クローズアップ現代+

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
“性暴力”を考える 写真
“性暴力”を考える
クローズアップ現代+では、性暴力の問題を継続的に取り上げています。
このページ「“性暴力”を考える」では、番組内容、ディレクターや記者の取材報告、放送で紹介できなかった情報を発信し、皆さんと意見交換しながら一緒に考えたいと思っています。

「性暴力被害の実態をもっと知ってほしい」「性暴力とどう向き合えばいいのか考えたい」など、あなたの思い、悩み、意見をお寄せください。

【最近放送されたテーマ】
5月16日放送「“魂の殺人” 性暴力・無罪判決の波紋」
内容はこちらから https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4281/
7月3日放送「気づかぬうちに被害者に・・・ 広がるレイプドラッグ」
内容はこちらから https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4302/
7月30日放送「“顔見知り”からの性暴力 ~被害者の苦しみ 知ってますか?~」
内容はこちらから https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4315/index.html

【性暴力被害にあったあなたへ】
「誰にも言えない・・・」「私が受けたのは性暴力?・・・」いま、苦しんでいるあなたへ。
あなたが望まない性的行為を強要されたなら、それは性暴力です。
あなたは一人ではありません。どんな小さなことでも、まず相談してみてください。
各都道府県にあるワンストップ支援センターの一覧です。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4281/pdf/01.pdf

あなたのご意見募集しています!
このテーマのコメント 112

20

0

5

7

26

39


応援する なるほど 驚いた 知らなかった これは問題だ もっと調べて
応援する なるほど 驚いた 知らな
かった
これは
問題だ
もっと
調べて
コメント
8
2019年8月9日
【性暴力を考えるvol.12】あなたの「#性被害者のその後」教えてください

「加害者に罪の意識がない理由は、“その後の苦しみを知らないこと”にあるのではないかと思いました。よければ、このタグで語ってください。#性被害者のその後」――。

ある30代の女性が、「みんなでプラス」を見たことをきっかけに、Twitterで「#性被害者のその後」というハッシュタグを作り、性暴力被害者に呼びかけ始めています。被害の後に次々と押し寄せる さまざまな苦しみや悩みを“なかった”ことにせずに語り合いましょう、と。女性は過去に上司からの性被害に遭い、いまも深刻なPTSDに悩まされているといいます。ひとつのハッシュタグに込めた思いについて、取材班が聞きました。

↓↓↓記事はこちら↓↓↓
https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/159/index.html

↓↓↓あなたの「#性被害者のその後」聞かせてください↓↓↓
「性暴力を考える」取材班では、もっと多くの人に、性暴力の痛みを理解してもらい、 これ以上、被害者だけが苦しみ続けることのない社会をつくりたいと考えています。
性別は問いません。異性であれ、同性であれ、誰かから望まない性的な行為を受けた あなたの声を聞かせてください。
https://www.nhk.or.jp/gendai/request/seibouryoku.html

#性暴力#MeToo#Withyou#レイプドラッグ#性被害者のその後
コメント
9
2019年8月2日
このお題はクローズアップ現代+で番組になりました
【性暴力を考えるvol.11】スタジオゲストに聞く!もっと話したかったこと にのみやさをりさん

7月30日放送 「“顔見知り”からの性暴力」で、スタジオに出演いただいた写真家の にのみやさをりさんから、スタジオで語りきれなかったことについて、コメントを寄せていただきました。

自らも20代のとき、当時の職場の上司から性暴力被害を受けた にのみやさん から ”あなた” へのメッセージです。
↓↓↓
https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/154/index.html

もう一人、スタジオに出演いただいた精神科医の小西聖子さんは、東京の性暴力救援センターと連携して被害者の支援を行っています。過去にEテレ「ハートネットTV 性暴力被害 あまりに知られていないその実態」に出演されています。
番組内容はこちら↓↓↓
https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/127/

#性暴力#MeToo#Withyou#レイプドラッグ
コメント
22
2019年7月30日
このお題はクローズアップ現代+で番組になりました
性暴力を考えるVol.10 【全データ公開】 10~50代男女1,046人に「性暴力」への意識について聞きました

“性暴力”について 人々がどのような意識や考え方を持っているのかを知るために、取材班はLINE社と協力して、10~50代の男女1,046人にアンケート調査を行いました。7月30日放送の番組で、その一部を紹介しましたが、このページで全ての結果を公開します。 それぞれのデータを見て、皆さんは何を感じますか?ぜひ、教えてください。
記事はこちら↓↓↓
https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/152/index.html

#性暴力#MeToo#Withyou#レイプドラッグ
コメント
21
2019年7月18日
【性暴力を考えるvol.9】どう考える? 加害者の8割超が“顔見知り”

