クローズアップ現代トップ > みんなでプラス > 持続可能な社会へ “地球のミライ”は私たちの手に Vol.2 > 持続可能な世界のため“健康にも地球にも優しい食事”とは?
2021年9月3日

持続可能な世界のため“健康にも地球にも優しい食事”とは?

私たちが出しているプラスチックごみが、外国で火事の原因となっている・・・?
世界の飢餓の原因は、私たちの日々の食事と関係がある・・・?

いま起きている環境問題は、どこかで私たちとつながっています。
問題を「ひと事」にせず、一緒に考えていければと、
SDGsをグラフィックでわかりやすく解説していくシリーズを始めることにしました。

1回目は、私たちに欠かせない食料についてです。
2つのポイントから考えていきます。

ポイント1☞ 8億人が飢餓状態 原因は私たちに?
ポイント2☞“健康にも地球にも優しい食事”とは?
8億人が飢餓状態 原因は私たちに?

SDGsの目標2「飢餓をゼロに」です。
しかし、8億もの人々が飢餓状態にあるとみられ、国連が「飢餓のパンデミック」と警鐘を鳴らす危機となっています。
食料は十分に生産されているのに、なぜ「飢餓のパンデミック」が起こるのでしょうか・・・?

その原因は、私たちにも関係がありました。
6枚のグラフィックで解説します。













“健康にも地球にも優しい食事”って?


持続可能な世界を築いていくため、今、食料システムを根底から見直そうという動きが始まっています。

注目を集めているのが、食料問題に取り組むEAT財団が発表した
「地球を守りながら100億人を健康的に養える食事」です。

持続可能な食事の姿とはどういうものなのか。
4枚のグラフィックにまとめました。









環境問題を始めとするSDGsについて「インスタグラム」でも展開中
下の画像から飛ぶことができます☟※NHKのサイトを離れます※


※コメントは編集部で内容を確認の上、掲載させていただきます。