クローズアップ現代トップ > みんなでプラス > コロナ禍の映画・音楽・文化・・・ 日本のエンタメ業界はいま
コロナ禍の映画・音楽・文化・・・ 日本のエンタメ業界はいま

コロナ禍の映画・音楽・文化・・・ 日本のエンタメ業界はいま

失われた客やファンをどう取り戻すか――
新しい生活様式の中で、創作活動をどう続けるのか――
こんな時だからこそ、文化や芸術の持つ力を信じたい――


新型コロナウイルスの感染拡大によって、苦境に立たされる日本の文化や芸術
現場では、再起に向けた挑戦や模索が続いています。
映画や音楽、アートなど・・・先行きの見えない時代だからこそ、文化や芸術の持つ力を信じて、前に進もうとする人や現場の様子を取材していきます。


- 半世紀ぶりに映画館が復活 地元愛あふれるミニシアター 2021.7.9公開
- 静かな抗議、届いていますか? ミニシアター関係者が“サイレント・スタンディング” 2021.4.23公開
- 「文化は生きるために不可欠」 文化芸術への支援 ドイツの場合は・・・ 2021.2.20公開
- 2回目の緊急事態宣言で 映画・演劇・音楽業界が“緊急の要望” 2021.1.18公開
- 国内外のミニシアター関係者が集結「全国コミュニティシネマ会議」2020.12.18公開
- “表現者” 岩井俊二 故・大林宣彦監督のメッセージを受けとって 2020.11.27公開
- 新作「ばるぼら」公開 手塚 眞監督 等身大の“ヴィジュアリスト” 2020.11.20公開
- 南の島のミニシアター 新型コロナで休館、そして“再起”へ  2020.10.23公開
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《後編》 2020.10.16公開
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《前編》 2020.10.08公開
-「スパイの妻」黒沢清監督に聞く 番組未公開トーク 2020.10.06公開


- “パンデミック”の時代に語る、音楽のこと サカナクション・山口一郎インタビュー 2021.2.14公開
- 「文化だけでなく、このままでは“街”が失われる」 浅草・和太鼓奏者の声 2021.2.13公開
- 武田真一、佐野元春に聞く――「SONGS」未公開トーク 2020.10.09公開


- 劇団「俳優座」の挑戦 歴史ある劇団×クリエイターで演劇をオンライン配信 2020.11.13公開
- 舞台芸術のスタッフを支える「未来につなぐ基金」 2020.11.16公開


あなたの身近で起こっているエンターテインメントにまつわる課題について教えてください。
現場で生まれた声を取材します。

あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント 100
このテーマへのあなたの気持ちは?
2021年6月28日

半世紀ぶりに映画館が復活 地元愛あふれるミニシアター

先月、東京青梅市に50年ぶりに映画館が復活しました。歴史ある木造建築をリノベーションして作ったミニシアターにはカフェも併設されており、エンターテインメントを楽しみながら市民が交流できる憩いの場を作りたいという思いが込められています。
このプロジェクトのリーダーで映画館の支配人を務める菊池 康弘さんは39歳。町に映画館を復活させようと活動を始め、新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄(ほんろう)されながらも開館にこぎ着けました。映画という文化を地域に根付かせ、育てていこうとする人々を取材しました。
(国際放送局 細部 理子)
映画看板はあるのに映画館がない町

青梅市の町中に点在する映画看板

人口約13万人の東京・青梅市。かつては「青梅夜具地」と呼ばれるふとん用の生地の一大産地として栄え、昭和20年代の最盛期にはふとん地の全国シェアの6割を占めていました。町は織物工場で働く若い人々で活気づき、町には3軒もの映画館がありました。
昭和レトロな町づくりを進める青梅市では、当時の映画看板を町のあちこちに設置し懐かしい雰囲気を演出していますが、織物業の衰退に伴って映画館はすべて廃業しており「映画看板はたくさんあっても映画館は1軒もない」という状態がおよそ半世紀のあいだ続いていました。

町に活気を取り戻したい 立ち上がった地元出身の元俳優

菊池 康弘さん

青梅に映画館を復活させたいとプロジェクトを立ち上げたのが、この町で生まれ育った菊池康弘さん(39歳)です。菊池さんは俳優を目指して活動していましたが29歳の時に方針転換。地元の青梅に戻り、飲食店の経営に乗り出した実業家です。

織物で栄えた昭和の活気を知るお客さんに、「あの頃が懐かしい」「またこの町で映画が見たい」という声を聞いた菊池さん。青梅を再び盛り上げたいという思いから、映画館を作ることを決断しました。

菊池 康弘さん
「映画館って町のシンボルだと思うんですよね、公民館みたいに、エンタメもあるけど地域性とも絡んでいる建物ではないかなと思って。それが映画の1つの魅力でもあるし、地域活性、コミュニティ形成の場としても、映画館の存在はすごく大きいものだと思っています。
かつての青梅を知る世代の方たちが、また地元で映画を見て昔を懐かしんだり、思い出話ができたり。青梅は娯楽が結構少ないので、エンターテイメントを届けられるのは、すごく意味があることじゃないかと思います」


クラウドファンディング参加者の6割が“青梅市民”
クラウドファンディングのページ

菊池さんは映画館の設立費用を自己資金や国の助成金でまかなうだけでなく、クラウドファンディングでも寄付を募りました。クラウドファンディングでは400人を超える人から500万円が集まりましたが、その6割は青梅の住民でした。


青梅市の小料理店の女将 伊藤 操さん

クラウドファンディングで寄付をした1人に話を聞きました。青梅駅近くにある小料理店の女将、伊藤操さん(77歳)です。第二次世界大戦中に青梅に疎開して以来、この町に住み続けています。50年前、活気のあった青梅の様子を知る伊藤さんは、クラウドファンディングのことをSNSで知り、菊池さんのプロジェクトを応援したい気持ちになったと言います。

小料理店の女将  伊藤 操さん
「当時は青梅でも商売が繁盛して、みんなが潤っていて、賑やかでした。若い人が多かったんです。クラウドファンディングはフェイスブックで知りました。やはり青梅にそういう気持ちを持った人がいるっていうのが嬉しくて、じゃあ協力しなくちゃと思って、参加しました」


「ここしかない」惚れ込んだ建物をリノベーション

映画館に改修したのは「旧都立繊維試験場」

一から建てるのには高額の費用がかかる映画館。菊池さんは、すでに市内にある場所を映画館として改修することにしました。その場所に選んだのは、国の有形文化財にもなっている、築80年の旧都立繊維試験場。木造平屋建ての洋館で、昭和10年に建てられ、使用されている木や外観は当時のまま残っていました。
「繊維の町として賑わっていた時代の面影が感じられる」と、菊池さんは、この建物の持つ文化的な価値や歴史にひかれ、この建物を借りて映画館として改修することを決めました。

菊池 康弘さん
「青梅の文化財をリノベーションして映画館にする方が、地域の特性をより発信できるので。映画と文化を掛け合わせるという意味でも、この場所を活用すれば、地域の文化財としてより発展して行くんじゃないかと」



埼玉県深谷市の「深谷シネマ」

古い建物をどのようにして、映画館に改修するのか。菊池さんは、同じような経緯で生まれた埼玉県のミニシアター「深谷シネマ」を参考にしました。

深谷シネマはかつて酒蔵として使われていた建物をリノベーションしています。映画館の周りにも歴史的建造物が立ち並び、映画の上映だけではなく映画やドラマのロケ地としても利用されています。ここを訪れる人は映画を見るだけではなく、江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気を楽しむことが出来ます。古い建物を改修することで、その町や地域の歴史とつながっていけるという点にも共感したと言います。

菊池さんは深谷シネマの図面を取り寄せ、それを繊維試験場のリノベーションの参考にしました。建物の外観は当時と変わらない淡い水色に。壁も当時の木材をそのまま再利用しつつ、現代の耐震基準を備えられるように工事しました。



木造の梁を残した高い天井にはシアター内の音響も良くなる効果があります。音響機材やスクリーンは最新のものを導入しました。また、約60席の劇場のイスは、閉館してしまった新潟県十日町の「十日町シネマパラダイス」という映画館で使用していたものを譲り受けました。「ここで廃棄してしまうより使ってくれる映画館に譲りたい」と、新潟から青梅まで映画への思いを受け継ぐようにして運ばれてきました。

新潟県の映画館から譲り受けたイス

さらに地域の人が誰でも気軽にこの場所に立ち寄れるよう、館内にはカフェも併設しています。映画館は、歴史ある木造建築に最新の設備と人々の思いやりが詰まった唯一無二の場所になりました。

菊池 康弘さん
「木造建築を改修して映画館にするのは建築的にもハードルが高く、構造や設計の部分が全く不透明でした。皆さんにこの空間を好きになってもらいたいというか、居心地のいい場所と思ってもらいたいです。映画を見るだけでなくコーヒーやお茶を飲むだけ、本を読むだけとかでも、気軽に活用していただきたいなと思います」


緊急事態宣言下の開館… 後押しは町の人の声
菊池さんが名付けた映画館の名前は「シネマネコ」。青梅のシンボルである「猫」を名前の由来としました。しかし、オープンに向けて準備が着々と進む中、大きな壁が立ちはだかりました。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、発令された緊急事態宣言。度重なる発令により、その都度、政府は映画館に向けて休業を要請しました。オープン前の「シネマネコ」ももちろん例外ではありませんでした。当初は5月上旬を予定していた開館は、6月にずれ込みました。
オープンを間近に控えながら、本当にこのまま開館していいのか、自問したという菊池さん。後押しとなったのは、“映画の町”へ期待を寄せる町の人たちの声だったと言います。

菊池 康弘さん
「プロジェクトを進めていく中で緊急事態宣言が発令されて、建設段階からいろいろな懸念がありました。実際に影響を受けて工期が伸びてしまったりとか、もし現場でコロナが発生したらという不安もありました。コロナだからやらないという選択肢もありましたが、町に映画館を作りたいという声や期待も大きかったので、このプロジェクトを進めました」


ついに迎えたオープン
「シネマネコ」オープン初日

「シネマネコ」がついに初めての観客を迎えたのは、6月1日。地域住民やクラウドファンディング支援者など、観客が会場に足を運びました。観客の中には、クラウドファンディングで寄付をした地元の小料理屋の女将、伊藤操さんの姿もありました。
記念すべき初回上映はウィリアム・ワイラー監督の「ローマの休日」。映画が公開された当時、伊藤さんが映画館に見に行った思い出の作品でした。



小料理店の女将  伊藤 操さん
「(映画館とテレビで見るのは)全然違うわよ。楽しかった。同じ映画でもね。良かったですよ」

招待客の満足げな顔を見て、菊池さんはうれしそうな表情を浮かべていました。これからも、青梅でただ一つの映画館を守り続けていくつもりだと言います。

菊池 康弘さん
「厳しいスタートかもしれないですが、最初が厳しければあとは上がっていくだけかなという希望的な観測もあります。今、映画館が閉まったりしている中で、新しく立ち上げるということで、皆さんすごくサポートしてくださったり、応援してくださって。必ずしもこの状況がマイナスだとか、ネガティブな状況だけではないなと感じました。応援して下さる方や支えてくださる方のために、きっちりと進めていきたいなと思っています。憩いの場として、映画館だけでなくコミュニティの場所としても皆さまに支持していただけるような、そんな映画館にして行きたいと思います」




関連番組
NHK WORLD「NEWSROOM TOKYO」(NHK国際放送)
Silver Screen Lights Up Small Town
2021年4月23日

静かな抗議、届いていますか?

4月21日正午、国会議事堂の前に並んだマスク姿の人たち。
メッセージカードを掲げて、抗議デモ?…しかし誰も大きな声をあげることはありません。 彼らは去年SNS上で大きなムーブメントを起こした「SAVE the CINEMA」のメンバー。新型コロナウイルスの影響で危機的状況に陥ったミニシアター業界を救おうと国に公的支援を求め、ネット上で多くの支持を集めたプロジェクトでした。
あれからおよそ1年。いまなお続くコロナ禍で彼らは今、“静かな抗議”を国に届けようとしていました。
(「みんなでプラス」取材班ディレクター 板橋 俊輔)

「心も体も限界です」
SAVE the CINEMAが開催したサイレント・スタンディング
感染予防のルールを決めて行われた

東京都心で今年初めての夏日を記録した4月21日。正午になると、国会議事堂の前にマスク姿の人たちが次々と集まり始めました。それぞれの手にはメッセージカード。そこには「SAVE the CINEMA」プロジェクトのロゴや、訴えたいメッセージが印刷されていました。一見すると、町中で行われる抗議デモのようですが、拡声器もなければ、マイクを握って声をあげる人もいません――プロジェクトが行っていたのは、静かに立って抗議をする「サイレント・スタンディング」です。

新型コロナウイルスの感染予防のため、マスク着用は必須、大声をあげないなど、ルールを徹底。新型コロナの影響で「物心(ぶっしん)ともに限界」と語るミニシアター関係者たちの“静かな抗議”を、国に届けることが目的です。1時間のスタンディングには、SAVE the CINEMAのメンバーであるミニシアターの支配人や映画監督、さらにミニシアターのファンまで駆けつけ、最終的に30人ほどが集まりました。

元々はSNS上で「映画を守りたい」という思いを持つ関係者やファンたちが結びついて、大きなうねりを生み出してきたSAVE the CINEMAのプロジェクト。これまでプロジェクトの中心メンバーが政治家や省庁に対して直接陳情をすることはありましたが、このように公の場に集まって、何かを訴えるのは今回が初めてでした。新型コロナの感染が続く中、なぜオフラインの場に集まり、このようなスタンディングを行ったのでしょうか。


ポップコーンなど販売の有無で「協力金の対象外」に
多くのミニシアターは飲食販売はしておらず 協力金を得られない

今回、プロジェクトは国に対してどうしても伝えたい要望が2つありました。 1つめはメッセージカードにも書かれている「協力金」です。今年1月に、2度目の緊急事態宣言が出された際、映画館は営業時間を午後8時までに短縮する「働きかけ」を呼びかける対象となりました。
(※詳しくは、こちらの記事で説明しています)

「要請」のように強制力はないものの、多くの映画館やミニシアターでは20時での営業終了を余儀なくされました。この時、ポップコーンなどの販売を行うなど飲食店としての登録をしていた映画館は、レストランや居酒屋などと同じように、時短営業に応じた場合は6万円の協力金を得ることができました。 しかし、多くのミニシアターは飲食販売をしておらず、時短営業をしていても協力金が支給されることはありません。上映数や客数を減らして時短営業に応じているのに、なぜ飲食販売の有無で協力金が左右されるのか――その疑問を訴えたいというのです。

そして2つめは、収束の見通しがまだ立たないコロナ禍で、このまま協力金の支給がなければ、根拠なく時短営業や客席数を減らすことの要請や働きかけを行わないでほしいという訴えです。この1年間、多くの映画館では感染対策を取る以外にも、換気の良さをアピールするなど、安心・安全に鑑賞してもらえるよう工夫を凝らしてきました。
(※映画館の取り組みについては、こちらの記事でも紹介しています)

そうした努力も相まって、映画館ではこれまでに感染のクラスターの発生が報告されることはなかったと言います。それにもかかわらず、映画館に対して今も営業時間を短くすることなどが求められ、関係者は物心両面で重い負担を感じているとの声が多く寄せられているのです。


「要請」「働きかけ」…翻弄されてきたミニシアター


これまでに2回発令された「緊急事態宣言」や、今月適用された「まん延防止等重点措置」など、新型コロナウイルスの影響を大きく受けてきたミニシアター。

去年4月に発令された1回目の緊急事態宣言では、映画館などに対して休業要請が行われました。多くのミニシアターは国の持続化給付金などを得ながら、1か月近く営業を自粛していました。

そして今年1月の2回目の宣言。映画館は営業時間を午後8時までに短縮するよう「働きかけ」の対象となりました。多くの映画館は働きかけを受け入れ、上映本数を減らしたり、レイトショーの上映を取りやめたりしました。先述したように、飲食店として許可された映画館は協力金が支給されましたが、飲食販売をしていない多くのミニシアターでは、営業時間の短縮はしながらも、それに伴う支援はありませんでした。

緊急事態宣言が解除された後、一時的に営業時間は夜9時までとなったものの、今月には「まん延防止等重点措置」が、複数の都府県に適用。東京都ではこの措置により、再び営業時間を午後8時までとするよう映画館や遊興施設などに対して協力を呼びかけました。

そして今、3度目の「緊急事態宣言」の発令が目前に迫っています。映画館にどのような要請や協力の呼びかけがされるか、まだ決まっていません。


「俺に言われたってわからないよ…」 ミニシアター支配人の声
渋谷のミニシアター支配人 北條 誠人さん

見通しのきかない感染状況、そして二転三転する国の施策に翻弄され続けるミニシアターの関係者たち。サイレント・スタンディングの中には、以前取材をさせていただいたミニシアターの支配人の姿もありました。東京・渋谷でミニシアター「ユーロスペース」を運営する北條誠人さんです。
(※北條さんを取材した記事はこちら

宣言が解除されて一度は客足が戻りつつあったという北條さんのミニシアター。「まん延防止等重点措置」が東京都23区に適用されて以来、また少しずつ客足が遠のいていると言います。さらに、再び「緊急事態宣言」の発令が現実味を帯びてきた、ここ数日。映画の配給会社からは上映が予定通りできるのか、問い合わせが相次いでいると言います。

ミニシアター「ユーロスペース」支配人 北條誠人さん
「大型連休後に上映予定の映画の配給会社の人たちから、次の緊急事態宣言をどう考えたらいいのかと頻繁に連絡が来ています。正直、『俺に言われたってわからないよ』という思いです。こういう形の抗議で姿を見せて、危機感が高まっているのを感じてもらいたいです」


「こんなことで潰してたまるか」
ミニシアターや名画座などに通う男性はメッセージカードに「映画が好きだ」と加筆

SNS上で告知された今回のサイレント・スタンディング。現場には、SAVE the CINEMAのメンバー以外の姿もありました。「SNSで情報を見た」という都内に住む75歳の男性に話を聞きました。

自分で印刷してきたメッセージカードに「映画が好きだ」と書き加えたこの男性。子どものころから映画館に通ってきた大の映画ファンです。ミニシアターや名画座に今も通い、若手の無名だった俳優が作品を通じて、成長していく姿を見るのがとても好きだと言います。 SNS上の情報を見て、存続の危機にあるミニシアターのためにいてもたってもいられなくなり、今回のスタンディングに参加したと言います。

サイレント・スタンディングに参加した男性(75歳)
「映画文化が続いてきたのはそれだけ必要だったからだと思います。ミニシアターがあるから豊かな気持ちになる。生活に困ったときも、精神的に助けられた部分もあると思います。文化そのものがなくなるのは想像を絶することです。こんなことで潰してたまるかと」


1000件超の「#ミニシアターに協力金を」
サイレント・スタンディングと同時刻にSNS上には1000件以上の投稿が発信された

サイレント・スタンディングが行われた1時間の間に、SNS上でも動きが生まれていました。SAVE the CINEMAや「ミニシアターに協力金を」のハッシュタグをつけて、全国のミニシアターのファンや関係者が、メッセージを発信していました。

“マジでミニシアターがなくなると困る”
“ミニシアターは私にとって宝物のように大切な作品との出会いをくれました”

スタンディングには参加できないけれど、連帯して国に声を届けたい――1年前と同じように、ミニシアターを守りたいという声がタイムライン上に次々と流れてきました。発信された投稿の数は1000件以上。SAVE the CINEMAが始まった当初からのメンバーである、映画監督の西原孝至さんはスタンディング中、その声をスマートフォンで見つめていました。

「SAVE the CINEMA」メンバー・映画監督  西原孝至さん
「平日の昼間に東京でスタンディングをやっているので、来られない方もたくさんいます。 そういった方々の思いを表現できる場をSNS上にも作れないかと思って、今回も参加を呼びかけていました。SNSに加えて実際に現場に立って活動することも、いまミニシアターが置かれている状況や現状を可視化するためには必要なことだと感じています」



入り口にメッセージカードを置いた横浜のミニシアター
(画像提供:シネマ・ジャック&ベティ) 

中には、映画館の入り口にスタンディングと同じメッセージカードを掲げたミニシアターの投稿もありました。どのような思いでこの写真を投稿したのか、投稿主の横浜のミニシアター「シネマ・ジャック&ベティ」に話を聞きました。

こちらの映画館でも、時短営業の協力呼びかけを受けて、今年1月から、3月下旬まで時短営業を行っていました。通常であれば2つのスクリーンで、23時頃まで営業を行っているこのミニシアターにとって、1日あたり2回〜4回分の上映を休止するのは、大変な痛手だったといいます。

感染拡大を抑えたいという目標はミニシアターも同じでありながら、協力金の対象にならない。そして、補償を伴わない“お願い”や“要請”に右往左往させられ、苦しい判断をせざるをえない状況が続いている現状から、今回のスタンディングに連携したと言います。

シネマ・ジャック&ベティの担当者
「SNSで本日サイレント・スタンディングをするという情報は得ていましたが、当館が少ない人員で運営していることもあり、現場に伺うのは難しい状況でした。
ミニシアターを代表して、あるいは代理して行動してくださった方々の思いに胸が熱くなり、当館劇場入口の看板にロゴを貼りつけ、携帯で写真を撮影してすぐ投稿しました」


“静かな抗議”は届くのか


大きな声で主張することもなく、派手なパフォーマンスをするわけでもないサイレント・スタンディングは予定通り、午後1時に終了しました。ミニシアター関係者の“静かな抗議”は、国に届くのか――SAVE the CINEMAのメンバー何人かに話を聞きました。

「SAVE the CINEMA」メンバー・弁護士  馬奈木 厳太郎 まなぎ いづたろう さん
「一人ひとりの政治家に現状を伝えていると、耳を傾けてくれる人もいます。しかし、行政の対応は硬化しているようにも感じています。感染拡大を抑制するための措置はもちろん必要ですが、納得のいかない線引きでミニシアターが協力金を得られないのはおかしいと、引き続き声をあげていきたいと思います」

映画監督 西原 孝至さん
「1年前はプロジェクトがここまで長引くとは全く思っていませんでした。コロナ禍でこうやって、人が集まることには悩みもしましたが、ミニシアターが置かれている現状や、そこで働いている人たちの生活があることをまずは知ってほしいなと思っています」


この記事を書いている最中にも、東京・渋谷にあるミニシアター「アップリンク渋谷」が閉館を発表しました。
オンラインでの連携から、オフラインのサイレント・スタンディングへと活動の場を移すのは、参加するメンバーにとっても、決して負担の軽いことではなかったと思います。それだけの思いで開催した”静かな抗議“が、少しでも届けばと願わずにはいられませんでした。
皆さんはこの“静かな抗議”を、どのように受け止められるでしょうか。
(「みんなでプラス」取材班 ディレクター 板橋 俊輔)




あなたの身近で起こっている文化・芸術にまつわる課題について、教えてください。
現場で生まれた声を取材し、少しでも多くの人に届けます。


記事への感想は下の「コメントする」からお寄せ下さい
2021年2月20日

「文化は生きるために不可欠」 文化芸術への支援 ドイツの場合は・・・

新型コロナの影響が続く中、文化芸術に携わる人たちをどう支えるか――世界中がいま、抱えている課題です。
日本では、文化庁が大規模な助成を行っています。しかしこれまで支援してきたのは、オペラや浄瑠璃など、ビジネスとして成立するのが難しい分野でした。そのため、縁が薄かったエンターテインメント業界からの支援の要請をどう扱うべきか議論に時間がかかり、関係者からは「決して満足のいくものではない」という声も寄せられています。
支援のあり方について、注目されているのがドイツです。国が推し進めた支援策について、現場の声を取材しました。
(NHKスペシャル「パンデミック 激動の世界」取材班)

ライブハウスやバーの営業停止が続くドイツ 老舗ミュージッククラブでは
老舗のライブハウス「フランツクラブ」

訪れたのは、ベルリンで50年近い歴史のあるライブハウス「フランツクラブ」。毎晩のようにバンドの演奏やDJによるダンスミュージックが楽しめ、若者だけでなく、幅広い世代に人気の老舗です。
この日、案内してくれたのはアイロン・ヘニングさん(50歳)。フランツクラブで25年間、活動してきたDJです。

