クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
2021年10月6日(水)
あなたの家は大丈夫? ~事故物件の真相に迫る~

あなたの家は大丈夫?
~事故物件の真相に迫る~

「事故物件」が新型コロナの中で増えているという。殺人や孤独死が放置された物件は特殊清掃に多額の費用がかかる上、物件価値も大きく下がる。 そうしたリスクから一人暮らしの高齢者が賃貸を断られるケースや、離れた親族の死で突然巻き込まれるトラブルが発生しているのだ。
なぜ今、事故物件が増えているのか?その真相を探るため、実際の事故物件や専門の不動産業者、さらには有名サイトを運営する「大島てる」にも直撃取材。 誰しも身近に起きる可能性がある事故物件を徹底調査する。

※放送から1週間は「見逃し配信」がご覧になれます。こちらから

出演者

  • 玉置妙憂さん (僧侶・看護師)
  • 保里 小百合 (アナウンサー)

#事故物件の真相に迫る

保里:自分が住んでいる家が「事故物件」だと言われたら、あなたはどう感じるでしょうか。コロナ禍の今、孤独死や自死が増えています。現状では、そうした物件の多くが「事故物件」として扱われます。
今、増加傾向にあると見られる事故物件の情報は、以下のリンクからもお伝えしています。

調査によれば、事故物件に住みたくないという人は7割以上(AlbaLink調べ)。しかし高齢化が進む今、事故物件は今後さらに増えていくと見込まれています。誰しも無関係ではありません。なぜ、事故物件が増えているのか。そしてその結果、私たちにどんな事態が降りかかるのでしょうか。

#事故物件の真相に迫る あなたの家は大丈夫?

「警察から電話があった。伊勢佐木署管内ですね」

まず取材したのは、事故物件を中心に取り扱う不動産会社。買い手のつかない事故物件を購入し、リフォーム。おはらいを行ったあと販売しています。

「亡くなられた原因はどういった形になりますか?においが発生してきているとなると、ご遺体の腐敗がちょっと激しいのかなと」

事故物件には、どんな事情があるのでしょうか。

成仏不動産 社長 花原浩二さん
「殺人事件が起きた物件になります。自殺、他殺、孤独死、孤独死、孤独死、これも孤独死。やっぱり孤独死のほうが多い」

コロナ禍のことし、問い合わせが倍増。月に100件寄せられることもあるといいます。

花原浩二さん
「(他の不動産会社で)すごい安い提示を受けて、本当に困って困って、どこも相手にしてもらえなくて、駆け込み寺のように来られる方が多い」

今回、事故物件となった家を取材することができました。ことし1月に人が亡くなった、長野県の一軒家です。

不動産会社 あきんど 鎌田美智生さん
「この家ですね。靴のまま入っていただいて」

この一軒家に住んでいたのは、年金暮らしの72歳の男性。

鎌田美智生さん
「ちょっとここに人型の、ちょうど人1人が寝ていたのかなというくぼみがありましたので」

荷物に埋もれるように亡くなっていた男性を、警察が発見しました。

取材班
「ここにたくさんメモ紙がある。集金とかですかね」

亡くなって9か月。家の処分はなかなか進まず、放置されたままでした。

鎌田美智生さん
「これ全部ビートルズですね。ジャズも好きだったんですね、絶対に」

取材班
「通帳とか、マイナンバーカード。大事なものを親族が持っていかない」

男性は生涯独身で、近所づきあいもなく、ひとりこの家にひきこもっていました。

鎌田美智生さん
「孤独死される方は生活の変調があったりして、体が悪くなられたり、そういうので荷物の量が増えていったりもする」

相続した親族も扱いに困り、事故物件専門の不動産会社が買い取ることになりました。

今、孤独死は年間2万6,000件以上起きているといわれています。

さらに、コロナ禍で11年ぶりに自死の数も増加。年間2万人を超えました。

事故物件は、現代の孤独とつながっている。業者はそう言います。

鎌田美智生さん
「今、日本は核家族というか、兄弟どうしの関係も疎遠になってきている。人とのつながりを自ら切っていく方は多い。特別なものではなく、今の皆さんの生活の延長線上の縮図」

自死や孤独死で事故物件になると、その処分は残された家族に重くのしかかります。

ある日突然、事故物件を相続することになった女性が取材に応じてくれました。1人暮らしの兄を亡くした、千葉県の60代。処分の手続きに追われ、悲しむ間もなかったといいます。

相続した女性
「薄情だって言われちゃうかもしれないけど、正直に言うと、面倒くさい」

7歳違いの兄は持ち家で30年間、1人暮らし。ここ数年は家族や親戚とも疎遠で、顔を合わせることはほとんどありませんでした。コロナ禍になると感染を恐れ、さらに家に閉じこもるようになった兄。去年の夏、トイレで遺体が発見されました。死後2か月が経過していました。

