クローズアップ現代+

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
みんなでプラス > withコロナを生きるヒント >  “親子の孤立”どう防ぐ? 模索する現場から【安心のヒント②】
コメント
1
2020年5月26日
“親子の孤立”どう防ぐ? 模索する現場から【安心のヒント②】
政府は緊急事態宣言を全国で解除しましたが、外出自粛などについては、地域の感染状況などを評価しながら段階的に緩和していく方針です。地域のつながりを維持しづらい状況が続く中で懸念されるのが、“家族の密室化”に伴う虐待の増加です。東京都国分寺市で子育て支援を行うNPOでは、“地域みんなで子育てをする”という考えのもと、親子を孤立させないことで虐待を防ごうと活動しています。新型コロナウイルスの影響で、広場や公園にみんなで集まりにくくなったいま、どのように親子どうしや 地域のつながりを保っていくのか、かつてない難問に直面しています。試行錯誤を続けて2か月、一つの手がかりが見えてきました。

(報道局社会番組部 ディレクター 神津善之)


子育て広場が閉鎖… 見えづらくなるSOS

(閉鎖された国分寺市 親子ひろば「BOUKENたまご」)

国分寺駅前にある子育て広場「BOUKENたまご」。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月に入ってから閉鎖していますが、以前は毎日、30組ほどの親子が利用して、にぎわっていました。運営するのは、この地域で20年にわたって子育て支援を行っているNPO法人「冒険遊び場の会」です。10人のスタッフが親たちの悩みを聞き出し、時には栄養士や助産師、心理カウンセラーなどによる支援も行ってきました。相談の数は年間1400件にも上ります。

代表の武藤陽子さんは、ストレスや不安が高まりやすいいまこそ、気軽になんでも相談できる場が求められるにもかかわらず、広場を閉鎖せざるを得ない状況になったことで、子育て中の親たちが悩みや不安を独りきりで抱えていないか、心配する気持ちを強めていました。


(NPO「冒険遊び場の会」 代表・武藤陽子さん)

武藤さん
「ここに来てほっとされていたお母さんたちが、来られなくなって、“分断”され、孤立している状況を思うと、とてもつらいです。私たちは子どもを親だけで育てている家庭をつなげ、地域みんなで子育てを一緒にしようよということを大事にしてきました。でも、その“みんなで”というところができなくなり、それぞれ自分だけで考えて子育てしなければならなくなってしまった今の状態を心配しています。

もともとこの子育て広場が立ち上がった一番の目的は、虐待予防です。実際にお家で、お子さんと長時間 向き合う中で、どんなにできたお母さんでも、行き詰まってしまう、息が苦しくなってしまうと思うんです。今回、テレワークが始まって、余計に家族だけで密になっている。そのあたりがいま大変なのではないかと思います。」



(相談の電話を待つ「冒険遊び場の会」のカウンセラーさん)

武藤さんたちは、広場を閉鎖しても相談支援は続けたいと、すぐに電話相談を開始しましたが、当初、電話はほとんど鳴りませんでした。これまで多くの相談は、スタッフとの何気ない会話の中から出てきていました。自分からわざわざ電話して相談することは、親たちにとってハードルが高いのだろうと考えました。親たちからのSOSは突然見えづらくなり、武藤さんたちの危機感は募りました。

公園での遊びも禁止に…
武藤さんたちは、室内での子育て広場に加えて、公園に親子が集って話したり遊んだりする「青空ひろば」という活動を続けてきました。市内9つの公園に週1回、プレイリーダーと呼ばれる、各地区の担当のスタッフが出向き、それぞれの親子をつないだり、砂場や遊具などでの遊びや植物観察などをサポートする取り組みです。いつも同じスタッフが参加することで、近所の親子たちと顔見知りになって、つながりを築いてきました。


(「青空ひろば」の様子 2015年に撮影 写真提供:冒険遊び場の会)

