クローズアップ現代+

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
みんなでプラス > “性暴力”を考える Vol. 1~40 > 【性暴力を考えるvol.29】シリーズ 男性の性被害②
コメント
9
2019年11月17日
【性暴力を考えるvol.29】シリーズ 男性の性被害②
性的虐待、レイプドラッグ… 寄せられる悲痛な声

「男性の性被害」第2回は、「クローズアップ現代+ 性暴力を考える」に寄せられた体験を紹介します。被害に遭った男性たちに詳しく話を聞くと、「男性が被害に遭うわけがない」という世間の偏見や、「男は自分で問題を解決すべき」といった考えから、つらさを ひとりで抱え込んでしまう人が少なくないことが分かりました。

(報道局社会番組部ディレクター 神津善之・竹前麻里子)




小学生のときに見知らぬ男から…



この投稿を寄せてくれたヒロシさん(仮名・40代男性)。被害に遭ったのは、小学4年生の夏休み。電車でのある出来事がきっかけだったと言います。

「友達とプールに遊びに行った帰りに乗っていた電車で、見知らぬ男から、おしりを触られる「痴漢」の被害に遭ったんです。そのときはびっくりして逃げたのですが、降りた駅の駐輪場で、その痴漢をした男を見かけました。“探偵ごっこ”くらいの気持ちで、男の住んでいる場所と名前を突き止めようと、あとをつけていったところ、家の前で男に見つかってしまい、腕をつかまれて家に連れ込まれました。」



部屋に入るなり服を脱がされ、自分が何をされているのか飲み込めないまま、肛門性交をさせられました。ヒロシさんは痛くて泣き叫んだことはぼんやりと覚えているものの詳細な記憶はなく、いまもはっきりと思い出すのは、その部屋の天井やカーテンなどの情景だと言います。

被害後、この出来事を誰かに話すことはできませんでした。

「その男から『これは悪いこと、誰かに話したら君も捕まるぞ』と脅されました。当時、性に対する知識がなかったので自分が何をされたのかも分からず、男の言葉を信じてしまい、絶対に言ってはいけないと思いました」


被害を誰にも打ち明けられない・・・

成長するにつれ、自分がされたことは性的虐待だったと分かりましたが、男性から被害を受けたことを「恥」と思い、両親を含め、誰にも相談することができませんでした。家族とは物心ついたころから、あまり関係が良くなかったため、どうせ話しても「信じてもらえない」というあきらめがあったと言います。そして、つらい過去の記憶をこれまでずっと ひとりで抱え込んできました。

長年、恐怖心や孤独感にさいなまれ、フラッシュバックなどにも悩まされてきました。いまは結婚していますが、性的なものを「汚い」と感じてしまい、パートナーと性的な関係は持てずにいます。カウンセリングを受けたこともありますが、診療に前向きになることができず、自分で解決するしかないと考えていると言います。

「男性から被害を受けたというと軽蔑されるのではないかと思ってしまう。社会人になってからは、『自分が弱いから つけこまれてしまった』、『自分自身が強くならないといけない』と考えるようになりました。」

被害については、「墓場まで持っていくつもり」だったというヒロシさん。今回、私たちに話をしてくれた理由を尋ねると、こう答えてくれました。

「男性被害者の状況を発信してもらうことで、男性も性暴力の被害に遭っているという事実を知ってもらいたい。当事者が語ることで、少しでも男性の性被害について理解が浸透し、男性被害者が助けを求めやすい社会になっていってくれればと思っています。」


女性からレイプされたという男性も

レイプドラッグを飲み物に入れられ、女性に性行為を強要されたという男性も投稿を寄せてくれました。



テツヤさんは20代の頃、居酒屋で知り合った女性から、「以前つきあっていた男性に暴力を振るわれている。いつまた男性がアパートにやって来るか分からない。アパートの鍵が壊れてしまって怖いので、鍵を直してもらえないか」という電話を受けました。女性のアパートに駆けつけたテツヤさんは、出されたコーヒーを飲んだあと、急激な眠気に襲われたと言います。

「意識がもうろうとして、今にも寝てしまいそうだったのですが、肩を抱えられれば歩けるという状態でした。『クローズアップ現代+』のレイプドラッグの回※で紹介されていた被害者の女性と、まさに同じような状態でした。」

(※放送内容はこちらから「気づかないうちに被害者に…広がるレイプドラッグ」

今も頭に焼き付いているのは、ロープで手を縛られて、胸にたばこを押しつけられて性行為を強要された光景です。

「タバコを胸に押しつけられて、『次は目を焼くぞ』と脅されたので、言いなりになるしかありませんでした。」



翌朝、テツヤさんは目が覚めると、女性の目を盗んでロープをほどき、室内に散らばっていた服をなんとか身につけて、女性のアパートから逃げ出しました。そして、近所の人に助けを求めました。その後、警察が駆けつけましたが、被害届を出すことはできなかったと言います。

「担当の捜査員が女性だったので、どんな被害を受けたのか言い出せなくなってしまったんです。また、もし飲まされた薬が覚せい剤だったら、自分も捕まるのではないかという恐怖もありました。薬も、『私が自分で服用した』と女性が虚偽の証言をすれば、警察はその話を信じるかもしれませんし。」

