クロ現+
2020年12月11日

教員からの性暴力 149人の声【vol.107】

文部科学省の調査では、平成30年度に児童や生徒にわいせつな行為などをしたとして懲戒処分などを受けた公立学校の教員は282人にのぼり、過去最多となっています。しかし、私たち「性暴力を考える」取材班のもとには、被害者たちから「学校や教育委員会に相談しても、教員は処分されなかった」という声が相次いで寄せられています。そのひとり、自身も被害を受けたと訴え、教員による性暴力を防ぐ活動に取り組んでいる石田郁子さん。「学校の教員による被害は多いはずなのに、あまり関心が持たれてないし、明るみになっていない。教員がどのように性暴力をし、加害を継続しているのか実態を明らかにしたい」と、今年7月、インターネットでアンケート調査を行いました。回答したのは、教員から性暴力に遭った、遭いそうになったという149人。そこから見えてきた、学校ならではの実態とは。

被害時の状況 最多は「授業中」
「最初に被害を受けたときの年齢」は、6歳~23歳以上。小学生から大学院生まで幅広く、10歳(20件)、14歳(19件)、13歳(17件)、11歳(16件)と10代の被害が目立ちました。

また「加害をした教員」については、男性97.3%、女性2.7%でした。

「加害教員との関係」は、教科担任43.1%(91件)、クラス担任・ゼミの教授36.5%(77件)、部活動の顧問10.4%(22件)、「最初の被害の内容(複数回答)」は、「体を触られる、触らせられる」24.8%(76件)、「性的な発言・会話をされる」20.8%(64件)が、特に多くなっています。

石田さんが注目したのが、「被害に遭う直前の状況」を聞いた質問の結果です。



石田さんの場合は、教員と1対1の時に被害に遭ったということですが、アンケートの結果、いちばん多い状況は「授業中」でした。

石田郁子さん
「例えば授業中に、国語の授業などで何か性的な言葉を書かせられる、教師の性的な経験を聞かされる、体育の授業で指導するふりをして触られるという内容だった。性暴力は密室で行われるというイメージが強いと思うが、学校では大勢の前で行われている実態が見えてきた」


被害の認識までに長い時間
そして、性的な知識のない子どもたちは、されている行為を被害と認識することさえ難しい実態も見えてきました。149人のうち、77.9%にのぼる116人が、最初にされた行為を被害と認識できなかったというのです。



また、認識できなかった人が被害と認識できるまでの時間は、「10年以内(26件)」が最多で、30~40年かかったという回答もありました。



石田さん自身も、教員からキスや性交などの行為を受けたといいますが、性暴力だと認識するまでには20年以上の年月がかかりました。

石田郁子さん
「先生の言うことを疑わないし、まして先生が犯罪をするとは思っていないのでただ言うことを聞いていた。成長してそのことを受け入れる準備ができた時に、やっとその出来事を見ることができる。それまでには、数十年という長い時間がかかってしまう。被害が起きていても発覚せず、ちゃんと教員が処分されてないケースは、本当はもっとあると思う。」


ほかの教員・校長などに相談しても消極的・否定的な対応
もうひとつ、石田さんが気になった結果がありました。アンケートに回答した149人のうち、友達や親、ほかの教師に相談できたと回答したのは17件。複数回答で、「相談した結果」をたずねたところ、「話を聞いて共感してくれた」「ほかの教師や校長が再発を防いだ」といった、解決に積極的・相談者に肯定的な反応は少ない傾向で、多くが「まともに取り合ってくれなかった」「信じてもらえなかった」など消極的・否定的な反応でした。



さらに、2回以上被害が継続した人への「継続した被害がどのように終わったか?」という質問に対して、「保護者や警察、他の大人が介入して教師の加害をやめさせた」は5件にとどまり、大人が介入して被害を止めたというケースはわずかでした。



石田郁子さん
「大人の対応があまりにひどい。性暴力の被害に遭ったらすぐに相談するように“子どもに性教育をしよう”と言われているが、子どもが助けを求めて大人に言っても、その大人が適切な対応をしなければ解決にならない。大人が介入して解決につながったケースは少なく、加害をした教員が野放しになり、学校現場で性暴力が蔓延しているのではないか。変わるべきは、大人だと思う。すべての子どもにとって学校が安全・安心な場となるように、そして真面目にやっている教員のためにも、一刻も早く対策をしなくてはいけない。」


子どもたちから多くのものを奪う、教員による性暴力。その実態と、学校現場での性暴力をなくすためにできることを、15日放送予定の「クローズアップ現代+」で伝えます。
<放送予定> 2020年12月15日(火)
NHK総合 夜 10:00〜10:30 クローズアップ現代+
「教員からの性暴力なくすために 最前線からの提言」


<あわせてお読みいただきたい記事>
みなさんは、「教員からの性暴力」について、どのように感じていますか?下の「コメントする」か、 ご意見募集ページから お寄せください。被害に遭ったことがある方や、身近な人から相談を受けたことがある方の経験もお聞かせください。
※「コメントする」にいただいた声は、このページで公開させていただく可能性があります。

※コメントは編集部で内容を確認の上、掲載させていただきます。