しかし、緊急事態宣言が出ると、公園に人が密集することはリスクが高いとされ、自治体からの要請で「青空ひろば」の活動も中止することになり、武藤さんたちの懸念はさらに強まりました。

武藤さん
「以前は、公園で親子のみなさんと遊んでいたのですが、新型コロナの感染拡大が続いた中、緊急事態宣言が出て、外遊びも難しくなりました。活動ができなくなるのはやむを得ないことでした。ただ、実際に活動を中止してから、“これはまずい”、“どうしよう”という気持ちになりました。公園に遊びにきていた子どもたち、お母さんたちはどこにいってしまったのかと心配になったのです。集まれないのは仕方がないけれど、大きな戸惑いと憤りもありました。」


試行錯誤から見えてきた“つながる”ヒント
子育てを支援する活動の場がなくなり、地域で築いてきた つながりが絶たれる中で何ができるのか。武藤さんたちは、手探りを続けながら、いくつかのヒントを見いだしてきました。

ヒント① SNSの情報発信は“映えない”写真
(「冒険遊び場の会」のインスタグラム)

親子に会えないようになって、NPOのスタッフたちがまず着手したのが、SNSでの発信です。インスタグラムのアカウントを開設し、地域の親たちへメッセージを送り始めました。これまで対面でのつながりを大事にしてきたスタッフにとって、デジタルでのやりとりは初めてのこと。どんな投稿をすればいいのか悩んだ末、たどり着いたのは、ありのままの日常を伝えることでした。子育ては日々続いているからこそ、特別なときだけ発信するのではなく、毎日発信し続けることを決めました。そのため、無理はせず、投稿には“映える”写真は載せないようにしました。代わりに手書きの手紙を写真に撮って投稿するなど、手触り感のある、あたたかみにあふれた写真が並びます。

こうした投稿を続けたところ、電話相談の数が徐々に増え始めました。「いつまでこの生活が続くのか、先の見通しが見えずにストレスがたまっている」とか、「みんな大変な状況だから、がまんしないといけないと思っている」という声もあったそうです。


ヒント② “手を振るだけでいい”
(公園で親に声をかけるNPO「冒険遊び場の会」スタッフ)

さらに、NPOのスタッフたちは自分の暮らす地区で、“見回り活動”を始めました。日常生活で買い物に出るついでに近所ですれ違う親子に声をかけたり、プレイリーダーたちは公園の整備をするついでに、見かけた親たちとあいさつをかわしたり。短時間でも、ひと言でも声をかけることで、孤立感をやわらげようと考えたのです。

見回り活動をするスタッフに取材で同行した日、公園に、保育園への登園を自粛している子どもとその親が来ていました。小さな子どもをずっと家の中で遊ばせることが難しく、息抜きに出てきたそうです。スタッフと何気ないやりとりをした親は、「久しぶりに家族以外の人と話をして、気持ちが明るくなった」と話していました。

見回りを続ける中で、武藤さんやスタッフたちはあることに気づいたといいます。それは、たとえ話ができなくても、手を振るだけで喜んでもらえる、ということでした。

武藤さん
「手を振っただけでも すごく喜ばれたという報告がスタッフから届きました。スタッフが『手を振ることしかできなくて ごめんね』と言ったら、『私のことを思ってくれている人がいると感じられるだけで すごくうれしい』と言ってくれたそうです。それで“あ、そっか、手を振るだけでいいんだ”と、逆に教わりました。目と目をかわすだけで分かり合える、手を振るだけで、相手の心に響くということを知りました。」


ヒント③ ポストで手紙のやりとりも
(各地区の公園に設置されたポストと掲示板)

さらに、会えない人たちに向けて、公園内に、ある仕掛けをつくりました。「ポスト」の設置です。そして、親も子どもも それぞれ自由に気持ちを書いて投かんしてほしいというメッセージを掲示しました。アナログな方法ですが、反響は上々。手書きの手紙が入るようになり、手応えを感じています。声が届く度に、スタッフが掲示板に返事を掲げ、やりとりが続いています。

