クローズアップ現代トップ > みんなでプラス > 持続可能な社会へ ”地球のミライは私たちの手に” > 目指せ2050年温室効果ガス「実質ゼロ」私たちの声を届けたい
クロ現+
2020年10月26日

目指せ2050年温室効果ガス「実質ゼロ」私たちの声を届けたい

10月26日、菅総理大臣が所信表明演説を行い、脱炭素社会の実現に向けて「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と表明しました。日本政府が排出ゼロを目指す具体的な時期を示すのは初めてのことで、今後どのような政策が打ち出されるのか注目されます。
こうした中、「気候変動の影響を最も受けるのは自分たちの世代」だとして、各地で若者たちが声を上げ始めています。
自分たちの将来のためにいま行動を起こさなくてはいけないーー。
そんな強い思いを持つ若者たちが集ったある会議を取材しました。
(地球のミライ 取材班 ディレクター酒井利枝子)

気候変動何とかしたい! 声を上げる若者たち
10月中旬に2日間の日程で開かれた気候変動について考えるオンライン会議。主催したのは大学生を中心としたネットワーク型のNGO「Climate Youth Japan」です。気候変動問題に関心を持つ国内外の大学生たちが参加し、自分たちの意見をまとめて、環境省や経済産業省などと意見交換を行っています。
今回、地球温暖化対策を進めるため実際に行動を起こす仲間をもっと増やしたいと、SNSで参加を呼びかけたところ、北海道から九州まで2日間であわせて約50人が参加しました。

堺大輔さん(大学2年・埼玉)
「各地域にいる人たちが横でつながることが大事だと思います。今回の会議では情報共有することで自分が何をやっていくべきかしっかりした考えを持ちたいと思います」
宮下諒太さん(大学4年・鳥取)
「会議がオンラインでできるようになったことで、みんながすぐつながることができますし、こうした会議に参加するハードルもグッと下がったと思います」

  会議ではそれぞれの地域にどんな課題があるか話し合いました。何人かの参加者から各地で建設が進む新しい発電所について報告がありました。
宮城県では、化石燃料の代わりに植物由来のパーム油を使うバイオマス発電所がつくられています。
(パーム油を燃料とする発電所 2019年撮影)

「パーム油を大量に使うことは東南アジアなどの森林破壊につながるとして、海外の環境NGOから批判を受けています」

また、神戸市では石炭火力発電所の建設が進められています。
石炭は石油やガスにくらべて安価で供給が安定しており、国は一定程度の活用が必要だとしていますが、二酸化炭素の排出量が多く世界的には敬遠される傾向にあります。菅総理大臣は初めての所信表明演説の中で「長年続けてきた石炭火力発電に対する政策を抜本的に転換する」と述べています。
関西地域のセッションより
「神戸市でも石炭火力発電所建設が進んでいます。とても心配です」

どうする?新型コロナで増えたプラスチックごみ
それぞれの地域が抱える身近な問題についても、報告が相次ぎました。
小柴圭太さん(大学4年・青森)
「東北や北海道は、公共交通機関が限られているためマイカーの利用が多いのと、冬は暖房器具で多くの灯油を使うので、どうしてもCO2の排出量が増えてしまいます」

北海道の大学に通う参加者からは、「雪不足が続いていて、地元のスキー場の経営に影響が出ている。このまま温暖化が進めばスキー場の経営が成り立たなくなるのでは」という声が上がりました。また仙台の参加者からは、「去年の台風19号による記録的豪雨の被災地では、1年たった今も仮設住宅での避難生活が続いている」という報告がありました。



新型コロナウイルスの感染拡大後、プラスチックごみが増えていることについても意見を交わしました。

「プラスチック包装を減らそうといままでやってきたけど、感染対策には必要なものもあり、モヤモヤしています」
「地方には、都心のように食品などの量り売りがないので、プラスチック包装のものを買わなくてはなりません」
「私は野菜はアプリから買うようにしています。 買うときにプラスチック包装はいらないと伝えると、 プラスチックに包まずに送ってくれます」

野菜をアプリから買うようにしているという発言には「そういう方法もあるのか」と多くの参加者がうなずいていました。今すぐ自分の生活に取り入れられるアイデアをみんなで共有し合いました。

大学生が感じる”無力感”
若者たちの意見の中には、思わずハッとさせられる発言もありました。中でも印象的だったのは、ある学生が口にした「活動するなかで無力感を感じることがある」という言葉でした。
 
地方に住む大学生
「私の周りの同世代で気候変動やSDGsに関心を持っている人は、決して多くありません。話を振ってもアルバイトなどで忙しく、考える余裕がない感じです。地元の地方議員の人と接することもありますが、目の前の景気や少子化対策などが話題の中心で、なかなか気候変動の議論までたどり着けません。自分たちの活動は大事だと思っているものの、正直無力感を感じることもあります」

これまでも環境問題を取材する中で、いくら対策を訴えてもなかなか世の中が変わらないことに失望し、“燃え尽き症候群”になる人が少なくないという話を聞いてきました。
気候変動を自分たちの問題としてとらえ、未来のために行動しようとしている若者ですら無力感にさいなまれることがあると知り、複雑な思いになりました。

一方でそうした現実があるからこそ、今回の会議のように、志を同じくする若者たちがつながって議論することはとても大事だと感じました。
実際に会議では、ふだんSNSで情報を調べて一人で気候変動について考えているという参加者が、団体に所属している他の学生に活動内容について、積極的に質問する様子も見られました。

会議の最後に、10年後にどんな社会を目指したいかを、みんなでまとめました。



松本健太さん(Climate Youth Japanのメンバー)
「以前は、首都圏と地方で活動に差がありましたが、いまは地方でも徐々に活動するメンバーが増えてきています。SNSなどで働きかければ、賛同してくれるメンバーはいるのだと再発見できました。横のつながりを築いていくことが大事だと思いました」

太田紘生さん(Climate Youth Japanのメンバー)
「今回の会議では、色々な人の考えに触れることができました。私たちの世代が気候変動に強い関心を持っていることが、世の中に知られるようになってきたので、今後は社会にどういう変化を起こしていくのかなど、活動のねらいをより明確にしていきたいと思います」

会議を主催したNGO「Climate Youth Japan」では、今回出された意見を元に、台湾や韓国マレーシア、フィリピンのアジアの若者たちとも議論したいと考えています。そして来年開催が予定されているCOP26(地球温暖化について話し合う国際会議)に、世界中の同世代とともに意見を届けることを目指しています。
(COP25に合わせて2019年に開かれた若者の国際会議・COY)

----------------------------------------------------------------------

「地球のミライを守りたい」という若者たちの思いを、どうすれば形にできるのか。
国として“排出ゼロ”を掲げたいま、日本社会全体が若者たちの主張に正面から向き合うべきだと強く感じました。みなさんはどうお考えですか?