みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

セクハラ

マリーナ
みんなのコメント(2)
加害者が複数であれば、被害の数から言って、自衛隊のかなりの割合になるのでは!?それらが全員解雇処分になったら相当な人員不足になる位だと… もし自衛隊を志願する人がそれに足りる程でなくても、余りにもタチの悪い場合は解雇処分、減給や返納し、その分を慰謝料として支払って頂きたい。 加害者が多い理由は環境が悪いせいだと思う。ストレスケアが充分にできる環境、モラルや倫理教育を整えられれば、上司も必要以上に部下に辛く当たる事がなくなるのではないか。 一般企業でも同じ事が言えるけれども。 見ていて辛くなる事件は終わりにしてほしい。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(6)
皆さん、コメントをありがとうございます。 「近しい人ほど理解してくれない」ということばに、胸が痛みます。何気ない日常のすぐそばに性暴力の被害が潜んでいるにも関わらず、私たちの社会はまだ、その実態や被害に遭ったかたのつらさを、正面から受けとめきれない社会なのかもしれません。もっと、ひとりひとりの思いを大切にし合えるようになるために、まずは痛みの声に耳を傾けることから 始めたいと思います。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(5)
皆さん、コメントをありがとうございます。 思い出したくもないつらい記憶を振り返りながら、それでも社会に変わってほしい、これ以上性暴力で傷つく人が増えないでほしい・・・との思いでアンケートに答えて下さったかたがたの思いをしっかりと受けとめ、“これから”に確かに繋げていくための発信を続けていきます。 一方で、アンケートや記事、番組などの報道を通じて性被害の傷みにふれたことで、つらい気持ちになったかたもいらっしゃると思います。どうかご自身だけで抱えずに、あなたの傷みを一緒に考えてくれる人とつながってください。各都道府県の性暴力ワンストップ支援センターの連絡先や、ここで相談できることについて【相談窓口】の記事でまとめています。このコメント欄の上部にリンクがありますので、ご参照下さい。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(8)
皆さん、コメントをありがとうございます。 今回の私たちのアンケートに届いた3万8千を超える声のほかにも、性被害の痛みを抱えておられるかたはまだたくさんいらっしゃると思います。これ以上、“見て見ぬふり”や“なかったこと”にしてしまうような人たちを増やさないためにも、引き続き 被害の実態を伝え続けていきたいです。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(8)
皆さん、コメントをありがとうございます。 アンケートに回答を寄せて下さった方、回答はしていないけれど、“実態を知ってほしい”と声を届けてくださった方。それぞれのやり方で思いを聞かせてくださって、心から感謝しています。私たちはこれからも被害のない社会づくりや、ひとりひとりの苦しみがそのまま受けとめられる未来のために伝え続けていきます。引き続き、皆さんの思いやご意見をお聞かせ下さい。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(5)
皆さん、コメントをありがとうございます。 ご自身の思いや周囲の方のエピソードなど、どのコメントも深くうなずきながら読ませていただきました。性暴力被害の影響がいかに複雑で、その人の人生に長く影響を与えるものなのか。取材を通じ、改めてその深刻さに打ちのめされる思いです。性暴力による多様な影響を正しくとらえ、発信していかなくてはと改めて感じます。引き続き取材を続けます。皆さんのご意見や思いを聴かせてください。
実花
みんなのコメント(3)
セクハラという言葉が広まるきっかけになった裁判がある、というのは聞いたことがありましたが、判決文は初めて目にしました。 今ですら男女格差、性差別が様々残っている中、正直「当時、しかも男性の裁判官によって、こんな判決文が書かれたなんて信じられない」と衝撃を受けました。 裁判官のインタビューで、原告が負ける結論になったかもしれないとも仰っていましたが、ご自身の中の先入観に気付かれた後、出すべき結論は何か真摯に検討された様子が伺えて、記事を読みながら感謝したい気持ちになりました。 もちろん、様々な攻撃を受け続けながら最後まで諦めなかったご本人も、周りで支えた女性達も、間違いを正そうとする人の働き一つ一つが、(女性を今よりあからさまに貶めて平気な下品な発言に、今では考えられないと思えることも含めて)今の社会に繋がって社会を少しずつよくしていると感じられる記事でした。読めて良かったです。
かに
みんなのコメント(14)
晴野さんの話を読んでいると、昭和の末から平成の初め頃といえば「○○とはこうあるべき」という考え方だったし、無知は恐ろしいことだと改めて感じます。○○の部分が男女だけでなく若者だったり子供だったりということもあるかもしれないけど、加害者側である晴野さんの当時の上司は立場を利用して「先輩風を吹かせればおとなしくなるだろう」と考えていたと思いますし、立場を利用した様々な嫌がらせも経験の一つと捉えさせるような誤った風潮があったのかもしれません。
「"性暴力"を考える」取材班
みんなのコメント(3)
コメントをありがとうございます。 弱い人たちを守って“あげている”というまなざしの傲慢さについて、深く考えさせられています。どんな立場の人であろうと、被害に遭った時に相談することを諦めさせられてしまうような社会でいいはずがありません。私たちはこれからもこの問題を取材し、解決に向けた具体的な対策につなげられるよう発信を続けます。引き続きみなさんの声を聞かせていただけたらありがたいです。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(5)
皆さん、コメントをありがとうございます。 見て見ぬふりをしないためにはまず事態に気づけること、それには「他者への尊重」や「性暴力とは何か」を理解していることが大切だと感じました。海外の大学では、性暴力やハラスメントを目撃した際にどうすればいいかを学ぶプログラムがあるということです。職場や電車内、飲み会など、日常の場面で被害を目撃したとき何なら自分にもできるか、これからも考え続けたいと思います。皆さんとまた考えを共有させてください。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(3)
皆さんコメントをありがとうございます。 国籍や性差、年齢に関わらず、人の尊厳を性暴力でおとしめることは許されないことだと思います。ましてやそれが“自分よりも弱い立場にある人”に目をつけ、ことに及んだのだとすれば卑劣極まりません。私たちの日常の陰で何が起きているのか、今後も取材を続けます。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(6)
みなさん、コメントありがとうございます。 家庭で、学校で、職場で、日常のいたるところで性暴力が起きている現実を知るにつれ、社会に安心できる場所はどこにもないのかと、暗たんとした気持ちになります。それでも、この記事で紹介したリョウスケさんのように、被害の苦しみを受けとめ、一緒に行動してくれる人が増えていけば、みんなで「性暴力を許さない」と言える社会を作ることができると思います。わたしも、誰かにとってのリョウスケさんのような存在になれるよう、行動していくつもりです。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(7)
みなさん、コメントありがとうございます。 加害者が顔見知りの場合、「周囲の人間こそ 暴力に抵抗できず許しているのだ」というご意見に共感しました。そのことを無意識のうちに後ろめたく感じながらも、被害に遭った人の落ち度を責めるような言動を重ねてしまっているという人もいるかもしれません。 被害に遭った人を取り残してしまうことがないように、日ごろから “あなたの話を聞かせてほしい” という姿勢を大切にしたいと思います。
「性暴力を考える」取材班
みんなのコメント(19)
たくさんのコメントありがとうございます。 男性もセクハラを受けたら、女性と同じように傷つくことに共感してくださる方が多く、心強いです。 また、被害にあった方々の体験談を重く受け止め、男性がSOSを出しやすい社会になるよう、今後も取材を続けたいと思いました。 男性看護師のセクハラ被害についても記事を書きました。「あわせて読む」から、ぜひご覧ください。