クローズアップ現代+

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
みんなでプラス > “性暴力”を考える Vol. 1~40 > 【性暴力を考えるvol.25】#性被害者のその後③ 家族に、友達に…あなたはどう受けとめてほしかったですか?
コメント
8
2019年11月8日
【性暴力を考えるvol.25】#性被害者のその後③ 家族に、友達に…あなたはどう受けとめてほしかったですか?
「みんなでプラス 性暴力を考える」の意見募集ページには、毎日のように性被害の経験が寄せられています。私たちは、これまで埋もれてきた事実や思いを一人でも多くの人に伝えて共有することが、社会を変えることにつながると考えています。今回は、ルルさん(40代)の声を、本人の承諾を得た上で、以前に自身の経験を漫画で表現してくれた「ぼんさん」制作の漫画とともに伝えます。

10代のときに年上のいとこと おじから被害を受け、一時 学校に通えなくなるほどのつらさを背負い込んだルルさん。被害そのものだけでなく、女友達やお母さんに打ち明けた時の反応にもひどく傷つけられたといいます。「自分の経験が、ほかの誰かの勇気につながれば」と、取材に応じてくれました。

(クロ現+ディレクター 村山かおる・飛田陽子)


※この記事と漫画は、性暴力の実態を伝えるため、被害の具体的な内容に触れています。フラッシュバックなどの症状のある方はご留意ください。

長年 蓋(ふた)をしていた 性暴力の記憶

ルルさんが性暴力の被害に遭ったのは、小学生のとき。祖母の家で一人で昼寝をしていたとき、年上のいとこに体に触れられたり、性器に指を入れられたりすることがあったといいます。さらに、おじからも、2人きりのときに、ポルノ雑誌を手渡されて「俺の前で読んでいて」と言われたり、「ホテルに行こうよ」とささやかれたりしました。「性」の仕組みについてまだ何も知らなかった幼いルルさんは、自分が、いとこや おじに性的に扱われているということさえ理解できませんでした。

「当時はただ、気持ち悪いような、何か嫌なことをされて不快という感覚でした。でも、次第に “そもそも自分は大切にされない存在なのかもしれない"いう不安が大きくなっていったように思います」

ルルさんは、幼い頃の被害の記憶に自ら蓋(ふた)をして、思い出さないように努めましたが、心の奥底にこびりついた生きづらさが消えることはなかったといいます。中学・高校生のとき、原因不明のめまいに襲われたり、学校に通えなくなるほど ふさぎ込んでしまったり、心身ともにつらい日々を送りました。成人して性被害者専門のカウンセリングを受けるようになったとき、中高時代の症状は幼い頃に性被害を受けたことによる影響だということを初めて知りました。

24歳のとき、それまで独りで抱え込んできた被害の苦しみを、心の準備ができないまま、周りに話さざるを得ない状況に追い込まれます。職場の女性の同僚たちとの飲み会の席でのこと。それぞれが自分の性の初体験について、順番に打ち明けることになったのです。幼いときの恐ろしい記憶から 誰かと恋愛関係をもった経験さえなかったルルさんは、とっさに被害のことを打ち明けるしかありませんでした。

ルルさんの思いがけない告白に同僚たちは、“聞きたくない話を聞いてしまった”という表情を浮かべ、少し戸惑った様子でした。

「みんなの引いた反応を見た瞬間、後悔しました。同時に、“自分は後ろめたい、汚い存在なんだ”という感覚が強くなりました。」

同性の同僚たちに受けとめてもらえなかったことで、ルルさんの生きづらさはかえって増幅しました。女性に生まれたことを後悔するようになり、“女の敵は女”と考え、周りに本音を打ち明けることがいっそう苦手になってしまったといいます。

“もう忘れなさいよ” 何気ない言葉に痛む心



30代になると、ルルさんは自分を粗末に扱うような行動を繰り返したといいます。人と深い関わりを持つことが怖く、男性を心から愛することができない中、その夜限りの相手を求めるようなことを続けました。

「当時は自己肯定感というものがまったく無くなってしまっていて、自分を痛めつけることで、生きていることを実感して安心できる状態でした。でも、暴力的な男性から乱暴的に扱われたこともあって、“いつか自分は性感染症にかかるかもしれない、性暴力によって死ぬかもしれないな”と自暴自棄になっていました。」

絶望的になっていたルルさんに大きな衝撃を与えた出来事がありました。幼い頃に自分に被害を及ぼした いとこの結婚です。自分が今もなお苦しみ続けているのに、相手は何事もなかったかのように普通に幸せになっていく・・・。つらさに耐えかね、ついに母親に被害を打ち明けました。