取材班は2か月間、名古屋市にある性暴力救援センターに密着。ここでは、支援員、看護師、医療ソーシャルワーカー、医師などが24時間態勢で被害者から、電話や直接話を聞いて相談に応じています。大きな衝撃を受けたのは、身内を含めた“顔見知り”からの被害が相談の8割を超える実態です。「会社の上司」「教師」「父親」など、いわば上下関係があるケースだけでなく、「同僚」や「友人」などからの被害も少なくありません。
“顔見知り”からの性暴力について、皆さんのご意見や思いをお寄せ下さい。

“なかったことにはできない” 顔見知りからの性暴力 8割以上
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190710/k10011988471000.html

#性暴力#MeToo#Withyou#レイプドラッグ
コメント
13
2019年7月9日
【性暴力を考えるvol.8 】三浦瑠麗さんが語る“レイプドラッグ”の被害

性的暴行に及ぶ目的で睡眠薬などが悪用される、レイプドラッグによる犯罪。今回、取材を通して分かったのは、安易に犯行が繰り返されている一方で、深刻な被害が生まれている実態でした。私たちはこうした卑劣な犯罪と、どう向き合えばよいのでしょうか。

今年5月に自らの性暴力被害を公表した国際政治学者の三浦瑠麗さんに、話を聞きました。
https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/147/index.html

#性暴力#MeToo#Withyou
コメント
15
2019年7月3日
このお題はクローズアップ現代+で番組になりました
【性暴力を考えるvol.7 】番組で聞けなかったこと 大藪順子さん

7月3日放送「気づかぬうちに被害者に・・・ 広がるレイプドラッグ」では、悪質な性犯罪の手口の1つ、「レイプドラッグ」について取り上げました。スタジオゲストとしてお越し頂いた大藪順子さんのお話の中で、番組内ではご紹介できなかったものをまとめました。

番組では、性暴力に関する情報をまとめ、皆さんと一緒に考えていく場を設けています。 あなたの気持ち、意見など、コメントをお寄せください。
https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/145/index.html

#レイプドラッグ#性暴力
コメント
3
2019年7月3日
このお題はクローズアップ現代+で番組になりました
【性暴力を考えるvol.6 】レイプドラッグから身を守るために

7月3日に放送した「気づかぬうちに被害者に・・・ 広がるレイプドラッグ」では、悪質な性犯罪の手口の1つ、「レイプドラッグ」について取り上げました。どうしたら被害から身を守れるのか、番組ではお伝えしきれなかった情報も含めてまとめました。

他にこんなことに気をつけている、そもそも女性が自衛しなければならないのはおかしいのでは?など、あなたのご意見、ご感想をコメントでお寄せください。
https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/144/index.html

#レイプドラッグ#性暴力
コメント
6
2019年6月28日
このお題はクローズアップ現代+で番組になりました
【性暴力を考えるvol.5】加害者に伝えたい 被害者の思い

性暴力の被害を受けられた方からお話を聞かせていただくとき、
「加害者はなぜ そんなことをしたのだろう」
「加害者は自分のしたことの重みと向き合っているのだろうか」と思うことがあります。

この「みんなでプラス」にも、“加害者がなぜ 性暴力を実行してしまったのか、何があれば実行せずに済んだのか聞いてみたい”というコメントが寄せられました。

「性暴力を考える取材班」は、性暴力のない世の中をめざして、あえて加害者と向き合い、直接対話し続けている性暴力サバイバーの女性の活動を取材しました。取材からは、加害者の多くが、被害者の気持ちや 被害を受けた後の苦しみを知らなかったり、正しく向き合えていなかったりするという現実が見えてきました。下記に、記者による取材記録を掲載します。

みなさんは、性暴力被害を社会からなくすために、加害者にはどんなことを理解してほしいと思いますか?ぜひ、コメントをお寄せください。

※記事の中では、加害者が性暴力に及んだ理由にもふれています。性暴力の被害に遭われた方にとっては、気分が悪くなるような表現があるかもしれません。あらかじめお伝えします。

性犯罪者との対話 真の更生を求めて
https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/143/index.html

#性暴力#MeToo#Withyou
コメント
2
2019年6月21日
このお題はクローズアップ現代+で番組になりました
【性暴力を考えるvol.4】スタジオゲストに聞く!もっと話したかったこと

5月16日放送「 “魂の殺人” 性暴力・無罪判決の波紋」では、実父からの性暴力被害者の山本潤さん、弁護士で「性犯罪の罰則に関する検討会」の委員をつとめた宮田桂子さんをお招きし、お話を伺いました。
※放送内容はこちらから https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4281/

