クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
2017年6月6日(火)
原発事故から6年 未知の放射性粒子に迫る

原発事故から6年 未知の放射性粒子に迫る

福島第一原発事故の際、過去の事故では見つかっていないタイプの放射性粒子が放出されていたことが明らかになった。大きさは1/1000ミリ以下から0.5ミリほど。微細なガラス玉に放射性セシウムが閉じ込められている。水に溶けないため、体内や環境中に長期間、残留する懸念がある。従来、考えられてきた放射性セシウムとは影響が異なる可能性があるという。「さらなる研究が必要」としつつ、研究者たちは、今、分かっていることを伝えようしている。未知の放射性粒子とは、どのようなものなのか?影響と対策は?探っていく。

出演者

  • 甲斐倫明さん (保健物理学会・会長/大分県立看護科学大学・教授)
  • 森口祐一さん (東京大学工学系研究科・教授)
  • 武田真一・鎌倉千秋 (キャスター)