DJ アイロン・へニングさん
「ここが僕のDJブースです。ここに立って客を盛り上げていました。だいたい1000人くらいのお客さんが入れるんじゃないでしょうか。」


DJのアイロン・ヘニングさん

取材したのは12月下旬。ドイツでは新型コロナの感染が急速に拡大し、12月からほとんどの商店やレストランの営業が禁止され、学校も閉鎖。日本より厳しい制限措置がとられるなか、ライブハウスやバーも再開の見通しが立たない状況が続いていました。
長期化するコロナ禍でアイロンさんの収入は大幅に落ち込んでいますが、最も辛かったのは去年の春ごろだったと言います。

アイロン・へニングさん
「一番つらかったのは最初の頃。いつ状況が収まるのか先が見えず、とてつもない不安を感じていました。『5月には収まるか、いや6月か』・・・いろいろな憶測が飛び交い、姉なんかは『きっと2021年1月頃になっちゃうわよ』なんて言っていて、『やめてくれよ』って話していました。
僕たちアーティストは忘れ去られてしまうと思っていました。仕事が無くなって、追い詰められていたんです」


文化・芸術関係者を救ったドイツの支援策 外国人にも



アイロンさんのような個人で活動するフリーランスや、団体に対して、ドイツ政府は迅速に支援策を打ち出しました。連邦政府で文化行政を担当するグリュッタース国務相は去年3月、零細企業・自営業者向けに用意された総額500億ユーロ(約6兆円)の支援を、芸術・文化領域にも適用することを表明しました。
フリーランスの人でも最大で9,000ユーロ(100万円余り)の助成金を受けられるというものです。

また、州によっては追加で独自の支援を行うところもありました。ベルリン州政府の支援枠では、補助金として文化・芸術に携わる人を含む中小企業や個人事業主に5,000ユーロ(約60万円)が支給されました。

アイロンさんもベルリン州や国の支援を受けました。不安の種だった、家賃や健康保険料の支払いにあてることができたと言います。

アイロン・へニングさん
「仕事はできなくなっても、家賃を支援金でまかなうことができたのは本当に助かりました。すごく心が軽くなりましたよ。国が自分のことを忘れていないんだと実感ができたので。」



この日、フランツクラブのオーナーにも会ったアイロンさん。
私たちが文化芸術への支援について取材をしていることを聞くと、2人は支援の広がりについて語ってくれました。

アイロン・へニングさん
「オーナーの知りあいたちはどんな状況なんですか?ミュージシャンやDJだけじゃなく、音響の技術者とかも含めて。」

「フランツクラブ」オーナー  トーニ・チャーヨアさん
「仕事も収入も大幅に減って、苦しい状況だよ。みんな(ベルリン州の)5,000ユーロの支援金を申請して、僕の知っている限り、全員が受給できたそうだ。その支援金のおかげですごく助かったらしい。こんな状況が長く続くなら、支援は必要だよね。 僕の知っているミュージシャンたちは、外国出身の人でも支援金を申請して、ちゃんと受け取ったよ。(ドイツで納税していることを示す)納税者番号さえあれば、ベルリン州もしくは国から個人事業者向けの支援金を受け取れるからね。」


ドイツの支援の特徴は「スピード」と「簡易さ」


支援金の申請画面を見せてくれるアイロンさん

アイロンさんたちが受けとったベルリン州やドイツ政府による支援金には、2つの特徴があります。
1つ目は、支給までのスピードの早さです。アイロンさんがベルリン州の支援金に申し込んだのは去年の3月30日。州によって補助金が支給されるまでにかかる時間には違いがあるということですが、アイロンさんの場合はその2日後には、口座に5000ユーロ(約60万円)が振り込まれていたと言います。
そして2つめは、申請手続きの簡易さです。アイロンさんは申請を全てオンラインで行いました。申請するのに入力が必要な項目は、名前・住所・身分証明書番号・納税者ID番号や口座番号など限られた情報のみ。5~6分ほどで申請が終わったといいます。

アイロン・へニングさん
「フェイスブックに多くの人が、『支援金はすぐにもらえた』とか『申請書を送ってから数日で支給された』といった内容を書き込んでいました。(3月30日に申請したあと)口座を見たら、すでに4月1日に入金されていて。信じられませんでしたよ。」

11月にはドイツ政府による別の支援金にも申し込んだアイロンさん。数十分ほどの手続きで、1週間以内に振り込みがあったと言います。

アイロン・へニングさん
「嬉しかったですよ。当たり前のことかもしれないけれど、感謝しています。誰もがこうした要求をする権利があると思うし、こういった支援金を要求できるということは、素晴らしいことですよね。仕事ができたり、気兼ねなく握手ができたりしたらもっといいんでしょうけど、でもこんな風に簡単に申請手続きができるんだったら、まずはそれで満足です。」


「文化は生きるために不可欠」 ドイツ政府が打ちだし続けた文化の重要性



なぜ、ドイツでは文化・芸術の関係者への助成をスムーズに進めることができたのでしょうか。実はドイツでは以前から、文化活動を手厚く支援するために文化の担い手が登録できる「芸術家社会保障」という制度が整備されていました。この保障に入るための主な条件は、月平均にして4万円ほど収入があること。ほぼすべての個人が登録し、その数はおよそ20万人に上るといいます。
今回、主にその登録者に助成金を支払うことにしたため、素早い支給ができたのです。

去年3月、連邦政府で文化行政を担当するグリュッタース国務相は感染の拡大を受けて、緊急の声明を発表。この支援の取り組みを進める中で、ドイツ政府は、文化の重要性を明確に打ち出し続けました。

ドイツ グリュッタース国務相
「困窮に陥っている文化事業者が絶望しないようにしたい。文化は私たちにとって平穏な時にだけ享受される、ぜいたく品ではありません。社会全体にとって、生きるために不可欠なものなのです。」

老舗ライブハウス「フランツクラブ」でDJを続けてきたアイロンさん。
ライブハウスでは営業ができないため、3台のカメラを置いて音楽を流す様子をネット上で配信しています。客からの評判は上々だそうですが、アイロンさんは物足りなさを感じています。いまはオンラインでしか音楽を届けられませんが、いつの日かまた、実際に人と対面で会って、本来のダンスミュージックを楽しんでもらいたいと言います。

アイロン・へニングさん
「人間は人との関わり合いの中で生きています。時には大勢で騒ぐことも必要です。 それができない生活は健康的じゃないし、病んでしまう。芸術や文化、娯楽がなかったら、僕たちは完全な状態ではいられません。」

いつの日か、再び文化や芸術に携わる人が立ち上がることができるように、ドイツが打ち出したのは彼らの暮らしを支える迅速な支援でした。
コロナ禍のいま、文化や芸術をどう支えるのか――世界中の国々がいま、その姿勢を問われています。



<あわせて読みたい>
●最近公開された記事
・“パンデミック”の時代に語る、音楽のこと サカナクション・山口一郎インタビュー
・「文化だけでなく、このままでは“街”が失われる」 浅草・和太鼓奏者の声
・2回目の緊急事態宣言で 映画・演劇・音楽業界が“緊急の要望”


トップ(目次)に戻る

2021年2月14日

“パンデミック”の時代に語る、音楽のこと サカナクション・山口一郎インタビュー

日本の音楽シーンのトップランナーとして活躍するロックバンド・サカナクション。
ライブのチケットはいつもソールドアウト。しかし、新型コロナの影響で去年2月から今に至るまで、すべてのライブは中止、収入も3分の1に減りました。
パンデミックのいま、大きな困難に直面する音楽業界。先行きの見えない中、いま自分たちに求められる音楽とは、そして音楽の存在とは・・・サカナクション・山口一郎さんがおよそ2時間にわたり、カメラの前で語りました。
2月14日放送のNHKスペシャル「パンデミック 激動の世界」でお伝えしきれなかった山口さんのインタビューをご紹介します。
※インタビューは1月末に行われました。
(聞き手:NHKスペシャル取材班)

ツアー最中に呼びかけられた“自粛” 規制が続くライブで届けたいこと


山口 一郎
ロックバンド・サカナクションのボーカリスト兼ギタリスト
サカナクションのほぼ全ての楽曲を制作

――去年の2月から音楽産業の自粛の呼びかけがあって、次々とライブができなくなっていくのを当時どう受けとめられていたんでしょうか。

ツアーの真っ最中に感染が拡大していって、当時はまだコンサートを「中止」ではなくて「延期」としていました。当時はすぐに収まる、そんなに長くコロナの状況が続くとは思っていなかったので、収まることを待つようなモチベーションで、耐える気持ちが強かったですね。

――それからどんどん長期化していき、予定されていたライブができない状況が続きます。ライブがずっとできないときのお気持ちはどうだったんでしょうか。

ライブができない状況に対して自分たちがどう考えるかというより、「この先、音楽業界やミュージシャンはどうしたらいいんだろう、どう乗り越えていったらいいんだろう」を考えなきゃいけないモードになってましたね。
諸先輩方が作り上げてきた業界、音楽のシステムの中に自分も立っていましたし、どんなことができるかとか、ライブを待ってくれてるファンの方たちに何を伝えればいいのかなと毎日考えていました。

――今もライブでは入場制限や声があげられないなど、規制が続いています。その中でライブをするかどうかについては、どうお考えでしょうか。

昔のライブ映像とか自分がステージに立っていたころの映像も見直したりするんですけど、そうすると「早くライブがしたい」という気持ちになるし、お客さんの姿を見て、音楽で空間を1つにできる時間に対して、「そこに早く戻りたい」と思うと同時に、「めちゃくちゃ密だな」と思ってしまう。この状況を今求めることは絶対できないし、この感動をソーシャル・ディスタンスを保って得られるかというと、このときの感動を超えるものはできないけど、違う感動だったら与えられるかもな、というようなことを考えています。
今までどおりのことをやると、今まで与えていた感動を縮小して与えることになってしまって、来る人もワクワクしないだろうな、と。だから自分たちもワクワクして、リスナーもワクワクするような空間を改めて作り直す、そういうことをしなきゃいけないのかなと感じてはいます。

――山口さんやサカナクションにとっての観客の存在や、今ちょっと損なわれてしまっている熱狂についてはどうお感じになっていますか。

例えばジョン・レノンのコンサートを今見たいと思っても、映像でしか見ることができないじゃないですか。その時代に一緒に生まれてなかった、ジョン・レノンがいた時代に自分は音楽を聴く年齢になっていなかったから、一生見ることができないわけですよね。
ライブは同じ時代に生まれて、同じ時代にその音楽が発生して、それをじかで聴けたり、ドキュメントを体験したり・・・そういうものだと思うんです。リアルで体験する、大きな音で音楽を聴く、その人の肉声を聴く・・・ライブのすばらしさって人それぞれだと思います。それを体験できなくなったこの状況に、やっぱりネガテイブな気持ちになると思うんですけど。

今この時代でライブってほかにどんな伝え方があるのか。「ライブ」という言葉じゃなくて、違う音楽の表現の仕方があるんじゃないか。それを模索することが僕は大事な気がしているんです。なぜかというと、この状況がもう100年、200年続くとはどうしても僕は思えないんです。いつかまた、いつものようなコンサートができる状況に戻ってくることは確かだと思うんです。
いつもどおりコンサートができない状況に立ちどまって足踏みして、コロナがなくなることをただ待つのではなく、コロナの中で新しい表現方法を見つけようと葛藤することで、いつかまたコンサートができるようになったときに、そこで発明したものを携えて以前の日常に戻れる。そういう気持ちじゃないと、ただ待って磨耗していくだけだったら、クリエーティブじゃないと思うんです。


最初は懐疑的だったオンラインライブに見出した“新しい表現”



――何とかして音楽を届けようと「オンラインライブ」が急速に発達しています。最初はオンラインという形に懐疑的な思いを抱かれたと伺いましたが、どうお感じになられたんでしょうか。

今までやっていたコンサートをそのままお客さんがいない状態で収録する「オンラインライブ」に対して、僕はすごく懐疑的だったんです。
ただ、音楽を”見せる”ことは、ライブだけじゃなくて、ミュージックビデオやテレビの音楽番組、いろいろな場所で見せてきてたなと。
じゃあ、自分たちが音楽の表現として映像を取り入れてきたことを混ぜ合わせたら、何かもっと面白いことができるんじゃないか、と。一体それが何なのかは、やってみないとわからない。それを見た人たちがどう感じるかもわからないけど、自分たちが模索している表現みたいなものを提案する上で、オンラインライブは非常にすぐれたツールかなと感じて、そこから気持ちが切り替わりました。

ただ、これだけオンラインライブが乱立してくると、見る人たちも期待度が下がってくるというか。その要因をもう一回再検証しなきゃいけないなと思うし、そういう状況の中で、次なるオンラインライブはどういうものなのかを考えていかなきゃいけないなと。 でもそれは普通のコンサートでも起きていたことなんですよね。どうしたらお客さんがライブに入るのかを工夫したり考えていたりしてきたわけだから。そういう意味では健全な反応なのかなという気はしています。
今までの産業構造では、チャレンジしなくてよかったんですよね。コンサートをすれば人が入るし、フェスをやればチケットは売り切れるし、ライブ産業はかなり上手く回っていたと思います、このコロナが起きるまでは。それが一気にできなくなったことで何か新しい手立てを考えなきゃいけない状況になったことは、僕は逆にプラスにとらえるべきだなと考えています。


「暗闇ライブ」の実験
山口さんは、パンデミックの中で新しいライブの形を試そうとしていました。
「暗闇ライブ」――ステージも会場も真っ暗にし、観客に椅子に座ったまま音楽の世界に没入してもらおうという試みです。同じ場所に集い、音楽、つまり空気の振動を共有することで、熱狂はなくともライブの醍醐味を作り出せるのではないかと考えました。

真っ暗な中、いすに座って音楽を共有する「暗闇ライブ」 準備の様子


――コロナ禍の中で「暗闇ライブ」っていうのをやろうというそのねらいはどのようなものだったのでしょうか。

僕らが過去に「暗闇ライブ」を開催したときは、別にコロナ禍でも何でもなくて普通にコンサートができる状況でした。例えば僕らが50歳、60歳、70歳・・・になったときに、夏フェスのステージ上で「行くぞー!」って言えるかどうか(笑)。あと、曲を作っていられるかどうかも想像できないと思ったんですよね。
新たなライブ表現をしたいと考えていたときに、真っ暗闇の中で音楽を聴く体験を編み出したんです。これだったら僕らが50歳、60歳、70歳になってもできると思ったし、普通のコンサートをやる以外にも、新しいエンターテインメントを開発できると思っていたんです。


ところが、感染の状況は深刻化。12月半ばには、全国の感染者数が1日3000人を超え、音楽に向けられる眼差しが厳しくなっていきました。
「密を避けるとはいえ、こんな状況で暗闇ライブを開催できるのか」――
山口さんは悩んだ末、暗闇ライブの開催をあきらめる決断をしました。


――中止の判断の葛藤、重さがすごくあったと思います。

暗闇ライブを行うにあたって、正直、この状況で、例えば自分に子どもがいたりとか、自分の大切な人が「行く」と言ったときに、「行っておいで」と言えるかどうかを考えたときに、「『どうぞ行ってきて』と自分が言うとは思えないな」と思ったので中止にしたんです。

中止にすることで、もちろん音楽にかかわる人たち、自分たちの仲間が仕事で生活できなくなったりする。それは大変なことなんですけど、でもどの仕事も、今そういう状況じゃないですか。自分にかかわる仲間たちを守るためにコンサートが行えないんだったら、コンサート以外で仲間を助けたり仲間を支えることを考えればいい。何か切り換えればいいだけかなと僕は思ったんです。

「心配するほどでもない」って言う人もいれば、「めちゃくちゃ心配したほうがいい」とかいろんな意見がある中で、自分がどう感じるかが多分一番大事かなと。自分が怖いのに、「自分はコンサートやります。みんな気をつけながら来てください」とは言いたくないなと。バンドを結成してから一緒にやってきたスタッフの人たち、仲間たちを守るためにどうしたらいいのかって考えることは、アイデアがないわけではありません。


サカナクションのライブの音響を担当するスタッフと話す山口さん

――いろいろなスタッフと語り合ったり、気にかけられている姿がすごく印象に残っています。ライブをやって支えるではなく、ほかの形で支えなきゃいけないっていう思いはお持ちだったんですか。

むしろ彼らがいなければ、僕らは今後コロナが収まってもコンサートができなくなるし、自分たちが何かを表現したいと思ったときに彼らがいなかったら、それができなくなってしまうんです。だから彼らの生活を守る、助けるっていうことではなくて、自分たちが今後表現していく道をなくさないようにするため。僕はそういう感覚なので、善意でやっていることではないというか。仲間を守ることで、自分たちの音楽を守る。そして、自分たちを応援してくれてる人たちに音楽を届ける。その関係性は自分の中ではっきり持っています。


病気と向き合う中で支えとなったSNSのライブ配信


SNSでのライブ配信


―コロナの渦中で、病気もすごくつらい時期だったと思うんですけれども、なかなか大変な中で動き出せない。そのときはどうお感じになられていましたか。

先天的に群発頭痛を持っていて、3年に1度くらいの間隔で発症していたんですが、「このタイミングか」とは思いました。すごく落ち込みましたし、体験した人にしかわからないほど猛烈な痛みなので、日常の中でそれに脅えながら過ごすことは、ものすごくつらかったです。レコーディングや制作が進んでいた段階で、メンバーやスタッフにも迷惑をかけている負い目もありましたし、精神状態は暗い方向に行きかけていました。

だけど、コロナ禍をきっかけにして始めたSNSのライブ配信でのリスナーの方たちとのコミュニケーションで、家族に近いような存在にリスナーのみんながなってきて。一方的に僕が吐露するだけなんですけど、コメント欄に非常に支えられました。群発頭痛になったおかげでわかったことも、ものすごくたくさんあったんですよね。

その中の1つとして、僕が理解したのは、「音楽って、生み出された音楽だけじゃなくて、このコロナ禍で『その音楽をどんな人が生み出しているのか』という部分まで音楽になったんだな」ということ。それはSNSのライブ配信や、コミュニケーションをとることで、すごく感じました。コロナ禍によって、1つの音楽の伝え方や幅、人間性という部分も広がったのかなという気がしました。

――SNSのライブ配信だと山口さんのそのときの状況だとか、心情を吐露されていることが多いですよね。そういう人間性も音楽と見られるということでしょうか。

ロックバンドたるものはテレビに出ないのがかっこいいとか、謎めいている部分があるほうが素敵だとか、逆に苦しんでいる姿とか、過程は見せないほうがいい・・・といわれる時代があったと思うんですが、今、音楽は簡単に聴けて、「なんとなく好き」が多いというか、「めちゃくちゃこれが好き」と思う瞬間になかなか出会えなくなった気がするんですよね。
でも、「なんとなく好き」の中に「こんな人がこんな思いで作ったんだ」とか、「こんな人がこんなことを考えながら、こんな生活をして作ったんだ」と。その過程だったり、人物が見えることで、その音楽の“好きの質量”が変わるというか、密度が変わるような気がするんです。好きだった理由がはっきりしたときって、本当に好きになる。その理由を見つけられる時代が来たのは、コロナ禍で発見したことのような気もします。


SNSのライブ配信でリスナーと交流

――いろいろな立場の方と会話をしたり、交友持たれたりすることで、山口さん自身、見え方が変わったところはありますか。

僕はミュージシャンなので、朝早く起きて会社に行って、戻ってきてご飯食べて寝る生活ではないんですよね。深夜から徹夜で制作して、夕方ぐらいに寝て、深夜に起きてまた制作を始めて・・・みたいな生活もあるし、普通の人とは全く違う生活を送っていたんです。なのに、自分は世の中で生活している人たちの気分を音楽で代弁しなきゃいけなかったんです。
そこに結構矛盾を感じていて、むしろ自分がある程度評価されてミュージシャンとしての立場が変わっていったときに、そこがかい離していったことに悩んでいたんですが、緊急事態宣言が発令されたときに、「今って、本当に何年かぶりにリスナーと自分が同じ生活になった」とハッと思ったんですよ。

家にいて不安な気持ちがあって、夜どうしたらいいかわからない・・・頼るものは一緒、感覚が一緒になったんですよね。不謹慎かもしれないんですけど、この状況を音楽にしないと、僕はミュージシャンとして絶対だめだと思ったし、この感覚を頭の中にちゃんと焼き付けておかないと、絶対この先、続けていく上で苦しくなるだろうなと思ったんですね。

だから、僕はSNSのライブ配信を使って、いろいろな職業の人と話して「コロナでどんな影響があるのか」「今どう過ごしてるのか」を取材しようと思ったんです。そうすることで、その人の“コロナ禍での気分”も絶対インプットされるし、ここを音楽にしようと思ったときに、絶対影響があると思ったんですよね。これをただ、今まで通り社会と自分を遮断して、部屋に籠もって音楽をずっと作り続けていたら、多分シェアできなかっただろうと思うし、ミュージシャンでい続けるために何をしたらいいのかを考えたのがライブ配信でした。


ラジオ収録中の山口さん

――こういうときに見えた音楽の姿、これから作っていきたい音楽の姿がおぼろげに浮かんできたという感じでしょうか。

コロナ以前には、僕は音楽を作るときに想像していたリスナー像があったんです。データとして、何歳から何歳までが自分たちの音楽を聴いてるとか、世の中的にサビから始まるものがはやっているだとか、BPMがどれぐらい速いほうがたくさんの人に聴いてもらえるとか・・・いろいろな理論の中で自分がどんな音楽を作るかという想定もあったんです。

でも、コロナ禍でいろいろな人とお話をしたことで、自分が想定していたものはあくまでもデータであって、みんなが求めてるものであったり、触れている音楽は、データの中だけじゃなくて、もっとリアリティのあるものであったり、もっと自分の近くに寄り添ってくれるものなんだなと。僕らが作らなきゃいけないなと思ったのは、寄り添うもの。ライブで盛り上がるための音楽だけじゃなくて、その人の心の隙間にちゃんと入り込むもの、それを作らなきゃいけないんだということが、たくさんの人と話したことでわかりました。その隙間の幅の広さ、それもなんとなく想像できて、感じたことですね。

ものすごく普通なことなんですけど、いろいろな人、いろいろな人生があるんです。人にはいろいろな不安があって、考え方があるんですよ。でも、それって忘れがちになるというか。
SNSのライブ配信で、例えば、水道局に勤めている方の話を聞いたんです。「なんで水道局に勤めているの」と聞くと、「こういう事情でやってるんです」と。「コロナ禍でどんな影響があるのか」「何が不安なのか」「サカナクションをいつ知ったのか」・・・。次の日は、銀座のホステスさんに話を聞きました。本当に、いろいろな人がいるんですよ。おばあちゃんと暮らしてる人もいれば、結婚して子どもがいて、外を出歩くのが怖いっていう人もいれば、独身で毎日満員電車乗ってますという人もいる。

「コロナに対する意識がバラバラになるはずだ」と思ったし、それが当たり前なんだとわかったことは、僕にとって、音楽を作る上ですごく助かりました。
みんな違う、でも音楽でこんなに集まってるんだ。こんなに違う人たちが1つの音楽のために集まってて、同じ感覚を持てる、音楽ってすごいなと改めて感じたんです。

自分が過去に作ってきたものに自信を持てたんです。自分が作ってきたものに、こんなに人が集まってるのは誇っていいなと思ったし、じゃあ、これから作るものも絶対にこの人たちを裏切っちゃいけないなと思ったんです。ずっと応援してもらえるように、ちゃんとこの時代を丁寧に、音楽にしなきゃいけないという思いになったのがすごく大きかったですね。


“コロナ禍の今”を音楽にする



――「この時代を音楽にしなきゃいけない」とは、どういう思いなんでしょうか。

東日本大震災のときにも、僕はこの状況を音楽にしなきゃいけないって思ったんです。そのとき僕は東京に住んでたんですけど、東京から見た震災の景色をちゃんと歌にしなきゃいけないと思ったんです。それと同じように、コロナに関しては、全世界的に同時に起きてることなので、全員が初体験じゃないですか。だから、この状況の中、東京という場所で、この時代をちゃんと見定めて音楽にしなきゃいけないなと思ってます。

――それは記録して、そのときの気持ちを後々も思い返したり、共有できたりするためにということでしょうか。

そうだと思ってますし、僕は音楽ってなんだろうということも感じていて。シングルを作って、アルバムを出して、ツアーをやって、またシングルを作って・・・。じゃあ、このコロナ禍のことを1曲の歌にして、またもう1曲歌にして、アルバムにして、ツアーを回ることが本当にこの時代を音楽にしたって言えるのかなと。それがひょっとしたら新しい形のオンラインライブとか、音楽を作る・ライブをする以外の表現を見つけることが、この時代を音楽にすることなのかもしれないし。だから、それをゆっくり見つけていくことが、今、僕らが“音楽にする”ために必要な作業なのかなという気もしています。


