究センターの若尾文彦先生に協力をいただき、がんの原因、予防、検診について、イチから学べる記事を作成しました。
誤った情報で困惑する前に、正しくがんを知ることから始めてみませんか。

(NHK厚生文化事業団ディレクター 栗原佐代子 )

(記事はNHK厚生文化事業団・福祉ビデオシリーズ「あなたに知ってほしい がんのこと」をもとに作成しています)

がんの要因を正しく知り がん予防へつなげる

がんになるリスク要因はいくつかあることがわかっています。
下のグラフは、日本人におけるがんの要因をグラフで示したものです。

国立がん研究センターがん情報サービス
※Inoue, M. et al.: Ann Oncol, 2012; 23(5): 1362-9より
国立がん研究センターがん情報サービスが作成したものを一部改変
国立がん研究センターがん情報サービス
※Inoue, M. et al.: Ann Oncol, 2012; 23(5): 1362-9より
国立がん研究センターがん情報サービスが作成したものを一部改変

具体的な要因として、喫煙、感染、過度の飲酒、塩分過多、運動不足、野菜や果物の摂取不足などがあります。
こうしたリスク要因を減らすことは、がんの予防につながります。

最も効果的ながん予防は「禁煙」

グラフでも突出しているのが、喫煙、たばこです。
喫煙=肺がんと思われている方が多いのですが、喫煙が引き起こすのは肺がんだけではありません
喫煙は肺がん、肝臓がん、胃がん、大腸がん、すい臓がん、子宮頸がんなど、多くのがんを引き起こすリスクになります。

がんの予防のためには、喫煙の習慣がある人は禁煙外来の受診をおすすめします
また喫煙者本人だけではなく、受動喫煙もがんの要因となります。
家族や職場に喫煙者がいる場合、周囲の人が影響を受けることになるのです。

がん予防の対策として一番先に取り組むべきものは禁煙です。

がんの要因「感染」予防と対策について

生活習慣だけでなく、感染によって引き起こされるがんもあります。
主なもので、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)、肝炎ウイルス、HPV(ヒトパピローマウイルス)が挙げられます。

子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス 写真:グラクソ・スミスクライン

日本人に多い「胃がん」は、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)によって、慢性胃炎が引き起こされたあとで、がんになるということが確認されています。
ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)に感染していた場合は、投薬治療による除菌を行います。

肝炎ウイルスには、C型肝炎ウイルスやB型肝炎ウイルスなどがあり、血液などを通じて感染します。感染すると、慢性肝炎、肝硬変を経て、がんにつながります。
病気の進行は薬で予防できるので、肝炎ウイルスに感染しているか、チェックすることで対策が可能になります。

子宮頸がんを防ぐためのHPVワクチン(4価ワクチン)

HPV(ヒトパピローマウイルス)は、子宮頸がんを引き起こす主な原因となります。
HPVに対するワクチンは、小学6年生~高校1年生の女性が無料で接種を受けることができます。
2022年4月から、積極的な接種の呼びかけが再開されています。

HPVワクチンについて知りたいときは、こちらの記事も参考にしてください。

がんリスクチェックを活用しよう

日本人の生活習慣が、がんや他の病気にどう関わっているのでしょうか。
国立がん研究センターがん対策研究所は、リスクをまとめたサイトを公開しています。

国立がん研究センター がん対策研究所 予防研究グループ
Epidemiology and Prevention Division 2016 (※画像をクリックするとNHKサイトを離れます)

国立がん研究センターがん対策研究所予防研究グループが運営している「がんリスクチェック」のサイトを活用し、生活習慣を見直すきっかけにご活用ください。

国立がん研究センターがん対策研究所予防研究グループ
がんリスクチェック
(※NHKサイトを離れます)

「がん検診で早期発見を」

メディアも含め、あらゆる場所で「がん検診で早期発見を」と見聞きします。
しかし、なぜがん検診が重要なのか、なぜ早期発見が重要なのか。
改めてその意味を若尾先生に伺いました。

