クローズアップ現代トップ > みんなでプラス > “性暴力”を考える Vol. 81~120 > 子どもにどう教える?「性」の話【vol.101】
クロ現+
2020年10月23日

子どもにどう教える?「性」の話【vol.101】

子どもが「ちんちん」「おまた」を連呼する。思春期の娘から「卵子と精子はどうやって出会うの?」と質問された…。突然やってくる子どもたちの“性”への目覚めにどう対応すればいいか、戸惑ったことはありませんか? 中高生の性の悩み相談を受けるNPOには、新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、妊娠に関する不安を訴える相談が増えるなど、子どもたちをめぐる“性”の問題は待ったなし。しかし、国の教育の基準、学習指導要領では「妊娠の経過については取り扱わない」と明記され、教師たちが避妊の具体的な方法などを教えることは難しいため、家庭の役割は重要です。

親は「いつ」、「何を」、「どのように」教えればいいのか。産婦人科医などのエキスパートたちに、家庭でできる“実践的な性教育”を教えてもらいました。

子どもにどう教える? 「性」の話
https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/200923/1.html

<あわせてお読みいただきたい記事>
みなさんは、性暴力から子どもを守るために、どんな教育が必要だと思いますか? 下の「コメントする」か、 ご意見募集ページから お寄せください。
※「コメントする」にいただいた声は、このページで公開させていただく可能性があります。