いま、山口一郎にとって音楽とは



――山口さんは音楽の必要性や価値について、どう感じていますか。

人間が生まれて初めて触れる文化って音楽だと思うんです。お母さんが赤ちゃんを抱きながら子守歌を歌うところから始まると思うんですね。それぐらい人間にとって音楽は身近なものなんです。だから身近過ぎて、音楽が自分に何をもたらしているのかが、わからないぐらいじゃないかと思っています。スーパーに行って何かお買い物をするたびに音楽が流れていて、その音楽の影響下で自分は何かしら選択をしているわけじゃないですか。
音楽で自分の気分をコントロールされているんですよね。だからこそ、音楽を必要だと自覚している人もいれば、あまりにも身近過ぎて自覚できない人もいると思うんです。

なんとなく想像できることは、音楽がなくなることはあり得ないって、誰もがわかっていると思う。ただ、音楽との関わり方は変化するだろうなと、みんな薄々感じてる気がするんですね。どんなものも時代を経て変化していくように、音楽もコロナを経て、きっと新しく変わっていく。それは1年、2年で変わるか、10年で変わるか、20年で変わるかわからないですが。考えることがたくさんあって、逆にワクワクしてるという状態が、不謹慎かもしれないですけど、今の僕の気持ちなんです。

釣りが好きなんですけど、いつも釣れる場所で釣りをしていても飽きちゃうんです。結果的に行ったことのない場所に行って、新しい場所を探すんですね。そのときには、腰の高さや、自分の身長ぐらいある藪の中を漕いでいって、足が傷だらけになりながら川っぺりに出るんです。そこで投げる1投目って、釣れるか、釣れないか、はっきりする瞬間で、そのときが一番ワクワクするんです。

だから、僕は、コロナ禍という藪を今漕いでて、その漕いでいく末に魚がいて釣れれば、何度か通うから、その獣道はいつか道になっちゃうと思うんですね。いろんな人が来るし。だから、そういう道を作ること、藪を漕いで道を作る作業が、今、僕らがやってることかなと。


――時代を生きていくことは、時間の連続性の中を生きていくことでもあると思うんですが、新型コロナで時間軸が一回断絶して、不連続な局面に入っていくと思うんです。そういうときに最初に反応するのがミュージシャンであって、自分が何を表現したいのかということに最初に気づくのもミュージシャンだと、こう言った人もいました。

音楽っていうものは手で触れず、目にも見えなくて、においと同じで、気分をコントロールするものだと思うんです。世の中、いろいろなことが起きて、不景気や震災のような災害で、時間が断絶してしまったり、悲しむ人がたくさんいる時代もありましたが、その時代、時代の中で、やっぱり音楽は気分を作ってきたと思うんです。

コロナの中でみんなが感じてる気分は人それぞれだと思うんですが、その人が今生きている場所で感じいてることを音楽にしようとしていくと、きっとその時代に合う新しい音楽、その次の時代に合う音楽が自然に捻出されていく気はしています。
コロナ禍の新しい状況で新しい音楽が生まれるのは、絶対そういうことになるだろうと思うし、今、テクノロジーがものすごいスピードで進化していて。その進化と、音楽をクリエイトすることが、コロナ禍で新しい結びつきを見せて、僕らに新しい感動を生み出してくれるような気もしています。逆にそのテクノロジーに関与せず、音楽で感動することも、きっと同じように進化していくと思います。
ミュージシャンにいる限り、そういった状況に関与したいなという気持ちでいるのは確かですね。

僕、ちっちゃい頃からピンチが好きなんですよ(笑)。ピンチをチャンスに変えることって、自分が想像していない自分になれるチャンスだと思って。状況的に誰もがピンチなときに、新しいものを生み出すエネルギーが自然に湧いてきてると思います。



<あわせて読みたい>
●最近公開された記事
・「文化だけでなく、このままでは“街”が失われる」 浅草・和太鼓奏者の声
・2回目の緊急事態宣言で 映画・演劇・音楽業界が“緊急の要望”
・国内外のミニシアター関係者が集結 “コロナ禍”を語る「全国コミュニティシネマ会議」

トップ(目次)に戻る

2021年2月13日

「文化だけでなく、このままでは“街”が失われる」 浅草・和太鼓奏者の声

先月、情報募集のフォームに1つの声が寄せられました。
浅草を中心に活動する和太鼓奏者の方からの投稿――新型コロナの影響で和太鼓の演奏ができない今の苦境だけでなく、変わりゆく街の雰囲気について綴られていました。
「どうか助けてください」というひと言で結ばれていたメッセージ。何を思い、投稿してくれたのか、取材しました。
(「みんなでプラス」取材班 板橋俊輔)

投稿フォームに届いた声 「動きたくても動けず・・・」


小林さんから届いたメッセージ

投稿が私たちのもとに届いたのは、先月19日。2度目の緊急事態宣言が出て10日ほどが経った頃でした。
声を寄せてくれたのは、和太鼓の奏者である小林太郎さん(45)。小林さんご本人に許可を得て、寄せてくれた投稿の一部をご紹介します。

浅草で和太鼓奏者をしております。今回の緊急事態宣言の影響で、浅草で行っていたお稽古も中止、イベントや演奏会も中心となりました。 台東区商店街応援プロジェクトとして、飲食店や宿泊施設を演奏で応援するプロジェクトを始めようかというところでした。(略)
しかし、緊急事態宣言の影響で、すべて飛びました。チラシを持って一軒一軒まわって話をしております。 今月の現金月収は7000円です。 1月は私達にとってかきいれどきで、これから復活にむけての準備をしているところでした。(略)
お店に元気がないと、浅草は潰れてしまいます。有名でなく活動している人たちは、焦点があてられません。 何人かにやめれば?といわれました。
でも私達はやめるより、自分達の培ったことで、街を元気に、人を喜ばせていくことを生きがいとしております。 動きたくても動けず、ネットを使って配信やレッスンにも限界があります。どうか助けてください。


浅草で和太鼓一筋27年 小林太郎さんが直面したコロナ禍


和太鼓奏者の小林太郎さん

小林さんは浅草を拠点に国内外で演奏をしてきた、この道27年の和太鼓奏者です。和太鼓は多いときには数十人規模で演奏され、全身を使って打ち鳴らす迫力のある音や奏者の息づかいなど、臨場感のある演奏が特徴です。
小林さんは演奏をするだけでなく、浅草をはじめ、都内や千葉県で9つの和太鼓の演奏団体を率いています。これから独り立ちを目指すお弟子さんも抱えており、後進を育成する指導者と、全国を飛び回る奏者という二足わらじの多忙な生活を送ってきました。充実した日々に影を落としたのが、新型コロナウイルスでした。


リモートの取材に応じてくれた小林さん

演奏の場がなくなったのは去年の3月。“3密”という言葉が世の中で使われ始めたころでした。小林さんたちの和太鼓は多くの人が集まって演奏し、また汗も出る、いわば全身運動のような演奏。そのダイナミックさや臨場感が裏目に出て、仕事がどんどんキャンセルになっていったのです。また、屋外や大きなホール以外にライブハウスなどでも演奏をしていましたが、営業自粛で演奏したくても会場そのものがなくなっていくという事態に見舞われました。

そして、4月には1度目の緊急事態宣言が発令。稽古場として使っていた都の施設も使用ができなくなり、イベントだけでなく、稽古をすることもできなくなりました。

和太鼓奏者 小林太郎さん
「私たちが演奏のイベントを準備するのには半年の時間がかかります。これがいったんなくなると、会場の確保や演目の組み直しなどで立て直しに半年から1年の時間がかかることもあります。先行きが見えなくなりました。」

イベントへの出演や演奏の指導などが無くなり、去年3月~5月の収入はゼロ。以前手がけたイベントの出演料が支払われたことで、なんとかこの時期は持ちこたえることができました。その後、経済産業省の「持続化給付金」や文化庁の「文化芸術活動の継続支援事業」などの支援金にも申し込みましたが、苦しい状況は変わらなかったといいます。例えば、文化庁の支援事業の場合、補助金を受けとるには、何か新しい試みをしないと費用の補助が受けられません。
小林さんたちも補助を受けるために、和太鼓演奏のオンライン配信を一から勉強して始めました。しかし、メジャーな音楽とは違う和太鼓の場合、なかなか多くの人に配信を見てもらうことは難しく、十分な支援があったとは言えないと言います。
(「文化芸術活動の継続支援事業」について詳しい記事はこちら

和太鼓奏者 小林太郎さん
「私たちのような伝統的な音楽の場合、固定のファンが大勢ついているわけではありません。また、和太鼓の魅力である臨場感はどうしても画面越しだと伝わりづらいところがあります。機材の準備なども含めてかかった費用の一部を補助してもらいましたが、状況が好転することにはつながりませんでした。
また私だけでなく、同じ奏者でも師匠の世代にあたる年配の方々の中には、そもそも支援金などの情報をネットで入手したり、申し込みをしたりすることができずに、支援を諦めてしまう方もいらっしゃったと思います。」


新型コロナで変貌する観光地・浅草 街の活気が…


地域の祭りなどで演奏してきた小林さんたち

自身の生活を守る以外に、小林さんが危惧しているのが、文化や芸術活動が停滞するとともに、街の活気が失われていくことです。
小林さんが演奏活動の拠点にしている、東京・浅草。インバウンドの高まりにより、近年は海外から大勢の観光客が訪れる一大観光地でした。しかし、新型コロナの影響で観光客は激減、いまも大打撃を受けています。民間の通信会社による調査によると、浅草雷門周辺における人の流れは、去年のゴールデンウィーク時点で前年比およそ9割減。ことし2月の時点でも、去年の同じ時期と比べてさらに2割ほど人の流れが減っています(データ提供:KDDI株式会社)
小林さんの知り合いの土産物店では売り上げが新型コロナの感染拡大前の3%にまで落ち込み、街の中には閉店を余儀なくされたところもあるといいます。

小林さんたちが前座の演奏を務めたことのある、浅草名物の「浅草サンバカーニバル」も去年に続き、今年も延期が決定。台東区内の大小様々な演奏イベントが中止や延期を決めています。

和太鼓奏者 小林太郎さん
「海外の方からも『浅草で和太鼓をやってみたい』といううれしい声が寄せられていました。
しかし、和太鼓は街に元気がないと人の心に“聞こえてこない”ものです。(浅草のある)台東区はもともと元気がある街です。みんな新型コロナは去年だけで終わると思っていました。いまは街をなんとか活性化させるかにはどうすればいいのか、みんなで考えています。 」


和太鼓で飲食店を活気づけるプロジェクトを開始 ところが2度目の宣言で・・・


飲食店を応援するため電子太鼓の演奏を企画


自分たちの演奏の場を取り戻すためにも、まずは街を活気づけるために何ができるのか考えた小林さん。ことし1月から「商店街応援プロジェクト」として、台東区内の飲食店などを回り、和太鼓を演奏する新しい取り組みを始めることにしました。小さな店舗でも演奏できるように、大がかりな和太鼓の代わりに使うのは、楽器メーカーが新たに発売した「電子和太鼓」。音量の調整ができることから、従来の和太鼓と違って場所を選ばずに演奏することができます。小林さんはこの取り組みを通して、演奏への集客を目的にするのではなく、「演奏する飲食店にお客さんに来てもてらうこと」を目指しました。

しかし年明けすぐ、2度目の緊急事態宣言が出されました。飲食店は営業時間の短縮を求められ、客の足が再び遠のくことになりました。小林さんたちも、当初予定していた飲食店での演奏について、見直しを迫られることになりました。 感染拡大を防ぐための宣言は仕方がないという思いの一方で、国の政策によって振り回されることに小林さんは落胆したと言います。

和太鼓奏者 小林太郎さん
「緊急事態宣言を『出さないつもり』だったのが、数日の間に『出す』ことになって、準備していた取り組みも全てストップをしなければならなくなりました。振り回されるのはもうたくさんだという思いです」


取材から数日後、今度は宣言の延長が発表されました。小林さんから私に送られてきたメールからは、事態がさらに深刻になっていることを物語っていました。

緊急事態宣言の延長は私たちにとってさらなる痛手となりました。
飲食店対象といいながら、公共施設も閉鎖して活動の場所もなくなっております。
また2月のキャンセルや延期が相次いでおります。
20万だか30万だかの支援を頂戴したとしても、イベントをつくって成果があらわれるのは半年先です。これからまた作り直して半年後に同じような状況がきたらと思うとぞっとします。



小林さんが和太鼓を指導する生徒はおよそ100人。しかし、再び和太鼓の練習に参加できるのは30人ほどだといいます。小林さんが率いてきた演奏団体も、半分は活動が停止している状態です。
お話をうかがって思ったのは、緊急事態宣言が解除されたとしても、こうした演奏の担い手がすぐに戻ってこられるのか、すぐにイベントは開催できるのか、ということでした。小林さんは中止になった演奏の立て直しには半年かかると話していましたが、1年後、5年後、10年後・・・文化や芸術をこの先も途絶えさせないために、いま何が必要かを突きつけられる思いがしました。
今後も寄せられた声をこの場で伝えて、当事者の方だけでなく、文化や芸術に触れる皆さんと一緒に考えていきたいと思います。


あなたの身近で起こっている文化・芸術にまつわる課題について、教えてください。
現場で生まれた声を取材し、少しでも多くの人に届けます。
こちらからお寄せください


<あわせて読みたい>
●最近公開された記事
・2回目の緊急事態宣言で 映画・演劇・音楽業界が“緊急の要望”
・国内外のミニシアター関係者が集結 “コロナ禍”を語る「全国コミュニティシネマ会議」

トップ(目次)に戻る
2021年1月18日

2回目の緊急事態宣言で 映画・演劇・音楽業界が“緊急の要望”

今月8日から再発令されている緊急事態宣言。映画館や劇場に対しても営業時間を午後8時までにするよう「働きかけ」が行なわれました。働きかけに応じても、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく措置ではないため、協力金などは支払われません。多くの劇場では夜の公演を延期・中止しており、経営は厳しさを増しているといいます。宣言後の苦しい現実を取材しました。

(取材:クローズアップ現代プラス ディレクター 板橋俊輔)

緊急事態宣言で休演、上映作品の見合わせも・・・

経済産業省での要望書提出の様子 文化庁・財務省や国会議員に対しても要望を伝えた
(写真提供:#WeNeedCulture)

2回目の緊急事態宣言が出されたことを受けて、先週、文化庁・財務省・経済産業省の3つの省庁や、党派を超えた国会議員に対して、緊急の要望書が提出されました。要望書を出したのは、音楽や映画、舞台芸術の関係者がつくったプロジェクト「#WeNeedCulture」です。
「演劇緊急支援プロジェクト」(演劇)、「#SaveOurSpace」(音楽)、「SAVE the CINEMA」(映画)の3団体が、文化芸術復興基金の創設を求めて「#WeNeedCulture」としてまとまりました。

要望書の提出後に開かれた記者会見には、ミニシアターやライブハウスの経営者、DJ・劇団主宰者、映画監督などのプロジェクトメンバーが出席。緊急事態宣言後の各業界の現状について報告しました。

2回目の緊急事態宣言によって、文化芸術は今、どのような事態に直面しているのか。
今回の緊急事態宣言で、映画館や劇場などの施設は営業時間を短縮する「要請」の対象にはなっていません。しかし要請の措置とは別に、営業時間を午後8時までに短縮する「働きかけ」を呼びかける対象となりました。
住民には午後8時以降の不要不急の外出の自粛が要請されていることもあり、多くの劇場では夜の公演を延期や中止にする判断をしています。また映画館ではレイトショーが上演できなくなったり、夜間に営業することの多いライブハウスやナイトクラブは、実質的には休業状態という危機的な事態に直面していると言います。

ミニシアターの支配人・「#WeNeedCulture」メンバー  北條誠人さん
「今回の緊急事態宣言を受けて、午後8時までに上映が終わるようにプログラムを組んでいます。夜8時以降に上映する予定だった作品は、2週間後に公演初日を迎える予定だったのですが、公開を見合わせることになりました。自分の経営するミニシアターの場合、夜8時以降の上映ができなくなり、1日の4分の1(25%)の売り上げが下がると、何らかの支援などがないと事業継続は難しくなると予想しています」


文化芸術の3業界が出した“緊急の要望” 

#WeNeedCultureが提出した緊急要望書

こうした事態を受けて、#WeNeedCultureが今回国に対して提出した“緊急の要望”は大きく4つあります。

1.固定費の一定割合に相当する額の給付など、使途を問わない形での補償
2.中止した公演の費用や時短営業による売上減など、売上の減少に対する補償
3.第三次補正予算に加え、公費を支出する形での「文化芸術復興基金」の創設
4.持続化給付金に代えて、より煩雑な手続きを伴わない給付金を支給
(「第二次緊急事態宣言に対する緊急要望」 #WeNeedCultureより)

4つの項目で強く要望したのは、「補償」です。劇場や映画館、ライブハウスを運営する人だけでなく、フリーランスで活動する俳優や技術スタッフなど・・・いま苦境に立つ文化芸術の関係者が自由に使える、資金面での支援を求めたのです。
去年、文化庁は「文化芸術活動の継続支援事業」により、文化芸術に携わる団体・個人に対して500億円の予算をつけた支援を行いました。しかし、支援は「給付」という形ではなく、新たな活動を始めることに対しての助成や補助であったことなどから、多くの関係者からは決して満足のいくものではなかったという声が聞かれました。
(文化庁の支援事業については、こちらの記事で詳しく説明をしています)

1度目に続き、2度目の緊急事態宣言を受けて、新しい事業などに取り組む資金力をもつのが厳しい中、3つの業界としては目の前の苦境を乗り切るための、柔軟に使える補償や給付が必要だと訴えました。

ライブハウスを運営・「#WeNeedCulture」メンバー  加藤梅造さん
「去年4月は緊急の融資を受けたり、クラウドファンディングをしたりして乗り切ったところもあれば、やむなく閉店した劇場やライブハウスもありました。去年の秋ごろからようやく客足が戻ってきたところで、今回の2回目の宣言が出ました。前回の宣言以上に大きな打撃になるのではないかと危惧しています。
医療体制を維持するためにも「緊急事態宣言」に従う必要はあると思っています。ただ、営業を止めるのと補償はセットで考えてくれないと存続が難しいため、そこを強く要望しました」


年末年始に実施されたアンケート 関係者にのしかかる「精神的な負担」

アンケートは2020年12月31日から2021年1月7日まで実施 5378人が回答した

今回、要望書とあわせて提出されたのが、文化芸術に携わる人を対象にしたアンケートです。この調査は、30以上の団体が参加する「演劇緊急支援プロジェクト」がこの年末年始にかけて集計したもので、5378人が回答しました。 新型コロナの影響による活動の自粛が始まって10か月が経ち、いまの経済状況や公的な支援への申し込み状況など、文化芸術に携わる人たちの実態がアンケートから見えてきました。

例えば、「コロナ自粛から、現在の収入は変わりましたか?」(概算払いは除く)という質問に対しては5322件の回答が集まり、「50%以下」が39.1%、「無収入」が5.4%と答え、4割以上の人が収入が半減、あるいは無収入になったと回答しました。(「コロナ前と変わらない」は12.4%)

また、「1月以降の収入は、どのぐらいになりそうですか?」という問いに対しては、「50%以下」が31.3%、「75%以下」が25.6% 、「無収入」が10.4%と、7割近くの人が収入が半分以下に下がる見込みと答えました。(「コロナ前と変わらない」は9.6%、「わからない」は23.0%)

また、アンケートの中には「いまの状況で思うこと」など心の状況を問う設問もありました。例えば「ストレスをどれくらい感じていますか?」という質問には、9割以上の人が「かなり」「少し」感じているという結果が出たほか、「コロナ禍で死にたいと思うことはありますか」という設問には、3割以上の人が「ある」と回答
活動を制限される中で、多くの人が精神的な負担や悩みを抱えていることがわかりました。
(アンケートの結果については、こちらのページでもお伝えしています)


「歯をくいしばりながら」にも限界 存続のための補償を

#WeNeedCultureのメンバー(写真提供:#WeNeedCulture)

こうした声や要望を省庁や政治家に届けたところ、苦境を理解しながらも「文化芸術に携わる人たちにも歯を食いしばってほしい」と語る省庁の担当者もいたと言います。
「すでに誰もが歯を食いしばっていることを理解してもらいたい」――会見に参加した関係者は切実に呼びかけていました。#WeNeedCultureでは提出した要望書の回答を待ちながら、今週から始まる通常国会でも文化芸術の窮状や支援について取り上げてもらうことを望んでいると言います。

弁護士・「#WeNeedCulture」メンバー  馬奈木厳太郎さん
「文化芸術に携わる人は『儲けさせてほしい』と言っているわけではありません。それぞれの活動を存続させるために、補償が必要だということを省庁や政治家の方々にわかってほしいと思っています。そのためには、国やメディアの協力が必要です。引き続き、働きかけをしていきたいと思います」





あなたの身近で起こっている文化・芸術にまつわる課題について、教えてください。
現場で生まれた声を取材し、少しでも多くの人に届けます。


【あわせて読む】
- 国内外のミニシアター関係者が集結 “コロナ禍”を語る「全国コミュニティシネマ会議」
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《前編》
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《後編》

記事への感想は下の「コメントする」からお寄せ下さい
2020年12月18日

国内外のミニシアター関係者が集結 “コロナ禍”を語る「全国コミュニティシネマ会議」

今月16日、「全国コミュニティシネマ会議」が開かれました。
国内外のミニシアターや映画館、映画を上映する団体などの情報交換やディスカッションの場として、1996年から毎年開催されてきたこのイベント。今年のテーマは「コロナ禍とミニシアター」。全国の映画関係者が報告したミニシアターの置かれた現状、そして新型コロナの影響を機に起きた変化を報告しました。新型コロナの影響で かつてないほどの打撃を受けた映画界。報告された内容をリポートします。

(取材:クローズアップ現代プラス ディレクター 板橋俊輔)

全国のミニシアターが近況を報告

会場は渋谷のライブホール 会場には人数制限が設けられ、イベントはオンラインでも配信された

ミニシアターの全国団体であるコミュニティシネマセンターが毎年開催し、20年以上の歴史を持つ「全国コミュニティシネマ会議」。今年は新型コロナの影響もあり、会場となった渋谷のライブホールには限られた人数だけが参加し、多くの人はオンラインで参加しました。参加者はオンラインの参加者も合わせて500人。ミニシアターや映画祭などの上映関係者や制作・配給者を中心に、学生なども参加しました。


コミュニティシネマセンターが全国のミニシアターを対象に行ったアンケート 32館が回答した

イベントの冒頭では、今年集計した全国のミニシアターへのアンケートの結果が発表されました。約7割の映画館で観客動員数が3~5割近く減ったことや、国からの支援をどれだけ受けたかなど…この1年、ミニシアターが置かれた“苦境”がデータによって語られました。
アンケートの自由記述の中には、民間有志によるミニシアター支援のクラウドファンディングへの感謝や、行政による支援の少なさを疑問視する声、劇場スタッフの雇用を打ち止めにせざるをえなかったという声も寄せられたと言います。


コロナ禍のミニシアター経営 資金繰りや感染対策は?