“ひとりじゃないよ”と伝えたい
集まることができなくなっても 立ち止まることなく、できることを考え出して活動を展開してきた武藤さんたち。その原動力は、孤立しがちな親子に対して“ひとりじゃないよ”、“気にしているよ”ということを伝えたいという強い思いだと言います。


(子育て広場でミーティングする武藤さんとスタッフ)

武藤さん
「外出自粛が続く中、社会から分断されてしまうと、自分は独りぼっちだと感じてしまう人も多いと思います。だから、“あなたは、ひとりじゃないよ”、“ちゃんと私たちが一緒にいるよ”ということを伝えたいと思っています。
親子の遊び場を一緒に作ってきた地域の仲間として、自分の親でもない、同じ地域に暮らす第三者の大人として、“あなたの味方だよ、仲間だよ”ということを、これからもずっと発信していきたいと思っています。」


NPO「冒険遊び場の会」の活動を取材して、新型コロナの影響で、親子が集まれる場がなくなってしまうことの歯がゆさを感じる一方で、こうした状況でも、つながりを保つためのさまざまなアイデアが生まれてくるのは、長年にわたって地域の親子に寄り添い続けてきた みなさんだからこそだと思いました。生活様式の変化が求められ、多くの人が不安やストレスを抱えがちないまこそ、孤立を防ぐために、ご近所さん同士のつながりや“地域の力”がいっそう大事なのではないかと感じます。

地域の親子や家族が“つながる”ために、何が必要だと思いますか?あなたの考えや 記事への感想を、下の「コメントする」か、ご意見募集ページから お寄せください。
#新型コロナウイルス#ストレス#コロナ ストレス危機
写真 写真

#ネット社会これでいいの?

8

6

1

1

4

8


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

14

このテーマのトピック

11

「フェイク・バスターズ」 8月20日(木)放送 …
写真 写真

“性暴力”を考える Vol. 81~

56

2

2

2

9

3


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

77

このテーマのトピック

18

このページでは、ディレクターや記者の取材で得た情報や番組内容などを発信し、みな…
写真 写真

宮田教授と考える データとわたしたちの社会

35

5

5

5

5

5


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

14

このテーマのトピック

8

「ビッグデータで今後社会はどう変わっていくのか?」 「“新しい日常”にデジタ…
写真 写真

“フェイクニュース”に立ち向かう

201

11

8

7

17

37


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

88

このテーマのトピック

38

番組では、ネット上のひぼう中傷やいじめについて取材しています。 被害を減…
写真 写真

“地球のミライは私たちの手に”

175

5

7

4

15

23


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

164

このテーマのトピック

35

「桜の開花が早くなったかも…」「大雨の日が増えてきた気がする…」あなたのまわり…
写真 写真

医療と介護を考える

77

2

3

7

23

20


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

110

このテーマのトピック

14

クローズアップ現代+で取り上げる医療や介護の問題について、放送に関連したコンテ…
写真 写真

“語ろう! 学校のコト”

59

7

7

2

14

29


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

90

このテーマのトピック

8

「ブラック校則」「大学入試改革」「プログラミング教育」… 昔、通っていた人だ…
写真 写真

#あちこちのすずさん

519

15

19

19

11

47


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

79

このテーマのトピック

47

恋にオシャレ、忘れられない食べ物… 戦時中でも毎日を懸命に暮らしていた、 映…
写真 写真

ネット広告の闇

2

2

3

4

6

7


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

107

このテーマのトピック

6

年間の売り上げが2兆円を超え急成長を遂げているネット広告の巨大市場。取材班は、…
写真 写真

“性暴力”を考える Vol. 41~80

204

4

2

4

14

24


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

281

このテーマのトピック

41

Vol.1~Vol. 40のトピック一覧はこちら https://www.n…
写真 写真

“性暴力”を考える Vol. 1~40

175

5

12

22

53

120


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

343

このテーマのトピック

41

Vol.41~Vol. 80のトピック一覧はこちら https://www.…