テツヤさんはその後、PTSDに悩まされ続けました。夜眠れなくなり、職場でも、加害者と似た女性の声を聞くと、被害に遭った時のことを思い出し、仕事に集中できなくなりました。当時、務めていた会社を辞めざるを得ず、職を転々としたと言います。自殺未遂をしたこともありました。しかし被害に遭ったことを、医師などの専門家に相談することはできませんでした。自殺未遂をした時に入院した病院で、治療のために薬を飲むことを強要され、被害の記憶がよみがえったつらい経験があったからです。



“被害者は医師などのプロを頼って”

テツヤさんは、うつ病などの治療のため、10年ほど前から精神科のクリニックに通院しています。通い始めた当初は、カウンセラーには性被害に遭ったことを隠していました。被害を初めて打ち明けることができたのは、今年に入ってから。被害から20年以上がたっていました。その日、カウンセリング室の外から聞こえてきた女性の声に、テツヤさんはビクッと震えました。その様子を見ていた なじみのカウンセラーから、「どうしたの?何か隠していることはない?」と問われ、テツヤさんは被害を打ち明けたのです。そして現在、本格的なPTSDの治療に取り組んでいます。

治療を始めて数か月経つと、公共の場で女性の声が聞こえてきても、「あれは加害者の声ではない」と客観的に考えられるようになってきたと言います。

取材の終わりに、「他の男性被害者の方々に伝えたいことはありますか?」と尋ねると、テツヤさんは次のように語ってくれました。

「性被害を、自分や家族だけで抱え込まず、医師などのプロを頼ってほしいです。PTSDや精神の病気は専門家の支えが必要です。精神科などに行くことに抵抗があったら、家から離れた病院に通ってもいいと思います。僕のようにひとりきりで20年も抱え込まず、誰かに打ち明けることで一歩を踏み出してほしいと伝えたいです。」

投稿を寄せてくれた男性たちの被害を受けた時期や状況はさまざまです。「まさか、そんなことが…」というような性暴力が実際に男性たちの身に起きています。今回、お話を伺う中で、男性が被害について誰かに話すのはとても難しいということも感じました。性暴力について そもそも話しづらい社会であることに加えて、「男性が被害に遭うなんて信じてもらえないのではないか」、「男なんだから自分で解決しないといけないのではないか」など男性特有の話しづらさがあるためです。どうしたら男性たちが被害を抱え込まずに済むようになるのか。私たちひとりひとりの受けとめ方が問われているのだと思います。

※今回、イメージイラストは漫画家の菊池真理子さんに担当していただきました。(菊池さんの主な著書:『酔うと化け物になる父がつらい』『毒親サバイバル』)

性暴力の被害を受けて ひとりで悩んでいませんか? 自分の家族や大切な人が被害を受けて苦しんでいませんか? あなたの経験や思いを、下に「コメントする」か、 ご意見募集ページから お寄せください。
#性暴力#MeToo#Withyou#性被害者のその後
写真 写真

コロナ禍の映画・音楽・文化・・・ 日本のエンタメ業界はいま

10

1

0

1

0

2


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

86

このテーマのトピック

5

失われた客やファンをどう取り戻すか―― 新しい生活様式の中で、創作活動をどう…
写真 写真

#ネット社会これでいい?

11

7

1

1

5

11


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

15

このテーマのトピック

11

デマ、フェイクニュース、ひぼう中傷、フォロワー水増し、リテラシー教育・・・ …
写真 写真

“性暴力”を考える Vol. 81~

63

2

3

2

10

6


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

91

このテーマのトピック

21

このページでは、ディレクターや記者の取材で得た情報や番組内容などを発信し、みな…
写真 写真

宮田裕章さんと考える データとわたしたちの社会

40

5

6

5

5

7


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

15

このテーマのトピック

11

「ビッグデータで今後社会はどう変わっていくのか?」 「“新しい日常”にデジタ…
写真 写真

withコロナを生きるヒント

22

2

1

4

6

7


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

31

このテーマのトピック

16

新型コロナウイルスとの“長期戦”。 この試練とどう向き合っていくのか、1人…
写真 写真

“フェイクニュース”に立ち向かう

206

11

8

8

18

37


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

88

このテーマのトピック

38

ネット上で拡散されるデマやフェイク情報について、被害の実態などを取材していきま…
写真 写真

持続可能な社会へ ”地球のミライは私たちの手に”

180

6

7

4

16

26


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

187

このテーマのトピック

41

気候変動の影響で各地で気温や海水温が上昇。猛暑日や記録的な豪雨の増加するなど異…
写真 写真

医療と介護を考える

79

3

3

7

23

21


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

110

このテーマのトピック

14

クローズアップ現代+で取り上げる医療や介護の問題について、放送に関連したコンテ…
写真 写真

“語ろう! 学校のコト”

59

7

7

2

14

31


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

90

このテーマのトピック

8

「ブラック校則」「大学入試改革」「プログラミング教育」… 昔、通っていた人だ…
写真 写真

#あちこちのすずさん

581

16

20

22

12

51


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

132

このテーマのトピック

50

恋にオシャレ、忘れられない食べ物… 戦時中でも毎日を懸命に暮らしていた、 映…
写真 写真

ネット広告の闇

3

2

3

5

6

9


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

107

このテーマのトピック

6

年間の売り上げが2兆円を超え急成長を遂げているネット広告の巨大市場。取材班は、…
写真 写真

“性暴力”を考える Vol. 41~80

205

5

2

5

14

24


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

286

このテーマのトピック

41

Vol.1~Vol. 40のトピック一覧はこちら https://www.n…