クロ現+
2020年6月5日

世界で同時にミライを考えよう

NHKの国際放送「NHKワールドJAPAN」は世界の公共メディアやNGOと私たちの社会とミライについてオンラインアンケート「未来計画Q」を行っています。すでに世界で28万人が回答中です。(7月19日現在)

下の画像をクリック☟すると、「未来計画Q」のページにとびます。

コロナ時代の社会課題と未来予想図を浮き彫りにするため、ヨーロッパと日本の社会学者や研究者が質問を考えました。世界中から集まった回答のビッグデータ分析を通して、いま人々はどんな不安を抱えているのか、どんな未来像を描いているのか、社会変革を起こすのはどんな人たちなのかなどを探っていきます。これらの分析結果はNHKのニュースや番組などでお伝えしていきます。

「未来計画Q」にどんな質問があるのか、一足先に環境活動家の清水イアンさん、#地球のミライにも掲載されている環境活動家の小野りりあんさん(こちら☞ TOPIC㉖環境について考える人たちをつなぎたい)、社会活動家の石山アンジュさんが答えてくれました。



環境活動家の清水イアンさん。国際環境NGOに入り、環境活動を始めました。
環境について誰もが話せるオープンコミュニティを立ち上げたり、森林を守るプロジェクトを行っています。

清水さんを悩ませた質問はこちら☟



“あなたにとって一番大事なのは?っていう質問は難しいですよね。 この質問って何なんですかね(笑)。「自分が一番大切だと思うこと」だったり、大切だと思う人をしっかりと守れるということなんじゃないですかね。 (環境問題に取り組んで)燃え尽き症候群になる人は本当にこの分野では多いです。またこの分野だけでなく日本社会全体でも非常に大きな問題だと思うので、社会のサステナビリティー(持続可能性)もそうですけど「個人のサステナビリティーの部分がすごく大切」だという意識が広まっていくといいなと思います“




モデルで、環境活動家として活動を始めたばかりの小野りりあんさん。
環境問題を考える人たちをつないでいく活動をしています。
地球のミライに掲載されている動画( TOPIC㉖環境について考える人たちをつなぎたい)でも少し質問に答えてもらっていますが、中でも興味深い質問に答えてくれていました☟



“エコな暮らしは金持ちの特権ってめっちゃ思います。でも実際、貧しい人のほうが本当に質素にエコに生きる方法を知ってたりするんですよ。だから、そうとも限らないと思う。 エコに生きるってお金かかんないから、本来はよりお金がかからない生活だから。 全部つながってるんですよね。私は環境っていうところから基本入っているけれど、 人権のこともすごい関わってるし、今までいろんな不平等さに闘ってきた人たちがいると思うんです。結局この気候変動って問題は全ての人がつながっていかないと 解決しない問題だからみんな一緒に考えようって思います。“


 

社会活動家、石山アンジュさん。技術革新で社会変革を目指す一般社団法人の代表理事。
インターネットを通じモノ・場所などを貸し借りする「シェアリングエコノミー」の活動家。2017年に内閣官房シェアリングエコノミー伝道師に任命されました。「シェア」こそがこれからの新しい幸せのキーワードだと話します。

石山さんが答えてくれたのはこちらの質問☟

“より個人がたくさんの選択肢を持って、選択肢を持ちながら生活をしていく、 生きていくことができる社会ができているというふうに思っています。
これだけ不確かで先が読めない時代というのは、これからも続くと思います。しかし、その時代における私が考える幸せ、豊かさのあり方というのは、個人の人が1つのものに依存せず、複数の居場所や複数の仕事を持つといった複数の選択肢を持つことだと思います。それがこれからを生きる豊かさの定義だと私は考えています。
その選択肢を1つでも多く提示し、社会を一緒に作っていくことが私の使命だと思っています“


クローズアップ現代プラスでは、サイト内にある#地球のミライ (https://www.nhk.or.jp/gendai/comment/0008/)で環境問題で奮闘する人や、いまの世界の状況などをお伝えしています。
ぜひご覧いただき、コメントして参加いただければと思います。

また、地球のミライ以外にも番組で取り上げる様々な課題について、みんなで深く考え一緒に作っていく議論のページもどうぞ☟
https://www.nhk.or.jp/gendai/comment/