歴史ある老舗から数年前に開館した新しいミニシアターまで、それぞれの“コロナ禍”を振り返る

半日にわたり行われるプログラムのメインイベントは、国内の映画館や映画上映者による現状の報告です。今年は北海道から沖縄まで、21の映画館や団体が登壇しました。 発表の中で多かったのは、新型コロナの影響による「資金繰り」「感染対策」の取り組み。

以前の記事でお伝えしたように、ミニシアターの経営は新型コロナの影響を受ける前から、決して余裕があるわけではありません。また、新型コロナの影響で休館を余儀なくされても、保証期間が切れる上映機材への設備投資など、資金繰りが必要な所も少なくありません。
多くのミニシアターが観客動員数を前年より落とす中、どのように資金を確保したのか。いくつかの報告事例をご紹介します。

劇場応援Tシャツの販売  元町映画館(神戸)
一番人数が落ち込んだ時には、1日10名程度の観客しか来なかったという元町映画館。 目下の運転資金を確保するため、関西のミニシアター13館で連携して「劇場応援Tシャツ」を制作しました。販売に際して映画関係者に応援のコメントを寄せてもらうなど認知を広げ、「映画館には行けないけど、ミニシアターの応援をしたい」と思う人たちから注文が殺到。Tシャツ販売と同時に寄付も5000口集まるなど大きなうねりとなり、最終的に1館あたり約280万円の支援につながったと言います。


金沢のミニシアター「シネモンド」の報告

映画館独自のクラウドファンディング シネモンド(金沢)
映画館独自でクラウドファンディングを立ち上げた例も報告されました。金沢市のミニシアター「シネモンド」では、経済産業省や文化庁など国や自治体、そして金融機関からの特別貸付などを受けながら、独自のクラウドファンディングを始めました。きっかけとなったのは感染者が拡大した4月、開館して22年で初の休館を迎えたことでした。休館が続くと閉館にもつながりかねない中、“映画館の暗闇”をなくさないための支援を呼びかけました。
結果として860万円の支援を受けて劇場は存続、運営を支えるスタッフにもこれまで通りの給料を支払うことができたといいます。



混雑緩和やスタッフとの接触を減らすのに有効なオンライン予約による発券機 (写真提供:シネマ・ジャック&ベティ)

そして、報告の中で取り上げられたもう1つのトピックが「感染対策」です。今では当たり前になった入場前のアルコールによる消毒や検温以外にも、映画館によってさまざまな工夫を凝らしていることが紹介されました。

例えば、換気の良さをアピールするという事例も。映画館や劇場などの施設は「興行場法」という法律が適用されます。施設運営のために都道府県の条例で定める換気基準などに従うことなどが定められており、新鮮な外気を供給することなどが義務づけられています。こうした厳しい規定のもと運営されている映画館だからこそ、その換気の良さをアピールしようというのです。

また、スタッフとのやりとりや混雑を減らすため、最新の発券機を導入する事例も報告されました。横浜市の映画館では、文化庁の支援事業を活用して約100万円の初期費用をかけて、キャッシュレス決済やオンラインでのチケット予約と発券が行える機材をリース。劇場に足を再び運んでもらうため、苦しい資金繰りの中でも新しい機材を導入する例が紹介されました。


ロックダウンによる映画館閉館、バーチャルシネマ… 海外の映画業界はいま

アメリカの映画事情に詳しい増渕愛子さんがニューヨークの映画界について報告

イベントの中ではアメリカ、フランス、そして韓国のアートシネマ(芸術映画)界の現状も報告されました。

アートシネマの劇場が集まる、アメリカ・ニューヨーク。新型コロナの影響は今も続いており、いまだに閉館が続く映画館が多い中、“バーチャルシネマ”と呼ばれるオンラインでの配信が進んだと言います。
ただオンラインで配信していつでも見られるようにするのではなく、映画館のように決まった時間にしか見られないようなユニークなオンライン上の視聴体験を提供する団体や、これまで劇場では上映する機会がなかったという短編の作品をオンラインでなら配信できると踏み切った団体など、新型コロナをきっかけに新しい試みに挑戦する所もあると言います。

一方、映画館のスクリーン数が日本の1.7倍、約6000あるという“映画大国”・フランス。2度にわたるロックダウンによって映画館の再開と閉館が繰り返され、今もまた閉館を余儀なくされている厳しい状況が報告されました。フランス文化の発信をする機関「アンスティチュ・フランセ日本」で映画を担当する坂本安美さんによれば、4月には、映画業界の著名人200人が声をあげて公開状を発表。マクロン大統領に窮状を直接訴えるなどして、具体的な対策を要求しました。ロックダウンが解除された後も客足がなかなか戻らず、現場の危機感は強いと言います。


韓国芸術映画館協会の報告は国からの支援について言及 報告の最後には日本映画関係者へのエールも

韓国でも、観客数・売り上げの減少が顕著でした。少ない映画館で観客数は50%減、多いところで約90%、前年に比べて落ち込んでいると言います。韓国では、国からいくつかの支援が行われ、映画館での鑑賞が6000ウォン(約560円)割引きで見られるようになったほか、感染防止対策を進めるため検温カメラなども映画館に導入されたと言います。

海外の現状を聞くと、日本のミニシアターと同じく、決して事態は予断を許さないことがわかりました。会場にいた映画関係者も、各国の発表を聞きながら厳しい表情を浮かべていたのが印象的でした。


コロナで再確認したミニシアターのあり方 街中に映画館がある意味とは

映画館の体験を子どものころからしてもらうツアーを企画するミニシアターも

ミニシアター界は、このまま先行きが見えないままなのか――
イベントが始まる前に感じていた思いとは裏腹に、各ミニシアターの報告は決して後ろ向きで終わるものではありませんでした。登壇したミニシアターの館長の多くは、報告の中で「新型コロナを機にミニシアターのあり方を改めて考え直すことになった」と話していました。

神戸にある「元町映画館」支配人の林未来さんは、ミニシアターが映画を「商品」として扱う場ではなく、「文化」を守る場だということを、突きつけられたと言います。そのとき、文化としてミニシアターがある場合、街の文化施設としてどう根付くか、また文化だからこそ自然と守られていく姿を目指していく必要があると語りました。そのため、林さんたちの映画館では「街に映画館は必要なのか」というテーマでトークイベントを開催するなど、街に住む人とともに映画館をどうしていくかを考えていこうとしています。

また、金沢の「シネモンド」代表の土肥悦子さんは、コロナ禍のミニシアターに支援を寄せてくれた人たちが、なぜ支援をしてくれたのかを考えたと言います。支援をしてくれた人の全員が全員、コロナの前からミニシアターに足しげく通っていたわけではありません。ただ、今回支援しようと思ってくれたのは、映画館で過ごした経験があったからだと土肥さんは考えています。映画館の暗闇の中で作品を見たこと――その体験が、危機に陥ったミニシアターへの思いにつながったと言うのです。土肥さんはこのような体験を子どもの時から体験してほしいと、いま“ミニシアターツアー”を企画しています。子どもと俳優のワークショップなど、映画館で過ごした時間や体験を心に残してほしいと言います。


ことしは新型コロナの影響により、一時は全国コミュニティシネマ会議の開催が危ぶまれていました。しかし、イベントを主催した一般社団法人コミュニティシネマセンターはこうした事態だからこそ、お互いの意見や報告を共有する場が大切だと言います。

コミュニティシネマセンター 事務局長 岩崎ゆう子さん
「映画上映の関係者の気持ちも、不安を抱えながらも、少しは先のことを考えられるぐらいに落ち着いてきたところで『やはり、コミュニティシネマ会議の開催し、上映者同志が話し合える場をつくりたい。上映者の現在を、上映者自身の言葉で伝える場をつくりたい』と考えるようになりました。コロナの感染者増が続き、また、不安が高まっている時期の開催となってしまいましたが、全国の上映者が集まり、ミニシアター支援を続けこられた、ミニシアターを大切に思ってくださる方々と共に、コミュニティシネマ会議を開催することができて、本当によかったと思います」


劇場版「鬼滅の刃」が社会現象になるほどの大ヒットを記録する映画業界。しかし、イベントを通じて、映画業界全体、特にミニシアターの置かれている現状はまだ決して楽観視できるものではないと感じました。一方で、新型コロナを機にミニシアターのことを見つめ直すきっかけとなった人が多かったのがとても印象的でした。“文化の場”としてのミニシアター、そのあり方の模索は新型コロナを機に加速しているように思いました。




あなたの身近で起こっている文化・芸術にまつわる課題について、教えてください。
現場で生まれた声を取材し、少しでも多くの人に届けます。


【あわせて読む】
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《前編》
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《後編》
- 新作「ばるぼら」公開 手塚 眞監督 等身大の“ヴィジュアリスト”

記事への感想は下の「コメントする」からお寄せ下さい
クロ現+
2020年11月27日

“表現者” 岩井俊二 故・大林宣彦監督のメッセージを受けとって

10月に放送したクローズアップ現代プラス「“未来を変える力”を問いかけられて~大林宣彦からの遺言~」。故・大林監督から思いを託された4人の映画監督たちを取材しました。その中で大林さんから「表現者として死ぬ気だな」という言葉を残されたのが、岩井俊二監督(57)です。
岩井さんは大林さんのメッセージをどのように受け止めたのかー
そして表現者・岩井俊二の映画への思いとはー
番組で紹介しきれなかった、岩井さんと大林さんの知られざるストーリーです。

(取材:報道局映像センター取材グループ 川﨑敬也カメラマン)

本に掲載された 大林宣彦から岩井俊二へのメッセージ

岩井俊二監督のこれまでの活動を記録した本が出版された

11月26日に出版された「岩井俊二  『Love Letter』から『ラストレター』、そして『チィファの手紙』へ」(夏目深雪 著/河出書房新社)。映画監督・岩井俊二さんの30年の軌跡をたどるロングインタビューやエッセイに加えて、豊川悦司さん、中山美穂さん、行定勲監督など、岩井監督ゆかりの映画人のインタビューなどが収録されています。アメリカ、韓国、中国でも映画を撮るなど、世界を舞台に活動してきた岩井さん。日本では映画監督としてなじみ深いですが、小説家や音楽家としての幅広い活動についても詳しく触れられています。

本の中には、「大林宣彦 岩井俊二くんとの約束」と題した特別寄稿があります。掲載されているのは、今年4月に亡くなった映画監督・大林宣彦さんが岩井さんに送ったメッセージです。
このメッセージは私たちが去年、大林監督を取材中に、カメラに向かって語り残したものでした。


岩井 俊二
小説家 音楽家 映画監督
1963年1月24日 宮城県仙台市生まれ
ミュージックビデオ、テレビドラマで数々の作品を手掛けた後 『Love Letter』(1995年)で長編映画デビュー

“最後の帰郷”の中で大林監督が語ったメッセージ

2017年の夏以降、私は大林宣彦さんの取材を3年近く続けてきました。
肺がんステージ4で余命宣告を受けながらも、最後の最後まで戦争と命をテーマに映画を撮り続けた大林さん。かつて、黒澤明監督から「映画の力で世界から戦争をなくす」というバトンを託され、ことし4月に亡くなる直前、4人の映画監督――岩井俊二さん、手塚眞さん、犬童一心さん、塚本晋也さんの名前を枕元で呼び、映画人としての信念を託しました。
そのことがきっかけで、私は岩井さんに取材をさせてもらうことになりました。


大林 宣彦(1938-2020)
映画監督
「尾道3部作」など数々の名作を生み出し “映像の魔術師”と呼ばれた
生涯で44本の映画を世に送り出す

岩井さんに初めてお会いしたのは、今年8月のこと。私は岩井さんに、直接聞きたいことがありました。それは大林監督が亡くなる5か月前、広島・尾道への帰郷に同行した際、車中でふと岩井さんの名前を呼び、問わず語りで私に語り遺した言葉があったからでした。

去年11月下旬、最新作を携えて広島国際映画祭に参加し、その帰路、故郷の尾道に寄ることを決めた大林監督。広島に向かうその前日、「一緒に来ませんか」と私に声をかけてくれました。

新幹線の駅に向かう車中でのこと。大林監督が「俺はバカなトラだった」と、ふいに人生を総括するような言葉をひとつ、またひとつと問わず語りで語り始めました。
自戒の念ともとれるような監督の言葉にひたすら耳を傾けていたところ、大林監督がふいに私にたずねました。

大林 宣彦 監督
「いま、撮っていないね。もう2度と同じことは言えないけど大丈夫?」

大林監督の体調を考慮して、道中は撮影しないと決めていた私は、急いで撮影の準備をしました。そしてカメラを向けると、監督は絞り出すように再びその続きを語り始めました。その中で語り始めたのが、岩井さんへのメッセージだったのです。

大林 宣彦 監督
「いつでも自分が一番いいと信じることをやるのが僕たち表現者の責務であります。岩井俊二は表現者として死ぬ気だな。表現で過去は変えられないが、未来は変えられるんじゃないか。未来を作る人間の可能性を信じ切ってみせますよ。岩井俊二くん」

語り終えると監督は安心したようにゆっくりと目を閉じました。東京に戻った後、大林監督はメディアへの出演や新聞の連載もほぼ休止し、公の場に姿を見せることはほとんどありませんでした。


大林監督のメッセージを携えて


大林監督から岩井監督へのメッセージは8分40秒に及んだ

なぜ、大林監督は岩井さんの名前を呼んだのか――
大林監督が亡くなった後、私は岩井さんへの取材を試みました。8月上旬、大林監督が岩井さんへの“メッセージ”を語った、8分40秒の映像を見てもらいました。

大林監督のメッセージ
「いつでも自分が一番いいと信じることをやるのが表現者の責務であります。同じ言葉を岩井俊二が一冊の本とともに残しました。岩井俊二が、紙の時代になって、僕はもう忘れませんと。こいつ死ぬ気だな。岩井俊二は表現者として死ぬ気だな・・・」

揺れる車中で背もたれにやっとのことで身を委ねながら、岩井さんの名前を何度も呼んでいた大林監督の映像。岩井さんは、とても真剣な眼差しでその姿を見つめていました。 VTRの再生が終わったあと、しばらく岩井さんは口をつぐんでいました。

岩井 俊二 監督
「これはミステリーですね」

ようやく重い口をひらいた岩井さん。

岩井 俊二 監督
「なんだろう。(大林監督は)何について語られていたのか・・・。岩井俊二っていう登場人物を登場させて語られた物語のようなことなのかなと思いながら。『こいつ死ぬ気だな』なんて言葉があるのでちょっとどっきりします。半分、中原中也の詩のような。なんですかね、『紙の時代』って何を指すんですかね。なかなか簡単に解けない謎ですね・・・」



大林監督が何を伝えようとしたのか、今となってはその真意を聞くことは誰にもできません。
大林監督がこの言葉を発するまでに、岩井さんと大林さんの間で何かやりとりがあったのか、たずねました。

岩井 俊二 監督
「うーん、何か僕が書いた小説を読まれたんでしょうかね。でもこれはどういうシチュエーションでお話されたのか。聞いている限りだと、詩ですよね。吟遊詩人の語る詩そのものというか。圧倒されて、ちょっと驚いています。その詩の中に自分の名前が出てくるので、なおさら」

「表現者として死ぬ気だな」という大林監督の言葉。
岩井さんはどう受け止めたのか、思い切ってたずねてみました。

岩井 俊二 監督
「『表現者として死んでいこう』とは思っていないですけど、表現者として生きたいなっていう思いは、若いころからずっと持っていて、道半ばで今はいる感じなんです。でも、そんなに決然とではなくて、割とぼんやりしてるほうなので、死ぬ気とか、自分があまりなったことがないので、ちょっとびっくりな感じはします。
生と死っていうのは非常に自分の中で大きな創作のテーマではあって、今までもずっと、それがあったから創作に自分は向かったのかなという気がするくらい、『命とは』ということはあるんだと思います」

“生と死”という踏み込んだテーマについて、大林監督と深く話をする機会はなかったという岩井さん。大林さんが遺したメッセージについて深く考え続け、インタビューは気がつくと2時間を超えようとしていました。

岩井 俊二 監督
「大林さんの中で、僕が登場人物の1人になって.キャスティングされてたのかなって。でも想像したり推理したりするには手立てが無いものと向かい合ってしまったという感じです。
ずっと、これは一体何なんだろうと思い続けるんでしょうけど。でも、すごい宝物のような言葉をいただいて、それは本当に胸が熱くなりますね。大林さんから受け取ったメッセージはゆっくり時間をかけて、ずっと肌身離さず、持っていたい気がしますね」



大林監督のメッセージを携えて

 
岩井さんの“音楽活動”の取材が許された(動画が再生されます)

次に岩井さんに会ったのは9月上旬。この日、私たちは岩井さんからある提案受けました。
岩井さんを中心に結成されたアコースティックトリオユニット「ikire」のレコーディングに、よかったら来てみませんかと声をかけてもらったのです。

実は岩井さんは、北京や上海など各地で自らのバンドでコンサートを開くなど、映画制作と共に音楽活動にも力を注いできました。

“中国や韓国だと、映画も撮るけど小説を書いたり音楽をやったりするマルチクリエイターの人っていうことで認知されているんです。日本だともう少し縦割りというか、僕はもっぱら映画監督として認知されていて、僕が小説書いたり音楽やったり、漫画描いたり絵を描いたりもするっていうことを、知っている人の方が少ない”
「岩井俊二 『Love Letter』から『ラストレター』、そして『チィファの手紙』へ」
(夏目深雪 著/河出書房新社)

岩井さんは、『チィファの手紙』(2018年)、『花とアリス殺人事件』(2015年)、『市川崑物語』(2006年)、『四月物語』(1998年)など・・・1990年代後半以降、数多くの作品で映画音楽も手がけてきました。さらに、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)や『スワロウテイル』(1996年)など多くの作品で、音楽そのものが岩井作品にとって欠かせない存在を果たしてきました。

「ikire」のメンバーに話を聞くと、岩井さんは思いもよらない発想で楽曲の構成を組み替えたり、新たなアイデアを付け加えたり、曲を新しく生まれ変わらせる「魔法使い」なのだといいます。

独学でピアノを始めたという岩井さん

この日、岩井さんは“音楽家・岩井俊二”を特集するラジオ番組の収録のために、ピアノを弾いていました。何度も同じフレーズを練習する岩井さんを見ていて、私が思い返したのは大林監督の姿でした。

大林映画は“ピアノ映画”と呼ばれるほど、作品の中に必ずピアノが登場しました。大林さん自身もピアノの演奏が上手で、映画の中でピアノを弾くシーンで役者がうまく弾けない場合には、代わりに弾いたほどでした。ロケ先でもピアノを見つけると、一時ロケのことなど忘れたかのように一心不乱に鍵盤を奏でていた姿が、大林監督の取材をしていた中で、私の記憶にも強く残っていました。

実は岩井さんが初めて大林さんの作品に触れたのは、映画ではなく音楽でした。 子どものころに見た映画の音楽を大林さんが作曲を手がけていたのです。
そのメロディーは今でも、耳に残っていると言います。

岩井 俊二 監督
「大林さんとの出会いが(金田一耕助シリーズの)『本陣殺人事件』という、高林陽一監督の映画だったんです。中学時代ですかね、ミニシアターで見て、すごい好きだったんです」

大林監督も小説や漫画も描き、ピアノを演奏し、作曲にも取り組んでいました。小説家になるか、音楽家になるか、映画監督になるか――沢山の選択肢があったと語っていました。
岩井さんも学生時代、小説、油絵、映画、漫画と4つの選択肢があったと新たに出版された本の中でも語っています。この日、ピアノを奏でる岩井さんの姿を見ていて、私はふたりの間に多くの共通点があることに気づきました。


音楽活動の中でも・・・

大林監督が岩井さんの小説『ラストレター』を手にした写真

レコーディングの合間、岩井さんが1枚の写真を見せてくれました。それは大林監督が岩井さんの小説『ラストレター』を手にやさしく微笑んでいる写真でした。写真は去年の秋頃に撮影したもので、大林監督から岩井さんに送ってほしいと頼まれていたのだといいます。

岩井 俊二 監督
「大林さんは恐らく、私の『ラストレター』を読まれて、あのような言葉を遺したのかなと自分の中では理解しています。この写真もたまたま映像を見たあとに、偶然娘さんから送られてきて、この写真が出てきたんで送ります、と」

映像の中で大林監督が語っていた『1冊の本』というのは『ラストレター』のことだったに違いない――
岩井さんはメッセージを受け取ってから3週間、大林監督が遺した言葉について考え続けてきたといいます。

岩井 俊二 監督
「あのメッセージでは、大林さんの語る現代詩のような言葉が紡がれていたと思うんですけど、その中のモチーフとして自分が混ざり込んでいたことの衝撃は大きいです。大林さんがいろいろなモチーフを手づかみで集めて、言葉の中に練り上げていった世界の中に、自分の名前が混ざり込んでいたこと自体が驚きでしたし、もちろん光栄ですしね。自分も何かあの瞬間だけ大林作品の一員になれたような感じすらしました。
いつも大林作品を外から見ていたんですけど、その中に紛れ込んでいた、時空を超えて紛れ込んでたような感じで、不思議な感覚になりました」

私は改めて、大林監督が残したメッセージについて、何を思うかをたずねました。

岩井 俊二 監督
「モノを作る人たちは孤独に、ひたむきに作っていると思うんです。ただ、大林さんが語る自分(※岩井さん)を見ると、例えば自分がそういう年齢になった時に何か後を引き継いで、つないでいってくれる若い人たちに、特別な思いを感じたりするのかなって。
今は自分の作品を作りたいという思いが圧倒的に強いですけど、どの映画監督も人生、寿命には限度があります。逆に言うと、それが映画監督の業というか。自分が作った作品は永遠に残るものでしょうし、でも作った作品はどこか自分の中でもう別れたものでもあって、やっぱり次の作品に出会いたい。
だから新作を作りたいし、でもそれに終わりが来る時に、自分がこの世からいなくなっても、誰かの作品に出会いたい、誰か下の若い世代の作品に出会いたいという思いに駆られるのかもしれないですね。僕はまだまだですけど、いずれ同じような年齢を迎えたら、そんな事を考えるんだろうかと思いました。
なかなか、答えは自分の中でまだ全然見出せてない状態ですけど、あの映像の感想は、ある衝撃をもって自分の中に残ったものって宝物だと思います。時々思い出しながら、かみしめながら、映画を作っていくのかなと思いますね」



岩井 俊二 監督
「僕は大林監督から多大な影響を受けて勝手に近しいものを感じていて、たくさん学ばせてもらって、今があると思います。映画って決してゼロから生まれるものじゃなくて、古今東西の映画もそうだと思うんですけど、ほとんどの作品はいろんな先達の人たちの表現をヒントに、そこからまた広がっていくイメージの中で、『いま』という時代との間で生まれてくるものだと思います。それは大きな流れというか、大樹のようなものの中に、大林さんも僕もどこかにいるという気はします。
なので、作品同士がつながっていたり、僕が共鳴していたりだと思うんです。それをご覧になって、息子のように思ってくださっていたのかしれないですし、微笑ましく見ていていただけたのかもしれない。お互いフイルムメーカーなので、作品が一番多くを物語ると思います。
大林さんは非常にキャラの濃い方でしたけど、大林宣彦という監督の作品が大林宣彦だったんでしょうし、ここにいる僕という存在よりも、僕が作った作品が多くの人にとっては岩井俊二というものなんでしょうから。その作品同士がこう、お互いの気づかない間におしゃべりしてるのかもしれないですよね。作品同士がお互いに、またフイルムメーカーに次のものを作らせていくみたいな。そういう見えないコミュニケーションがあるのかもしれないですね」


新型コロナの影響が続く中で 映画を撮るということ



岩井さんはこの夏、新作映画『8日で死んだ怪獣の12日の物語』を公開しました。新型コロナウイルスの影響が広がる中、全編リモートで撮影した作品です。コロナ禍で映画を撮ることの難しさについて聞くと、「今までと同じように映画を作ることはできないのではないか」と本音を語ってくれました。

もし撮影現場で感染者が出たら、誰がその責任を負うのか。撮影に穴が空いたら、誰が担保するのか。責任は誰も負えないし、保険が効くわけでもありません。だから今までと同じようなやり方では映画が撮れないと、映画界がおかれた厳しさを率直に話してくれました。

しかし後日、岩井さんとお会いすると、「むしろこういう時代だからこそ、その撮り方も含めて、色々なアイデアが浮かんでくる」とも語ってくれました。

岩井 俊二 監督
「2020年の対策で言うと、どうしてもいろいろなアイデアが必要なので、考えている時間は多いです。『こういうふうにしたらうまくいくんじゃないか』とか、『こういうプロジェクトにしたらこうなるんじゃないか』とか。
普通の映画制作がちょっといま止まっているので、脚本にしたり、小説を書いたりして、来たるべき時期を待っている作品たちが片方であって、その間の時間をどう有効に過ごそうかなっていうところで、いろんな小さなプロジェクトをちょっと考えたりしています」


「“表現者”の本質的な部分を理解するきっかけにしてもらえたら」と、レコーディングの現場にも招いてくれた岩井さん。
枠にとらわれない表現の多彩さや、その探究心を感じずにはいられませんでした。

新型コロナの感染拡大が続く中でも「映画が撮れないことを言い訳にしない」――
“転んでもただでは起きない”ような、その柔軟性と映画への思いの強さを、取材の中で感じずにはいられませんでした。表現者・岩井俊二がこれから何を描くのか――そのまなざしの先にあるものをこれからも見つめていきたいと思います。




あなたの身近で起こっている文化・芸術にまつわる課題について、教えてください。
現場で生まれた声を取材し、少しでも多くの人に届けます。


【あわせて読む】
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《前編》
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《後編》
- 新作「ばるぼら」公開 手塚 眞監督 等身大の“ヴィジュアリスト”

