みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

子ども

あさみ
みんなのコメント(37)
先頃、たまたま保育ボランティアで数回1歳児のお子さんを見させていただきました。 同じ月齢のお子さんでも成長にかなり差があり、目が離せない配慮が必要なお子さんも。 保育士の配置人数、これはかなり不安に感じました。 2歳、3歳となると主張できる子どもならいいけれど、そうでない子どもは…。人格形成に大きく影響しそうです。 国は「主体性を重んじる」保育教育を…なんて、一体何をみて言っているんでしょうか。 ネタドリで見た、杉並の保育園のようにうまく運営できる経営者、園長やリーダーがいれば良いのですが、そうでない園は日々精一杯でしょう。 親が保育現場に足を運んで丸一日見てみる必要があるし、それを受け入れられるようにしなくては。 中には運営解決のヒントを差し出せる人もいるのでは。 閉鎖的過ぎる。不適切保育を生み出さないためにも必要。 きっと子どもが好きな保育士さんほど、悩んでいるでしょう。
こたこ
みんなのコメント(6)
幼稚園は小学校前の教育。これって何でしょう?じっと椅子に座る?話が聞ける?前へならえが出来る?違いますよね?保育園は見守り?これも違います。一人一人を伸ばす為、日々色々教育的にも考え準備して活動しています。 保育園は保育指針、幼稚園は教育要領と名前こそ違えど幼児期までに目指す10の姿など内容的には同じです。それなのに…違う。管轄の違いで、生活の違いで全てが違くなる。これからは自主性の時代です。先生達もやり方など深く考えましょう。 国も配置基準を早く改正して欲しい。そうすればおのずと保育の質も良くなると思います。
みんなのコメント(14)
50代の非婚女性です。母は30代で仕事を辞め、家事と育児や介護に献身する良妻賢母の見本のような人でしたが、80代で認知症になってから亡くなるまで「貴女が産まれなければ、職業人としての別の人生があった」と娘を罵倒し続けました。私はそんな母の気持ちに子供の頃から薄々気づいており、子を産むことに否定的な考えを持つようになりました。母親に我慢を強いた結果、その鬱積(うっせき)した思いが子供世代の少子化を招くかもしれません。若い母親世代が、悩みや迷いを受けとめてくれる人や場にタイムリーに出会えることを願っています。
ジョー
みんなのコメント(3)
息子にも自費でも良いので大学生になる前に接種させたいと考えています。もっと男性に打ってくれるところのアナウンスをしてほしいです。 また、以前、日本はHPVワクチン接種を忌避し過ぎて、購入したのに使わずたくさん廃棄し、そのせいで全世界でHPVワクチンの需要が高まる中、ワクチンを海外から売ってもらえなくなるのではないか、という報道を見たのですが、供給量の不足という問題は実際にあるのでしょうか?