相続した女性
「もうちょっと頻繁に連絡しておけばよかったと思う。コロナだからって理由にしちゃったところはあるかもしれない」

血痕やにおいを取る特殊清掃などにかかった費用は、およそ60万。家を不動産業者に買い取ってもらったものの、清掃費用にすら届きませんでした。

相続した女性
「煩わしいって言ったら怒られちゃいますけど、あれしなきゃこれしなきゃがたくさんあったので、悲しいって思うより、大変だなって思う方が多い。やっと終わったって感じです」

事故物件になると下がる、資産価値。その下がり幅は、死因によって大きく異なっていました。孤独死で1割、自死で3割、殺人事件で5割下がるというのです。

資産価値が下がるうえに、誰からも引き取り手のない事故物件。そのあおりを受けているのが、1人暮らしの高齢者です。

高齢者専門に物件を紹介する不動産会社に、80歳の女性が部屋探しにやってきました。

女性
「ことしいっぱいで、今いるところを出ていかなければならない。今80歳になって預金もないし、もう(寿命が)あと何年もないのに、なんでこんな思いしなきゃならないのか」

住んでいる部屋の家賃が上がり、年金では払えなくなったというのです。この日、紹介されたのは、家賃4万6000円の六畳一間の風呂なしアパート。これが払えるぎりぎりの額だといいます。

夫と死別して40年。ついの住みかを探していますが、年齢を理由に断られ続けています。

女性
「断られたのは3回です。(大家から)『ダメです。高齢者は貸してません』って」

住宅が見つからない、1人暮らしの高齢者。

事故物件を所有する、ある大家が貸す側の本音を明かしてくれました。所有していたアパートで、孤独死と自死が連続して発生。150万円の特殊清掃代がかかりました。二度と経験をしたくない。その思いから、高齢者には部屋を貸したくないといいます。

事故物件を所有している大家
「孤独死だったり事故だったりとか、中で転んで打ちどころが悪くてという可能性も考えちゃうので、お断りするようにしている。本当に『敷地から一歩出て死んでくれれば』というのがオーナーとしては正直なところ。部屋で死んでほしくないというのが本音です」

この不動産会社の最新の調査によると、家探しをする65歳以上の4人に1人が入居を断られていました。

R65不動産 代表取締役 山本遼さん
「4人に1人というのは衝撃的ですし、多分もっといらっしゃる。見つからない方はずっとお探しされていて、いちばん長い方は4年5年ぐらいは部屋を探していますと言っていました」

高齢者の1人暮らしは、離婚や生涯未婚率の増加で700万人を超えました。高齢者全体の2割を占めています。

事故物件で生じる問題の解決に、国も乗り出しました。国土交通省はことし5月、事故物件の取り扱いについて初めてガイドライン案を提示。その中で、おおむね3年間は借り主に告知すべきだとしました。(放送後、2021年10月8日に正式に策定)

しかし、ガイドラインの作成に携わった専門家でも、問題解決にはほど遠いといいます。

明海大学 不動産学部 教授 中城康彦さん
「今はネット等々でそういった(事故物件の)情報がいつまでも残り続けると、希釈されない。むしろ増幅される。次から次にその情報がさらに拡散する。事故物件だというレッテルを貼る。大きな社会問題になってます」

専門家が問題視するのは、ネット上に残る「痕跡」です。動画サイトやSNSには、人々の関心を引く投稿が大量に残されています。

先駆けとなったのが、この事故物件のサイト。どの物件でどんな事件が起きたのか、6万件以上の情報が掲載されています。誰もが自由に書き込むことができるため、情報の真偽は不確かです。

サイトの運営者は、元不動産業者。なぜこのサイトを作ったのか尋ねました。

事故物件サイト運営者 大島てるさん
「(事故物件を)怖いと思うのが、人間として自然な感情だと思う。『住みたくないんだ、人が亡くなったところに』と言っているのであれば、その思いは尊重されてしかるべき。少しでも消費者の取捨選択に資するサービスを提供したい」

事故物件の詳細な場所や背景となった事件を調べることができ、アクセスが絶えないこのサイト。一方で、物件の情報がネット上から消せない「デジタルタトゥー」という問題も指摘されています。しかし…。

大島てるさん
「私はデジタルタトゥーでいえば、彫り師の立場になる。(私が考える)ジャーナリズムの神髄は、誰かにとって困ることをさらすということに尽きる。むしろネガティブなことでなければ、載せる意義はないくらいに考えています」

日々増殖する、事故物件の情報の渦。負のイメージは拡大し続けています。

街頭インタビュー
「事故物件イコール、怖いというイメージしかない。幽霊とか出そう。なんか嫌だなって思います」

専門業者の元にはきょうも問い合わせが絶えません。

成仏不動産 社長 花原浩二さん
「事故物件のイメージが悪すぎる。人が亡くなることって普通のことなので、そんなに悪いイメージを持つ必要があるのか。正直、メディアを含めて作られたものだと感じる。なので変えていく必要がある」