記事への感想は下の「コメントする」からお寄せ下さい
クロ現+
2020年11月20日

新作「ばるぼら」公開 手塚 眞監督 等身大の“ヴィジュアリスト”

映画監督・手塚眞さんの最新作「ばるぼら」が今月20日、公開されました。 稲垣吾郎さん・二階堂ふみさんが主演し、父・手塚治虫の禁断の問題作を初めて映画化した作品です。

私たちは、ことし4月に亡くなった大林宣彦監督の番組をきっかけに手塚眞さんと出会い、取材を続けてきました。その一部は、先月(10月)のクローズアップ現代プラス「“未来を変える力”を問いかけられて~大林宣彦からの遺言~」で放送しましたが、番組でお伝えしきれなかったインタビューから、新型コロナの影響が続く中でも映画と向き合い続ける“ヴィジュアリスト・手塚眞”の思いをご紹介します。
(取材:報道局映像センター取材グループ 川﨑敬也カメラマン)

最新作「ばるぼら」 いまこの映画が持つ意味

手塚眞監督の最新作「ばるぼら」

今週火曜日、日本外国特派員協会で手塚眞監督の最新作『ばるぼら』の試写会と記者会見が行われました。
『ばるぼら』は”映像化不可能”と言われていた手塚治虫の原作を、その息子・手塚眞監督が初めて映画化したものです。異常性欲に悩まされる小説家を演じるのは稲垣吾郎さん。そして自堕落な生活を送る謎の女“ばるぼら”を二階堂ふみさんが演じ、甘美で退廃的な異世界に臨みました。

ストーリーは、謎の少女に出会った主人公の作家が、小説家としての悩みを抱えながら成功し名声を得ますが、やがてそれを失い、破滅を迎えるというものです。手塚さんがこの映画を制作していたのは新型コロナの影響が出る前でした。その後世界が大きく変わりゆく中で、わたしは作品で描かれた「破滅」以上に、その先に訪れるかもしれない「再生」への希望を感じずにはいられませんでした。

試写会後の記者会見。わたしは手塚監督に、新型コロナの影響で先の見えない今の時代に、この映画を上映することへの思いについて聞きました。


日本外国特派員協会で行われた手塚監督の記者会見

手塚 眞 監督
「この映画を最初に考えたときに、これは“関係性”の映画であると考えました。関係性というのは例えば『人間同士』ということもあれば、『人間と街』『人間とその行い』といった関係です。その関係性の中で、今回自分が一番表現したかった部分は“エロティシズム”です。

つまり、ふたりの人物が直接肌を触れ合う。肌と肌で接し合うような関係性です。それは言葉や理屈を越えた「人間の関係性」だというふうに考えています。図らずもいま新型コロナの影響によって、世界中でそういう関係性が崩れていっています。人間同士が直接触れ合うということが非常に困難な時代になりつつありますが、だからこそ、その「関係性は大事なんだ」という思いは、持ち続けていたいと思っています。

そしてこの映画を作った理由のひとつには、今、すべてがデジタル化されてしまっていて、コンピユータやネットワークを通じて人と会うことが、どんどん進んでいることです。こういう現状に対して、ささやかな抵抗をしたいと思ったからです」

新型コロナの影響が続く中、手塚さんがこの映画を通じて伝えようとしているメッセージは、時代の中で重要性を増しているように感じました。


手塚監督との出会い きっかけは大林宣彦監督

手塚 眞
ヴィジュアリスト/映画監督
高校時代から映画制作をはじめ、ぴあフィルムフェスティバルほか数々のコンクールで受賞
1985年『星くず兄弟の伝説』で商業映画監督デビュー

手塚さんに初めてお会いしたのは6月下旬。都内にあるオフィスを訪れました。新型コロナウイルスの影響が続く中、直接会う時間を作って頂いたことに感謝の気持ちを伝えたところ、手塚監督はこう答えました。

「クリエイティブなことというのは直接会わないとできないことが多いんですよね。だからまずは直接会ってお話したいと思いました」

わたしは元々、今年亡くなった映画作家の大林宣彦さん(享年82歳)の取材を3年近く続けていました。大林さんはがんで余命宣告を受けながらも、最期まで「戦争と命」をテーマに映画を撮り続けましたが、かつて黒澤明監督から託された「映画の力で世界から戦争をなくす」というバトンを、亡くなる直前に4人の映画監督に託していました。その4人とは岩井俊二さん、犬童一心さん、塚本晋也さん、そして手塚眞さんです。

手塚さんに大林監督から “映画のバトン”を託されたことについてたずねると、とても謙虚な答えが返ってきました。

手塚 眞 監督
「やっぱり恐縮でしたね。もっと頑張っている仲間もたくさんいるわけですし、大林さんからもっと励ましの言葉をもらいたかった仲間もいっぱいいるはずなんです。
光栄ですけども、その言葉に負けないように、また自分がそこで変に間違わないようにやってこうと思っています。4人の映画監督は1人1人、表現者としてはバラバラです。みんな同世代ですし、昔からのお付き合いのある、ある意味ではよく知ってる4人ですから、何となくお互いの思いとか気持ちもわからなくはないんですが、4人とも自分なりに独学で映画を作り始めて、そのままプロになった人たちです」


“ブランク・ジェネレーション(空白の世代)”と呼ばれて

大林 宣彦(1938-2020)
映画監督
「尾道3部作」など数々の名作を生み出し “映像の魔術師”と呼ばれた
生涯で44本の映画を世に送り出す

手塚監督たちに思いを託した大林監督は、映画会社に属すことなく、自らを“生涯アマチュアの映画作家”と呼び「尾道3部作」など数々の名作を生み出しました。“映像の魔術師”とも呼ばれ、若い世代の映画監督達に多大な影響を及ぼしてきました。自分のことを「映画監督」ではなく「ヴィジュアリスト」と呼んでいる手塚さんも、“大林チルドレン”のひとりです。実はこの世代はあるコンプレックスを抱いていたといいます。

手塚 眞 監督
「自分を含め“大林チルドレン”と呼ばれる1980年代にデビューした世代の映画監督たちは、“何もない世代=ブランク・ジェネレーション”と呼ばれていたんです。
『君たちの世代はとにかくテーマを持ってないね』とか『描くべき言葉を持ってないね』ということをさんざん言われたんですよ。本当にそれがないんだろうかと。なかったら自分たちはこういうことをやっちゃいけないのかとか、ですね。
そうじゃないってことは内心わかっているんだけど、その言葉はやっぱり常に頭の中に浮かんじゃうんですよね。悪い意味での呪文にかかってるような状態になってしまいますね。そこから抜け出るのにやっぱり時間かかりましたね。何十年かは悩みましたけどもね」

わたしは手塚さんにどうしても聞いてみたいことがありました。大林監督の著書にあった文章についてです。かつて手塚さんが、大林監督に語った言葉について触れた印象的な一文でした。

(手塚さんの発言)
“実は大林さんの世代を死ぬほどうらやましく思っていました。大林さんは戦争を知っているから、手にある八ミリで映画を撮ることができた。ぼくたちには八ミリはあるけれど、戦争を知らないから、撮るべき映画がない。だから、大林さんを嫉妬してもいた。でも、今はぼくたちにも戦争がある。ぼくたちは今や戦後ではなく、戦前の人間です。これから始まる戦争がぼくたちの戦争で、そのことを映画にしようと思ったら、ようやく撮るべき映画が見つかりました”
(『大林宣彦 戦争などいらないー未来を紡ぐ映画を』2018年11月平凡社より)

手塚さんによると、この言葉は、監督作『白痴』(1999年公開)の完成後に、大林さんに語ったものだそうです。


戦争をテーマにした作品『白痴』 いまの時代に投げかけること


映画『白痴』は、戦時中の日本を描いた坂口安吾原作の短編小説を、手塚さんが構想10年の末に映画化したものです。ヴェネチア国際映画祭をはじめ、世界で評価された手塚さんの代表作です。手塚さんはあえて時代を限定できない設定にして、世界の終末と新たな創造を描くなど、普遍的なテーマを浮き彫りにすることに挑みました。

手塚 眞 監督
「『白痴』で描かれているのは、架空の日本の架空の戦争中の出来事です。ですが、あるところは非常にリアリティを持って描いています。その中で僕が表現している世界は、どんな過酷な状況でも、割と平々凡々と暮らしてる人たちがいるということなんです。

第2次大戦下でもそういう状況ってあったんです。さすがに空襲が始まるとそうはいかなくなる、もう命の危険が来る。だけど空襲がないと、戦時下の生活は案外のんびりしていた。一見、社会は平和だけど、人々の心の中に戦争が起きているという不安感、それから本質的な貧困みたいなものはどうしてもあるわけです」

『白痴』は、戦争を知らない手塚さんが初めて挑んだ戦争映画でした。しかし一般的には「空想的な映画、まるでSF作品みたいですね」という感想がほとんどでした。
作品で描かれた“未来の戦争への危機感”や“本当の厳しさ”に対して、「多くの人がピンとこなかったのではないか」と手塚さんは振り返ります。
そんな中でも、『白痴』を高く評価してくれたのが大林監督でした。

あれから20年以上が経ち、東日本大震災や原発事故、さらには新型コロナを経験した今ならば『白痴』で伝えようとした“本当の厳しさ”が伝わるのではないか―
そう考えた手塚さんは、この秋『白痴』のリバイバル上映することにしました。



手塚 眞 監督
「近年日本ってそういう危機に何度もさらされてきているわけです。大きな震災があると急に物資が乏しくなるような不安感があり、明日生活がどうなるかわからないというような…。それは本当に空襲前の日本と同じような気分をみんな味わっているんです。だから、戦争を知らないとかって言っているけど、気分はほとんど同じなんじゃないかって。

今もまたこの目に見えないウイルスの感染という危機の中で不安をみんな感じています。それとその戦争がもたらしてくる不安感は、実はそんなに大きな差はなくて。
政治も含めた社会全体に対して、僕ら表現者は客観的に見なきゃいけないと。だから今の状況をただリアルに自分たちが思っていることを差し出せばいいということではなくて、この状況をもう1つ別の目で見た時にどう見えるのかということで何か表現すべきだろうというふうには思っています 」


大林監督からの手紙から感じた 等身大の手塚眞さん

大林監督から手塚さんがもらった手紙


取材の中で手塚さんが、大林監督からもらった貴重な手紙を見せてくれました。

手塚眞さん
「この歳でも迷うこともあるし、ちょっと気持ちがふさぐことがあるんですけど、そういう時にこれ引っ張り出して読んでいるんですよね。そうすると本当に励まされるんで。落ち込んじゃいられないなって」

原稿用紙14枚分におよぶ長文の手紙は、2年前に手塚さんが映画『星くず兄弟の新たな伝説』を公開した際、大林監督が感想をつづり送ってくれものです。
手紙の中で大林さんは「(この映画を見たら)手塚治虫は、きっと激しく、嫉妬しただろうなぁ。」と手塚さんに語りかけていました。



手塚 眞 監督
「監督の素直な気持ちがしたためられていて、涙が出るほど嬉しかったですね。
(作品を)見終わって最初の言葉が「やったね、眞ちゃん!凄い、凄い、凄い‼」。この眞ちゃんというのは、僕は10代の頃から大林監督にお世話になっているので、監督の中ではいつまでも僕は10代の少年なのかもしれないですね。

監督はもちろん、今までも参考になるお話とかしていただいたんですが、表だってここまで褒めて下さった事はないんですよ。僕は本当に若い頃に監督にお会いして、自分自身がまだ勉強もできてなくて映画界のこともよくわからない時から、ずっと指導されて見守られてきたんです。単純にいい先輩がいていろいろ教えてくれてるんだなとしか、とらえていなくて。もちろん監督の言葉はいつも響くわけで、なるほどと思いながらきたんですけども。この手紙を頂いて読んだ時に、単純に先輩後輩ではなくて、映画に対して同じ思いを抱いていた仲間なんだなと感じました」

わたしは「手塚治虫は嫉妬しただろうな」という大林監督の言葉に、大きな愛情と思いやりを感じずにはいられませんでした。大林監督は手塚治虫の代表作のひとつ『ブラック・ジャック』を映画化したこともあり、手塚治虫のことも良く知っていたからこそ、その偉大すぎる父のプレッシャーに負けないでほしいという思いを込めたのではないか――
そうした思いを眞さんが噛みしめている感じがファインダーのこちら側にも伝わってきて、カメラを向けながら、わたしもたまらない気持ちになりました。

「君は君なんだから君らしくやればいいんだよ」…手紙全体を通じて語っているように思いました。

この日、手塚さんはこれまで思うようにはいかなかった過去や、自らの弱さ、コンプレックスのようなものについて、虚勢を張ることなく、カメラの前で率直に話してくれました。クローズアップ現代プラスでインタビューを放送した際、多くの人から「手塚さんの語った思いに共感ができる」という声が寄せられました。手塚さんの思いに、自らの人生を重ね合わせ、噛みしめた人が多かったのかもしれません。


コロナ禍に撮影する実験映画「変容」 手塚さんが教えてくれたこと
 
手塚監督の実験映画の撮影現場を取材した(動画が再生されます)

取材の中で等身大の姿を見せてくれた手塚さん。新型コロナが影を落とすなか、映画にかける思いを強く感じさせる一幕もありました。10月上旬、手塚さんが実験映画の撮影をすることになり、その現場に立ち会えることになったのです。

映画のタイトルは『変容』。わたしたちの社会がこれから良い方向に変わっていくのか、それとも違う方向に向かうのか――以前から描きたいと思っていたテーマでしたが、コロナ禍の中、その意味合いが手塚さんの中で大きく膨らみ、映画を作り出すきっかけになったと言います。
今後わたしたちはどう変わっていくのか?――いま私たちは“試されている”という感覚が、手塚さんには強くあるというのです。

手塚 眞 監督
「『変容』というテーマ自体は常に昔から頭の中にあるのですが、今回は閉塞的な状況が何か月も続いて家の中にいなきゃいけない、“巣ごもり”のような状態の後で、どう変わるのかっていうのは気にはなるんですよね。
いい意味で期待する部分もあるし、不安なところもあるし。その両方の気持ちを一つの作品に込めたら、どういうものになるかと試している作品です。実験作品ですから、テーマが決まっていても、作っている中でどうやって変わっていくかわかりません。ただ、今の自分たちを取り巻いている状況を心に置きながら、作っていこうと思っています」


映画監督はやはり映画を撮っているときにこそ、本当の姿を見ることができるはずー 今まで取材で接してきた手塚さんではなく、ヴィジュアリスト・手塚眞の“本性”を見ることができるのではないか――わたしは想像を膨らませながら現場へと向かいました。



現場は、新型コロナで一時休業していた手塚さん行きつけのイタリアンレストランでした。現場を見てわたしは唖然としました。カメラマンや照明、音声、助監督など複数のスタッフがいる様子を想像していたのですが、実際にいたのは俳優やメイクなど最低限のスタッフのみで、それ以外は手塚さんすべてひとりで担っていたのです。小型カメラやスチールカメラなどを駆使して撮影し、俳優を演出し、照明機材を操って光を作り出し、セット移動や機材の設置・撤収も行うなど、一切合切、手塚さんがこなしていました。
その姿は水を得た魚のようでもあり、“華麗”でさえありました。

手塚さんはこの日、ひとりの出演者に、全く異なるふたりの人物を演じさせることで、人間がこの先どう進んでいくのかを独自の映像で表現しようとしていました。編集では映像を重ね合わせ融合することで、ふたつの世界を同時に描き出すといいます。



実は一人でロケのほとんどをこなす手塚さんの撮影スタイルは、学生のときから変わっていないそうです。もちろん『ばるぼら』のような規模の大きな劇映画を撮るときには、当然スタッフの人数は多くなりますが、ふだん手掛けている実験映画の多くは、このスタイルで撮り続けています。

撮影はあくまで“素材集め”にすぎず、編集に一番力を注ぐ――
それは手塚さんに思いを託した大林監督と同じで、手塚さんは自らを「編集で作る監督」と称しています。きっと大林監督も「手塚くんの映画は自分に似ている」と感じてくれていたのではないか――いま手塚さんはそう思いを巡らせています。

嬉々として撮影を続ける手塚さんを見ながら、わたしも学生時代に8ミリカメラで自主制作映画を撮っていた頃を思い出しました。ずっと忘れていたような大切なものがこみ上げてくる感覚、そして心の底から“映画を愛する気持ち”をその日の手塚さんの姿から強く受け取った気がしました。

新型コロナと生きるという“非日常”がもはや“日常”になり、先の見えない時代を誰もが生きる今。これほど映画作家として描くべきテーマが浮き彫りになってくる時代もないのではないでしょうか。時代が厳しさを増す中で、自分の中にあるヴィジョン(心の風景)を視覚化し、世界にヴィジョン(あるべき像)を示し続けてきたヴィジュアリスト・手塚眞が伝えようとしてきた思いが、半年に渡る取材を通じて、より切迫感を伴って迫ってくるような感覚をおぼえています。




あなたの身近で起こっている文化・芸術にまつわる課題について、教えてください。
現場で生まれた声を取材し、少しでも多くの人に届けます。


【あわせて読む】
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《前編》
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《後編》
- 舞台芸術のスタッフを支える「未来につなぐ基金」

記事への感想は下の「コメントする」からお寄せ下さい
2020年11月16日

舞台芸術のスタッフを支える「未来につなぐ基金」

バレエやミュージカル、演劇などの「舞台芸術」。ステージに出演する人だけでなく、舞台裏を支える何十人、何百人ものスタッフが力を合わせて1つの作品を作り上げます。新型コロナウイルスの影響で多くの公演が中止・延期になったことで、仕事がキャンセルになる関係者が相次ぎ、業界全体が深刻な打撃を受けました。舞台芸術の灯を絶やさないため、新たな「基金」を立ち上げて関係者を支え続けようという試みが始まっています。
(取材:クローズアップ現代プラス ディレクター 板橋 俊輔・前田 陽一)


公演キャンセルが続出…舞台芸術支援のための「基金」を設立

7月28日放送 クローズアップ現代プラス「劇団四季 終わりなき苦闘 ~密着 再開の舞台裏~」より

舞台芸術の活動に大きく影を落とした新型コロナウイルス。「クローズアップ現代プラス」ではことし7月、「劇団四季」再開までの日々に密着した番組を放送しました。団体の大小にかかわらず、舞台芸術に携わる人々の苦悩は今も続いています。

舞台芸術とは、舞台やある空間上で行われる芸術のことを指します。オペラやバレエ、舞踊や演劇、日本伝統の歌舞伎や能、狂言など幅広いジャンルで、公演のキャンセルや延期が余儀なくされました。その結果、出演する俳優だけでなく舞台裏を支える照明や音響、大道具を担当する人などの仕事が失われることになりました。

こうした舞台芸術に携わる人を救おうと、ことし4月、あるプロジェクトが始まりました。
それが「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」――活動を休止せざるをえなくなった舞台芸術の関係者に、今後の活動に向けた資金を援助し続けるための「基金」を新たに作ろうというものです。


「恒常的な支援の仕組みを」 基金設立の背景

「舞台芸術を未来に繋ぐ基金」ウェブサイト

基金を企画した1人が舞台芸術のプロデューサー・宋 元燮さんです。映像作品や舞台の企画を手がけてきましたが、ことし2月、新型コロナの影響により自身が手がける公演の中止を迫られました。そのときは「無観客の公演をオンライン配信する」ことでなんとか作品を届けることができましたが、周囲でも次々と公演が中止や延期に追い込まれているのを見て、何か手を打たなければいけないと考えるようになりました。
当時の自身の心境を宋さんがSNSに残していました。

”我々が我々自身(演劇やアート)を社会的に必要な文化であると謳うのであれば、我々にもそれに足る信用が必要であり、それに該当するだけの自助努力が必要なのではないかと思います。 (中略)
食べていくための工夫、知恵を出しながら、生き残った人たちでまた立て直す、もしくは皆んなで生き残るなら、やはりまずは自らできる事を考える、今がそのよきタイミングではないかと思ったりします”
(宋さんのFacebookより)


舞台芸術のプロデューサー 宋 元燮さん
3月 自身の思いをFacebookにつづっていた

もともと収益が不安定だった演劇業界ですが、宋さんはこれを機に「自分たちの業界を自分たちの手で建て直したい」と思うようになりました。
宋さんが大切にしたのが、一時的な取り組みではなく業界の未来に向けての布石とすること。そして、有名/無名、舞台の表に出る/裏側で仕事をする、などに関係なく演劇に関わる全ての人たちを支援することでした。そこでたどり着いたのが、海外の舞台芸術でよく見られる「寄付」を募る仕組みでした。

「conSept」舞台芸術プロデューサー  宋 元燮さん
「ロンドンのナショナルシアターでは新型コロナの感染が拡大した4月、休止になった公演の代わりに過去の舞台を無料で配信していました。そのとき同時に、寄付を募っていたのが印象的でした。日本ではまだ寄付の文化は根付いていませんが、海外では寄付をすることは受け入れられています。『日頃楽しんでいる文化・芸術が苦境に立たされているから助ける』ことがごく自然に行われていたのだと思います」

舞台芸術のプロデューサー 宋 元燮さん

海外の一部の国では、芸術に対する公的支援が充実し、かつ市民の間でも寄付の文化が定着しています。折しも、宋さんの舞台のファンからも「何か舞台のためにしたいけど、何をすればいいかわからない」という声が寄せられていました。

「conSept」舞台芸術プロデューサー  宋 元燮さん
「舞台の公演が次々と中止・延期されていく中で、舞台芸術を愛する人たちの中で『このまま舞台が活性化しないと自分たちにいずれ、返ってくるのではないか』という思いを抱いてくださった方が多かったのだと思います」


継続して寄付を募り舞台芸術を支える「基金」に

「舞台芸術の未来を繋ぐ基金」の仕組み

宋さんたちが目指したのは寄付で集まった資金を「基金」にし、関係者に「助成」という形で支援することでした。一時的な寄付では継続して支援することができないからです。企業経営などに携わる知り合いにも相談し、宋さんたちは基金の企画までを手がけ、実際の基金の管理は、法律で認定を受けた公益財団法人に委託することにしました。こうすることで寄付をする側も安心して寄付をすることができ、寄付したお金は税制優遇措置の対象になるメリットが生まれます。

基金の仕組みが整ったことで、宋さんたちは最初の“呼び水”となる寄付の募集を、知名度のあるクラウドファンディングを使って行うことにしました(※)。関係者や知り合いに協力を呼びかけ、4月末、ついにプロジェクトが始まりました。

(※通常のラウドファンディングは出資額に応じてリターン《お返し》がありますが、宋さんたちは「領収書のみ」をリターンにすることで、寄付と同じ形を取りました)


応募者の半数以上が舞台芸術の裏方


YouTubeなどを活用して基金のあり方をオープンに議論

「基金」はSNS上で大きな反響を呼び、最初の3日間で1千万円を超える寄付が集まりました。さらに宋さんたちはYouTubeやSNSを活用し、舞台芸術に関わる人たちにそれぞれの立場で現状を語ってもらい、質問や意見を募るなどして、基金のあり方についてオープンに議論する場を用意しました。その結果、高校生から企業の経営者まで多くの人が寄付をしたり、基金に賛同してくれたのです。

一方で基金には、苦境におちいった舞台関係者から「支援を受けたい」という申込みが次々と寄せられました。集まった寄付を少しでも早く届けるため、6月には1回目の助成が始まりました。資金には限りがあるため、様々なジャンルの舞台芸術関係者からなるメンバーが審査を行って、支援先を決めることにしました。公平性を保つため宋さん自身は審査には加わりませんでした。

審査の結果75人の個人事業者に1人30万円ずつ、9つの団体や企業に100万円ずつを助成することが決まりました。半数以上の56%は舞台を「裏」で支えるたちでした。

「conSept」舞台芸術プロデューサー  宋 元燮さん
「最終的(8月末)に約1500人から助成の申し込みがありました。一番多かったのはミュージカルや演劇の俳優でした。それ以外にも音響や舞台照明、伝統芸能に関わる方など・・・様々な人たちから応募があったと、審査員から聞いています」


基金の助成を受けた照明スタッフに話を聞いてみた

舞台照明を担当している坂本幸子さん 基金に申し込み助成を受けた

実際に基金の助成を受けた舞台関係者の人たちは、どのような状況に置かれていたのか。「舞台照明」を担当している坂本幸子さんにお話を伺いました。

坂本さんは照明技師として20年以上のキャリアを持つベテランです。いまはフリーランスとして京都を中心に小劇場の演劇やダンス、バレエ、日本舞踊など幅広い現場で活動しています。舞台をどのような照明で照らすかのプランをつくり、本番は照明の操作を担当します。

