クローズアップ現代トップ > みんなでプラス > “性暴力”を考える Vol. 1~40 > 想像してほしい “声を上げられなかった” 私の気持ち【vol.19】
クロ現+
2019年9月27日

想像してほしい “声を上げられなかった” 私の気持ち【vol.19】

“高校生のころ、通学電車で毎日のように痴漢に遭いました。恐ろしかったし、ばかにされたようで、悔しかった・・・。”

このページに寄せられたメールです。
警察庁の調査(2010年)では、被害に遭ったことのある女性のうち、警察などに相談・通報できたという人は1割弱。ほとんどが泣き寝入りしています。男性が被害に遭うケースも少なくありません。

メールを寄せた女性は、現在30代で3児の母。「いま無邪気に笑っている子どもたちが、歪(ゆが)んだ認識によって、いつか被害者や加害者になってしまわないためにも」と、胸のうちを語ってくれました。

↓↓↓記事はこちら↓↓↓
https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/165/index.html
※記事では、被害の実態を伝えるため、ご本人の承諾を得た上で、痴漢行為の具体的な内容に触れています。フラッシュバックなどの症状がある方はご留意ください。

痴漢行為について、あなたはどう思いますか?意見や考えをお寄せください。

※コメントは編集部で内容を確認の上、掲載させていただきます。