クローズアップ現代+

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
みんなでプラス > “フェイクニュース”に立ち向かう > 番組ダイジェスト③ ネットの医療情報 どう見分ける?
コメント
0
2019年12月19日
番組ダイジェスト③ ネットの医療情報 どう見分ける?
★あわせてこちらも★
番組ダイジェスト① 誰もが被害者・加害者に…
番組ダイジェスト② ディープフェイク動画の脅威
出演者:
MC 中田敦彦さん(オリエンタルラジオ・YouTuber) 葉山潤奈さん(芸能事務所社長・YouTuber) 山本健人さん(外科医) 神田知宏さん(弁護士) 小木曽健さん(ITリテラシー専門家) 平和博さん(桜美林大学教授)

あなたや家族に体調の異変が起きたとき、症状や治療法をネット検索していませんか?日本医科大の研究チームがネット上のがんについての情報を調査した結果、診療ガイドラインに基づくなど、医学的に信頼できるサイトはわずか1割しかなかったと報告しています。あなたが検索で見つけた情報、もしかしたら人生を狂わせることになるかもしれません。
夫が末期がんに ネットの情報信じた結果…


轟浩美さん
「500万以上かかってますよね。こんなにやっていたんだと思うと書いていて悲しくなります…。」

轟さんは、3年前に夫をがんで失った。がんと告知された後、ネットで見つけた「がんに効果がある」とうたわれた多くの方法を試した。その数、15種類以上。





轟さん
「そのときエビデンスって言葉をたくさん言われて。エビデンスって何?エビ?って。言ってることはただ一つ、『助けられない』って言うことなんだっていうことしか分からなかった。もう突き放されたんだって思って」



轟さん
「検索のときに『がん』と入力すると、サジェスト(予測変換)で『治る』とか『消える』って出てくるんです。それで、ああそうか、ここに諦めない人がいるじゃないかと。自分の聞きたい言葉を言ってる情報を信じちゃうっていう」

轟さんが最ものめり込んだもの。それは、にんじんジュースだ。アメリカで治療法が存在しているという情報を、ネットで目にしたのがきっかけだった。

轟さん
「夫に背を向けて、ずっとニンジンジュースを作り続けてるって日々が続いたんです。毎日朝昼晩って。もう狂ってきちゃってるので、冷蔵庫を開けると全部ニンジンなんですよ。50本くらい入ってるんじゃないですか」

街を歩いていても、気づけばがんの治療法を探していた。



一度抜いた血液にオゾンを混ぜ、体内に戻すという「血液クレンジング」。そこで待っていたのは、医師の優しい言葉。ここで30万円を費やした。



島根大学医学部の大野智教授。厚生労働省の研究班として、さまざまな医療情報の科学的根拠を調査してきた。轟さんが試したものは「補完代替療法」と呼ばれ、大野医師によるとその市場規模は今、推計で年間2兆円近くに達しているという。(※1)
特に最近では、比較的若い世代がネット検索をきっかけにのめり込むケースが多いという。(※2)

大野医師
「がん患者さんあるいはご家族は、不安でたまらない。そこにちょっと救いの手を差し伸べるかのように商品を持っていけば、手間をかけずに売れるというような状況がある。」

去年、世界的な医学雑誌に掲載された論文がある。補完代替療法を利用する患者は、利用しない患者よりも、国の保険が適用される標準治療を拒否する人が多いため、生存期間が短くなると報告されている。(※3)

大野医師
「生活の質を少し改善してくれる、少し良くしてくれるって意味では、補完代替療法が少し役立つ場面ってのもあるかもしれない、というような考え方も最近言われてはいるんですけども、ガンを治すっていう意味では補完代替療法で効果が証明されたものはひとつもない」

轟さんのもとには、知人や友人からも、さまざまな情報が寄せられ、そのほとんどを試した。ところが、夫の体調は悪化していく一方。主治医からは、「この体調では抗がん剤を投与できない」と告げられた。それでも轟さんは、食欲もなくなった夫に、にんじんジュースを作り続けていた。



轟さん
「きっともう耐えられなかったんだと思うんです。私が狂ったようになってる姿を見るのもつらいし。夫の名誉のために言いますと、夫は何も信じてませんでした。とにかく、抗がん剤だけをやりたかったんです」

思わず家を飛び出した轟さん。一晩中外を歩く中、自分が情報に踊らされ、夫の求めるものに頭が回らなくなっていたことに気づいた。この日を境に、轟さんは試していたすべての補完代替療法をやめた。
不確かな医療情報 どうすれば見分けられる?
潤奈:私の父親はあれやってるんですよ、血液クレンジング。心臓がすごい弱くて手術に耐えられないから「この治療法しかない」という勧められ方をして。

けいゆう:代替療法を完全に否定するつもりはないです。そういうものに希望を見いだして治療意欲を高める方もいます。希望を奪ってしまう権利は我々にはないです。ただ標準治療を否定したり、標準治療を受ける機会を奪ってしまうものに傾倒してしまうことだけは避けてほしい。

山本健人(やまもと・たけひと)。またの名を、「外科医けいゆう」。
消化器専門の外科医として手術、外来、がんの治療研究などを行うかたわら、ネットで、根拠のある医療情報を発信。ツイッター、ブログ、ユーチューブを駆使し、誤解されがちな医療情報をわかりやすく解説している。


けいゆう:完全に信じ込む人というのは、すごく情報収集力が高かったり頭が良かったりするんですよ。自分で一生懸命調べて、努力をして情報を集めて行き着いた結論というのは、本人にとっては揺るぎないんですよね。

中田:VTRで経験を語ってくださった轟さんにもお越しいただきました。外側から見ていると、「それが効くのか」という疑う目線で見ることはできるんですけど、どうして疑えずにのめり込んでしまったとお思いですか?

