みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

「#となりのこもりびと」始めました

7500通。この4年間でNHKのひきこもり特設サイト「#こもりびと」と「みんなでひきこもりラジオ」に寄せられたメッセージの数です。声に応えるため、私たちはさまざまな番組を作ってきました。コロナ禍で孤立が深まる今、より強くつながりながら、一緒に課題や生きづらさを考える場を作りたいと、「#となりのこもりびと」を立ち上げました。

「となりのこもりびと取材班」
ディレクター 森田智子

「誰もが“ひきこもり”になりえる」 寄せられた多様な声

私たちが「声」を寄せてもらうことを始めたのは2018年でした。

高齢となった親が中高年の子を支える「8050問題」という言葉が広く知られ始めた時期で、
ひきこもりの当事者たちが対話をする場、「当事者会」が盛んになり、発信する動きも加速していました。

「声を直接受け止めて、番組作りができないか」

NHKでは特設サイト「ひきこもりクライシス 100万人のサバイバル(現「#こもりびと」)という特設サイトを立ち上げました。日々ここに届く声はどれも長文で、どこにも吐き出すことができなかった思いが詰め込まれているようでした。

“ひきこもり”のきっかけは100人100通り。サイトに寄せられた声より

写真は、当初寄せられた投稿を整理していたときに撮影したものです。

「ひきこもるきっかけ」となった出来事を並べていくと、「親の介護」がきっかけで社会との関わりが途絶えた40代の男性。
「セクハラとパワハラ」を理由に職場を去り、そのままひきこもることとなった30代の女性。他にも「パワハラ」「いじめ」「過重労働」「就活の失敗」「リストラ」など。

ひとりひとりが異なる事情を抱えていました。
それは社会生活を送る中で、いつ誰が直面してもおかしくない出来事ばかりでした。

“ひきこもり”の人が生きやすい社会は、皆が生きやすい社会ではないか

私たちはそうしたゴールを思い描いて、寄せられた声をもとに番組を作っていきました。

「○○すべき」という思いの化身、“べきおばけ”

“ひきこもり”とひとくくりにされてきた人たちの多様な実像、親亡き後に厳しい暮らしを送らざるを得なくなっている人たち。
「“正社員であるべき”“空気を読むべき”など社会のなかでの“あるべき姿”にとらわれてしまう」という声から生まれた「べきおばけ」や、「つながりを感じる場が欲しい」という声から始まった、生放送の「みんなでひきこもりラジオ」など、当事者の声と共に放送を作っていくことを試みました。

“叫び”から生まれた #こもりびとプロジェクト

そんなある日、痛ましい出来事が起きます。2019年6月、農林水産省の元事務次官の父親が、無職の長男を殺害した事件。その数日前には川崎市で無職の男が小学生を殺傷する事件が起きていて、いずれも「ひきこもり」と関連付ける報道がされていました。
投稿は、ひっきりなしに届きました。

「ひきこもりは殺されて当然だと思われているようで苦しい」
「犯罪者予備軍だという視線がとてもつらい」という当事者。
「自分の息子も事件を起こすのではないか不安だ」という親たち。

不安と葛藤に押しつぶされそうになっている人たちの“叫び”のように思えました。

「ひきこもりへの誤解や偏見を解き、理解してもらうことはできないのか」

その声がきっかけとなり、2020年に実施したのが「#こもりびとプロジェクト」でした。

NHKスペシャル、クローズアップ現代といった報道番組や、情報番組のあさイチ、福祉番組のハートネットTV、ETV特集など13の番組が連動。
それぞれの視点で「ひきこもり」をテーマに番組を制作しました。

当事者の手記を本人の朗読で伝える番組(ETV特集「ひきこもり文学」)
ドラマ「こもりびと」。寄せられた声などを元にして制作し、共感を生んだ

コロナ禍で複雑化する孤立・・・寄せられた声に応えるために

コロナ禍で日々の生活や社会の在り方が激変していく中、声が寄せられ続けられてきた場があります。

2年前に始めた、「みんなでひきこもりラジオ」です。(ラジオ第1 毎月第1金曜放送)。
今では放送の度に1000件ものツイートを寄せていただいています。

コロナ禍で“ひきこもり”状態から出ることが一層難しくなった人。
「安定した暮らし」を送っていたはずなのに、リストラされ、“ひきこもり”になった人。
物理的にはひきこもっていないけれど、誰とも精神的なつながりを持てずに自分は“ひきこもり”だと考えている人。

あらゆる生きづらさを抱えている人たちが「ひきこもり」という言葉によってつながる、一種の“居場所”となっています。

ラジオブースにて声を受け止める栗原望アナウンサー

こうした場を必要としてくれる人が増えていく一方で、多くの人から寄せられる新たな声もありました。

「もっとみんなの声を知りたい」「もっとつながりたい」または、「一歩踏み出すための情報や体験談を知りたい」というものです。

そうした声に応えるために、出来ることは何か。
ひきこもりについて取材を続けてきたメンバーで話し合って決めたのが、誰もが生きやすい社会について、読者の皆さんと繋がりながら考える場として「#となりのこもりびと」を立ち上げることでした。

「#となりのこもりびと」とは?