僧侶・看護師の玉置妙憂さんに聞く

保里:今夜は僧侶として、そして緩和ケアに携わる看護師としても活動されている、玉置妙憂(たまおきみょうゆう)さんにお越しいただいています。よろしくお願いいたします。

玉置さん:よろしくお願いいたします。

保里:たくさんの人の死を見つめてこられた玉置さんは、この事故物件の現状をどうご覧になりますか。

玉置妙憂さん (僧侶・看護師)

玉置さん:今VTRを拝見して2つ思ったんです。1つは、死というものに対する想像力がとっても貧困だなと。小さいなと思ったんです。なのに死後の、特にマイナスの感情ですよね、怨念とか恨むとか、そういうようなことに関しては非常に何か大きな怖いものを抱えている。そのアンバランスさを感じました。

保里:昔よりも、その想像力が乏しくなってしまっている?

玉置さん:そうですね。昔はたぶん死というのは地続きにあったんですね。里があって、里山があって、山があって、山の辺があって、そして山のかなたに亡くなった方がいた。ところが、今はそんなことはないですからね。そして家で亡くなる状態を私たち、見なくなりましたから。やはり「知らない」ということが怖さを生むんだと思います。

保里:この事故物件の問題を見ていますと、人と人とのつながりの希薄化ですとか、あるいはみずから命を絶つことを考えてしまう人が多くいるという、さまざまな現実が浮き彫りになってくるように感じます。事故物件と忌み嫌うだけでは、状況は悪化するばかりなのではないか。安心して住まいを確保できないという問題、これは誰にとっても関係のない問題ではないと感じます。超高齢社会にもう突入している今、孤独死と呼ばれる死とどう向き合っていけばいいでしょうか。

玉置さん:私はまず「孤独死」という言い方が、少しひっかかるんですね。人間というのはもともとひとりなもので、ひとりで生まれてきて、ひとりで死んでいくというのが普通のことだと思うんです。でも、その方がひとりで命をしまったからといって、それを孤独死だったというふうに何か決めつけてよくないような言い方、イメージを持たせるというのはちょっといかがなものかなと思います。むしろ、ひとりできちんと命をしまっていった「孤高死(ここうし)」というふうに考えてもいいんじゃないかと思います。そういうふうに、その方の人生を大切に「ああ立派だった」というふうに考えられれば、決して事故物件というような概念は生まれてこないような気がするんです。

保里:ひとりで亡くなるということが当たり前でもあり、そして尊いことでもあるはずなのだということですよね。

玉置さん:そうですね。本来それが私たちの姿だという考え方ですね。

保里:ただ、さまざま孤独死と呼ばれる形で亡くなって、そして誰にも気付かれずに時間がたってしまうということを減らしていくために、対策というのも始まっています。高齢者も相談可能な物件サイトですとか、空き屋を利用した住宅セーフティネット制度など、対策も広がっています。以下のリンクからも、情報をお伝えしています。

ひとりで亡くなる人を放置しないというために、玉置さん、私たちができることというのはあるのでしょうか。

玉置さん:あると思います。それを考えるときに、「じゃあ、あとは家族でやってください」というふうに、ご家族だけにその役割を担わせるというのは私は違うと思うんです。これからの時代は管理ではなくて、「緩くつながる」。同じ時代を生きているものと、人間どうしのつながりが必要だと思うんです。もうすでにいろいろな試みがされていると思いますが、私も「訪問スピリチュアルケア」という形でそういった緩いつながりができていかないものかなと思ってやっているところです。

保里:第三者が介入する。その取り組みをされていて、届いたなと感じたことはありますか。

玉置さん:だんだんと表情が変わっていったり、それから少し生きる気力を取り戻していただいたり、そんな手応えを感じるときはあります。でも一番大事なのは、話を聞く人間がそばにいるということではないかなと思います。

保里:さまざまな形で、家で亡くなる人が増えていく。これは避けられないことだと思いますが、玉置さん、どう私たちは向き合っていくべきでしょうか。

玉置さん:やはり、人間はいつか死ぬものなんだと。今、ひと事のように考えて「怖い」とか、「事故物件だ」なんて言ってしまいますが、いずれ自分にもそのことが訪れるんだと。そういうことをやはりいちばん最初にもう一度腹に落としておくというのが、最初の一歩なのではないかなと思います。

保里:事故物件の問題を通して、人が当たり前に死ぬということ。このことをとても改めて考えさせられ、認識させられました。私たちの生活の基盤である住宅の問題。あなたはどう向き合いますか。


※放送から1週間は「見逃し配信」がご覧になれます。こちらから