新型コロナの影響でこれまでにない危機に直面したといい、オンラインでの取材にスケジュール帳を見返しながら答えてくれました。
ことし2月、1つの公演がキャンセルされた時点ではまだ危機感はなかったそうです。しかし3月に入り、予定していた舞台の公演が全てキャンセル。京都の春を彩る花街の「をどり」の公演も全て中止や延期となりました。例年はゴールデンウィークまで休みがないくらい忙しかったのが、全部なくなってしまいました。

舞台照明 坂本幸子さん
「春の時点で、6月ごろまでの仕事はすべてキャンセルになってしまいました。こんなことは初めてで、ショックを受けました。同業者や知り合いともオンラインで話しましたが、中には気分が落ち込んでしまったという人の話も出たりと、先の見通しがまったく立たず、不安でした」


11月になり少しずつ仕事の依頼が来るようになったという坂本さん

毎年決まった時期に行われる舞台やイベントの仕事は、本番の半年前からスケジュールが埋まります。ところが業界の慣例で契約書を取り交わしていないことも多く、キャンセル料が支払われることも少ないと言います。収入が途絶えた坂本さんは国の持続化給付金なども申請しましたが、SNSで宋さんたちの「基金」を知り、すぐに助成を申し込みました。演劇関係の仲間たちにも情報を共有しました。

舞台照明 坂本幸子さん
「本当にありがたかったです。舞台芸術に携わる人は、本番の公演がなくなると、その前の準備も含めて仕事がなくなります。自粛期間中、新しい機材の勉強などもしていましたが、それでお金が稼げるわけではありません。この基金のおかげで少し前を向くことができました」

坂本さんは、延期した公演の打ち合わせにかかる交通費や、公演のオンライン配信を手伝うためにかかる費用などに基金で助成されたお金を充てることにしました。また少しでも街を元気にしようと、舞台だけでなく飲食店の”ブルーライトアップ”なども行っています。

舞台照明 坂本幸子さん
「11月には急なイベントの仕事も入り、なんとか仕事をすることができています。また、少しずつ公演は再開してきています。今の時期には来年3月頃までの仕事がぎっしり入っているのが、これまでの当たり前でした。まだ先行きはみえませんが、自分にできることをやっていきたいと思います」



飲食店を青い照明で照らす”ブルーライトアップ”


新型コロナを機に舞台芸術の業界構造を見直す

クラウドファンディングを使った最初の寄付の呼びかけは、最終的に総額5600万円を集めることができました。6月の第1回に続き11月には2回目の助成が決まり、新たに51人の個人事業者と3つの団体に助成が行われました。

基金を立ち上げた宋さんは、今回の危機を「自分たち」舞台芸術の置かれた状況や業界の構造を、見直す機会にしたいと考えています。

「conSept」舞台芸術プロデューサー  宋 元燮さん
「自分たちのやっている舞台芸術が社会に必要とされている『文化』として認識されているかどうか、私に限らず、多くの人がこの危機を機に、感じたと思います。新型コロナはこれまで当たり前になっていた慣例などを見直す機会にもなったと思います。関係者だけでなく、舞台を支えてくれる大切なファンとの関係も見直し、今後の「基金」の活動を広げていきたいと思います」


※11月17日 修正
最終的に基金への助成があったのは、3800人約1500人でした。 失礼いたしました。



あなたの身近で起こっている文化・芸術にまつわる課題について、教えてください。
現場で生まれた声を取材し、少しでも多くの人に届けます。


【あわせて読む】
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《前編》
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《後編》
- 劇団「俳優座」の挑戦 歴史ある劇団×クリエイターで演劇を”オンライン配信”
2020年11月13日

劇団「俳優座」の挑戦 歴史ある劇団×クリエイターで演劇を”オンライン配信”

新型コロナウイルスの影響で、公演の延期や中止を余儀なくされた演劇業界。
先週(11月6日)も神戸市内の劇団員8人の感染が確認されるなど、現場では緊張が続いています。
そうした中、多くの劇団が活路を見いだしているのがオンラインでの配信です。「家にいながら観劇ができる」として急速に普及が進んでいます。
そのオンライン配信に今月、76年の歴史を持つ劇団「俳優座」が初めて乗り出すことになりました。最新の映像技術を持つ企業と連携し、新たな一歩を踏み出した「俳優座」の挑戦を取材しました。
(取材:「クローズアップ現代プラス」ディレクター 板橋俊輔)


80年近くの歴史をもつ劇団「俳優座」を直撃した新型コロナ 

劇団「俳優座」ウェブサイト

劇団「俳優座」は1944年に結成された国内でも歴史のある劇団の1つで、俳優の養成学校も抱え多くの名優を輩出してきました。西欧の近代演劇から影響を受け、明治時代以降国内で発展してきた「新劇」と呼ばれる演劇が専門です。東京での劇場公演のほか、地方の劇場での出張公演なども行ってきました。しかしことしは新型コロナの影響で、劇団が主催・運営する多くの公演が延期や中止を余儀なくされました。

かろうじて上演にこぎつけた公演も客足は伸び悩みました。その背景のひとつがファンの高齢化が進んでいることでした。伝統ある劇団を支えてきたのは、長年劇場に足を運んできた根強いファンたち。地方から足を運んでくれるファンも少なくありませんでした。しかし、コロナ禍でそうした人たちの足が遠のき、俳優座は苦境に立たされることになったのです。

新型コロナが劇団の現状を見直すきっかけに
専門家による俳優座の劇場の換気量調査  換気が十分されている環境だとわかった

俳優座では、最新作の公演を11月に行うことを決め、専門業者に依頼して劇場を消毒したほか、空気環境を検査する専門家による換気量の調査を実施。さらに、客席は100席から70席に減らし、出演するキャストや裏方のスタッフ全員のPCR検査も行いました。

その一方で劇団員の中には「これまで通りの劇場公演を迎えていいのか」という思いを抱く人もいました。11月の作品に出演する若手俳優の谷部央年さんは、新型コロナを機に俳優座が置かれた状況を冷静に見直すようになったと言います。

劇団「俳優座」 俳優 谷部央年さん
「先人達が築いてきた重厚な社会派の作品は、熱意のあるお客さんに支えられています。その客足が落ちているのを感じてきました。『俳優座』という名前は知ってるものの、劇場に足を運んだ人が、今では少ないのではないでしょうか。新型コロナを機に、これまでのお客さん、そして新しく演劇と出会う未来のお客さんのために何ができるかを考えるようになりました」

そこで谷部さんが注目したのが、感染が拡大する中で広がったオンライン配信でした。多くの劇団が配信を始める中、俳優座の公演もオンライン配信することで、家にいながらも観劇ができる環境を整えられないか考えたのです。
しかしなんと言っても演劇の醍醐味は、劇場に足を運んで見る臨場感です。実はこれまでも、オンライン配信について話は挙がっていたものの、最後の一歩を踏み出せずにいました。谷部さんは劇団内で丁寧に説明を重ね、作品のオンライン配信の実現にこぎつけたのです。

劇団「俳優座」 俳優 谷部央年さん
「新型コロナは演劇業界にとってチャンスではないかと思いました。『コロナだからしかたない』ではなく、『コロナだからやってみよう』と気持ちを切り替えて、配信への理解を呼びかけました。演劇の灯を消さないために、と思いを共有するうちに理解を得ることができました」



連携したのは最新の映像技術を操るクリエイター

左:「俳優座」の俳優 谷部央年さん  右:映像プロデューサーの赤津慧さん
共通の趣味である音楽がきっかけで知り合いに

谷部さんは舞台に出演する俳優と、オンライン配信を担当する裏方の二足のわらじをはくことになりました。
配信に向けて協力を求めたのが、以前から知り合いだった映像プロデューサーの赤津慧さんです。赤津さんは花火大会のライブ配信から、最新のVR/AR技術を用いたバーチャルYouTuberの映像制作まで、国内外で様々な映像を手がける会社の代表を務めています。舞台芸術である歌舞伎のオンライン配信も経験しています。 谷部さんの話を聞いた赤津さんは、俳優座の硬派な社会派の演劇をオンラインで伝えることにやりがいを感じたと言います。

映像配信などを手がける「CHET Group」CDO(最高開発責任者)  赤津慧さん
「お話をいただいたとき、演劇と映像の相性は悪いはずはないだろうと思っていました。新型コロナで演劇の配信が普及する一方で、中には舞台をただ固定で撮影するだけの配信も目にしました。俳優座の迫力ある演劇の魅力をどう伝えるか、工夫が必要だと感じました」


演劇をオンラインで配信 息づかいや臨場感をどう表現する?

撮影当日の準備の様子(写真提供:CHET Production)

演劇の持つ臨場感や迫力を損なわずに、オンラインで配信をするにはどんな映像がふさわしいのか。赤津さんは谷部さんと打ち合わせを重ね、稽古場も見学しました。派手なカメラワークや編集をほどこすと、テレビのドラマのようになってしまうと感じる一方、単純に舞台を映すだけでは、演劇の“没入感”が失われてしまう――赤津さんたちはその絶妙なバランスを意識した映像表現が必要だと感じました。

考えた結果、赤津さんと谷部さんが選んだのは、演劇を収録して編集した上で配信することでした。ライブ配信をする劇団も多い中あえて収録にしたのは、ネット回線のトラブルで臨場感が損なわれるのを避けるのに加え、「時間や場所を気にせず見られる」ようにすることで、新しいお客さんを獲得するのが目的でした。

映像を編集する際に心がけたことは「上映時間と同じ時間での制作」と「迫力のあるカメラワーク」。通常、テレビドラマなどでは、放送時間の関係で台詞の“間”や余分なシーンをカットして編集を進めていきます。今回は演劇の持つ緊張感や台詞のない静けさなどを損なわないように表現するため、演劇の公演時間にあわせた編集をすることにしました。
それに伴い、カメラワークにも工夫をこらしました。見ている人がその場で観劇をしているような迫力が出せるよう、そして見ている人を飽きさせぬよう、登場人物一人一人の表情や仕草が伝わるような撮影方法を心がけたと言います。そのために、稽古にも足を運び、どのようなカットを撮影するかを細かく設計。高画質のカメラで撮影し、カラーグレーディング(色調整)においても、作品の持つ世界観を意識して編集しました。

映像配信などを手がける「CHET Group」CDO(最高開発責任者)  赤津慧さん
「演劇の魅力である“生”の感覚や、撮り直しをしない“一発勝負”の緊張感や熱量を大切にしたいと思いました。また、谷部さんと話して、これまで劇場に通っていたお客さんだけでなく、新しく観劇する人にも演劇の魅力に入り込んでもらいたいと思いました」

初めての挑戦に期待 「演劇の灯を消さないために」

演劇のオンライン配信の映像 (写真提供:CHET Production)

先週(11月6日)、俳優座の最新作「火の殉難」の公演が始まりました。公演期間はおよそ2週間。足を運んでくれるお客さんのために最初の1週間は劇場公演のみを行い、11月13日からオンラインの配信のチケット販売が始まりました。

通常の観劇料金は5500円であるのに対し、配信のチケットの料金は3000円プラス手数料。ここでも、初めて観劇する人に向けて少しでも敷居を低くする目的があると言います。実際の配信は今月末から1週間。まだ結果がどうなるかはわかりませんが、俳優座にとっての初めての一歩に、谷部さんは期待を寄せていると言います。

劇団「俳優座」 俳優 谷部央年さん
「慎重に慎重を重ね、『俳優座』という先人たちが積み重ねてきた歴史、日本の演劇をリードしてきたパイオニアの名に恥じぬよう、最善の対策を尽くしてきました。 これまで俳優座をご覧になったことのない方々に寄り添うことができるかもしれない、 また、重厚な社会派作品をいま、このタイミングにぶつける意義を感じていただきたいと思っています。文化は我々を元気づけることはもちろん、生きるヒントを与え、考えさせてくれるものであるということを、劇場と配信の両方で、ひとりでも多くの方と共有したいと思っています」

新型コロナを機に変化を迫られる伝統の文化や芸術。「俳優座」と同じく歴史のある劇団「文学座」も今月、初めて舞台のライブ映像の配信を実施しました。
取材をする中で、俳優座の谷部さんが語った「コロナだからこそやってみよう」という考えは、演劇業界に限らず、文化・芸術が生き残るために大切な思いだと感じました。
新型コロナの影響で苦しい現状が続く中、伝統や歴史をどう変えていくのか、今後も取材をしていきたいと思います。



あなたの身近で起こっている文化・芸術にまつわる課題について、教えてください。
現場で生まれた声を取材し、少しでも多くの人に届けます。


【あわせて読む】
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《前編》
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《後編》
-南の島のミニシアター 新型コロナで休館、そして“再起”へ
2020年10月23日

南の島のミニシアター 新型コロナで休館、そして“再起”へ ――石垣島で愛された映画館の半年

新型コロナウイルスの影響により、苦境に立たされるミニシアター。中には感染拡大により、休館に追い込まれたところもありました。日本最南端のミニシアター、石垣島の「ゆいロードシアター」もその1つです。島で唯一の映画館は休館から半年、新しい形で再起し、少しずつ映画の上映を再開しています。島内外の人から愛されたミニシアターの半年間を取材しました。
(取材:「クローズアップ現代プラス」ディレクター 藤原和樹・板橋俊輔)


島のミニシアターを襲った新型コロナ

石垣島で唯一の映画館だった「ゆいロードシアター」

島と島を結ぶフェリーが行き交う石垣島の港から歩いておよそ5分。ここに石垣島で唯一の、そして日本最南端のミニシアター「ゆいロードシアター」があります。
およそ5万人が暮らす石垣島には戦後多いときに4,5か所の映画館がありましたが、2009年を最後に島の映画館は閉館。その後、10年近く石垣島には映画館がありませんでした。
2018年8月、島唯一の映画館として誕生したのが「ゆいロードシアター」。開館からおよそ1年半、ようやく島民に新しい映画館として受け入れられていた矢先に、島を襲ったのが新型コロナウイルスでした。

2月ごろから自粛ムードが高まり、映画館からは目に見えて客足が遠のいていきました。映画館側も「島内で何かあってはいけない」と危機感を募らせていたところ、全国各地のライブハウスや劇場でクラスターが発生。石垣島ではまだ感染が拡大していなかったものの、“閉ざされた空間”として、映画館にも世間から厳しい目が向けられるようになりました。

そして4月11日の上映を最後に、「ゆいロードシアター」は長期休館(再開未定)という苦渋の決断を下しました。映画館の立ち上げから参加し、作品の上映を担当していた竹内真弓さんは、当時を振り返ると悔やしさがこみ上げてくると言います。

「ゆいロードシアター」元スタッフ  竹内 真弓さん
「正直なところ、コロナ前からミニシアターの運営は自転車操業で大変でした。運営側で話し合って、島の皆さんの命が大事だし、映画館側で責任はとれないという話になりました。もちろんその通りだと思いましたが、すごく悔しかったです。1年半、頑張ってきたのに・・・という思いはありました」

島に映画館があることの意味 「誰かの居場所に」
「ゆいロードシアター」で映画上映などを担当した竹内真弓さん
常連客だった宮良麻奈美さんとともに「ゆいシネマを守る会」を立ち上げる

竹内さんは新潟県出身。以前は沖縄本島に住んでいましたが、このミニシアターが開館するタイミングで石垣島に移住しました。開館前には沖縄本島の映画館で劇場経営の“修行”を積むなど、島のミニシアター立ち上げに深く携わりました。

石垣島は伝統芸能が盛んではあるものの、誰もがふらっと訪れて芸術や文化に触れられる場所がほとんどありませんでした。幼い頃から映画館が身近な所にあった竹内さん。そういった文化に触れる場に、映画館がなってほしいと考えたのです。そして、島の人や、自身のように島外から移り住んできた人、観光で訪れた人にとっての居場所となるような空間を目指していました。

竹内 真弓さん
「島では“ゆいまーる”(※沖縄の言葉で相互補助や助け合いの意味)の精神で、みんなで助け合い、仲良くする慣習があります。ただ、1人になりたい人はどこに行くんだろうという思いもします。そういう人もふらっと一人で来られる場所って大事なのではないでしょうか。学校に行きたくない子どももいるだろうし、そういう子が図書館とか以外にも行ける場所があったらいいのに、それが映画館でもいいんじゃないかと私は思います」

たくさんの「続けてほしい」の声から始まったクラウドファンディング

2020年4月12日に休館を発表した「ゆいロードシアター」

「ゆいロードシアター」が閉館を発表した直後、ミニシアター界に大きな動きがありました。以前の記事でもお伝えしたSAVE the CINEMAプロジェクトや、ミニシアターを救うためのクラウドファンディングが始まったのです。プロジェクトのメンバーから「ゆいロードシアター」にも声がかかりましたが、すでに閉館を決めた後だったので、プロジェクトに参加をすることはできませんでした。

こうした活動をSNS上で見ていた竹内さん。「上映を続けてほしい」という声も後押しとなり、なんとか石垣島で上映を続けたい、新しい形で“再起”をしたいという思いから、ミニシアターの常連だった宮良麻奈美さんとともに「ゆいシネマを守る会」を立ち上げ、独自にクラウドファンディングを始めることにしました。

元々ミニシアターがあった物件は家賃も高かかっため、まず目指したのは小規模な上映会を行うことでした。そこで必要な機材の購入や上映会開催の料金に充てるため、200万円を目標額にクラウドファンディングを始めました。

島のミニシアターに思いを寄せる映画監督も

塚本晋也監督

クラウドファンディングが始まり、竹内さんたちの大きな支えとなったのが、映画監督の存在でした。ゆいロードシアターの休館が決まったことで、予定されていた上映ができなくなった作品の監督から、心配する声が寄せられたのです。その一人が、SAVE the CINEMAプロジェクトの呼びかけ人でもある、塚本晋也監督でした。

2015年に太平洋戦争の凄惨な戦場を描いた「野火」を制作した塚本監督。全国のミニシアターを行脚し、「野火」を“手渡し”で届けようと観客とのトークショーを行いました。それぞれのミニシアターが、独自の価値観で映画を選び、地域に文化を届けようとしている姿に胸を打たれたと言います。

映画監督  塚本 晋也さん
「ミニシアターでやる映画は、大勢のお客さんは見ないかもしれません。あまり多くないお客さんが、普通は見られない、文化の多様性みたいなものを知ることのできる場所です。これは絶対に欠かせないものであり、自分のような映画づくりをしている者にとっては、その場所がなければ映画を発表する機会がないので非常に大事です。新型コロナが感染拡大したとき自分の心配もありますが、最初に浮かんだのは、映画館がどうなっちゃうんだということでした」

ゆいロードシアターも、かつて「野火」が上映された劇場の一つ。「毎年終戦記念日あたりに上映してほしい」という塚本監督の思いを受け、竹内さんたちはことしも作品を上映するはずでしたが、映画館は休館となり、ゆいロードシアターでの上映は叶いませんでした。

再起に向けたクラウドファンディングが始まり、先行きがまだ見えない中、塚本監督はじめ上映が休止となった映画監督から励ましのメッセージが届いたと言います。

竹内 真弓さん
「去年の上映の際、まだ未熟なミニシアターだった私たちにも塚本監督は親身に接してくださったことがとても嬉しかったことを覚えています。4月、5月と暗い気持ちで日々を過ごす中、メッセージを寄せて親身に励ましてもらい、とても感謝しています。他の映画監督もSNS上で情報を広げてくれて、ちょっとずつ“縁”が広がっていくのを感じました」

映画を見る“場”を提供 他の島に出張上映も

「ゆいシネマ」として再開した上映会 会場は石垣島内のジャズバー

SNS上での呼びかけや映画館の常連客などによるチラシの配布などが功を奏し、竹内さんたちはクラウドファンディングで、島内外から目標額を上回る310万円の支援を集めることができました。

9月、生まれ変わった「ゆいシネマ」は初めての上映会を行いました。上映したのは、「ゆいロードシアター」の休館により、公開を見送っていた2作品。そのうちの1つは塚本監督の「野火」でした。


「ゆいシネマ」として再開後の上映会では塚本晋也監督の「野火」が上映
上映前には塚本監督のビデオメッセージも

“密”を避けるため、人数制限を設けて上映回数を複数に分け、予約制を取りました。2日間で来場したのはおよそ100人。毎回、ほぼ満席での上映でした。

竹内 真弓さん
「ゆいロードシアターに通っていたお客さんが『待ってました』『再開おめでとう』と声をかけてくれたのがうれしかったです。映画を見るという感覚を共有して、皆さんが映画のメッセージを受け取って、ちょっと違う顔で上映後に出て行く姿を見るのが、映画を提供する側の醍醐味です。改めて、こうした“場”があることは大事だと思いました」

今回、竹内さんたちが上映の場に選んだのは、石垣島内のジャズバーでした。この場所を選んだ背景には、コロナ禍で同じく苦しむ飲食店の人と協力したいという思いがあるからだと言います。島には自営業で飲食店を営んでいる人も多く、コロナ禍のいま、大きな打撃を受けています。そこで、映画を上映する“場”として、店側にもメリットがある形で、新しい映画を見る“居場所”を作ろうと考えました。

映画館という場にこだわらず、新しい映画上映のかたちを模索する「ゆいシネマ」。 11月には八重山諸島の一つ、波照間島の飲食店での“移動上映”を予定しています。

竹内 真弓さん
「映画上映の場を提供することは、体験の提供だと思っています。映画、演劇、ライブはお客さんも含めて完成する総合芸術です。客同士の顔が見えて、その場に一緒にいるという空間が大事だと思います。足を運んだ場所に魅力があるとか、雰囲気が好き、映画館に行っている自分が好きとか・・・それぞれのお客さんが価値を見いだせるミニシアターや映画館など映画上映の“場”は、なくならないでほしいと思います」


▼新型コロナで浮き彫りになった業界の課題
▼コロナ禍が続く中、今後どのように活動をしていくのか ・・・など


あなたの身近で起こっている文化・芸術にまつわる課題について、教えてください。
現場で生まれた声を取材し、少しでも多くの人に届けます。
こちらの投稿フォームからお送り下さい。

【あわせて読む】
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《前編》
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《後編》
-「スパイの妻」黒沢清監督に聞く 番組未公開トーク

記事への感想は下の「コメントする」からお寄せ下さい
2020年10月16日

「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《後編》

新型コロナウイルスの影響で、苦境に立たされる映画業界。中でも小規模な映画館「ミニシアター」は、休業に追い込まれるほどの打撃を受けるところもありました。こうした映画館を救おうと、ことし4月「SAVE the CINEMA」の運動が始まり、一大ムーブメントを起こしました。
あれから半年――いまも先行きが見えない中、「SAVE the CINEMA」のメンバーはミニシアターを救う“次の一手”のため、再び国へ働きかけることにしました。一方、若手の映画関係者たちはミニシアターを少しでも盛り上げたいと、別の道を模索しています。《前編》に続き、ミニシアターをめぐる最新の状況を取材しました。

記事の《前編》はこちら
(クローズアップ現代プラス ディレクター 板橋俊輔)

映画を救うための“次の一手” 再び国に要請へ

10月14日 文化庁に要望書を手渡す映画監督の諏訪敦彦さん


10月14日、「SAVE the CINEMA」プロジェクトをめぐり、新たな動きがありました。記事の《前編》でもお伝えした、文化庁による支援事業。その改善のために「SAVE the CINEMA」が再び、国に要請を行うことになったのです。

560億円超の予算が組まれた、文化庁による「文化芸術活動の継続支援事業」。現場の期待とは裏腹にミニシアターや映画の関係者の間では、“使い勝手の悪さ”を指摘する声が相次いでいました。申請の募集要項が難解であり、必要な書類を揃えて提出しても、申請内容や書類に不備を指摘されて何度も突き返されたという声や、いざ申請書類を提出しても審査時間が長く、すぐに必要なことに支援が使えないという声が後を絶ちませんでした。さらに、給付型ではなく、必要な経費は自己負担をした上で補助を受けるという制度の仕組みそのものも、厳しいハードルとなりました。いまの苦境を持ちこたえるための運転資金が足りないという切迫した映画関係者の中には支援の申請を見送る人もいました。