「#となりのこもりびと」では、みなさんから寄せられた声を元に私たちが記事を書いていき、読者のみなさんは、それぞれの記事にコメントをつけて参加できるようになっています。

記事の感想や、経験・知恵の共有、「もっとこんなことを知りたい」、「この人にこんな話を聞いてほしい」などといったリクエストを寄せていただければ、それを元に私たちがさらに取材をして記事にして、応えていきます。

生きづらさを感じている方はもちろん、ご家族、支援者の方など、ここの情報を必要と感じてくださるすべての人に、参加してもらえたらうれしいです。

居心地の良い図書館のように、一人でいても誰かの存在を感じられるような、そして欲しい情報が手に取れるような、近すぎず遠すぎず、緩やかなコミュニティに育てたいと思っています。

みなさんの声が、私たちを動かす「原動力」になり、「#となりのこもりびと」を形作っていきます。どうぞご協力を、よろしくお願いします。

※コメントは内容を確認の上、掲載させていただきます。

私たちが取材します! 「#となりのこもりびと」メンバー

アナウンサー 栗原望(くりさん) 

みんなでひきこもりラジオMC。ラジオを通じて声を聞くひと。
「こんな学校だったら」「こんな職場だったら」「こんな家庭だったら」。ひきこもり当事者の声が響くような社会になるように、みんなで一緒にできることを考えます。
「声を聴いているのは、僕一人じゃなかった」
「“ひきこもりメシ”から見えたもの~みんなでひきこもりラジオ~」

ディレクター 森田智子(もりとも)

ひきこもり取材13年。NHKスペシャル「ドラマこもりびと」「ある、ひきこもりの死」、ETV特集「空蝉の家」など担当。10代の頃の座右の銘は、「犬とロックは裏切らない」。関心事は家族のあり方と生きづらさ。
「ドラマこもりびと制作者談義」
「56歳ひきこもり衰弱死~父子すれ違いの果てに~」

ディレクター 今氏源太(げん)

クローズアップ現代+「ひきこもりルネサンス」「“こもりびと”の声をあなたに」を担当。社会人になるまでずっと人見知りで、今でも大勢の飲み会や人混みには構えてしまう。現在はひきこもりの親や家族の経験を聞く取材を行っている。カレーと餃子が好き。
「“共に作るラジオ”の先へ~孤立に抗う社会を作るには~(前編)」
「“共に作るラジオ”の先へ~孤立に抗う社会を作るには~(後編)」

ディレクター 岡田歩(おかぴー)

「べきおばけ」の生みの親。クローズアップ現代+「“こもりびと”の声をあなたに」、「みんなでひきこもりラジオ」の立ち上げ。自身も社会のプレッシャーとの距離感・付き合い方を模索中。 “べき”にとらわれない社会を一緒に作りたいです。
「“~べき”おばけかエンジェルか」
「コンビニへの1000階段」

ディレクター 三輪祥子(みわ)

ハートネットTV、ETV特集「ひきこもり文学」、ノーナレ「みんな先に行っちゃう。」などを担当。当事者の方たちの感覚や思想、表現・言葉、その世界をお届けすることに奔走しています。好きなことは石拾いと石収集。
「動画“ひきこもり文学”」
「ひきこもりVR 親子対談(1) 親子のコミュニケーション」

記者 高橋大地(だいち)

クローズアップ現代+「ひきこもりルネサンス」首都圏ネタドリ!「追いつめられる ひきこもり“限界家族”」などを担当。現在は三重県津局勤務。取材でつながることができた当事者たちと、どうつながり続けていくのか考える日々です。ボードゲームと謎解き好き。
「コロナ禍のひきこもり支援の現場で起きていたこと」
「ひきこもり 見過ごされた発達障害」

記者 福田陽平(ふくちゃん)

こもりびと取材経験がない、チームのルーキー。自分で選んだわけでも、自分のせいでもないことに悩まされ、苦しむ人たちの声に、向き合いたいと思っています。

記者・デスク 蔵重龍(くらっち)

「ひきこもりクライシス 100万人のサバイバル」(現「#こもりびと」)発起人。「みんなでひきこもりラジオ」立ち上げ。家庭内にいながら身も心も居場所がない人たちの発信の手助けがしたいです。
特設サイト「#こもりびと」

「みんなでひきこもりラジオ」
毎月第1金曜 午後8:05(NHKラジオ第1・東京)

特設サイト「#こもりびと」

この記事のコメント投稿フォームからみなさんの声をお待ちしています。

この記事の執筆者

「となりのこもりびと取材班」
ディレクター 森田智子