みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

1ミリ革命 暮らしの困りごとを“社会実験”で解決しよう

暮らしの中の悩みや課題に、あの手この手の“社会実験”で挑み、1ミリでも社会が良くなることを目指す課題解決エンタメ「1ミリ革命」。第2弾のテーマは“投票率”をどう上げる? 世の中を1ミリでもよくしたいと立ち上がった“1ミリーガー”たちが、実際の3つの地方選挙で、斬新・驚きの投票率アップ実験を実施します。

みんなのコメント(2)
私は選挙に行きたいです。しかし、私は選挙に行ったところで心からの一票を投じる事ができない現状があります。私は鬱病、パニック障害、双極性障害という病気を抱え、13年が経ちました。今も通院し治療を続けています。私が一票を投じられないと思う理由は、双極性障害の症状にあります。双極性障害は躁と鬱の状態が交互に現れる病気です。ときには混合という躁と鬱が1日の中で両方現れ混乱する状態も起こります。躁であれば、各々の主張を熟読し、心からの一票を投じる事ができる可能性はありますが、鬱や混合状態になると、文字や声が頭に入ってこない場合もあり、各々の主張を理解し心からの一票を投じる事が困難な状態になってしまいます。そもそも、顔色が悪く無表情になる為、人前に出る事すら憚られる状態になってしまうのです。精神疾患で悩む方に寄り添う選挙が行われれば、投票率UPや若者の意見の反映に繋がるのではないかと思うのです。
もっちゃん
みんなのコメント(8)
番組とても面白かったです。 素敵な内容だし、なにより1mmでやってみよう!が本当に素敵でした。 現在、デジタルデバイド是正で障害者向けスマートフォンの普及を考えています。 テーマとして、お笑い芸人の皆さん、子供たちと一緒に取り組めたら嬉しいです。
ゆうまま
みんなのコメント(10)
自転車道などの整備は、これまでのように交通安全や渋滞解消といっただけを目的にしていればあまり進まないのではないでしょうか。長年自動車を最優先にするという警察や行政の考え方が染み付いているように思いますので・・・。 今後は、CO2削減や健康、観光などのために自転車や徒歩を自動車よりも優先するんだという国の大号令を警察や行政に対して発することで、自転車道の整備などにつなげてほしいです!
まっちゃん
みんなのコメント(1)
家庭のゴミ出しの際の分別問題、1ミリ革命で取り上げてください。特にプラスチック製包装容器のリサイクル率は約60%と、ペットボトル等の約95%と比べて低く、約40%が分別されずに燃やされています。理由は納豆の包装容器を考えてみれば明らかで、食べ物のくっついたプラ包装容器を洗ってプラごみ用のゴミ箱に捨てるのが面倒臭いため(洗わないと臭う)、ついそのまま燃えるゴミ箱に入れてしまうからです