クローズアップ現代トップ > みんなでプラス > #みんなのネット社会 > 「ドンと背中を押してもらった」妊娠中の女性がワクチンを打つまで
2021年8月10日

「ドンと背中を押してもらった」妊娠中の女性がワクチンを打つまで

“ワクチンを接種すると不妊になる、流産する”というデマがSNSなどで出回り、それを見て不安になる人が少なくありません。今年5月に出産したマリさん(仮名・アメリカ在住)もその一人です。一度は「ワクチンを打つのをやめよう」と思ったマリさんですが、ある医師の動画を見たことで考えを変え、出産前にワクチンを接種しました。マリさんの背中を押した医師の言葉とは。

(8月10日放送 フェイク・バスターズ「新型コロナワクチンと誤情報」から
取材:吉田達裕ディレクター 構成:涌井瑞希ディレクター)

新型コロナワクチンの最新情報はこちらから


世界中で拡散した誤情報 出産を控えた人たちを不安に

アメリカに住むマリさんは、5月に第二子を出産しました。アメリカでは去年12月からワクチンの接種が始まりましたが、妊娠中にワクチンを打つことにマリさんには迷いがありました。

去年12月、ワクチンを製造するファイザー社の元職員が「新型コロナワクチンは胎盤に悪影響を及ぼし、不妊症や流産の原因になる」という主張をSNSなどで発信。根拠のない誤情報にもかかわらず、“元ファイザー”という肩書きもあり、ネット上で幅広く拡散されていたからです。最初は英語圏で、その後日本でも広まっていました。

スマートフォンを見るマリさん

マリさんは新型コロナウイルスの感染拡大以降、情報を求めてSNSを頻繁にチェックするようになっていました。“ワクチンが不妊や流産の原因になる”とするデマは、Twitterのタイムラインにたびたび流れてきました。マリさんがフォローしている人たちも「いいね」や「リツイート」をしていました。



マリさん
「妊娠中っていうのはただでさえ不安なんですよね。本当に生まれてくるまで分からない。そこを突いてくる。赤ちゃんに悪い影響があるよっていうふうにささやかれると、え、本当かなって思っちゃいますよね」

その頃、マリさんはほぼ家の中で過ごしていたこともあり、自分が感染するリスクは低いと判断し、「出産するまでは打たないでおこう」と考えました。

デマだと思っていても、早産や流産になるリスクはやはり怖く、感染リスクが低いのであれば「打たない方がいいのではないか」と思ったのです。一緒に暮らす夫はワクチンを接種することにしましたが、妊娠中のマリさんの身を案じて「やめておこう」と話していたそうです。


届いた一本の動画 女性医師が語った経験は



そんな時、マリさんのもとに友人からある動画が送られてきました。新型コロナウイルスの情報を発信している医師たちのグループ「こびナビ」の動画でした。

「こびナビ」は、感染症専門医やウイルス研究者、公衆衛生の専門家など30人ほどがボランティアで参加していて、ウェブサイトやSNSをフル活用し、ワクチンの有効性や副反応など、科学的根拠に基づいた情報を毎日発信し続けています。(「こびナビ」公式サイトはこちら ※NHKのサイトを離れます)

マリさんが見たのは、「こびナビ」のメンバーのひとり内田舞医師が、妊娠中の女性に向けて発信した動画でした。

動画で情報発信する内田舞医師(下) 「こびナビ」HPより

内田医師はアメリカ在住でハーバード大学医学部助教授やマサチューセッツ総合病院小児うつ病センター長を務めています。自分自身が妊娠中に新型コロナワクチンを接種した経験から、女性たちの不安に寄り添いたいと、最新の論文や研究結果をわかりやすく紹介しています。


“なんとなく怖いから接種しない” それにはリスクがある

内田医師が解説する動画の中で、マリさんが特に気になった言葉がありました。

内田医師
「“なんとなく怖いから何もしない”、すなわち“ワクチンを接種しない”という選択にも、大きなリスクがあることを忘れてはなりません」



日本産科婦人科学会やアメリカ疾病対策センター(CDC)などによると、妊娠中に新型コロナに感染した場合、妊娠していない同年代の女性に比べて、重症化しやすくなるとされています。内田医師はこうした研究結果をもとに、ワクチンを打つリスクと打たないリスクを天秤にかけて判断をしてほしいと呼びかけていました。

マリさん
「これまで“打たないことのリスク”はあまり考えたことがありませんでした。重症化してECMO につながれるかもしれないと考えたときに、『あ、それは本当に怖いことだ』と。私が感染してしまったら『家族はどうなるんだろう』『赤ちゃんはどうなるんだろう』と思いました。ドンと背中を押してもらったような感じがしました」

この動画を見てから考えが変わったマリさんは、出産前にワクチンを接種。その後、無事に女の子が生まれました。

赤ちゃんを抱っこするマリさん


“ワクチンで流産や不妊”の科学的根拠はない

ワクチン接種が「不妊」や「流産」の原因になるという情報は、世界中の公的機関が『科学的な根拠がない』と否定しています。その詳しい理由を内田医師さんに改めて解説してもらいました。

内田舞医師(ハーバード大学医学部助教授/マサチューセッツ総合病院小児うつ病センター長)
妊娠中にワクチンを接種。今年2月に元気な男の子を出産した。

内田医師
「ワクチンを接種することによって、新型コロナウイルスの周りを囲む『スパイクたんぱく質』に対する抗体ができます。デマの元になったのは、この『スパイクたんぱく質』と『胎盤を構成しているたんぱく質』が似ているため、抗体が胎盤に対しても反応するのではという説でした。しかし、検証の結果、2つのたんぱく質は全く似ておらず、胎盤に悪影響を与えることはないことが分かっています。

流産については、アメリカでは妊娠中にワクチンを接種した人3万人以上を対象とした調査が行われ、コロナの流行以前の一般的な流産率15~20%に対して、ワクチン接種後の流産率は12.6%という結果が出ています(CDC・米疾病対策センターの最新の論文より)。実際にワクチンが原因で流産が増えていることはないと確認されています。

また不妊については、ワクチンの臨床試験中にワクチンを接種したグループと、プラセボ(偽薬)を接種したグループを比較したところ、妊娠した確率は全く同じだったことが分かっています。新型コロナワクチンが流産や不妊を起こすという科学的根拠はありません」

こうした情報を発信するようになってから、内田医師のもとには質問やコメントが数千件の単位で寄せられるようになったといいます。その多くは不安を訴える女性たちの声で、それを読んだ内田医師は、改めてデマの悪質さを感じたと言います。

内田医師
「ほとんどの不妊や流産は、何かをしたり、しなかったりで確率が増えることはほとんどありません。それでも不妊や流産を経験された方々は、自分を責めることが非常に多いんですよね。私もその気持ちはすごくよくわかります。そうした心の弱いところを突いてくる意地悪なデマだなと思います」


【8月13日追記】

11日、アメリカCDC=疾病対策センターは「妊娠中の女性が新型コロナウイルスのワクチンを接種することによる、安全性に懸念はみられない」とする新たな分析結果を公表し、 妊娠中の女性にも接種を強く推奨する声明を出しました。

詳しくは こちらのニュース記事 をご覧ください。


※コメントは編集部で内容を確認の上、掲載させていただきます。