そこで今回、支援の使いづらさを指摘する声を同様にあげた音楽業界や演劇業界とともに、セーブザシネマは支援事業の改善を求めることにしたのです。


映画・音楽・演劇の3業界が提出した要望書に掲げられた9点の改善項目


要望書の項目は「事業の実施期間の来年3月31日までの延長」や「煩雑な申請の簡略化」、「事業の対象の条件の見直し」など、9つに上りました。その中には、多くの関係者が望んでいた自己負担をなくした定額補助、つまりは運転資金など喫緊の危機に対応するため、身銭を切らなくて済む“給付”を求める項目もありました。
趣旨に賛同した超党派の議員連盟も立ち会って行われた要望書の提出。終了後、記者会見が開かれました。
「まだ切迫感が伝わっていないのでは・・・」

要請後、3業界による記者会見が開かれた


新聞社やテレビ局、ウェブメディアなど20社以上が集まった記者会見。要請をした手応えについては決して、満足のいくものではなかったと言います。

「SAVE the CINEMA」メンバー/弁護士 馬奈木 厳太郎さん
「文化庁側はまだまだ文化・芸術の人が置かれた現状を把握しておらず、切迫感を感じていないという印象を受けました。」

同時に、会見では業界の窮状についても報告がありました。中には、「最近では、閉館を考えているというミニシアターの声もちらほら耳に入ってきている」というショッキングな話も現場から寄せられていると言います。「SAVE the CINEMA」をはじめ3つの業界では、文化庁の動向を見ながら、引き続き働きかけをしていくとしています。

「SAVE the CINEMA」メンバー/弁護士 馬奈木 厳太郎さん
「一度支援事業があったら、これで終わりというわけではありません。この危機は来年度も続くことが予想されるため、来年度予算に支援を盛り込んでもらうことも含めて、メンバーでスピーディーに検討していきたいと思います」


「SAVE the CINEMA」メンバー/弁護士 馬奈木 厳太郎さん


動き出した若手の映画監督たち SAVE the CINEMA “movement”
この先、ミニシアターはどうなるのか――
取材を続けると、このコロナ禍を機に映画関係者がつながることで、ミニシアターを盛り上げるきっかけにしようとする団体と出会いました。

「新型コロナを機に、逆に“ミニシアターに行ってみよう”と思ってくれる人を増やしたい」
苦境に立たされたミニシアターの取材を続ける中、前向きな言葉を語った2人の映画関係者。映画プロデューサーの雨無麻友子さんと、脚本家・映画監督の上村奈帆さんです。2人は、「SAVE the CINEMA」プロジェクトと提携する団体、「SAVE the CINEMA movement(以下、movement)」のメンバーです。


Instagramなどを活用してミニシアターの魅力を伝えるSAVE the CINEMA movement


「movement」は20代~30代の若手の映画監督や俳優、プロデューサーなど10数名が中心となり、ミニシアターににぎわいを生むための活動をしています。新型コロナウイルスの影響で、ミニシアターの危機が叫ばれた3月末に有志が集結。その後、協賛企業もつき、今では100名ほどのボランティアも参加して活動しています。メンバー間の連絡の手段はほとんどがLINE。この半年間、スピード感を持って活動を続けてきました。

なぜ、ここまで多くの“若手”がミニシアターのために動き出したのか――その背景には、若手映画監督とミニシアターの深いつながりがあると上村さんは言います。シネコンと違って独立した経営をするミニシアターでは、支配人が上映作品を選びます。 中には、まだ駆け出しの若手監督を応援しようと声をかけてくれるミニシアターもあり、それが自身の作品を世に送り出すきっかけの場となっています。感染拡大が日に日に深刻化していった今年の春、SNS上には若手の映画関係者の間で「何か自分たちにできることはないのか」という声があがるようになったと言います。

「SAVE the CINEMA movement」メンバー/脚本家・映画監督  上村奈帆さん
「若手の監督や制作者にとって、『これを上映したい』とミニシアターに選んでもらえるのはとてもうれしいことです。こうしたつながりは、ミニシアターにしかない貴重なものです。だからこそ、『このままだとやばいんじゃないか』『いま何か出来ることがないか』と何もせずにはいられず、若手の映画関係者が一斉に声をあげたのだと思います」

「新型コロナを機に若い世代にもミニシアターへ」


マップやスタンプラリー・・・ミニシアターに足を運んでもらう取り組みを次々と打ち出してきた


ミニシアターへの資金面での支援はクラウドファンディングが同じ時期に進んでいたため、「movement」が目指したのは長期的にミニシアターを支えることでした。新型コロナの影響による入場制限などがなくなり、再び映画館に足を運べるようになったとき、これまでミニシアターに馴染みのなかった新しいファンを獲得するための取り組みを始めたのです。ミニシアターは65歳以上のシニア層に支えられてきたところが多く、今回「movement」は若い世代へのアピールを意識しました。

例えば、全国のミニシアターに呼びかけて制作を始めたミニシアターマップ。各館の情報や特徴を劇場のスタッフに寄せてもらい、日々情報を更新しています。また、9月からは何度もミニシアターに足を運んでもらおうと、全国60館以上と協力してミニシアタースタンプラリーを開催。さらに、映画のレビューサイトや“インスタグラマー”と連携して、Instagram上でお勧めのミニシアターのことを、ハッシュタグを付けて投稿してもらうなど、発信にも力を入れてきました。こうした取り組みに参加している様子がSNS上で徐々に投稿されるようになり、ミニシアターへの関心が少しずつ広がっていることに2人は手応えを感じていると言います。

逆境が生んだ横のつながり 新型コロナを機に“声をあげていいんだ”


映画のレビューサイトやインスタグラマーとSNS上で連携 寄せられた投稿はシェアされて関心を広げている


これらの試みが生まれた背景には、これまでになかった“横のつながり”が生まれたことがありました。これまでは若手の映画関係者の間でも、なかなか知り合い以外との横のつながりはありませんでした。ところが新型コロナの感染が拡大する中で、強い思いを共有した仲間が連携し、「movement」の動きにつながっていったと言います。

「SAVE the CINEMA movement」メンバー/映画プロデューサー 雨無麻友子さん
「感染拡大の中で、『私も声をあげていいんだ』というポジティブな雰囲気が若手の映画関係者の間で生まれたように思います。一人だと、ふだんはなかなか身動きが取れませんでしたが、今後はさらにいろいろな団体やプロジェクトと連携して、若い世代にもミニシアターの魅力を伝えていきたいと思います」

スタートから半年、「SAVE the CINEMA」の活動はまだ続くと語ったメンバー。少しでもミニシアターの力になりたいと動き出す関係者が増えていることは、新たな希望にもなると、取材をしていて感じました。
引き続き、ミニシアターを取り巻く状況や、再起のために立ち上がる人々を取材し続けていきたいと思います。

記事に対するご意見・ご感想、あなたの身近で起こっている文化・芸術にまつわる課題を下の「コメントする」か、こちらのフォームからお送り下さい。

【あわせて読む】
- 南の島のミニシアター 新型コロナで休館、そして“再起”へ
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《前編》
-「スパイの妻」黒沢清監督に聞く 番組未公開トーク
2020年10月9日

武田真一、佐野元春に聞く―「SONGS」対談を終えて&未公開トーク

 つまらない大人にはなりたくない――80年代、このフレーズを胸に青春の葛藤と向き合っていた若者がどれくらいいただろうか。今年53歳になる僕は、そのひとりだ。僕の10代は佐野元春の音楽とともにあった。それから40年。就職し、結婚し、子供が出来て、今年長男が独立して家を出て行った。つまらない大人にならないよう、精一杯生きてきたつもりだが、果たしてどうだっただろうか。
 佐野さんは、今年デビュー40周年を迎えた。NHKの音楽番組「SONGS」で佐野さんの特集をやるという。ご縁があって、僕がインタビュアーとして佐野さんに会うことになった。僕にとって最高のアイドル。心が高鳴った。
 実は佐野さんと会うのは2回目だ。20年ほど前、NHKの近くのホテルのトイレで、隣あったことがあった。僕はすっかり舞い上がってしまい、佐野さんに声をかけた。佐野さんの音楽と出会ったのは中学生の時で、校内放送で「アンジェリーナ」を聞いたのがきっかけで、そのレコードをかけた友達とは親友になって………と、とりとめもないことを一気にまくし立てた。僕はたぶん泣いていたと思う。佐野さんは、じっとその話を聞いてくれて、「シグニチャー(サイン)しましょうか?」とおっしゃった。手元にはサインをするような色紙もペンもない。僕は、間抜けなことに「結構です」と言ってしまった。
 今度こそは、佐野さんに伝えたい。佐野さんもいろんなことがあったと思うけど、僕らも結構大変な40年間だったんです。佐野さんの新しいレコードやコンサートを楽しみに、ヘビーな日常を乗り切ってきたんですよ。コロナ禍で思いがけない40周年になったと思うけど、大丈夫、僕らがついてるから…と。
 さて、僕は果たして正気を保って聞くことはできたか?SONGSで入りきれなかったインタビューを公開します。

(インタビュアー・記事執筆  クローズアップ現代プラス キャスター 武田真一)


佐野 元春
1980年にシングル「アンジェリーナ」で衝撃のデビュー。80年代の幕開きと共に現れた希代のシンガーソングライターは、新しい時代のカリスマとして、多くの若者たちの心をつかんだ。以来40年にわたって常に時代の先端を走り続けてきた。

佐野元春との出会い はじめに「言葉」があった
――佐野さんにお会いして言うべきことがたくさんあるのに、ちょっと今、言葉にならないです。ありがとうございます。デビュー40周年、おめでとうございます。

佐野元春(以下、佐野):
こちらこそ、楽しみにしてました。ありがとうございます。

――佐野さんとの出会いは、私が中学1年か2年の頃でした。昼休みの校内放送で『アンジェリーナ』を聞いたんです。で、牛乳を飲みながら、「何だこの曲は」とフリーズしたのをよく覚えています。熊本で育った僕にとって、佐野さんが描く、都会の若者たちの心の葛藤の風景に、佐野さん風に言えば、ノックダウンされました。日本中に、恐らくそういった10代の子たちがたくさんいたと思います。
そのことをいま、どうお感じになりますか?


佐野:
デビューしたのが1980年。レコードを作り、全国をライブして回ろう、思いっ切り行こうぜ、という感じでやりました。会場には、どこにも10代の少年少女たちが集まってきてくれて。何か彼らは新しいものを求めているような雰囲気がありました。ちょうど1980年が明けて、時代が少し変わってきた。若い人たちも、何か自分たちにフィットする音楽がもしあるんだったら、それを探したい。そういう雰囲気があった。そうした彼らの前で演奏できた。これは、僕にとっては、とても良かったことだと思います。僕も何か新しいことをやろう としていましたから。

佐野元春さんのインタビューに自身の思い出の品を持参した武田アナ

――『アンジェリーナ』もそうですが、『夜のスウィンガー』や『IT’S ALRIGHT』とか、言葉が詰まってますよね。字余りや、ビートからこぼれ落ちるような詞のアイデアはどこから出てきたんでしょうか。

佐野:
もともと小さい頃から詩のようなものを書くのが好きでした。誰から教わるということでもなかったんですが、詩のようなものを書きつけて、自分で楽しんでいました。
やがて、11歳・12歳の頃になると、トランジスタラジオから海外のポピュラー音楽がたくさん流れてくる。それを聴いて心が舞い上がる。ビートの効いた音楽がそこにあるわけですよね。そうすると、言葉とこのビートと、それから素敵なメロディーと、これを組み合わせたら、何かいいものができるんじゃないかと思って。で、作詞作曲というのを始めたのが12歳くらいの時でしたね。もうその頃から、何か言葉を生かした音楽を作りたい。言葉がこうビートの中で生き生きしてるような音楽を作りたいと思っていました。

世の中には、メロディーがきれいな曲もあれば、その編曲が素敵な曲もあるんだけれども。自分が聴いて心に引っかかる曲は、みんな言葉がビートの中で生き生きしていました。 ビートルズの曲も、ボブ・ディランの曲も、バーズの曲も、ジム・モリソンの曲も、ラジオから流れてくるそういうビート音楽を聴くと、英語ですので、全部は分からないんですけれども、言葉自体がビートの中で生き生きしている。何か僕に訴えかけてきてるんじゃないかって、何かを伝えようとしてるんじゃないかと、そう思ったんですね。なので、僕もそうい う種類の音楽を作りたいと思いました。

はじめに言葉があった………。 確かに、佐野さんの曲のことばは、いくつも僕の心に残っている。 都会の風景をいくつものスチール写真で切り取ったようなことば。

“パーキング・メーター ウイスキー 地下鉄の壁 Jazz men 落書き 共同墓地の中、
みんな雨に打たれてりゃいい“
「情けない週末」

短いフレーズで、生きて行く姿勢を伝えたものもある。

“心はいつでもヘビーだけど 顔では 大丈夫 大丈夫”
「夜のスウィンガー」

そのどれもが、僕の頭の中ではビートとメロディーにのって、何十年もぐるぐると回っているのだ。 中でも、今も僕の心をとらえているあるフレーズについて、佐野さんに聞いた。

「言葉」に込めた思い  誰かにとって意味のあるストーリーを
――佐野さんが今回SONGSで演奏した曲『約束の橋』。「今までの君はまちがいじゃない」というのが、この曲の核になるフレーズだと思います。いま社会では、一人ひとりが大切にされることが求められている時代だと思うんです。本当は一人ひとり多様であっていいはずなのに、ひとつの枠にはめられてしまう、そのことに違和感を持ち苦しんでいる人が多くいると思うんです。
どういうふうに響いてほしいと思って、この曲を演奏されたのでしょうか。


佐野:
僕のほうから「こういうふうに響いてほしい」という特別な要望はないですね。この曲が皆さんの元に届いて、ひとつだけしてほしいことがあるとしたら、ご自身の曲として聴いてもらう。ご自身のバックグラウンドで流れている曲だと思ってくれたらうれしいです。

――佐野さんの代表曲とよく言われる『サムデイ』や、『ガラスのジェネレーション』『約束の橋』。どの曲も、若者たちの葛藤――自分はこのままでいいのか、自分の存在というのは社会から認められているんだろうかという、不安や寂しさをテーマにした歌だと思います。

佐野:
ほとんどの人がそうだとは僕は思わないけれども、往々にして、若いころというのはみんな孤独です。自分がどうあるべきかというのをいつも探している。何か答えをくれる人がそばにいればいいですが、そんなインスタントに答えは転がってないですよね。ですから、自分から探しに行く。探していく途中は、非常に孤独なものですよね。いろいろなためらいもあるし、悩みもあるし、喜びもあるし、何か苦しみもあるかもしれない。でも、そういう状態は、僕はとても美しいと思うんです。人が人として成熟していく、そのプロセスはどうあれ、とても美しいものだと僕は思う。
これはソングライターとしてとても良いテーマなんです。成長するってどういうこと?って。僕の初期の曲もそうですけど、今でもそれをテーマに曲を書いています。



――その音楽は、僕らに人生の気づきや、ヒントを与えてくれるものだと思うんですが、佐野さんは、みんなにこんなことを気づいてほしいと思って歌っているのか。それとも、そうじゃないところから言葉が生まれてくるのか。

佐野:
自分は詩や曲を書いていて、みんなにこんなことを気づいてほしいとは、ちっとも思ったことはないですね。僕がいつも思っているのは、何かましな曲を書きたい。誰かにとって意味のあるストーリーを紡いで、それを歌にして。その歌が必要としている所に、人に届いてほしいということを、いつも思っています。「みんなで分かち合いたい物語があるんだけど、みんな聴いてみて。どう思う?」という感じですね。

本来ポップソングは楽しいものであるべきだと、僕は思う。なぜなら、10代のときに自分が励まされた曲はみんな明るくてポジティブで、どこか楽しげな感じがした。でも、ソングライティングをしている中で、社会と向き合ったり、人々と向き合ったり、「どうしてだろう?」と思うことがある。それを、時折歌にしてみようかなと思うときはありますね。だから、「こうあるべきだ」と僕は歌えないけれども、「僕は世の中をこういうふうに観察しているんだけど、みんなどう思う?」っていうような調子で書いた曲は何曲かあります。


ディストピア的な世界を歌った『ニューエイジ』  音楽だからできる“マジック”
――今回SONGSでは、『ニューエイジ』という曲を演奏されましたよね。それはどういう理由で?

佐野:
この曲は、1983年にニューヨークで生活しているとき、借りていたアパートメントの一室で詩を書きました。直感的に、これから来る自分たちの未来のようなものを想定して。その未来はどういうものだろう?って、思いをはせた。そのときになぜか、明るく、ばら色のすてきな未来が思い浮かんだのではなく、逆にディストピア的なイメージが浮かんだ。でも、未来に生きる僕たちが、そのディストピア的な世界の中で埋もれてしまうのではなく、その闇を裂き、小舟で海原を切り裂いて、そして前進していく、そういう力強くて勇敢な曲を書きたいと思っていました。それが『ニューエイジ』です。

――2020年、コロナが世界中に拡大して、まさに世界はこのまま存続できるんだろうか、とまで考えている人もいると思うんですよね。そういった中で、あえてディストピア的な世界を描いた歌を歌うということに、僕はすごくどきっとしたんですが、佐野さんはどう感じているんですか。

佐野:
作品の中では3分間、4分間の中で強烈なイメージを聴き手に差し出すわけですから、多少表現が大げさになることはある。でも、人生においては、僕はどんなことがあってもあまり大げさに捉えないようにしています。「このまま世の中が終わっちゃうんじゃないか」とか、そういうことを僕はあんまり…どっちかというと楽天的ですね。「どうにかなるよ」と。

で、この「どうにかなるよ」という感じも、ポップ音楽にはとても大切かなと思うんですね。もちろん、ある人にとっては「世の中、やってられない。何て残酷なんだろう」って感じている人はいると思う。そういう人が僕の曲を聴いたときに、現実を真っすぐに見るんじゃなくて、ちょっと横から見てみて、「意外と笑えるんじゃない?」とか、違う視点から見ると今まで自分がイメージしていたものが違ったように見えることもある。それがロックンロール音楽やポップ音楽ができる、言ってみればマジックのようなものですかね
それはどっちかというと、コメディーに似ている。優れたコメディーは、僕たちに別の視点を与えてくれる。そして、何かつらいと感じていることも、「いや、ちょっと待って、そんなにつらくないよ」って、「見方によっては笑っちゃうじゃん」というような別の視点を受け取る。ロックンロール音楽も、どっちかというとコメディーに似ていると思います。



――この曲が生まれたニューヨークは、すごく多様な街ですよね。そこでどんなことを吸収して、佐野さんの学んだことを投影されたんでしょうか。

佐野: いろんな人種がいて、いろんな宗教の人たちがいて、いろんな考えがあり、いろんなバックグラウンドを抱えた人たちがまるでメルティングポットのように集まっている。そこで、みんな議論をしたり、愛し合ったりしながら、その人間のエネルギーが原動力になって、街自体が動いていってる。何が正しい、何が間違いというところで動くんじゃなくて、人間のエネルギーそのものが原動力となって、街が動いていってる。その有様というのは、とても自然だし、とても力強いものだし、何か信じてもいいものが、そこにあるような気がしました。


――一人ひとりが、いろんなことを考えて、それぞれが自分らしく生きる。そのことをポジティブにとらえることは、この2020年の世の中でも、最大の課題だと思います。

佐野:
僕が一番、自分自身がこうなるのは嫌だなという状態のひとつが、虚無的になること。何か物事に対して「これもダメ。もういいよ」ってふてくされて、誰かとディスカッションすることもしないし、自分から能動的に何かを生み出すこともしない。こういう状態を、一番、僕は恐れます。ときどき、そういう気持ちに襲われますからね。でも、そのときには「ちょっと気をつけなきゃ」って思う。だから、どんな時代でも、虚無的にならず、やっぱり、人と交わって、そして、「自分はこう思う」ということを主張し、相手が「こう思う」と言ったことに対して、攻撃したりせず、いろいろな考え、感じ方があるんだと、それをありのままの状態として受け取ることができれば、その先に、何かいいことが待っているような気がします。


佐野元春が見つめた“コロナ禍”
――今の、このコロナの感染が世界的に拡大している状況を、どういうふうに捉えてらっしゃいますか?

佐野:
大袈裟には言いたくないけれども、将来やってくる、“非接触社会”の予行練習をしてるような感じ。いいことか、悪いことか、分からないけれど、そういうふうに捉えてます。 多分、接触を嫌がる世界がやってくるんだと思います。そのときに、今までの僕たちの習慣が、無駄になるかもしれないから、今、予行練習をしとけって感じですかね。

――握手をしたり、ハグしたり、こうやって直接話したりすることが。

佐野:
そんな世界は嫌だけれどもね。非接触社会がどういうものなのか、考えてみたくはないけれども、でも、もし、そういう未来が来るとしたら、僕たちは練習が必要だ。そう思います。もし、最初から非接触社会に生まれたなら、何の文句も言わない。けれど振りかえってみれば、人との接触でいい思いをし、成長してきた。そこに喜びも悲しみもあり、人として育まれてきたと思っている。人との接触というのは、とても大事なものだと、僕は思います。未来は非接触社会が来るのかもしれないけど、嫌だなと、率直に思ってます。

――私も、今の状況を毎日お伝えして、いろいろなことに気づかされました。例えば、医学・科学は、コロナに勝てるのだろうかとか、人々は支えあって生きていけるんだろうか。あるいは、僕たちは、何を大切にこれから生きていったらいいんだろうか・・・いろんな課題を突き付けられている状況だと思うんです。
そんな中で、佐野さんは、アーティストとして、どんな役割を果たしていけるのかと考えていますか?


佐野:
今、こういう状況だけど、「みんなで上がっていこうぜ。やがて霧は晴れるだろうから、今のうちに、夢とアイデアは蓄えておこうよ」って、仲間たちにはそう問いかけている。長期的に見て、もし、今まで、僕らが良いと思って積み上げてきた経験が、無駄になるとしたら、それは残念に思う。そうならないように、次の新しい時代に向けて、新しいサバイバルの方法を見つけていかなくちゃいけない。自分はたまたま、詞が書けて、曲が書けるので、音楽でもって、それを探求していきたいって思っている。

――このコロナ禍の中で、私自身も報道で何ができるんだろうかと、悩みながら過ごしてきました。多くの方々の苦しい姿をお伝えしていますが、それによって、ほんとうに救われる人はいるのだろうかと葛藤しています。
佐野さんは、音楽、エンターテインメントは、今、この社会の中で、どんな役割があるとお考えですか?