刑法改正に対する意見は違うものの、「性暴力はあってはならない」という考えは同じお二人。ご出演を終えて、スタジオで記念撮影をされている姿が印象的でした。
今回、お二人から「30分という短い時間の生放送では語りきれなかったこと」、「ご出演を経て改めて感じたこと」などを「みんなでプラス」宛てにお寄せ頂きました。

お二方のコメントを読んでのご意見、感想など、ぜひお寄せください。
山本潤さん https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/134/index.html
宮田桂子さん https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/133/index.html

#性暴力#MeToo#Withyou
コメント
1
2019年6月16日
【性暴力を考えるvol.3】友だちなど身近な人に被害を打ち明けられたら、どうしますか?

私たちが取材した名古屋市にある性暴力支援センターでは、医師や専門の看護師、ソーシャルワーカー・支援員の方々が24時間体制で性暴力に関する相談に応じています。

相談を寄せるのは、被害を受けた当事者だけではありません。
「身近な友人が性暴力の被害を受けているかもしれない。どうすればいいか」
「家族に被害を打ち明けられたことがショックで、自分が思いつめてしまっている」
この「みんなでプラス」にも、友人から被害を打ち明けられたときにどうすればいいのか分からなかったという方からのコメントを頂きました。

性暴力被害支援看護職“SANE“の資格を持つ看護師に話を聞きました。
あなたなら、大切な人にもしもの事が起きてしまった時、どのように向き合いますか?
ご意見や実際のご経験談、悩んだことなどを教えてください。

#性暴力#MeToo#Withyou
コメント
4
2019年6月14日
【性暴力を考えるvol.2】被害を受けたあなたへ。

私たちが取材した名古屋市にある性暴力支援センターでは、医師や専門の看護師、ソーシャルワーカー・支援員の方々が24時間体制で性暴力に関する相談に応じています。

性暴力被害を受け、苦しんでいるあなたへ。
性暴力被害支援看護職“SANE“の資格を持つ看護師からのメッセージです。
どうしたらいいのか、考えられないとき。
あなたの大切な心と体を守るために、読んでみてください。

このトピックには、匿名でコメントすることもできます。
性暴力について感じたことなど、なんでも書き込んでください。

#性暴力#MeToo#Withyou
コメント
8
2019年6月7日
【性暴力を考える vol.1】皆さんの番組へのご感想や、ご意見を教えてください。

アナウンサーの合原明子です。
今回私は、「性暴力被害の実態を知ってほしい」と取材に応じてくださった、名古屋 市の性暴力支援センターを訪ねました。義理の父親から長年被害を受けていたという 方も、辛い体験を打ち明けてくださいました。性暴力は決して「まれな出来事」では なく、私たちの身の回りで起きていて、声を上げられない多くの方たちがいるという ことを実感しました。

今回の取材で感じたことをまとめました。 https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/127/index.html

皆さんの番組へのご感想や、性暴力に対するご意見を教えてください。

#性暴力#MeToo#Withyou
写真 写真

#あちこちのすずさん

去年の夏、クローズアップ現代+で放送した「#あちこちのすずさん」。 「この世界の片隅に」の主人公・すずさんのように、戦争を懸命に生き抜いた普通の人たちの体験が集まり、大きな反響がありました。 もっと多くの人に広がれば。戦争の記憶を語り継ぐきっかけになれば。 今年、「らじらー!」、「あさイチ」…
写真 写真

“ノープラ”生活やってみた

番組ディレクターが、プラスチックを使わない生活にトライしています。 一人あたりの使い捨てプラスチックゴミの排出量が世界第2位の日本。 どうしてこんなにプラスチックを使っているのか?プラスチックに頼らない生活はできるのか? ディレクター自ら“ノープラスチック”生活に挑戦し、体験を日記に綴ってい…
写真 写真

[徹底議論]あなたの“夫婦の会話”は大丈夫?

人生100年時代に夫婦が幸せに暮らすために重要なのは会話!? 取材を進めたところ 「ささいなことで口げんかになり、会話をしなくなり、わかってくれないと負の感情にいっぱいになる」 「子育て中は共通事項もあり会話もあったが子どもが独立したら会話なし」などの声が集まりました。 どんな会話が夫婦の…
写真 写真

SNSネット口コミ広告の舞台裏

これまで “海賊版漫画サイト” “裏広告” “フェイク広告” などネット広告の闇に迫ってきたチームが、次にフォーカスするのはSNSの口コミ広告。特にインフルエンサーの口コミは広告効果が高いとして、多くの企業が活用しています。 しかし中には、“ステマ広告”や“フォロワー数の水増し”などのあやしげな…