クローズアップ現代トップ > みんなでプラス > “フェイクニュース”に立ち向かう > データが生み出す“利益”【デジタルVSリアル】
2020年4月10日

データが生み出す“利益”【デジタルVSリアル】

個人データの利益は誰のもの?

私たちの生活に欠かせなくなった、スマホの便利なサービス。使う時に生まれる利用履歴などの個人データは、広告配信に使われ、サービスを展開する巨大IT企業の収益源になっています。

一方、個人データが生む利益をユーザーに返すことをアピールする企業も生まれています。
スローガンは「あなたは商品ではない」
広告を受け取る頻度を自分で設定し、余分な広告をブロックできます。



そして、興味を引かれた広告を開くと、利用者は電子マネーを受け取ることができる仕組みです。



サービスを展開する企業のデビッド・テムキンさんはこのように語っています。
「あなたは利用者であり商品ではありません。我々は利用者のプライバシーと利益を守ります」

このアプリを使い始めた男性はたまった11ドルで婚約者に花束を買っていました。



利用者は急激に増え、900万人を突破しています。


NHKスペシャル「デジタルVSリアル」
第1回 フェイクに奪われる“私”
 4月5日(日)午後9:00~9:49(総合テレビ)
第2回 さよならプライバシー
 4月12日(日)午後9:00~9:49(総合テレビ)

私たちが信じるリアル。それ、ホントに“リアル”!?SNSの投稿動画や検索履歴に残された個人情報、そして監視カメラの映像・・・今、デジタル世界に積み上げられていく膨大なデータが現実世界の私たちの行動に大きな影響を及ぼそうとしている。
テクノロジーの進化で生まれる新たな時代を見つめるシリーズ「デジタルVSリアル」。“シリーズアイコン”としてインスタグラムで大人気、渡辺直美さんが登場!

第1回「フェイクに奪われる“私”」は、4/12(日)夜9:49まで配信します


第2回「さよならプライバシー」は、4/12(日)夜10時頃~4/19(日)夜9:49まで配信します