佐野:
いま、エンターテインメントが死にかけてるという言い方もある。僕はエンターテインメントは必要なものだって思っている。エンターテインメントを越えて、何か表現のようなものに行きつけるとしたら、それはとても価値のあるものになるような気がする。それを大事にしたい。そんな気持ちを最新の曲「エンタテイメント!」には込めています。

エンターテインメントというのは、時には人々の気持ちを癒したり、人々の気持ちを楽にしたり、人々のことを笑わせたりして、一時期の気の紛らわしに終わることも、往々にしてある。それは、それでいいんです。エンターテインメントの果たす役割は、そこに一つあると思う。でも、自分がやってるのは、その先ですね。エンターテインメントの先にある、表現にまで行きつきたいって、いつも思っている。それが、後にアートって呼ばれ、何かエンターテインメント以上の表現として認められることにつながるのかなと思うんですね。そのようなエンターテインメントは、僕の中では永遠です。


多感な少年時代から大人になった今・・・


佐野さんと僕らをつなぐ大切なチャネルがラジオだ。
「元春レイディオ・ショー」は、80年代のNHK「サウンドストリート」に始まり、その後様々なラジオ局で今も続いている。我が家には、妻がエアチェックしたカセットテープが数十本ある。佐野さんは、番組のオープニングやエンディングで、「I wanna be with you tonight!」とコールしていた。
今夜、君と一緒にいたいんだ――その言葉通り、僕たちの多感な10代は佐野さんの音楽とともにあり、そのことばに導かれて、大人になった。

――佐野さんはひところ、ラジオでインディーズバンドの紹介をやっていらしたと思うんですけれども。僕は、実は自分のバンドの曲を送ったことがあるんです。

佐野:
あぁ、僕は採用しましたか。

――していただけなかったんですが、楽曲のアイデアはなかなかいけるものがあると。だけど、「演奏や表現力はもう少し頑張りましょう」という、お手紙をいただきました。採用していただきたかったなと思うんですけれども(笑)。そしたら、僕は今ここにいないかもしれない。
僕は佐野さんが書くさまざまな言葉にインスパイアされて、言葉を生かせるような仕事に就きたいと思って、今のこの仕事を30年以上続けています。僕と同じように、佐野さんのつくり出す音楽や言葉、佐野さんが紹介した音楽とともに、多くの人たちがこの40年さまざまな歩みを進めて、そして今に至っている。「つまらない大人にはなりたくない!」と言いながら、何とかもがいて、ここまで来ている、と思うんです。佐野さんは、私たちにとっては本当にいい人生の先生だったんです。


佐野:
自分は先生なんて思ってないですけれども、1980年にレコーディング・アーティストとしてデビューして、自分の思いのとおりに曲を書き、演奏して、ここまでやって来ました。で、いつも思うのは、自分がいい曲を書いたと思っても、それを発見してくれる人がいなかったら、その曲はどこかに埋もれてしまう。ですので今言いたいのは、これまで僕の音楽とともに歩んでくれたファンの方たちがいるとしたら、「ありがとう」と 言いたい。つまり「僕の音楽を発見してくれて、そこに価値を与えてくれてありがとう」と、そう言いたいです。

――こちらこそ、佐野さん、本当にありがとうございます。

佐野:
音楽が持つ力というのは計り知れないですね。特に、自分もそうでしたけれども、10代の多感なころに触れた音楽というのは、今でも自分にとっても大事なものとしてあります。多感な頃ですから、本当にいろんなことを感じるわけですよね、そして、自分はどう生きていったらいいのかということを、人には言わないけども、真剣に考えたりする。その中で、時々、そばにある音楽が励ましてくれたり、「もっと楽になりなよ」と言ってくれたり、何かロマンチックな気持ちにさせてくれた。自分の経験を振りかえれば、多感な頃に聴く音楽というのはとても大事だなと思いますね。僕の音楽が、当時の多感な世代に届いて、そして、その方たちの生活や人生とともに僕の音楽が、もしあったんだとしたら、もうソングライターとしてはこんなに光栄なことはないです。


コロナ禍において、音楽は、芸術は、エンターテインメントに何が出来るのか――
個人的には、その答えは明白だ。芸術やエンターテインメントは、心を勇気づけ、成長させる。僕は、佐野さんの音楽から生きる力や、生きる方向性を得た。もちろん、それがすべてではないけれど、佐野さんの音楽に共感してきた自分だからこそ、今、人々の生き方に共感できるようになったと思うし、僕らが住むこの世界のあり方に疑問を持ったり、それでもこの世界は素晴らしい、と思ったりするようになったと思う。
佐野さんと、これからまた会う機会がどれほどあるかはわからない。奇しくもこの日に交わった僕らは、またそれぞれの日々を格闘したり、楽しんだりしながら、歩んでいく。でも、佐野さんという存在は、僕らの心をこれからも支え続けていてくれるだろう。


――これからも佐野さんの音楽がないと、僕らは生きられないです。佐野さんはいつまで、僕らのそばにいてくださいますか?

佐野:
いつまでとは、約束はできないけれども、このコロナが晴れて、また僕たちがいつも通りコンサートができるようになったら、ぜひ会場に来て、皆さんと一緒に、良い時間を過ごせたらなと思ってます。そのときを夢見て、今、いろいろとアイデアを蓄えているところです。

――いつまでも、僕らは、佐野さんに対して、I wanna be with youです。

佐野:
洒落たこと言いますね。ありがとうございます。


SONGS「第551回 佐野元春」(2020年10月3日放送)
ウェブサイトはこちら

この記事へのご意見・ご感想は下の「コメントする」からお寄せ下さい。


【あわせて読む】
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《前編》
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《後編》
- 南の島のミニシアター 新型コロナで休館、そして“再起”へ
-「スパイの妻」黒沢清監督に聞く 番組未公開トーク
2020年10月8日

コロナ禍の映画業界―「SAVE the CINEMA」ムーブメントから半年 ミニシアターはいま《前編》

新型コロナウイルスの影響で、苦境に立たされる映画業界。中でも小規模な映画館「ミニシアター」は感染が拡大した4月~5月、休業に追い込まれるほどの打撃を受けるところもありました。こうした映画館を救おうと、ことし4月に「SAVE the CINEMA」というSNS上の運動が始まりました。ネット上から始まり、大きなうねりとなった取り組みからおよそ半年。映画界、そしてミニシアターはいまどうなっているのかを取材しました。
(クローズアップ現代プラス ディレクター 板橋俊輔)

「映画界を救おう」 #SaveTheCinema が生んだ一大ムーブメント
緊急事態宣言が発令された半年前、映画業界は大きな不安に包まれていました。作品を上映する映画館、とりわけ小規模な「ミニシアター」が閉館に追い込まれるのではないか――危機感を抱いた映画関係者はSNS上で警鐘を鳴らしました。そこで、声をあげた映画監督やミニシアターの支配人、弁護士などが集まり、「SAVE the CINEMA」プロジェクトが4月に始まりました。

SNS上でハッシュタグを用いて呼びかけ、ネットで集めた署名は9万筆以上。有志で政府に対して緊急支援を求める要望書を作成し、政府や関係省庁へ提出しました。 この動きと平行して「SAVE the CINEMA」と提携した支援団体が大規模なクラウドファンディングを実施。3万人以上から、目標額の1億円を大きく上回る3億円超の支援が集まり、全国118館のミニシアターに対しおよそ300万円ずつが分配されました。

5月には文化庁が、映画界に限らず演劇や音楽なども含めた文化芸術活動に対して、500億円を超える支援事業を決めました。
SNS上の「映画界を救おう」という声が集まって一大ムーブメントを巻き起こし、世の中を動かす様子をTwitter上で見ていた私はミニシアターに寄せる人々の思いの強さ、そして映画の持つ力をスマートフォンの画面越しに感じていました。


SAVE the CINEMAのSNSアカウント 呼びかけは映画関係者や愛好家に広く拡散された

ミニシアターはいま 入場制限は緩和されたけれど・・・「安心はできない」
あの“熱狂”から半年、ミニシアターは復活したのか――9月末、私はその現状を知るため、渋谷にあるミニシアター「ユーロスペース」へと取材に向かいました。
取材日の約1週間前、イベントの入場制限が緩和されました。これまで新型コロナの感染拡大を受けて、観客数を定員の半分以下にする対応を取っていましたが、19日からすべての座席を対象に観客を入れることができるようになったのです。


制限が解除された9月19日 マスクの着用や手の消毒、検温などの感染予防対策を実施

スクリーンの入り口に置かれたたくさんの消毒液など感染対策が施された以外は、以前と変わらない劇場内の様子。「客足も元通りに戻っているのかな」と楽観的に考えていた私の考えと裏腹に、ミニシアターの支配人・北條誠人さんからの言葉は深刻なものでした。

ミニシアター『ユーロスペース』支配人  北條誠人さん
「去年に比べて、観客の入りは8割ほどに回復しました。しかし全く安心はできません」

このミニシアターは緊急事態宣言が出た4月から5月にかけて、55日間に及び閉館していました。その間の売り上げはゼロ、それでも人件費などを支払わねばなりませんでした。「その頃に比べて8割まで戻ったのならもう安心なのでは・・・」と当初、私は安直に思っていました。ところが、事態はそんなに単純なものではなく、ミニシアターならではの事情により予断を許さない状況が続いていたのです。

ミニシアターとは? 日本の上映映画の70%が上映される“映画を支える場所”


ミニシアター「ユーロスペース」 1982年に開館した

ミニシアターならではの事情を説明する前に、そもそもミニシアターとはどのような映画館なのでしょうか。ミニシアターは、大手の映画製作会社や配給会社の直接の影響下にない独立した経営を行い、単館ないしは数館による公開を前提とした作品を中心に上映する小規模な映画館です。多くのスクリーンがある「シネコン(シネマコンプレックス)」とは違い、ミニシアターのスクリーン数は1~2つの所が多く、ミニシアターごとに上映する作品を独自に選んでいるため、劇場ごとに個性のあるプログラムを組んでいることが特徴です。
ミニシアターは全国に120館ほどあると言われています。

上映スクリーン数としてはシネコンが9割、ミニシアターは1割。ミニシアターは数は少ないながらも、商業的な成功を追求する作品よりも、アート系の映画や、ハリウッドのような大作映画ではない世界各国の映画、まだメジャーになっていない国内の若手監督の作品などを上演。“全米が泣いた”作品ではなく、一人ひとりの心に刺さる多様な価値観を提供し、日本の映画文化の多様性を担ってきました。

ミニシアターの全国団体「コミュニティシネマセンター」によると、2019年に日本で公開された作品のうち、70%がミニシアターで上映され、50%の作品はミニシアターのみで上映されました。ミニシアターが無ければ、50%の映画が上映の場所を失うことになるのです。

再び感染が拡大したら・・・先行きの見えないミニシアターの不安
話を元に戻します。8割の観客が戻ってきていても苦境にあるというミニシアターならではの事情、それは先述した上映のあり方が大きく関係しています。これまで、多くのミニシアターでは、人気作品の上映や舞台挨拶などの時に入場数を増やして収益を出し、その利益をユニークな作品やまだ無名の監督の作品上映に充てて、採算を合わせてきました。

そのためミニシアターの経営は“コロナ禍”以前から、決して余裕のあるものではありませんでした。そこに新型コロナによる打撃が加わることになりました。去年の8割近くまで観客の入場数が回復したからといって決して黒字になるわけではなく、油断のできない状況が続いている、それが多くのミニシアターの置かれた現状でした。

また、もしも客の入りが元に戻ったとしても、「再び感染が拡大したら」「ミニシアターでクラスターが発生したら」・・・不安はつきないと、ユーロスペース支配人の北條さんは言います。

ミニシアター『ユーロスペース』支配人  北條誠人さん
「シニア層、65歳以上のお客さんに支えられているミニシアターは多いです。この半年間ほど映画館から足が遠ざかっていた人が、果たしてまた戻ってきてくれるでしょうか・・・。入場制限は緩和されましたが、まだまだ先は見えません」


ミニシアター「ユーロスペース」支配人 北條誠人さん

#SaveTheCinemaから半年 映画界復活への課題はいまも山積
いまも不安定な状態が続いているミニシアター。その状況を誰よりも理解しているのが、半年前に一大ムーブメントを起こした「SAVE the CINEMA」プロジェクトのメンバーです。彼らはいまも月に2~3回、オンラインや対面で打ち合わせを重ねていました。大成功を収めたプロジェクトがいま、何を話し合っているのか――私は、打ち合わせの場を取材させてもらいました。

土曜日の夜、都内の会議室の一室に集まったのは映画監督や弁護士、映画館の関係者など。ビデオ会議での参加者もあわせると10名以上にのぼりました。打ち合わせには、ミニシアター「ユーロスペース」の支配人・北條さんの姿もありました。

打ち合わせの内容は、コロナ禍の映画界に様々な課題がまだ山積していることをうかがわせる内容でした。特にこの日話題になっていたのが、文化庁による支援事業についてです。


この日の打ち合わせには映画監督や弁護士、ミニシアター支配人などが参加

文化庁からの支援事業がスタートするも・・・支援額は予算のおよそ3分の2にとどまる
映画界に限らず、演劇・音楽業界とともに国に働きかけたことが後押しとなって決まった、文化庁による支援事業。新型コロナウイルス感染拡大の影響により活動自粛を余儀なくされた文化芸術関係団体などを対象に支援をするものです。今年度の第2次補正予算事業で、予算が500億円つきました。

支援の形式はフリーランスや団体など、対象によって3種類に分かれており、支援の上限は20万円から150万円まで。とても良い制度に見えますが、打ち合わせの場では、映画関係者から様々な声が寄せられていると報告がありました。

「申請の手続きが煩雑すぎる。用意する資料が多くて途中で挫折してしまった」
「周りの映画関係者も結局出さずじまいに終わりそうだ」

中でも特に多かったのが、「支援が給付ではなく、助成・補助のためのもので申請がしづらい」という声でした。


文化庁ホームページ

文化庁によると、この支援事業は
“感染対策を行いつつ、直面する課題を克服し、活動の再開・継続に向けた積極的取組等に必要な経費を支援し、文化芸術の振興を図ることを目的” (文化庁ホームページより)
としています。つまり、感染対策や新たな活動のために必要な経費の一部を、事後に補助するものでした。

例えば、感染対策のための消毒液や検温計などの対策グッズを新たに導入しようとした場合、その対策に必要な経費は、まず自己資金でまかなわなければなりません。コロナ禍で厳しい資金繰りを強いられている状況のミニシアターや映画の関係者にとって、支援を得るためには身銭を切らないといけないため、厳しいハードルとなりました。彼らが必要なのは、この苦境を持ちこたえるための運転資金であり、出費をして、その一部の補助を待つことになるこの制度では、使い勝手が悪いと言います。


新たな取り組みの実施に必要な費用の一部を事後に補助

この支援事業について、SNS上では「使い勝手の悪さ」を指摘する声が多く上がる一方、「申請が通って一安心した」と評価する声も挙がっています。ただ、文化庁によると実際に映画・演劇・音楽業界などの支援に充てられた総額は、予算の3分の2程度(約260億円~280億円)にとどまったと推計されており、十分に支援がいかされていないのが現状です。

支援事業への申請は9月30日に募集がいったん締め切られたものの、事業を延長する要望も寄せられていることから、文化庁は追加で募集を行うことにしています。

SAVE the CINEMAプロジェクト メンバー・映画監督 西原孝至さん
「文化庁の年間予算はおよそ1000億円、その半分近くにあたる予算を割いてくれたのはとてもありがたいことです。しかし、現場の“こうしてほしい”という声をもっと反映してもらえないと、せっかくの支援が十分にいかせません。ミニシアターや映画関係者の多くは、まだこれからも苦しい状況が続きます。次の一手を考える必要があるとメンバーでも話しています」


苦境に立たされた映画関係者が声を上げて半年。ミニシアターを始め、映画関係者は今も先行きが見えない不安を抱えていることが取材を通してわかりました。その一方で、映画文化の灯を消さないために、前へ進もうとする動きも生まれています。
《後編》では、若手の映画関係者やSAVE the CINEMAプロジェクトの新たな取り組みを紹介します。



この記事や、ミニシアター・映画業界へのご意見・ご感想は下の「コメントする」からお寄せ下さい。

【あわせて読む】
-武田真一、佐野元春に聞く――「SONGS」未公開トーク
-「スパイの妻」黒沢清監督に聞く 番組未公開トーク
クロ現+
2020年10月6日
このお題はクローズアップ現代+で番組になりました

「スパイの妻」黒沢清監督に聞く ベネチア国際映画祭で監督賞受賞 ――番組未公開トーク コロナ禍、そして次の作品は・・・

べネチア国際映画祭で、「スパイの妻」で監督賞を受賞した黒沢清監督。「スパイの妻」は太平洋戦争の直前に国家機密を偶然知ってしまい、正義のために世間に公表しようと暗躍する男性と、その妻の物語です。黒沢監督は1時間にわたって、作品や映画にかける思いを語ってくれました。番組でご紹介できなかった未公開トークをお伝えします。

番組の内容・スタジオトークはこちら
(聞き手 クローズアップ現代プラス 武田真一キャスター)


1時間にわたり映画への思いを語った黒沢監督

“クロサワ”ワールド 「移動」のシーンにも魅力の秘密が

黒沢映画の独特の魅力を彩る、様々な撮影や演出の手法。番組では、大事なシーンを“長回し”することや、光や風をいかす演出などを紹介しましたが、「移動」のシーンにも秘密があると黒沢監督は言います。

――非常に印象的なのが、どの作品でも例えば車や電車、バスの中に乗って移動するシーンがポイントになるところで出てきますよね。しかもその車窓の風景が、人工的な、本当の外の風景じゃない。どういう発想でああいう演出なんでしょうか。

黒沢清監督(以下、黒沢)
(風景を合成する手法は)「スクリーンプロセス」と業界ではいわれています。
登場人物がふと車に乗って移動するのが大好きなんですが、なぜそうしたことをやるかというと、1つ理由があるんです。特に2人の人物があるシーンでふと、車やバス、電車に乗ったとき、少なくとも僕の映画の中ではそういうときって、それまで言えなかった本音をどちらかがぽろっと言ってしまう。あるいは、本音をふっと言ったふりをして、それがものすごい引っかけだったりすることもあるんです。乗り物に乗っているときに、ふと交わされた2人の関係が、その後の2人を大きく変えてしまう。“転換点”で乗り物を、僕はよく使うんです。

たぶん皆さんも車を乗っていると感じるんじゃないかと思うんですが、乗っている者としては閉鎖された、どちらかというと静かな空間に、結構接近して2人座っていて同じ方向を見ていて、ふっと本音を言っちゃったり、愛の告白をしちゃったりですね。そういう空間だったりもすると思うんですね、車などの乗り物って。だから僕の場合、映画の中でも、乗り物は疾走感とか移動感ではなくて、そこに乗り合わせた人たちのすごく親しい関係が、急に表現できる密室、親しげな空間として扱うことが多いです。ただ、親しげなようで、実は大きな物語の転換点にもなっている感じです。


黒沢清監督

日常が壊れる “コロナ禍”に感じる不気味さや怖さ

黒沢作品で繰り返し描かれるモチーフは、それまで平穏だった世界が静かに壊れ、変質していく様子です。 当たり前と思っていた社会の前提が突然壊れ、見る者の価値観を大きく揺さぶります。昨今の“コロナ禍”と呼ばれる状況に黒沢監督は不気味さや怖さを感じていると言います。

――“新型コロナ”はじわじわと社会の中に広がっていって、そして、何か私たちの大事な社会の信頼であるとか、いろいろなものをむしばんでいく恐怖のようにも感じます。 黒沢監督は、今のコロナ禍はどう感じられていますか。

黒沢
得体が知れないので、不気味ですね。別な観点で言いますと、自分の力で何1つ判断できないもどかしさというか、怖さをこれほど感じたこともないです。本当に新型コロナは恐ろしいと思うんですが、なぜ恐ろしいかというと、それが政府の発表であったり専門家の意見であったりからしか、僕たちはわからないんです。彼らが発信する言葉を信じるしかない。これまでは大抵、そういう人たちの言葉ってある程度自分の価値観で「これはこれぐらいの信憑性があるな」とか「これはちょっと怪しいな」とか、それなりに自分で対処してこられたと思っていたのですが、今回は信じるしかないんですよね。
医療従事者の方とかはもう少し身近に、リアルに今回の怖さを感じているとは思うんですが、そうでない僕たちは、お上の発表どおりに生きるしかないっていうのも怖いなと思います。


――自分自身でコントロールができない。どのぐらい怖がればいいのか。「正しく怖がる」とよく言いますが。

黒沢
マスクしろといえばするしかないですし、そろそろ取っていいっていったら取るしかないし、「まだダメだよ」と言ったら、またマスクをするみたいなことでしか対処できていない。そうするしかないんですけども、なかなかこれはつらい。こんなことってこれまでなかったので、結構ハードなことですね。


――病気だけじゃなくて災害もありますし、世界の至る所で戦争もまだ続いています。日常が突然壊れてしまうということは実際に本当にあるんだと、私も最近実感します。監督が描いているのは、宇宙人であったり、サイコパスのシリアルキラーだったりしますが、得体のしれない恐怖、私たちがコントロールできない恐怖というんですかね。そういう意味では共通点があるように感じます。

黒沢
そうですね。特に現代は様々な情報が飛び交ってますから、情報を通して「いま世界はこうなってるな。だから、自分はこうなんだな」と、社会の中の自分のポジションを決めます。しかし、本当にそうなのかというと、自分が「社会はこうである」と思っていたものが、いきなりぐらぐらと揺れてきますよね。
ごく自然に、ごく狭いコミュニティーの中で「自分はこういうポジションだ。自分と世界はこう関わってるんだ」というのが如実に実感できた時代はまた別かもしれませんが、情報で自分を規定している社会ですと、危機って予想もしないところからやってきそうで、疑いだすと周囲すべてが恐怖に思えてきますね。



たった1人との関係で世界の見え方は変わる

――監督の映画にも、大きな社会であるとか、国家であるとか、そういったものにあらがう個人というものが必ず出てきて、それは必然なんだということでしたが、私たちがいま大切にしなければいけないもの。監督はどういうふうに感じていますか。

黒沢
これは映画でも描くことなんですけども、僕が実感しているのは絆とかそういった大きな言葉ではないんですが、まずは隣にいる人、2人の関係でいいと思うんですね。誰もいない、誰1人周りにいない、たった1人である孤独っていうのはすごく大きな問題だと思うんですが、心が通じ合える人がたった1人でもいれば、もうそれで世界の見え方が全く違ってくると思います。
だから、もし1人いれば、その人との関係性を本当に大切にする。それすら危うくなることがあるかもしれませんが、そのたった2人の関係というのを信頼して深めていけば、世界のいろいろな恐ろしいことは乗り越えられるのではないかと。そこからスタートする。 そこを大切にすることが僕はとても重要だと思いますし、僕の映画の中でも、いろんなとんでもないことがいっぱい起こります。「スパイの妻」でも、戦時下でのっぴきならない状況に追い込まれる人々が描かれますが、最後には夫婦の愛といいますか、信頼みたいなものがどこまで貫けるかというところが、この物語の肝になっていると自分では思っています。


――今回の映画でも、例えば私も、妻と一緒にいる時間っていうが大事なんだなというふうに実感したシーンやせりふがあったんですね。今このコロナ禍において、僕らが大事なものは何かっていうことを気づかせてくれる作品でもあるなと感じました。

黒沢
うれしいです。そう言っていただければ。


――監督の今までの映画はどちらかというと、「えっ、こんなふうに終わるの?」というものが多いんですれども、それはなぜなのでしょうか。

黒沢
それは認めます。僕はバッドエンディングを狙っているとか、あえて結末を煙に巻いているとかいうつもりは全くないのですが、自分の都合よく言うと、正直「こうしか終われませんでした」と。いろいろなフィクションの事件などを起こしていきますと、社会と個人というのがどうしても反発し合ってしまって、僕も最後は希望を持たせたい。最後はハッピーでありたいと願うんですが、どれがハッピーなのか、どれが希望なのかっていうのは、追求すれば追求するほどわからなくなってですね、「すいません、これが限界です」というところで終わらざるを得ないというのが本音です。
ただ、今回の「スパイの妻」で初めて、戦時下という時代を扱ったので、自分の中ではわりと気持ちよくではないんですけど、きっぱり終われたなという手応えがありました。それは、扱った時代は戦時中なんですけど、その後どうなったかはもう決まっているから。それを僕たちは知っている。主人公たちはあの時代、大変な目に遭うけども、その後こうなった、その後日本はこうなったというのがわかっているので、主人公たちの行く末も、だったらこうしたであろうと、わりと気持ちよく自分の中で決断できましたね。現代ではこの先どうなるかわからないので、現代のドラマはどうしても、モヤモヤと終わらざるを得ないんですね。


――いま私たちが見舞われている社会状況も結末、先が見えない不安の中にあるわけですが、先の見えない不安の中で私たちは、例えば夫婦であったり、友達であったり、大切な人、個人個人との関係性の中でどう生きていくかが問われていると感じるんですが、どうでしょう。

黒沢
同じように思います。僕が扱っているのはもちろんフィクションの、しかも娯楽映画ですから、どのように楽しんでいただいても全くかまわないんですが、本当に世の中先が見えないし、考えていくと憂うつなことが多いかもしれません。隣にいる人とふと何かで信頼関係がもし結べたとしたら、それに勝るものはない。そこにしか希望はないと思います。



次回作 テーマは・・・

――大きな賞を受賞されたばかりで恐縮なんですけれども、次はどんなテーマで、どんな作品を撮ってみたいという、何か計画みたいなものはあるんでしょうか。

黒沢
コロナの状況もあって、いろいろやりたいこととか、やろうかと思って手をつけようかと思っていたことはあったんですが、みんなストップしてしまいました。ただ、こういう時期っていつもあって、世の中動いていても、自分の企画は全く動かないなんていうのはこれまでも何度もありましたから、いずれ何かが動きだすだろうと思っています。まだ具体的に何が動くのか、どれが動くのかわかりませんが、以前フランスで映画を撮ったこともありますし、この間、日本映画ではありましたけども、ウズベキスタンでも撮影したので、またちょっと海外で、日本ではないところで、社会と個人の関係も日本とは少し違う、そういった文化のもとで何かおもしろい映画が撮れたらなと思っています。


――どこなんだろうと思ってしまいますけど(笑)

黒沢
いや、ちょっとまだ、いくつかあるんですけどね。秘密です。


2020年9月23日放送「17年ぶり快挙!ベネチア監督賞 黒沢清監督が語る」
番組でお伝えした内容・スタジオトークはこちら



【あわせて読む】
-武田真一、佐野元春に聞く――「SONGS」未公開トーク
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《前編》
-「SAVE the CINEMA」から半年 ミニシアターはいま《後編》