みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

小笠原に眠る“戦跡” 3Dデジタルで後世に残す

東京都心から、南へおよそ1000キロのところに位置する小笠原諸島。
世界的に知られる青く透き通った海には、多くの生き物が生息しており、世界自然遺産にもなっています。
この海に、太平洋戦争で沈没した「戦跡」が残っています。

インスタグラム「地球のミライ」でも展開中👇 ※NHKサイトを離れます
https://www.instagram.com/nhk_sdgs/

今回、NHKの潜水カメラマンがこれらの戦跡を高精細の水中カメラで撮影。
その映像をもとに、詳細に3Dモデルを作成する、「フォトグラメトリー」という手法で、
後世に残す取り組みを始めました。

3Dモデルを作るためには、様々な角度から撮影する必要があります。
また、人が入れない場所は、小型カメラを入れて撮影をします。

撮影した動画を、最大1万枚の「写真」として切り出し、専用のシステムで解析。
そのデータをつなぎ合わせることで、3Dモデルを作成しました。
こうすれば、パソコンやスマホを使い、見たい場所や角度で戦跡を自由に見ることが出来ます。

今回、NHKでは小笠原の海と陸に残る戦跡のうち9つを3Dモデルとして記録しました。

多くの戦跡は、急速に劣化が進み、崩壊寸前になっています。
戦争の記録を未来にのこすためにも、いまある戦跡を映像で記録することが重要になっています。

フォトグラメトリーを活用して、戦争の記憶を後世に伝えるためにはどうすればよいか―、学生たちと一緒に考えました。

「おはよう日本」で紹介した、フォトグラメトリーで作成した小笠原の戦跡3Dモデルはこちらから。実際に操作できる形で公開しています👇

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220815/k10013765971000.html