母親は、いとこに対する怒りをあらわにした一方、ルルさんにかけた言葉は「子どもの頃のことなのだから、もう忘れなさい」のひとこと。家族にさえ心から理解してもらうことはできないのだと心を痛めたルルさんは、しだいに実家から足が遠のくようになったといいます。

「誰かに、忘れられない苦しさやつらい気持ちを分かってもらいたいけれど、一方的に“あなたはかわいそうな人”と扱われるのも、それはそれでつらかったです。自分で自分が分からなくなるほど、心は複雑でした。そもそも女性に生まれて、被害に遭うことがなければ、こんな思いをしなくて済んだのではないかと思うと、余計に悔しくなりました。」

どう生きていけばいいのか・・・。もだえ続けていたルルさんの日々に光がさし込み始めたのは、つい最近のことです。きっかけは、昨年から定期的に受け始めたカウンセリング。カウンセラーが安全な場所で、評価も分析もアドバイスもせずに、ただルルさんの言葉に耳を傾け続けてくれました。この経験を通じて、徐々に自分の人生をしっかり見つめられるようになり、女性として生きることにも前向きな気持ちが沸いてくるようになったといいます。同時に、性暴力被害者を孤立させない社会をつくるために貢献したいという思いが芽生えています。そのためにも、まずは大学院に入ってジェンダーや性暴力について専門的に学ぼうと、現在、働きながら入試の勉強に取り組んでいます。

「たとえ悲しみや苦しさを抱えたままでも、私は生きることを諦めたくないと思っています。私のような思いをした人が生きていることで、ほかの女性が “自分はひとりぼっちではない”と、勇気を持ってくれたら うれしいです。」

あなたが性暴力の被害を打ち明けた時、家族や友人にどんな反応をされましたか?「こんな言葉や対応がうれしかった・悲しかった」、「こんな言葉・対応がほしかった」など意見や考えを、下に「コメントする」か、ご意見募集ページから お寄せください。
#性暴力#MeToo#Withyou#性被害者のその後
写真 写真

コロナ禍の映画・音楽・文化・・・ 日本のエンタメ業界はいま

10

1

0

0

0

2


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

86

このテーマのトピック

4

失われた客やファンをどう取り戻すか―― 新しい生活様式の中で、創作活動をどう…
写真 写真

#ネット社会これでいい?

11

7

1

1

4

11


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

15

このテーマのトピック

11

デマ、フェイクニュース、ひぼう中傷、フォロワー水増し、リテラシー教育・・・ …
写真 写真

“性暴力”を考える Vol. 81~

61

2

3

2

9

6


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

87

このテーマのトピック

20

このページでは、ディレクターや記者の取材で得た情報や番組内容などを発信し、みな…
写真 写真

宮田裕章さんと考える データとわたしたちの社会

40

5

6

5

5

6


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

15

このテーマのトピック

11

「ビッグデータで今後社会はどう変わっていくのか?」 「“新しい日常”にデジタ…
写真 写真

withコロナを生きるヒント

22

2

1

4

6

7


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

31

このテーマのトピック

16

新型コロナウイルスとの“長期戦”。 この試練とどう向き合っていくのか、1人…
写真 写真

“フェイクニュース”に立ち向かう

206

11

8

8

18

37


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

88

このテーマのトピック

38

ネット上で拡散されるデマやフェイク情報について、被害の実態などを取材していきま…
写真 写真

持続可能な社会へ ”地球のミライは私たちの手に”

179

6

7

4

16

26


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

185

このテーマのトピック

40

気候変動の影響で各地で気温や海水温が上昇。猛暑日や記録的な豪雨の増加するなど異…
写真 写真

医療と介護を考える

79

3

3

7

23

21


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

110

このテーマのトピック

14

クローズアップ現代+で取り上げる医療や介護の問題について、放送に関連したコンテ…
写真 写真

“語ろう! 学校のコト”

59

7

7

2

14

31


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

90

このテーマのトピック

8

「ブラック校則」「大学入試改革」「プログラミング教育」… 昔、通っていた人だ…
写真 写真

#あちこちのすずさん

581

16

20

22

12

51


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

132

このテーマのトピック

49

恋にオシャレ、忘れられない食べ物… 戦時中でも毎日を懸命に暮らしていた、 映…
写真 写真

ネット広告の闇

3

2

3

5

6

9


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

107

このテーマのトピック

6

年間の売り上げが2兆円を超え急成長を遂げているネット広告の巨大市場。取材班は、…
写真 写真

“性暴力”を考える Vol. 41~80

205

5

2

4

14

24


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント

285

このテーマのトピック

41

Vol.1~Vol. 40のトピック一覧はこちら https://www.n…