国立がん研究センター がん対策研究所事業統括 若尾文彦先生
若尾文彦先生

「がんの要因」のグラフからもわかるように、がんの要因が「不明」=何が原因か分からないものが、6割以上もあります。つまり、どれだけ予防を心がけていても、がんになってしまうことがあり、実は100%完璧で、完全ながんの予防策はないのです。
そこで重要になるのが「がん検診」です。
がんの初期は自覚症状がほとんどありません。
その自覚症状がないときに受け、わずかな異変を見つけるチャンスが、がん検診にあるのです。
そのため症状がなく、健康に自信がある人も、定められた年齢に達した人は、必ずがん検診を受けてください。自覚症状がなくても「がん」を早期に発見できる機会です。
生活習慣に気をつけ、定期的にがん検診を受けて、早期に発見し治療をする。ご自身、そして家族、周囲の人と健康でいつも通りの生活を長く楽しむために、お互いに声を掛け合ってがん検診を受診しましょう。

覚えておきたい「5つのがん検診」

国が推奨するがん検診は5つあります。
それぞれに決まった年齢、検診の間隔(毎年1回など)が定められています。
5つのがん検診は住民健診として提供され、地方自治体が公費負担をするため自己負担額は抑えられています。自治体によっては、がん検診の受診率向上を目指して、ある一定の年齢の方や初めてがん検診を受ける方を対象に無料クーポンを送付する取り組みも行われています。

NHK厚生文化事業団 冊子「あなたに知ってほしいがんのこと」より

お住いの地方自治体の健康福祉課など、医療・福祉を担当する部署に問い合わせてみましょう。
また職場によっては、職場の健康診断の一環でがん検診を実施する企業や、 がん検診を含む人間ドックの補助を行う企業も増えてきました。
職場の担当者に確認をしてみましょう。

がん検診を忘れないために

誕生日や結婚記念日など、覚えやすい記念日当日や記念日の前後に、がん検診や人間ドックを設定し習慣化することもおすすめです。
「ケーキを買う」「漫画を買う」「映画館や観劇に行く」など、ちょっとしたご褒美や趣味の予定と合わせ、日程を組むこともおすすめです。

がん検診は一度受けたら終わりではありません。
定期的に決まった間隔で、受け続けることが必要です。

「要精密検査となったら怖い」不安な気持ちはどうしたらよい?

がん検診を受け、要精密検査(要精検)の結果が届き、不安や恐怖がある方もいらっしゃるかもしれません。そんなとき、恐さや不安とどう向き合って、どう行動したらよいのでしょうか。
若尾先生に伺いました。

左:内藤裕子さん(フリーアナウンサー)右:若尾文彦先生
若尾文彦先生

要精密検査(要精検)の結果が届いた場合は、すみやかにお近くの医療機関に予約を取り、精密検査を受けましょう。検診で要精密検査という結果でも、がんが確定したわけではありません。
精密検査でより詳細に調べて初めてがんかどうかが分かります。落ち着いて行動することが大切です。

「自覚症状がないから、まだ大丈夫」「来年、またがん検診を受ければいいか」と安易に自己判断をして、放置をしないことが重要です。

「どのような検査をするのか不安」「どこで精密検査を受けられるか知りたい」という方は、全国にあるがん相談支援センターに相談するのもおすすめです。がんに詳しい相談員が対応します。
結果が届くと、驚きのあまり、慌てて、パニックになることもあります。

一人で抱え込まず、医療機関を訪ねて、より詳しい検査を受けましょう。
医療スタッフには、その怖さや不安な気持ちも含めて、相談してください

NHK厚生文化事業団では、福祉ビデオシリーズ「あなたに知ってほしい がんのこと」(DVD全2巻)を無料で貸し出ししています。(送料のみご負担)
ホームページからの申し込みはこちら (※NHKサイトを離れます)

福祉ビデオシリーズ「あなたに知ってほしい がんのこと」(DVD全2巻)を無料貸し出し中(送料別)
(※画像をクリックするとNHKサイトを離れます)

お問い合わせ NHK厚生文化事業団「福祉ビデオライブラリー係」
電話:03-3476-5955(平日午前10時から午後5時まで)

この記事のコメント投稿フォームからみなさんの声をお待ちしています。

担当 藤松翔太郎ディレクターの
これも読んでほしい!