轟:今から思うと、検索で表示されたところに小さく「広告」と付いてるんですけど、そんなものは目に入らないし、検索の順番がエビデンスがあるものから順に並んでるんだと思ったので。ページの下の方に表示されるものは信頼できなくて、上の方にあるものが信頼できると思い、すがりました。

小木曽:検索って、すごくフラットに見ているように見せかけて、自分が欲しい情報にどんどん近付いていくんですよ。がんの標準治療がどれだけ信用できるのか、というところにはいかないんですね。医療に関してはネット検索はしない方がいいと思います。病院を調べるとか、標準治療の知識を得るためにはネットは非常に有効ですけれども。

中田:けいゆうさん、がん治療とか健康情報があまりにも色々な情報が飛び交ってるじゃないですか。科学的根拠というのはそもそも何なんですか?

けいゆう:科学的根拠という言葉がそもそも難しいんですけど…。



けいゆうさんが取り出したのは、お医者さんにとっては常識というこちらの図。難しい専門用語が並んでいるが、簡単に言うと、ピラミッドの上に行くほど医学的に信頼度が高くなることを表しているという。国の保険が適用される治療は、たくさんの研究や検証に基づいているので上の部分に限られている。逆に一番下、具体的なデータに基づかない意見は、たとえお医者さんの言葉でも信頼性が低い、というのが医学の常識だという。

けいゆう:「白、黒」「ある、ない」「効く、効かない」の2択ではなくて、医療の難しいところは、そこがグラデーションになっていること。どの程度「白寄り」なのかを調べるのが医療の歴史。

中田:真っ黒っぽいものから、ちょっと濃いめのグレーとか色々混ざってるから、難しい。

けいゆう:我々としては、科学に誠実であればあるほど「あなたを絶対に治します」とは言えないんですよ。

中田:だから冷たく映っちゃうんだ。

轟:(情報を集めるために)最初に行ったのは図書館なんです。がんのコーナーに並んでいるものはほとんどが体験談なんですね。「こうやって私は末期のがんを克服した」とかというのが並んでいた。

中田:テレビでもよくやってますよね?これをやると健康にいいとか。

けいゆう:テレビも同じですよね、同罪というか。だから、そういう情報を発信するのであれば、出典を明示しないといけない。どの程度の根拠があるのか。何を参考にしてつくったのかということですよね。

中田:いわゆるエビデンス、証拠、正確性、そういうもののためにプロのお医者さんたちはいろんな論文や実験を裏付けにしているけど、毎週画期的な情報をオンエアしているその番組は、一体どこにエビデンスがあるんだと。そういうことですね?

けいゆう:はい。攻めてますね(笑)。

中田:テレビ…!!



★番組の続きはこちらから
番組ダイジェスト④ SNSのワナ “エコーチェンバー”

(※1)「Hyodo et al. Journal of Clinical Oncology 23;2645-54,2005」 を元に推計
(※2)厚生労働省がん研究助成金「我が国におけるがんの代替療法に関する研究」より考察
(※3)出典:Johnson SB, et al. JAMA Oncology2018;4(10):1375-1381
#SNS#医療#フェイクバスターズ
写真 写真

“語ろう! 学校のコト”

51

7

6

0

12

24


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

80

このテーマのトピック

8

「ブラック校則」「大学入試改革」「プログラミング教育」… 昔、通っていた人だ…
写真 写真

“性暴力”を考える Vol. 41~

168

4

2

2

11

16


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

224

このテーマのトピック

29

~Vol. 40のトピック一覧はこちら https://www.nhk.or…
写真 写真

“性暴力”を考える Vol. 1~40

158

4

12

18

51

108


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

328

このテーマのトピック

41

Vol. 41~のトピック一覧はこちら https://www.nhk.or…
写真 写真

“地球のミライは私たちの手に”

136

5

7

3

11

18


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

111

このテーマのトピック

23

「桜の開花が早くなったかも…」「大雨の日が増えてきた気がする…」あなたのまわり…
写真 写真

医療と介護を考える

61

2

3

6

19

17


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

88

このテーマのトピック

11

クローズアップ現代+で取り上げる医療や介護の問題について、放送に関連したコンテ…
写真 写真

ネット広告の闇

1

0

1

0

2

3


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

97

このテーマのトピック

5

年間の売り上げが約1兆8000億円にまで急成長を遂げているネット広告の巨大市場…